みずほ さん プロフィール

  •  
みずほさん: 在宅翻訳者も髪モデルも
ハンドル名みずほ さん
ブログタイトル在宅翻訳者も髪モデルも
ブログURLhttps://ameblo.jp/translator-partsmodel/
サイト紹介文医学論文から出版翻訳までこなす在宅翻訳家/講師でもあり髪モデルでもある みずほ のブログです。
自由文翻訳のこと、髪のこと(ヘアケア、髪育など)、日々の気づきなど、綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/01/05 18:20

みずほ さんのブログ記事

  • 「超一流を作るやまだ式ファスティングメソッド」
  • 先週末は、サムハラ神社で御神環をいただいたあと、そのまま自転車で移動して、 超一流を作るやまだ式ファスティングメソッドに行ってきました。(↑写真(お借りしました)とリンクは、明後日19日の東京開催のものです) 御神環の授与からのセミナー会場への移動、受講は、取り計らわれていたとしか思えないタイミングでした。 講師の山田豊文先生は、横綱 白鵬の断食を指導された方です。 山田先生の講演は、先月も聴かせていた [続きを読む]
  • ご加護、いただけました
  • 先週、レイキのセミナーへ行く前にお参りしたときに、次回はだいたい一週間後だというのがわかったので、一昨日、昨日と通い、なんとなく事情がわかってきた今日(12日)、日曜なので、これまでの統計からいうと可能性は低かったのですが、 御神環のお分けがありました。 今回授与される御神環の号数に、第一希望の3号(小指用です)があるという幸運に恵まれました。 あさ7時45分頃に神社に着いたときにはすでに、60〜70人 [続きを読む]
  • レイキティーチャーになりました
  • 三連休+月曜日の4日間で、レイキ1〜4のセミナーを受けてきました。レイキは手をかざしたり軽く触れたりするだけのヒーリング法で、ヨーロッパなどでは、書店の「家庭の医学」のコーナーにたくさん Reiki の本が並んでいます。 元々興味はありましたが、通常のお値段がすごいし、どうしても身につけたい理由もなかったこともあって、長らく「気になる存在」でした。 この夏に、たまたま体験会に無料で参加することができ、体験会 [続きを読む]
  • 再会したら「波動」だった
  • 最近、こんな本を読んでいます。 合間をみて読んでいるからもありますが、内容が詰まりすぎている(!)ためか、なかなか進まない。 先週の土日に、この著者の船瀬俊介先生の講演が大阪であり、聴きに行ってきたのですが、それまでに一通りは読もうと思っていたのに間に合わず、未だに読み終わっていないという…。 タイトルは「波動医学」ですが、この本のなかに書かれていることのなかには、実はもうずっと前(古いものだと20 [続きを読む]
  • 英訳講座 第1期(腎不全)12月開講〜通信はどの月からでも
  • トランスレーション-craftsの英訳講座の通学コース第1期(腎不全)が、12月から始まります。第1期は全6回(3カ月間)です。 「英訳」というと、興味はあってもわけがわからないままどんどん過ぎていってしまうのではないか、とのご心配もあるかと思います。 当講座には、課題に「訳出のヒント」がつくコースがあります。「訳出のヒント」は、課題一文ごとに "和文和訳" の仕方や、英訳にありがちなパターンの説明になります。当該 [続きを読む]
  • 本当のコスパのよさとは
  • 本当のコスパのよさとは、本当に直接、ちゃんとした翻訳者に依頼すること。ということで、長年にわたり↓こちらに住まわせてもらっています。 確かな実績と経験のある翻訳者のみが住人になれる町 フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 近年、翻訳者に直接依頼できることを謳うサイトが増えてきて、押され気味なので、ぜひ知っていただきたいと思っています。本当に直接、翻訳者を選んで依頼できます。 というのも、直接依頼 [続きを読む]
  • +と−が並ぶとき
  • 先月、5カ月間にわたる科学英文オリエンテーリング第1期が終了しました。ご参加くださったみなさん、お疲れさまでした。 アンケートの回答もいただいておりますので、近々ご紹介できればと思っています。アンケートは任意ですが、お答えくださった方には、次回(あれば)何かさせていただければと考えておりますので、お楽しみに。 参加者のみなさんからは、毎月英文をお送りいただき、その英文を元に翻訳に役立ちそうなヒントや [続きを読む]
  • homogeneous な人たち
  • 医学論文などでわりとよく見る homogeneouns という単語。いろんなものに使われます。物にも人にも。 物質などには「均質」とか「均一」とかで問題ないと思いますが、人の集団のことをいうときまで同じ言葉を使うのはどうかと思っています。 「諸条件が(概ね)同じ」ぐらいかなぁとは思っていますが、ネット検索だと「等質な集団」とか「均質な被験者」とか出てきますよね〜。 出てくるからって使っていい理由にはならないので [続きを読む]
  • 文字を訳そうと思うから上手くいかない(2)
  • 母語話者一人一人に「自分のなかの辞書」があります、とは言っても、もちろん辞書は使います。「これを書いた人は、何を伝えたくてこの言葉を使ったのか」を考えるためですので、一人一人「違う辞書」を使っていますから、書いた人の気持ちを丁寧に探っていきます。 もちろん、原文に書かれた言葉以外のものを調べたり、私自身の言葉に対する感覚を確かめるために辞書類を使ったりもします。 和英翻訳にお勧めの辞書をたずねられ [続きを読む]
  • 文字を訳そうと思うから上手くいかない(1)
  • 和訳でも英訳でも、原文の意味が取りづらい(取れない)ことはあります。 英和翻訳では、英文を英語ネイティブレベルの人が書いているとは限りませんし、和英翻訳では、母語話者一人一人に「自分のなかの辞書」があります(きちんと国語辞典で調べながら日本語を書く日本語母語話者なんていないでしょう)。 目に見える文字だけで判断するには限界があります。 そう言うと、和訳の場合、専門知識だとか背景知識だとかいう言葉が出 [続きを読む]
  • 「あじまりかん」効果ありかも
  • どちらかというと、あらゆることをやや比較的な目で見ている(否定的ではありません!)私ですが、「あじまりかん」が頭のなかを回りはじめてから約1カ月、もしかして、と思うことが起こりはじめています。 私自身が、できるだけこじつけたくない気持ちで観察しているので、「あじまりかん」前後の時間を入れ替えて検証できないという制約はありますが、前と後とでは違うことが起こっていると思います。 具体的に望んでいたことが [続きを読む]
  • 断食明けからの、スリランカマッサージ
  • 久々に、3日間の軽めの断食をしました。 軽めというのは、味付きの液体の食べ物(スープとかお出汁とか)は飲んだりするからです。 これまでは、1日だけのプチ断食を続けてきましたが、これが思いのほか辛く感じて、ほかの方のSNSなどを拝見していると、むしろ2日目、3日目の方が楽そう(?)なので、調べてみて、断食中に起こりうる心身の変化を知ったうえで、3日間の断食をしてみることにしました。 あらかじめ何が起こりうるか [続きを読む]
  • 「あじまりかん」はじめました
  • アマゾンでふと目に留まった「あじまりかん」。 唱えるだけで願いが叶う 普段なら、この時点でスルーする可能性大なのですが、「あじまりかん」と唱えるだけで願いが叶うなら、この本、買って読む必要などないんじゃないのか…、そう思うと、表紙だけで全部終わらせる本なんてあるのか、と逆に気になり、レビューのページへ。 お盆前頃でしたが、その時点でのレビューはほぼどれも、この手の本だけになおさら、サクラじゃないの [続きを読む]
  • ご感想をいただきました
  • 今年も、残すところあと3分の1になりましたね。 zoomコンサルをご利用くださった方から、ご感想をお寄せいただきました。 一人頭のなかで考えていると、いろいろ思いめぐらせているつもりが、どんどん凝り固まっていく一方なので、その「凝り」がほぐれたようでうれしく思っています。 *********************************************今後どのような道筋で翻訳者を目指したらよいのだろうか、とか、医薬翻訳者になるなんて無理な [続きを読む]
  • 使わずに使いこなせるようになる?
  • 先日、専門辞書についてご質問をいただいたのですが、「いきなりは使いこなせない」という言葉に、えぇぇっと驚いた私。 たとえ一般の英和辞書であっても、初めて手にしたものをいきなり使いこなせるかと言われると、少なくともその辞書の特徴を見てみるなどして様子を知らないことには、使いこなせるとは言えないかなと思います。 以前に書いたことも関係ありますが、辞書に限らず、仕事にかかわることは早くから用意したり使い [続きを読む]
  • 「考える」は consider ではなく believe
  • 英訳講座の課題で、「われわれは、〜であると考える/考えている」(わたしたちの考えはこうです、という内容)とあると、ほぼ100%の確率で We consider that 〜 という訳が上がってくるのですが、consider は「考慮する」とか「みなす」とかいう動詞です。「考」という漢字が含まれていれば同じ、ではありません。 実際に consider を辞書で調べればわかりますが、「考える」という訳語は consider A to be B か consider A as [続きを読む]
  • 滑り込み歓迎
  • 募集開始からの期間が短かったのですが、というかだからこそ、決断の速い方は、もうしっかり得しちゃってます。 明日15日(火)と明後日16日(水)のお試しグループコンサル、今ならまだご参加いただけます。 「どうしよう〜、どうしよう〜」ばっかりで、結局「あ〜ぁ」で終わらせていては、いつまでたっても夢には届きません。具体的な思考をしてみてください。 自分で自分を見つめて、気づかなかったことに気づける機会になればよい [続きを読む]
  • ただいまから枠拡大します
  • zoomお試しグループコンサルは、今のところ8月15日(と16日)になりそうですが、14日もお申し込みがあればお時間をおとりします。 はじめは優先条件を設けておりましたが、ただいまから勉強中(自己申告です)の方ならどなたでもお申込みいただけるようにいたします。 日が迫ってまいりましたので、お申し込みと同時にご相談内容をお知らせください。 どうしようかな、と思われた方、まずは今のご自身にどんな問題があるか、自分 [続きを読む]
  • 再確認
  • 望月俊孝さんのメルマガを読んでいます。 何がきっかけで登録したかは忘れました。ときどき読まなかったり、しばらく読まなかったりもしましたが、先日から始まった全7回のシリーズがとても興味深く、今までで一番、気合い入れて読んでいます。今までもそうしてろよ〜って感じですが。 まだ第4回までですが、自分自身のことや仕事のことなど、気づかされたり、確認できたりして、目の前が明るくなった気がします。 今日は8月8日と [続きを読む]
  • 上だよ、上、上
  • 添削をしてる時などに、こう思うことがあります。 同じところで足踏みしている人、 同じところをぐるぐる回っている人。 足踏みしている人は一歩前に、 ぐるぐる回っている人は一段上に、 自分から動かないことには何も変わらないのに。 あなたはあなたの山を登るしかないのです。上から引っ張ってくれる人がいるとすれば、それは「未来のあなた」です。講師、コーチ、コンサルは、あなたの山を見極めて、できるだけ登りやす [続きを読む]
  • zoomお試しグループコンサル
  • zoomやスカイプのいいところは、顔周りだけ整えておけば大丈夫、なところですね。 一歩も外へ出なくていいので、会場までの時間も交通費もかかりません。極端な話、服も着替えなくてもOKです。これまでの利用者さんも、お顔だけ映るようにされている方、結構多いです。 zoom利用なら、何の準備もしなくても、開始予定時間の数分前にミーテイングのアドレスにアクセスすれば、初回にお名前を入力するだけで入室できます。参加だけ [続きを読む]
  • サムハラ神社参拝
  • 今日、サムハラ神社へお参りに行ってきました。 パワースポットとして有名なことも、お守りの指輪が入手困難なことも、わりと最近知りました。 その入手困難な指輪は、いつ入荷するか直前までわからないらしく、社務所は連日、電話が鳴りやまないとか。 ただ、これまでのパターンをブログ等で拝見していると、今日あたりだなぁと思っていて、数日前から行く予定をしていたのですが、前日になって、朝一でメールに反応しないといけ [続きを読む]
  • プロになったあなた
  • たとえば、2年後には翻訳の仕事ができるようになっていたいとします。 2年後にはプロになっているということになります。 「プロのあなた」は今、どんな専門辞書、専門書を揃えていますか。どんな環境でお仕事をしていますか。 たとえばその専門辞書や専門書、何年前から使いこなし、読みこなしていますか。昨日や今日買ったばかりで、まだどんな用語が収載されているか、どんなことが書いてあるかもよく知らないなんてこと、ない [続きを読む]
  • 「なんとなく」も意味があるかも
  • 昨日は、「瞑想コーチング体験セッション会」に行ってきました。 このセッション会は先月、メルマガで募集されていたのは知っていましたが、その時はピンとこなかったのです。 それが、前日の夕方にメールが届いて、キャンセルで大阪会場に空きが出たとのこと。 「大阪会場」ってどこ、と思って調べてみると、なんと、何度も前を通っていて、「このお店、何のショールームやろう」とちょっと気になっていたところでした。しかも歩 [続きを読む]
  • 「訳出のヒント」の本当の使い方
  • 英訳講座の「実践準備コース」(通信)と「通学(zoom)コース」では、受講生の方に「課題訳出のヒント」をお渡しして、それを基に課題の英訳をしていただいています。 この「ヒント」、「目の前の課題を訳すためだけ」に使って終わりになってしまっている方が多くて、とても残念に思っています。それでは受講している意味がなくなってしまいかねません。 英訳は「日-日翻訳」というのを見聞きされたことがあるかと思いますが、日本 [続きを読む]