みずほ さん プロフィール

  •  
みずほさん: 在宅翻訳者も髪モデルも
ハンドル名みずほ さん
ブログタイトル在宅翻訳者も髪モデルも
ブログURLhttps://ameblo.jp/translator-partsmodel/
サイト紹介文医学論文から出版翻訳までこなす在宅翻訳家/講師でもあり髪モデルでもある みずほ のブログです。
自由文翻訳のこと、髪のこと(ヘアケア、髪育など)、日々の気づきなど、綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/01/05 18:20

みずほ さんのブログ記事

  • 23年
  • 改めて、すごい年月だなぁと思います。 前の年の1月終わりに緊急入院、緊急手術、そのまま数カ月間の入院生活。 それまでの闇の部分をギュウギュウ詰め込んで、蓋をして、上から必死で押さえつけて踏ん張っていたものが、木っ端微塵に砕けてしまったのでした。 しかもそのショックがPTSDとなって、精神科に通い始めたことがさらに家族との関係をこじれさせ、授業にも出られない、拒食症になる、リストカットもする、あとは死ぬだ [続きを読む]
  • 新月ミーティングのご感想(次回は1月17日21:00〜)
  • 先月はじまったばかりの新月ミーティング。 初めての試みですので、管理者の私自身、まだぼつかないところがありますが、みなさんができるだけ早く翻訳の仕事ができるようになっていただきたい、お仕事に?まれるのではなくキャリアアップにつなげていただきたい、そんな気持ちで続けていきたいと思っています。 そんな第1回目のご感想をいただきましたので、一部ではありますが、下記に引用させていただきます。 ー 日々勉強す [続きを読む]
  • 早割りは今日まで
  • 実は、メールフォームの設定の問題で、英語論文を読むzoomミーティングのお申し込み時に自動返信メールが届いていなかったという…。すでお申し込みくださった方、お待たせして申し訳ございませんでしたm(_ _)m。 現在は修正が済まして、お申し込みフォーム送信と同時に、課題のリンク等をお知らせするメールが届くようになっております。 早割り価格の適用は、本日お申し込み分までです。お申し込みは↓こちらのフォームから。ht [続きを読む]
  • 翻訳経験の積み方
  • 年明け早々(ってまだその範囲ですが)、本田健さんのYouTube動画を見ていて、 こっそり本気でやる ということばに出会い、これいいかもと思いました。 元々、翻訳のようにプロのレベルが求められるような作業で、力をつける目的でボランティアをすることには否定的です。プロのレベルでない翻訳でしかもボランティアって、本当に人の役に立てるのか、逆に迷惑にならないのか、と思うからです。翻訳は、見ず知らずの(ことが多い [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いいたします。
  • 新年早々こちらのページにお越しくださいまして本当にありがとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 年々、時間が過ぎるのがはやくなるように感じるってよく言いますが、私にとって、去年はめっちや長かったです。 「こんなこと起こる?!」ってことが次々起こりました。あらゆることが氣つぎと学びの一年でした。今は、去年氣づいたこと、学んだことを書いて、電子出版したいと考えているほどです。 そんな [続きを読む]
  • 「英語論文を読むzoomミーテイング」やります
  • 年末のこんな時期ですが、お知らせです。 2018年1月〜3月に、英語論文を読むzoomミーティング(第0期)を開催することになりました(ミーティングは全3回)。 以前の科学英文オリエンテーリング(感想をお寄せいただきました)では、各自でお好きな論文をお選びいただいて、お題に該当する英文を抜き出していただく、というかたちで進めましたが、今回は、論文をこちらで指定して訳していただき、月末のzoomミーテイングで、英文を順 [続きを読む]
  • 受講生さんがトライアル合格、すでに受注
  • とってもうれしいご報告がありました。 トランスレーション-craftsの英訳講座の受講生さんが、トライアルに合格され、すでに英訳のお仕事も受注もされているとのこと。 最近、ご提出される課題訳文を拝見していると、お忙しくされているのかな??と感じることがあったのですが、翻訳のお仕事を受注されていたからだったんですね〜(そういうのって訳文に現れるものなので)。 もう〜、早く言ってよ〜って感じですが、トライアル [続きを読む]
  • 本日、第一回です。
  • 先月よりお知らせしております「新月ミーティング」。本日が新装第1回目になります。 時間は21:00〜を予定していますが、ライブでご参加いただけなくても、お申し込みと目標をご連絡をくださいましたら、後ほど音声ファイルをお送りします。 実際に今回は、ライブ参加できない方のほうが多くなってしまいました…。 今からでもお申し込みいただければ、ご参加可能です。お申し込みは、↓こちらのフォームからお願いいたします。 [続きを読む]
  • zoomミーティング受付中です!!
  • まだあまり詳しいことを書いていないのに、すでにお申し込みをくださっている方もいらして、ありがたいかぎりです。 12月から始まる zoomミーティング(新月ミーティング)では、ご参加にあたって翻訳の勉強やお仕事について目標や願望を設定しておいていただき、それをミーティング時にメッセージ機能を使ってお知らせしていただいたり、希望者には口頭で発表していただいたりしようと思っています。 新月の願い事については、こ [続きを読む]
  • zoomミーティング復活
  • 次どうしようかなぁ〜と思っているうちに、もう今年もあと一か月ちょっとになってしまいました(汗)。 今年初めの頃に何度かさせていただいておりました zoomミーティング を再開しようと思います。 以前は、ほぼ私が一人でしゃべるだけでしたが、ちょっと趣を変えて、毎回、新月の日(の夜)開催にしようと思っています。 翻訳の勉強中の方も、翻訳のお仕事をされている方も、翻訳がキーワードになる方ならどなたでも、ピンとき [続きを読む]
  • 英訳講座 第1期まもなく開講です
  • 来る12月より、英訳講座第1期が始まります。 全6回(3カ月間)で腎不全について専門書から出題いたします。 「訳出のヒント」を見ながら課題を訳しますので、英訳は初めてという方でも大丈夫ですし、続けていくうちに、英訳で重要になってくる和文和訳の感覚が身につきます。 通学の方はJR京橋駅(大阪)が最寄りになりますが、お住いの場所に関係なくzoom(ビデオ会議システム)を利用して受講することができますので、通信環境 [続きを読む]
  • 「超一流を作るやまだ式ファスティングメソッド」
  • 先週末は、サムハラ神社で御神環をいただいたあと、そのまま自転車で移動して、 超一流を作るやまだ式ファスティングメソッドに行ってきました。(↑写真(お借りしました)とリンクは、明後日19日の東京開催のものです) 御神環の授与からのセミナー会場への移動、受講は、取り計らわれていたとしか思えないタイミングでした。 講師の山田豊文先生は、横綱 白鵬の断食を指導された方です。 山田先生の講演は、先月も聴かせていた [続きを読む]
  • ご加護、いただけました
  • 先週、レイキのセミナーへ行く前にお参りしたときに、次回はだいたい一週間後だというのがわかったので、一昨日、昨日と通い、なんとなく事情がわかってきた今日(12日)、日曜なので、これまでの統計からいうと可能性は低かったのですが、 御神環のお分けがありました。 今回授与される御神環の号数に、第一希望の3号(小指用です)があるという幸運に恵まれました。 あさ7時45分頃に神社に着いたときにはすでに、60〜70人 [続きを読む]
  • レイキティーチャーになりました
  • 三連休+月曜日の4日間で、レイキ1〜4のセミナーを受けてきました。レイキは手をかざしたり軽く触れたりするだけのヒーリング法で、ヨーロッパなどでは、書店の「家庭の医学」のコーナーにたくさん Reiki の本が並んでいます。 元々興味はありましたが、通常のお値段がすごいし、どうしても身につけたい理由もなかったこともあって、長らく「気になる存在」でした。 この夏に、たまたま体験会に無料で参加することができ、体験会 [続きを読む]
  • 再会したら「波動」だった
  • 最近、こんな本を読んでいます。 合間をみて読んでいるからもありますが、内容が詰まりすぎている(!)ためか、なかなか進まない。 先週の土日に、この著者の船瀬俊介先生の講演が大阪であり、聴きに行ってきたのですが、それまでに一通りは読もうと思っていたのに間に合わず、未だに読み終わっていないという…。 タイトルは「波動医学」ですが、この本のなかに書かれていることのなかには、実はもうずっと前(古いものだと20 [続きを読む]
  • 英訳講座 第1期(腎不全)12月開講〜通信はどの月からでも
  • トランスレーション-craftsの英訳講座の通学コース第1期(腎不全)が、12月から始まります。第1期は全6回(3カ月間)です。 「英訳」というと、興味はあってもわけがわからないままどんどん過ぎていってしまうのではないか、とのご心配もあるかと思います。 当講座には、課題に「訳出のヒント」がつくコースがあります。「訳出のヒント」は、課題一文ごとに "和文和訳" の仕方や、英訳にありがちなパターンの説明になります。当該 [続きを読む]
  • 本当のコスパのよさとは
  • 本当のコスパのよさとは、本当に直接、ちゃんとした翻訳者に依頼すること。ということで、長年にわたり↓こちらに住まわせてもらっています。 確かな実績と経験のある翻訳者のみが住人になれる町 フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 近年、翻訳者に直接依頼できることを謳うサイトが増えてきて、押され気味なので、ぜひ知っていただきたいと思っています。本当に直接、翻訳者を選んで依頼できます。 というのも、直接依頼 [続きを読む]
  • +と−が並ぶとき
  • 先月、5カ月間にわたる科学英文オリエンテーリング第1期が終了しました。ご参加くださったみなさん、お疲れさまでした。 アンケートの回答もいただいておりますので、近々ご紹介できればと思っています。アンケートは任意ですが、お答えくださった方には、次回(あれば)何かさせていただければと考えておりますので、お楽しみに。 参加者のみなさんからは、毎月英文をお送りいただき、その英文を元に翻訳に役立ちそうなヒントや [続きを読む]
  • homogeneous な人たち
  • 医学論文などでわりとよく見る homogeneouns という単語。いろんなものに使われます。物にも人にも。 物質などには「均質」とか「均一」とかで問題ないと思いますが、人の集団のことをいうときまで同じ言葉を使うのはどうかと思っています。 「諸条件が(概ね)同じ」ぐらいかなぁとは思っていますが、ネット検索だと「等質な集団」とか「均質な被験者」とか出てきますよね〜。 出てくるからって使っていい理由にはならないので [続きを読む]
  • 文字を訳そうと思うから上手くいかない(2)
  • 母語話者一人一人に「自分のなかの辞書」があります、とは言っても、もちろん辞書は使います。「これを書いた人は、何を伝えたくてこの言葉を使ったのか」を考えるためですので、一人一人「違う辞書」を使っていますから、書いた人の気持ちを丁寧に探っていきます。 もちろん、原文に書かれた言葉以外のものを調べたり、私自身の言葉に対する感覚を確かめるために辞書類を使ったりもします。 和英翻訳にお勧めの辞書をたずねられ [続きを読む]
  • 文字を訳そうと思うから上手くいかない(1)
  • 和訳でも英訳でも、原文の意味が取りづらい(取れない)ことはあります。 英和翻訳では、英文を英語ネイティブレベルの人が書いているとは限りませんし、和英翻訳では、母語話者一人一人に「自分のなかの辞書」があります(きちんと国語辞典で調べながら日本語を書く日本語母語話者なんていないでしょう)。 目に見える文字だけで判断するには限界があります。 そう言うと、和訳の場合、専門知識だとか背景知識だとかいう言葉が出 [続きを読む]
  • 「あじまりかん」効果ありかも
  • どちらかというと、あらゆることをやや比較的な目で見ている(否定的ではありません!)私ですが、「あじまりかん」が頭のなかを回りはじめてから約1カ月、もしかして、と思うことが起こりはじめています。 私自身が、できるだけこじつけたくない気持ちで観察しているので、「あじまりかん」前後の時間を入れ替えて検証できないという制約はありますが、前と後とでは違うことが起こっていると思います。 具体的に望んでいたことが [続きを読む]
  • 断食明けからの、スリランカマッサージ
  • 久々に、3日間の軽めの断食をしました。 軽めというのは、味付きの液体の食べ物(スープとかお出汁とか)は飲んだりするからです。 これまでは、1日だけのプチ断食を続けてきましたが、これが思いのほか辛く感じて、ほかの方のSNSなどを拝見していると、むしろ2日目、3日目の方が楽そう(?)なので、調べてみて、断食中に起こりうる心身の変化を知ったうえで、3日間の断食をしてみることにしました。 あらかじめ何が起こりうるか [続きを読む]
  • 「あじまりかん」はじめました
  • アマゾンでふと目に留まった「あじまりかん」。 唱えるだけで願いが叶う 普段なら、この時点でスルーする可能性大なのですが、「あじまりかん」と唱えるだけで願いが叶うなら、この本、買って読む必要などないんじゃないのか…、そう思うと、表紙だけで全部終わらせる本なんてあるのか、と逆に気になり、レビューのページへ。 お盆前頃でしたが、その時点でのレビューはほぼどれも、この手の本だけになおさら、サクラじゃないの [続きを読む]
  • ご感想をいただきました
  • 今年も、残すところあと3分の1になりましたね。 zoomコンサルをご利用くださった方から、ご感想をお寄せいただきました。 一人頭のなかで考えていると、いろいろ思いめぐらせているつもりが、どんどん凝り固まっていく一方なので、その「凝り」がほぐれたようでうれしく思っています。 *********************************************今後どのような道筋で翻訳者を目指したらよいのだろうか、とか、医薬翻訳者になるなんて無理な [続きを読む]