ゼネラリスト さん プロフィール

  •  
ゼネラリストさん: 八百長競馬-FIXED KEIBA-回収率130%ブログ
ハンドル名ゼネラリスト さん
ブログタイトル八百長競馬-FIXED KEIBA-回収率130%ブログ
ブログURLhttp://fixedkeiba.blog110.fc2.com/
サイト紹介文昨年回収率130%の競馬ゼネラリストがお届けする本格派分析ブログ。予想ファクターは血統・時計・調教。
自由文色々な人間たちの、色々な思惑によって競馬は日々行われている。
“回ってくるだけ”なんて日常茶飯、全然珍しくない。 そんな馬を買っていては競馬で勝つことは不可能。 「競馬は八百長である」 このことに気づいた時、それすなわち勝利の第一歩を踏み出す時。 そう、君は今勝利の一歩を踏み出したのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/01/05 05:48

ゼネラリスト さんのブログ記事

  • 【マイルCS】◎クルーガー
  • 【マイルCS】◎クルーガーデビュー以来、一番の出来という陣営の談話。前走は休み明け府中マイルを馬場が悪い中で上がり最速を記録。巨漢馬だけに重苦しい動きだったがそれでも3着を確保した内容から前進を期待できる。馬場は少しウェット。時計勝負になる気配はなし。持ち時計なく、34秒台の末脚勝負を得意とするタイプ故に歓迎の口。人気薄だが、陣営が自信を持って送り出す当馬の激走に期待したい。≪結論≫◎クルーガー( [続きを読む]
  • 【東京スポーツ杯2歳S】◎ワグネリアン
  • 【東京スポーツ杯2歳S】◎ワグネリアン早々とこのレース参戦を決めた二頭ワグネリアン、ルーカス。この二頭の参戦でレースは少頭数へ。二頭のマッチレースの様相濃い中で行われる。圧倒的なスピード&末脚で他馬を圧倒するワグネリアンの強さは群を抜く。何よりも高いその完成度。今の時点では、世代随一だと判断しても差し支えなし。この高い完成度はやはりディープインパクト産駒らしさ。それを加味すれば、現時点ではワグネリ [続きを読む]
  • 【京王杯2歳S】◎アサクサゲンキ
  • 【京王杯2歳S】◎アサクサゲンキ前走の内容は見所ありで素質の高さを感じさせた。前半厳しいペースだったが、先行馬で唯一残ったのがこの馬で、一枚上のレース内容だったのは確か。ここ府中も問題にしないと考えた理由は末脚の確かさ。ハイペースでもスローペースでも問題にしないレース巧者で末脚勝負は持ってこい。府中が舞台でもキレ負けせず後続完封できる。≪結論≫◎アサクサゲンキ(自信度C) [続きを読む]
  • 【天皇賞・秋】◎キタサンブラック
  • 【天皇賞・秋】◎キタサンブラック余りにも厳しいレースだった宝塚記念。しかし、天皇賞馬をここで評価を落とすのは如何なものか。落ち着いて走れば、前走のようにはならないはず。直線が長いレースでペースが惑わない可能性が高い。広いコースでドンと来いのタイプで、スローペースで結果を出してきた。それだけにこの天皇賞は打ってつけの舞台に感じる。前年のJC制覇で東京の適性は自分次第といったところだろう。まだまだ見限 [続きを読む]
  • 【アルテミスS】◎トーセンブレス〜【スワンS】◎サングレーザー
  • 【アルテミスS】◎トーセンブレス前走は圧巻の内容で時計も十分に評価できる。自慢の末脚、確かな持続力はここでは一枚上。テンが速い馬が多く、末脚でこの馬に敵う馬なし。となれば自慢の末脚がこの府中の長い直線で輝くと見た。≪結論≫◎トーセンブレス(自信度C)【スワンS】◎サングレーザー連勝劇もそれぞれ内容の濃いもの。この距離が合っているのか、コーナーでの加速が素晴らしい。多少流れた方が良い脚が使える。スプ [続きを読む]
  • 【菊花賞】◎ミッキースワロー
  • 【菊花賞】◎ミッキースワロー不良馬場で予想のし辛いレースとなった。最後の一冠賭けて全力投球はミッキースワロー。馬場が悪いが、今日の京都競馬場は差しも届く外差し馬場。末脚比べとなればこのミッキースワローの末脚に敵う馬なしと見る。前走セントライト記念では驚異的な伸び脚で皐月賞馬アルアインを完封。それもそのはず、ラスト10秒台に近い数字の末脚を中山で見せてのものだからアルアインが弱かったわけではあるまい [続きを読む]
  • 【富士S】◎エアスピネル
  • 【富士S】◎エアスピネルハイレベルな末脚比べになった安田記念も健闘し5着。やはりマイルが合う。ポジショニングさえしっかりしていれば勝ち負けのレベルにあったはず。幸いにも雨を苦にしない血統背景。デイリー杯を圧勝した実績もあり、ここは信頼。久々の勝利の美酒を味わいたい。≪結論≫◎エアスピネル(自信度C) [続きを読む]
  • 【秋華賞】◎ファンディーナ
  • 【秋華賞】◎ファンディーナ人気サイドのアエロリット、リスグラシュー共に距離不安。京都での実績も薄く人気サイドでも信頼おけぬ。トライアル勝ち馬ラビットランも後方待機。内回りに変わって差し切れるかどうかは不安十分。春に活躍したモズカッチャンもこのレースについていけるかどうか。ガクッと評価の落ちたファンディーナに再び目を向けなければいけない。皐月賞、ローズSと厳しいペースの競馬を強いられ敗戦も仕方なし経 [続きを読む]
  • 【毎日王冠】◎リアルスティール
  • 【毎日王冠】◎リアルスティール前走からM・デムーロにスイッチ。敗因は出血にあるものの、ここ巻き返しのためにメイチ全力投球の気配。ドバイで見せた競馬、ないしは二冠馬ドゥラメンテを倒した舞台だけに左回りは合う。スピードを持続させて競馬が出来るのが最大の強み。デムーロがアストラエンブレムを捨ててまで乗りかえただけに勝負気配。まだまだノーザンの序列ではこの馬は上位ランクと見た。見限るのはまだ早い。調教強化 [続きを読む]
  • 【サウジアラビアロイヤルC】◎ダノンプレミアム
  • 【サウジアラビアロイヤルC】◎ダノンプレミアム新馬戦では好スタートからスッと2番手につけて追走し、勝負どころから早め先頭。直線でゴーサインを受けると後続を一気に4馬身ちぎり、完勝。この勝ち上がり内容が秀逸で時計も新馬離れだと感じさせた。道中、後続からプレッシャーをかけられる厳しい展開の中での勝利だけに価値がある。重賞初V期待したい。≪結論≫◎ダノンプレミアム(自信度B) [続きを読む]
  • 【スプリンターズS】◎ファインニードル
  • 【スプリンターズS】◎ファインニードル前走のセントウルSでは3番手好位から追走し差し切り。先行してそれなりの時計を使って差し切り、というのがいかにもスプリンターズSに合う。前走の時計、自身ラップタップはロードカナロアのセントウルSと似通ったもの。二度までも敗れ去ったかの名馬も、セントウルSではさして輝きを見せていない。坂のあるコース、ハイペースで輝く素材だというのは、中山アクアマリンSで証明済み。 [続きを読む]
  • 【ローズS】◎ファンディーナ
  • 【ローズS】◎ファンディーナ春に無理をさせなかったファンディーナ。圧倒的パフォーマンスを見せながらも皐月賞ではそのナリを潜めた。無論原因は味わったことがないハイペース。淀みない息を入れないペースが合わなかったのは言うまでもなし。ローズSでは息が入る中間ラップで、巻き返し可能。本来の姿を取り戻すはず。牝馬同士なら格上と見てここは本命視、ワイドで穴に流して勝負。相手はミリッサ、メイズオブオナー、ブラッ [続きを読む]