りじゅ さん プロフィール

  •  
りじゅさん: お絵描き&工作 遊び部屋
ハンドル名りじゅ さん
ブログタイトルお絵描き&工作 遊び部屋
ブログURLhttps://ririjyuuni.blog.fc2.com/
サイト紹介文幼児と児童の楽しい絵と、ちょっぴりエコな面白工作。身近にある物で、親子で手作りが楽しめます。
自由文元々は、商業デザイナーでした。
今は、ひょんな事から、子供達に工作と絵画の指導をしています。
無心な子供達の発想は、実に素晴らしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/01/05 12:21

りじゅ さんのブログ記事

  • コスプレ
  • そして、東京宝塚。月組公演、『エリザベート』へ。この公演で、ちゃぴこと、愛希れいかが、卒業する。行って来ましたよ。どうしても、女帝の最後を見届けなくてはと。たま様トートの力強いこと。ちゃぴシシィが、圧巻なこと。みやちゃん皇太子が、皇太子以上に皇太子で、れいこルキーニが、狂気の塊。(私の蒼紫!どこに行くんだ!?)ありちゃん殿下が、はまりすぎで、海ちゃんヴィンディッシュが、涙をぬぐう。まゆぽんパパは、 [続きを読む]
  • 洞窟
  • そして、東京宝塚へ、花組公演、『MESSIAH』メサイアトップオブトップ、明日海りおの天草四郎、、、かっこいいんですよっ!!!教科書に載ってる、天草四郎の漠然としたイメージが、ガラガラと音を立てて、崩れ落ちました。うううむ、みりお、あなた、この前、エドガーだったよね、、青い目で。この振り幅の凄さ。お話は、花の二番手、れい君が、遠い過去の事実を、ほのかちゃんお殿様に、伝えるところからなんですが。激しい、キ [続きを読む]
  • 凱旋門
  • ひさしぶりぶりなので、最近のお出かけを。インスタのお友達が知らせてくれたので、すっ飛んで行きました。銀座松屋『林 明子展』(期間短いよ〜。とっくに終わってます。)きゃぁ〜、こんが居る!もう、なんて言ったらいいのだろう。大好きなんすよ。明子先生の絵。可愛くって、可愛くって。ぐすんぐすんと、泣いているおばさまもいましたよ。わかるわー。なんとなく。たぶん、子育て期間の思いが、フラッシュバックするのでしょ [続きを読む]
  • 異世界
  • 西日本豪雨災害に遭われた被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。東京宝塚、星組公演。『アナザーワールド&キラールージュ』へ。紅さん率いる、星組が極楽浄土へ。いやはや、流石、『皆殺しの谷』先生。最初っから、全部、殺しちゃう。落語ベースのお話は、とってもテンポよく、楽しかったですよ。はんなり関西弁の紅子、べらんめぇ江戸っ子のこっちゃん。あーちゃんは、お人形のように可愛く、頭に、お団子差してる。お菓子 [続きを読む]
  • 雨に
  • 月組、別箱公演。赤坂ACTシアターへ。珠城りょう主演、『雨に唄えば』今、月は、三つに分かれてる。ちゃぴのも観たかったな〜。こちらも相当楽しいですよ。みっちゃんのリナを知っているので、まゆぽんがどうなの?と、思ったけど。爆笑!!!!!デカイ!、けど、可愛い!、とってもチャーミングよ。そうだ、そうだね、まゆぽんも女の子だったんだ。今頃、気がついたよ。(笑)さくらちゃんのキャシーに、『どこが負けているかわ [続きを読む]
  • 華麗なる
  • 月組、別箱公演。日本青年館。レイコこと、月城かなと主演、『フィッツジェラルド最後の1日』へ。東上おめでとう。美しい〜。??この人は、宝塚男役の魅力の全てを持っている。お話は、重いですね。あのラストタイクーンを、グレートギャツビーを書いた人とは、知らなかったわ。後輩だった、ヘミングウェイのアリちゃんに、追い抜かれ、失意のままに、どんどん書けなくなっていく苦しみ。1920年代のオシャレな時代、くらげ綺麗。 [続きを読む]
  • トナカイ
  • そして東京宝塚、宙組公演『神々の土地』まあ様こと、朝夏まなと、卒業作品へ。みりおんを送り出してから、宙組のトップ娘役は不在。それがやっぱりさみしい。透き通るように美しい、うらら嬢と(もう観れなくなるなんて!)次期トップ娘役が決まってる、可愛いまどか嬢とのW平行娘位置。りんきらが、母役で、えっ!スッシーさんが、おばあさま役で、えっ!いつも好青年なずんちゃんが、ワイルドで、あっきーは、いつもどおり優し [続きを読む]
  • はいから
  • マイ蔵書、原作をしつこくも読み直し、いざ、日本青年館へ。花組、別箱公演。『はいからさんが通る』へ、行ってきましたよっ!原作ファンとして、行かないわけにいかないのです。もぉね、、、泣きそう。リアル再現度が素晴らしい、、、柚香光、れいちゃん、少尉そのまんまだわ。(許す!)はなちゃん、今までどこに隠れていたんだね紅緒。そして、ちなさま。あなた、編集長が編集長でそこにいるという現実。和紀センセの、あのトチ [続きを読む]
  • 輪っか
  • 恵比寿、山種美術館。『上村松園』展へ。美人画の最高峰、前回の展示の時も行ったのですが、全く趣味の合わない友人を連れて行ってしまい(笑)大変複雑な思いをしたものですから、今回は、じっくりと一人で観てきました。気が楽〜。日本画、好き。ほんと好き。近代の美人画も並べられていて、伊東深水の『吉野太夫』が、これまた素敵でして、結構大きい作なのだわ。片岡球子、小倉遊亀、、他、大作ばかり。松園の、70歳過ぎても [続きを読む]
  • 壁ドン
  • そして、東京宝塚月組公演へ。『All for One  ダルタニアンと太陽王』良かった!今回の月組は面白い!!楽しいじゃないかっ!いやぁ、ここんところ、たまきちこと、珠城りょうのお役が、浮気されたり殺されたりで、もう、散々なので、なんとかしてよっ!て感じだったのですが、今回のは、元気よくてぴったりだわ。たまきち!呼びなんてもう言えない。たまサマと呼ぼう。お友達を連れて行くなら、こういうが正解です。まさに。老若 [続きを読む]
  • 三角形
  • そして、別箱、宝塚雪組公演全国ツアーへ。『琥珀色の雨にぬれて』新生雪組、トップコンビぷちお披露目。キタ〜!だいもんこと、望海 風斗トップ就任とあって、ものすごい数の観客です。ライトを浴びて現れた時の、地鳴りのような拍手。お話はねぇ、、、なんで、これが、ぷちお披露目の演目なのよっていう、まぁ、なんと言いますか、どうしょうもない、優柔不断な男の話で、なぜ、これが、再演されるのか、全然っ!わかんないです [続きを読む]
  • 家族愛
  • 雪組別箱公演、日本青年館へ。『キャプテン ネモ』雪の二番手(ほぼ)、彩風咲奈 東上初主演!が、が、が、これで、いいのかっ!いやはや、何と言ったら伝わるのかしらん。もう、千秋楽過ぎたのでいいんですが、途中から、自分の理解力?オツムの出来?ついに、私も認知症?ハァ?何だ、このストーリーは?私の、愛したジュールベルヌは?どこ?『海底二万里』が下敷きじゃないんですか?え?とにかく、意味がわからないんすよ。 [続きを読む]
  • 版画
  • 新宿、東郷青児記念 損保ジャパン美術館にて『吉田 博』展へ。たまたま、大人?(ジジババ?)ゆとりあるオトナ向けのサイトを見ていましたら、この版画に巡り合ったので、見てきましたよ〜。(目が??)故ダイアナ妃が、来日の際、お買い上げになられたという。あの、マッカーサーが、船から、降りた第一声が、『吉田博は?どこだ?』と聞いたという。いやはや、明治の人は凄い。水彩、油彩、木版画と、展開させた、『絵の鬼』 [続きを読む]
  • 棒術
  • そして、東京宝塚、花組公演『邪馬台国の風』へ。明日海りお、仙名彩世の新生トップコンビ初の演目。ゆきちゃん、上級生の貫禄。清い巫女役がぴったり。美しい。みりおとの並びに違和感は全っっっっくなし。かのちゃんもとても良かったんで、んー、これはもう仕方ないので。まぁ、ゆきちゃんならいいか。と、みんな思ってると思う。お話は、まぁ、あっちこっちから、ツッコミどころ満載と聞いていましたが、そうですね。カリスタに [続きを読む]
  • 蝦夷
  • そして、リニューアルした日本青年館へ。宝塚、星組公演礼 真琴主演『阿弖流為』まこっちゃん〜!!!きゃ〜〜、かっこいいんですけど! キタ━(゚∀゚)━!どうしましょ!群舞の振り付けが、ちょっと変わっていて、かっこよかった。殺陣もなかなか。 ○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○せおっちが、いいじゃないかっ!アヤナちゃんに、ぴーすけに、他、若手活躍。半分、オームに行っちゃってるからね。うん、しーらんには、泣ける。く [続きを読む]
  • 繁忙期
  • ちょっと忙しいので、しばらく放置しまーす。って、わざわざ言う必要性が全くないですが、とりあえず生きてます。あぁ、チケットがない。ない。ない。八月までない。(涙) [続きを読む]
  • ペンライト
  • そして、文京シビックホール。宙組公演『A motion』エースモーション。まぁ様アメイジングステージへ。(OSを入れ替えたら、いろんなものが飛んだ。どこに何があるんだ。使いづらい!ったら、ありゃしない!)当日は、Dチーム。リーダーは、かずソラ。お隣の方が、熱いまぁ様ファンの様で、もう、ペンライト振るわ振るわ。すんごい眩しいのですよ。もう、会場は、どこぞのアイドルコンサートのよう。グッズの売り上げも凄い様子。 [続きを読む]
  • パタパタ
  • そして、東京宝塚。雪組へ。ちぎみゆ同時退団公演『幕末太陽傳』生の舞台は、やっぱり楽しい。ライビュはまた、違う見方ができるけど。ちぎさん、魅力全開です。少々、ルパンみ入ってる。ゆうみちゃん、タンゴでせまる。あんりちゃんとのキャットファイト壮絶。お話は、品川宿の旅籠女郎屋での居残り家業というま、一種の便利やですかね。機転一つで、物事を鮮やかに解決していくきれ者が、ちぎさんですから、楽しいことこの上なし [続きを読む]
  • マジック
  • 都内某所で、妙齢の女子会。世話役幹事が、セレクトしてきた今回のお店が、マジックバーというか、お食事にマジックショー付きでした。カップルが、お誕生日?デートで来ていたり、いろいろ盛り上がっていましたが、さてさて、デザートタイム頃に、イケメン?のマジシャンがテーブルに来て、手品ですね、マジックを見せてくれるのです。テレビでしか見たことなーい!しかも、たまたま、私、超至近距離。はぁ?はぁ???????・ [続きを読む]
  • ライヴュ
  • そうなのだよ。実は、雪組大劇場千秋楽ライヴュに行ってしまっているのだよ。新宿は、ほぼ満席。行くつもりはなかったのにぃ、、東京公演を待つ予定が、、諸般の事情で、観てしまった。。。楽しっ。(涙)(まさかの、ベサメムーチョ!うわっ。)今月二回分は確保済みなのですがぁ、、とっても楽しいので、皆様是非行ってください。詳細は後日。 [続きを読む]
  • いざ
  • 引っ越しをした友人に逢いに、鎌倉へ。素晴らしいお天気に恵まれ、なんて爽やかなの!新緑をたっぷり楽しみ、身も心も清くなれますよーに、と、鶴が岡八幡宮へ。倒れて、切られた大銀杏の切り株のそばに、芽吹いた新しい銀杏が、だいぶ育っていました。お昼は、すんごいボリュームの(またしても)フレンチで、動けなくなるほど、完全に食べ過ぎたので、晩ご飯は抜きました。体重計に、怖くて乗れない。特製レモンスカッシュが、美 [続きを読む]
  • ムハ
  • そして、乃木坂。新国立美術館、『ミュシャ展』へ。昔は、ムハって呼んでた。(チェコ語よみだそうだ。)お家の玄関に飾るほど、ミュシャが大好きな友人と一緒に。すんごい混雑です。良かった、前売り買っといて。一番乗りしてきましたので、じっくり観てきました。『スラヴ叙事詩』圧巻。。。なんという、巨大な油絵。縦6横8メートルが、20枚も。オペラ持って行って正解。描写の繊細さ、ボキャ貧なので、うまく言えない。素晴 [続きを読む]
  • 水玉羽衣
  • そして、東京宝塚、星組公演。『スカーレット・ピンパーネル』へ。トップ二人のお披露目公演は、華やか華やか。しかし、、紅子ちゃんの脚はなんですか?マンガですか?あーちゃんは、輪っかのドレスがよく似合い、まこっちゃんの歌は、ド、ド迫力で、かいちゃんは、いらつくロベスピエールで、せおっちと、くらっちが、全然なじんでて、らぶらぶでした。紅子ちゃんが、あーちゃんを見る目が、すんごく優しくてですね、『もぉ、可愛 [続きを読む]
  • 節句
  • ご近所に、昔ながらの鯉のぼりを立てるお宅があります。立派ですよ〜。薫風に踊る、鯉を観てると、ほのぼのしますね。友人のお子ちゃまが、一番下の弟君の鯉のぼりに下半身を突っ込んで、『人魚姫ぇ〜?』と、フローリングの床で、のたうっていたのを思い出します。(大きいお父さん鯉じゃないとできない。素晴らしい!)昨今は、人魚姫になれる毛布?があり、(ニット)家の子が欲しがるのでピンクのを買ってやりました。おうち女 [続きを読む]