TOKUMI さん プロフィール

  •  
TOKUMIさん: 美容師TOKUMIのことが解るブログ!
ハンドル名TOKUMI さん
ブログタイトル美容師TOKUMIのことが解るブログ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/cime-hair/
サイト紹介文大阪・心斎橋のヘアサロンcime(シィーム)のスタイリストTOKUMIのブログです。
自由文食べたり、飲んだりする事が大好きな美容師です。オシャレも好きだし、人生楽しく過ごそうとポジティブ思考でいてます。頑張って半年で13キロのダイエットに成功しました!現在、ほっておいたら戻りそうなのでRUNも続けています。そんなTOKUMIが普段感じたり、考えたりしている事の小さな出来事を美容室やヘアスタイルだけでなく、いろんな事のつぶやきを紹介させて頂きます。よろしくお願いします!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/11 21:31

TOKUMI さんのブログ記事

  • 意外と高いんやな〜・・・
  • 雇用契約の書類を送るのに頼んだDHL。やり方もよう分からんけど出来た。 たかがこんなことでも初めてやと分からん。 ちょっとした書類送るだけで4400ルピー(7480円)も掛かったが送り方が間違ってたんやろか?って思う。 続きがまだある。 送った次の日にビザ代行会社さんから連絡が入り日付を変更して再度書類を送り直してほしいと・・・ DHLだと2日程度で日本に着く・・・などと簡単っぽく書いてあったが、も [続きを読む]
  • 夏場に行ったら死にそうや・・・
  • 場所にもよるかも分からんが大気中の空気が相当悪いオールドデリーの問屋街。 写真では笑っとるけど、ちょっと歩くとクシャミは凄いし喉もイガイガして咳がでるし目も充血してくる。 夏場に行ったらアカンは。 隣の兄ちゃん頭に大きいの2個も凄いなー。 隣のおっちゃんよう光っとんなー。 そやけどクタクタやで。 次は気温が下がる半年後やな。 取りあえず新作アイテムを入れる容器をゲット! Coming soon・・・ お楽しみに!! [続きを読む]
  • 日本人美容師を雇う書類全て・・・
  • ちゃんと正規で働いてもらうには外国人ならば就労ビザは必須。黙っていれば何とかなるのかも分からないが、会社を長期存続させると決めているのでブラックではやってられない。 総務も兼任しているので書類を日本へ送りたいが、これ一つとってもなかなかコトが進められないんだよね。 明日やろ〜明日やろ〜って先送り。。。 待っててくれているのだから早くせんとね。 今日はオールドデリーへ行って買出しに行かなあかん用事も [続きを読む]
  • ローカルスタッフの雇用・・・
  • 新入が2名入社した。どちらも美容室経験が無い子たちなんだが、それは全く問題ない。フレッシャーの良い点や悪い点などあるが良いところを見ていく。 デリーには美容学校は意外と多くあるが今はライセンス制になっていない。今回の子たちは美容専門学校は卒業してない(してない子が多い) スタッフ探しの方法はいろいろあると思うけれど、経費を使えないので僕の場合は2つ。スタッフに誰か探してきてと頼むかSNSを利用する。 [続きを読む]
  • シンプルなヘアスタイルでも・・・
  • 今日はオーストリアからのお客様。外国人は日本人ほどあまりディテールにこだわらない人が多い(?)と思っているが、そうでない人ももちろんいる。 ビフォアー写真をいつものように撮り忘れたが、ローカルでカットしたのが気に入らず飛び込んでこられたが、切り口がバラバラでバランスも悪い。 彼女からのオーダーもとにかく髪が重たいのでカットとヘアカラーで軽くしてほしいとのことだった。 必要なところに髪の長さがなかった [続きを読む]
  • 店頭に飾っておかないと罰金・・・
  • 領収書がでないキャッシュも済ませてライセンスがきたので一年これで一安心。デリーでは店頭などの見えるところに営業ライセンス飾っておかないとまた罰金の対象になる。 闇ではなくオープンでやっているので面倒だがいろいろ申請する必要がある。 日本人美容師を雇用する段取りで就労ビザに必要な書類もほぼ出来上がったので後は業者に確認してもらって日本へ発送する。 その後は自分のビザの更新に関わることで今年は日本で [続きを読む]
  • インド人女性ってショートカットも似合うのにな〜・・・
  • 最近ショートカットのインド人女性増えてきたよね〜ってたまに聞くけれどまだ1%も達していないと思っている。 頭の形が良いインド人は多いけれどクセ毛率は日本人より高いので髪質を判断しながら似合わせていく技術は必須。 彼女の髪もチリチリではないがくせ毛が強い。実はサイドは2ブロック(中側はソフトな刈上げを施してある)でボリュームの調整。 スキはさみだけで対応していくとスタイリングはし辛くなるし髪もバサ [続きを読む]
  • 今年はまた違っていた営業権の更新の仕方・・・
  • 今は火・金曜日とグルガオンへ行っているので平日のデリーで経営者としてやるべきことが意外と多い。 サロンはほぼご予約なので自分都合の場合は出やすいが、役所の担当者の都合でころころ日時の変更などあると実は相当困る。 取りあえず重要な手続きの一つ営業権の更新手続きが済んだ。 昨年と違っていたのはワOロ関係。かなり厳しくなってきているのか?職員は注意を払いながらやっているがそれでも止めない。 昨年はまだオフ [続きを読む]
  • もう一つの会社つくり・・・
  • やりたいことの一つが美容技術アカデミー。会社のカテゴリーがサロン運営とはまた違うので別会社を作ろうとしている。また新たな苦労を背負うことになると思うか、また新しく道が開けるって少しワクワクするかなんだけど当然後者だ。 この練習用のダミー(マネキンの頭)オールドデリーの問屋街でも売っているが粗悪なわりに高い。 このベッドは折りたたみ式で日本をはじめ各国で売られているがインドで買うと安いが店によって値 [続きを読む]
  • 技術って身体に染付いて安定して・・・
  • 一度ついた技術でも定期的に再チェックしとかないとなかなか安定しないので手間がかかる。 技術っていっても基礎技術が身につくとさほどブレないと思うんだけど、技術を身に着けるという土壌がまだまだないんやろかね。。。 彼女はマイペース型であまりブレない 忙しいときでもスローリー 応用を利かせて欲しいけれど、個性を生かす方が重要かな。 いろいろ考える ではでは〜! お問い合わせフォームを作りました。こちらから [続きを読む]
  • 来週再入荷・・・
  • 作って良かったオリジナルシャンプー。同じ硬水でもインドの水質に実際合うのかという不安もあったんですが意外と多く方からリピート購入して頂け初回分はほぼ完売。 来週には再入荷しそうなのでもう少しお待ちください。 こちらのメンズの夏用シャンプーも品質改良中でしたが来週あたり生まれ変わり店頭にそろいそうです。 よろしくお願い致します。 ではでは〜! お問い合わせフォームを作りました。こちらからどうぞ!( [続きを読む]
  • ぼちぼち浸透しつつ・・・
  • 焦っても仕方がないがゆっくりでも困る。ノースイーストのインド人向けに発信しているまつ毛のエクステンション。これもやはりデリー店の方が展開しやすい。 グルガオンの方はまだベースつくりの段階でよく分からないが広い可能性といえばデリーだと思っている。 大手日系企業もほぼ空港側かグルガオン側に移っていっているので日本人相手ならグルガオンだが、いろんな国の人となればデリー。 なのでいろいろ考える。 日本人美 [続きを読む]
  • otokomaeなマダム・・・
  • もともと短い髪でご来店くださったベネズエラ出身のこちらのお客さまはローカルの美容室へ行って変なカットをされたとご立腹ぎみだった。 2ブロック(頭の上部と下部の長さを極端に変えてあるカット)だったんだけどセクション(上と下を分ける部分)のとり方がバランスが悪かった。 それと彼女の雰囲気を感じとるとボーイズっぽいより少しセクシーさも醸し出した方良いと思い上部の髪はもう少し長いほうが良いと提案した。 そう [続きを読む]
  • 再び住まい探し・・・
  • ご予約の合間をみて昨日もグルガオンで家さがし。先日申し込んだJioのWiFiなんだけどモバイル専用なので家で動画などを見るには有線のモノのほうが良いと思いリサーチ。 その地域に特化した(?)小さな通信会社を利用すると大手より小回りが利くし使用感の違いもない。 デリーの家界隈だと結構いろんな会社が壁にベタベタと貼り紙してあるが高級住宅街だとあまりない。 日中の気温も35度前後になっているので出歩く [続きを読む]
  • Beauty Academy・・・
  • もう一つの事業といってもまだ事業レベルになっていないが美容技術教室。これもやりたいことの一つだが一人ではサロンを切り盛りしながらなかなか両立できない。 今はバタバタするので僕が担当するヘア・ビューティーの方は止めているが、スタッフが担当できるマツ毛のエクステンションの教室は再開している。 彼女たちは技術を習得してインド国内に限らずドバイなどに行って出稼ぎしに行く考えを持っている。そうインドよりお [続きを読む]
  • インドで会社のクレジットカードを・・・
  • インドではデビットカードが主流なんだけどネットで注文するとクレジットカード決済しかできないことがある。それで以前クレジットカードを申請してみたがダメだった。 理由は会社設立5年以降でないと出来ないという。では個人で作るのはっていうと言うのが恥ずかしいが毎月均等な収入がないため作れないと言われた。起業家なので仕方がないと思い数年諦めていた。 それが最近になって各社の銀行からクレジットカードのキャンペ [続きを読む]
  • 何をしているインド人たちが住んでいるんやろか・・・
  • 次の展開の準備でグルガオン側でも家探し。日中のこの気温で歩いて家探しは相当きつい。30分越えてくるとボ〜っとなり軽い熱中症みたいになる。日増しに温度が上昇するのでちょっと焦る・・・。 グルガオン店のあるAブロックの住宅エリアを散策してみた。ゲストハウスみたいな大きい家ばかりの高級住宅街。 ここも一軒家 こんな家に住みたいが住めん。 大きな家でもエリアごとで似たような作が多い中ここのエリアは違っていた [続きを読む]
  • いろいろあるがデリーは住みやすい・・・
  • 先日肩につくぐらいの髪の長さのお客様にパーマを施したんだけど、かなり女子力が上がる仕上がりになった。ついつい忘れてしまうビフォー&アフターの写真。。。 インドの南部に住むというこちらのお客様はストレートパーマ。毛先までピンピンのストレートにせずアレンジがしやすいように提案させて頂いた。 デリー店では彼女のようにデリー以外のインド地区に住んでいてデリーへ観光や出張などで着たついでにサロンへお越し下さ [続きを読む]
  • WiFi料金を食い逃げされた・・・
  • グルガオン店のエアOルのWiFiの更新料金を食い逃げされてしまった。要は更新案内がきたので支払いを済ませたがWiFiが使えない。いつものようにサービスセンターに電話をかけるといつものようにたらいまわし。やっとたどりつき分かったのは契約期間が終わったとのこと。 契約期間終わっているのなら更新料金請求するなー!ってことなんだけど、うかつだった自分に問題があることは確かだ。返金請求するにはサービスセンタ [続きを読む]
  • やっぱり一年はかかるよな〜・・・
  • しばらく何かと振り回されていたのでスタッフへのカット技術の教育を置き去りにしていたが再開した。 お給料もローカルのサロンより少し高い目に設定しているが、それより教育制度が整っていないローカルのサロンと比べてカッティングを教える時間を取っているって言うのは何よりの利点ではないかと思っている。 きっと僕が思うほど価値あるとは思ってないと思うが貴重な体験には変わりないはずだ。 技術は持ってけドロボーがで [続きを読む]
  • 一年いろいろありーの・・・
  • 会計年度末だが、売り上げは前年対比でみると上がっているんだがグルガオン店移転に伴う経費で赤字決算。 いつも何かと攻めているので出費はかかる。なので当座預金の残金が少ないことが気になるが次年度はもう少し何とかしようって思う。 だが次年度も日本人美容師を雇う予定にしているのでそれに伴う経費が増大する。その分最低でも売り上げがプラスされれば良いがいつも綱渡り状態だ。 数年後振り返った時あれしとけば良かった [続きを読む]
  • やり手?のインド人・・・
  • 先日日本へ行くと言っていた彼が再びご来店下さったので当然サクラを見ましたか?と聞く。 移動がたくさんあり見る暇もなかったという彼は旅行ではなくビジネスをしに行ったとか。 20店舗もあるエステ会社の買収を考えているらしい。 実際に契約するかは来月決めるんだそうだが、構想はインドへ引っ張ってきて中国や韓国などなどアジア地区に広めていく展望を持っている。 俺雇ってもらおうかな・・・と一瞬弱気になる(笑) [続きを読む]
  • わざわざFRRO行かなくてええのはええ・・・
  • 僕にとってデリーで行くのが一番おっくうな所が外国人登録所(FRRO)だがオンライン申請で済むようになって嬉しい。。。 写真が反対になっていても気にしない。 確かにここでのスキルを一つ一つ学び積んでいるが忘れっぽいので直ぐ何やったっけ?ってなってしまう。。。 ではでは〜! お問い合わせフォームを作りました。こちらからどうぞ!(外部のリンクに移動します) 火曜日と金曜日はグルガーオン店のみ朝9時から [続きを読む]
  • これ大阪でやったことがあるんだって・・・
  • ぼちぼち増えだしてきたデキル男シリーズの糸による【整眉】これローカル美容室でやると安いですよ。 痛い。痛気持ち良い。それほど。などなどあるが。先日高校生男子にやると涙ちょちょギレになっていた。 それを見るのがオモロイ(笑) 女性も参入 彼女は関西の方で大阪でやったことがあると言っておられた。 日本では無いメニューだと思っていたので大きく驚いたが、やってくれた人は日本人では無かったという。 さらに驚い [続きを読む]
  • 黙キャンが多いけれど・・・
  • ご予約入れて下さっていても来る来る詐欺が多々あるローカルのお客様。とは言っても時間通りお越しくださるローカルのお客様もおられる。 この国は小さなハプニングが絶えずあるので時間通りにたどり着くっていうのは意外と難しい。 Webサイトで見つけて電話をかけてこられたお客様のご要望はパーマだ。以前ローカルの美容室でチリチリななっただけでウエーブが全く出なかったという。 そらそうだろう。掛かり難そうな髪質でも [続きを読む]