あー坊 さん プロフィール

  •  
あー坊さん: 元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ハンドル名あー坊 さん
ブログタイトル元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dc2011/
サイト紹介文脱サラして渡米、アメリカ人嫁と暮らす昭和なおやじの日記。米国の〇と×、そして愛する日本について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/01/12 14:09

あー坊 さんのブログ記事

  • とりあえず靴は買った
  • 夫婦ともに体調は順調に回復しているが、周囲にバイキンをばらまいてはいけないため、外出はなるべく控えてきた。幸いなことに、去年アマゾンに買収されたことで話題になったスーパー Whole Foods が隣のブロックにあり、そこで多少の食糧を買った。オーガニック中心の高級店だけに、こじゃれた製品が置かれている。続きを読む [続きを読む]
  • 病床で見た悪夢
  • インフルでぶっ倒れながらも、少しは脳みそが動いてるときに考えてたんだけどさ、トランプ当選の背後にあったロシア系の陰謀ってのは、俺たちが想像してきたよりもはるかに大規模で周到なものだったんだろうと。たとえば今回モラー特別検察官はロシア人13人と企業3社を起訴したが、このグループはシフト制で働く数百人の工作員をネット上に展開させ、トランプの称賛とヒラリーの中傷を拡散したという。こやつらを指揮したのはプ [続きを読む]
  • まだ生きてるぞ(笑)
  • 予防接種したからって防げるとは限らない、今年はAタイプとBタイプと、そのまた亜流みたいなのがいろいろ来るから打率は30数パーセント…と聞いていたから驚きはしなかったが、インフルエンザはつらい。発症後48時間以内に駆け込んだせいか、インフルであることがちゃんと確認され、クスリをもらうことができたのはラッキーだった。動きたくねえ…とぐずるのを診療所まで引っ張っていってくれたかみさんに感謝。続きを読む [続きを読む]
  • 日本のテレビ見て仰天
  • アメリカの人気番組にシャークタンクというのがあり、起業や事業の拡大を考える人が、やり手の投資家から資金を引き出す番組なんだが、これがかなり面白い。数人の投資家が待ち受けるスタジオに商品を持ち込み、いかほど魅力的で儲かる事業であるかをプレゼンし、「ついては〇〇千万円を出資してほしい」と訴える。もちろん財布のヒモは簡単には緩まない。続きを読む [続きを読む]
  • 出る出る詐欺?
  • 今のアパートに引っ越して、かみさんが心底がっかりしていることがある。今度こそ気兼ねなく風呂につかれる!と期待してきたのに、お湯の出がさっぱりなのだ。なーにが最新式のシステムか、前のアパートより小ぶりなバスタブ一杯を満たす前に湯が尽きちまった。出る出る詐欺っていうんじゃないか、こういうの。続きを読む [続きを読む]
  • 不審な?電話
  • かみさんのところへ見知らぬ番号から電話があった。そういう通話にうっかり応答するとカモとして登録され、歓迎せざる電話がいよいよかかってくることがあるため、大抵は無視する。相手の番号をググると、保険やカーペットクリーニングの勧誘だったりすることがわかり、迷惑電話の通報システムに知らせることもある。今回のはどんなやつかと調べてみたら、毎度お世話になっているCOSTCOだったことが判明。普段プロモーションの電話 [続きを読む]
  • 冬季五輪も始まったことだし韓国へ
  • 行ってみようかとも思ったが、バージニア州のコリアンタウンでお茶を濁すことにした。アナンデールといういその町はコリアン系住民がやたらに多く、そのぶんアジア人には住みやすい。大手のコリアン系スーパーへ行けば、アジア系の食い物はたいてい手に入るから、冬場は鍋の材料をそろえるのが楽しい。日本では寒波のため白菜が高騰し、あるところでは900円近い値がついたというウワサを耳にしたが、もっと寒いこっちではどうか [続きを読む]
  • 間一髪で?免許証
  • 引っ越しでバタバタしていた金曜日、ふとした空き時間に郵便箱をのぞいたところ、かみさんが待ちわびていたものが届いていた。先月末に取得した運転免許証。実はこれ、危ないタイミングだった。続きを読む [続きを読む]
  • 外道な引っ越しそば
  • こんな感じで、作業はするすると進んだ。本日、最後の荷物はソファと机。 pic.twitter.com/diLuYryGfm― あー坊 (@arbow2015) 2018年2月9日どれほどするするだったかといえば、総勢3名の引っ越し屋さんが現れてからサヨナラするまで2時間半だった。基本料金にふくまれる3時間以内にとにかく終わらせることが目標だったので、大満足。別れ際に業者さんから、「プロフェッショナルな準備をありがとう。すごく楽だったよ」とお褒め [続きを読む]
  • パップケーキ、ピンクに染まる
  • 夏にうちへ来たとき生後3ヶ月だったメリー/ロクシーも、もう9ヶ月。赤ちゃんだった体にも筋肉がついてきて、小学一年生くらいの体格になったのかな? あいかわらずLさん宅の快適な環境で、お兄ちゃん犬と仲良くしているらしい。この子の図抜けた天真爛漫さには変わりがないようで、そのことがとても嬉しい。同じくお兄ちゃん犬と暮らすソフィアは、以前にはシャイで殻の固い性格だったのが、だんだんこなれてきたらしい。続 [続きを読む]
  • なんとトリクシーが…
  • トリクシー/ヌーラについて残念な知らせが入ってきた。昨年末に心臓から雑音が聞こえるといわれ、再検査したところ、病気が見つかったという。正確な病名は聞いていない(僧帽弁閉鎖不全症かも)が、ただちに命にかかわるものではないらしい。そのかわり基本的に治癒することはなく、ゆっくりと進行していくという。続きを読む [続きを読む]
  • 続・スターの実家を直撃
  • スチュアート君の実家を訪ねた件、地名をたよりにググっても、俺の記憶のなかにある家は見つからなかった。だが、これくらいの前庭のある、こんなスタイルの家ではあった。 あくまでイメージな周辺の家々とくらべて豪華ではなかったが、小奇麗さでは際立っていたから、大成功した息子が親孝行で建てた(改築した?)家なのだろうと勝手に想像。さっそく玄関の呼び鈴を押してみた。続きを読む [続きを読む]
  • 1ドルでも安く上げるために
  • 本棚の寄付はならなかったものの、服・バッグ・靴・サングラス・アクセサリー・収納家具などの寄付を済ませて少し身軽になった。引っ越しをめんどくさがる人は少なくないが、うちでは生活を見直すクリエイティブな機会と考えてけっこう楽しんでいる。とはいえ費用はなるべく抑えたい…続きを読む [続きを読む]
  • 不思議なコダワリ
  • 不要なマットレスを引き取る業者さんから、奇妙な要求をされた。発注自体はオンラインで済ませ、クイーンサイズのベッドであることをインプットしたしてあったのだが、電話がかかってきた。ベッドのサイズを教えてくれ、それがわからないと手配するトラックに積めるかどうかわからないという。測れとおっしゃるなら測りますけど、そもそもベッドのサイズなんてアメリカのどこへ行っても同じようなもんじゃね?それがわからんという [続きを読む]
  • 「先輩」にダマされた?
  • 放送局に入る前に4年たらず小さなプロダクションに勤め、そこでアシスタントディレクターをしていた。先輩ディレクターの手伝いをしながらものづくりの基礎を学び、技を盗み、やがてディレクターとして一本立ちすることを夢見る立場だ。俺は4年上の先輩Sさんの下につき、忙しく追い使われる日々を送っていた。3年目のことだったと思うが、Sさんの紹介でNさんが入社してきた。続きを読む [続きを読む]
  • ヨッシーの手術成功!
  • ヨッシーの飼い主Pさんから嬉しい知らせがあった。予定していた去勢手術が無事に終わったという。全治2週間というから、去勢にしては長くかかるなと思ったら、別のところも同時に手術されていた。続きを読む [続きを読む]
  • 日本人が免許取るならDC、だが…
  • かみさんは日本で外国人として運転免許を取った。路上教習の難しさで知られる日の丸自動車学校へ通い、学科・実技ともに一発で合格したのはとてもエライと思う。その勢いで母国アメリカでも速やかに運転免許とるべしと俺は勝手に思っていたが、最初の2年は大学院で忙しくて余裕がなかったし、片方が運転できればまあいいやとなっているうちに時間がたった。続きを読む [続きを読む]
  • 医者からお墨付きをいただく
  • コレステロール値が劇的に改善した件、プライマリドクターに去年の人間ドックの結果とともに見せたら、満面の笑みでOKをくれた。総コレステロールとかいろんな指標があるが、なんかとてもよくなったのだそうで、医者の顔には「こういう患者ばかりだと嬉しいんだけどなあ…」と書いてあった(ように見えた)。そりゃそうだろ、何も指導しなくても勝手に痩せてくるんだから。続きを読む [続きを読む]
  • 今度こそお湯の出るアパート
  • ワンコと散歩に出かけやすいアパートも魅力的だったが、面積の点で難しかったため断念。次なる物件は、割とガンバってる感じの廊下を通って候補の部屋へ攻め上る。 築2年と聞いたが、設備が新しいぶん安心して使えそう。続きを読む [続きを読む]
  • 和食コース、大奮発
  • すんんんごく眠いため、ただ写真を貼るだけのブログになる。クリスマス、その直後の素晴らしいできごと、正月、かみさんがついに本日米国の運転免許をとったお祝いのメシに行った。去年の秋に開店し、すぐにワシントンDCの食通から注目を集めるようになった和食レストランで Sushi Hachi という。お手並み拝見。続きを読む [続きを読む]
  • えぇ…それで終わり?
  • 衛生面で微妙にアレな話なので、得意じゃない人はそっとブラウザ閉じてね。病院の待合室にいたら、10歳くらいの少年がいきなり吐いた。固形物が含まれていたのは最初の一発だけで、その後数回にわたる吐瀉物はほとんど水分だった。胃を空にして楽になったのか少年はケロリとしていたが、同伴のお婆ちゃんは慌ててその場を離れ、トイレから大量の手拭き紙を持ってくる。続きを読む [続きを読む]