あー坊 さん プロフィール

  •  
あー坊さん: 元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ハンドル名あー坊 さん
ブログタイトル元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dc2011/
サイト紹介文脱サラして渡米、アメリカ人嫁と暮らす昭和なおやじの日記。米国の〇と×、そして愛する日本について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2012/01/12 14:09

あー坊 さんのブログ記事

  • パーティーだから電話しません
  • 当ブログの名物キャラ?と化したコーディネーターBさんについて、あっと驚く情報がもたらされた。希望者PさんがBさんに電話で相談したいことがあり、連絡をくれるようメールしたのが土曜の朝。同様に俺たちからも、「引き渡しの予定日になったが、どうなってる?」という問合せをBさんに入れてあった。その晩俺たちは、「一日中クルマを運転していたので連絡できなかった」というBさんのメールを受け取った。いや、だから?と [続きを読む]
  • 最後の朝… になるはずが
  • 粉雪が舞う程度でも、冬の訪れを目にした朝。ワシントンDC初雪。 pic.twitter.com/0DmCQnG6sj― あー坊 (@arbow2015) 2017年12月9日手袋をしていても指がかじかむほどの寒さだったが、ダブルコート着用のヨッシーは元気そのもの。だがこっちは「もしかしてこれが最後の散歩?」という思いのせいで、ちょっと感傷的になっていた。続きを読む [続きを読む]
  • 準備はととのったが…
  • ヨッシーをPさんに引き渡せる状態にあるかどうかをチェックする健診に行ってきた。ひと月前には「一刻の猶予もならない」状態だったヨッシーの肌の回復ぶりを、獣医さんはたいへん喜んでくれた。だが俺たちが心配していたのは、ヨッシーのお腹のできものだった。続きを読む [続きを読む]
  • ヨッシー、ついに決まるか
  • ヨッシーを連れて、希望者Pさん宅へ行ってきた。お見合いのあとのスッタモンダをどうにか鎮火させて漕ぎつけた自宅チェック。だが事は容易には進まなかった。実はPさんはネコを飼っており、ヨッシーとの相性を見ることも俺たちの使命だったが、直前になってPさんが「うちのネコはあらゆる来訪者から身を隠すので、出てこない」と言いだしたもんだから混乱。それだったら自宅の安全性チェックだけで済むので、すでにお見合いが済 [続きを読む]
  • どうすればそんなにパンパンになるのかわからない話
  • 日本では年収800万円以上のサラリーマンが増税になる(2020年から)と聞くが、それより年収の低い人たちはホッと胸をなでおろし「余裕あるやつがたくさん払え!」と思っているかもしれない。一方で800万円の人、それどころか1500万円の人も「ひえー」と悲鳴を上げているだろう。人は、年収が高いからといって必ずしも財布に余裕があるわけではない。住宅を買うとき、予算3000万円で探し始めたのが少しずつ欲が出 [続きを読む]
  • ガルルル病どう治す
  • 正体不明の「エキスパート」には閉口させられたが、Sさんが言っていたことで参考になった部分はある。ヨッシーは他のワンコとの折り合いが悪く、出会うたびガルルル…となることが多い。できればこれを修正したいところだが、一から十まで訓練士に頼んでいてはお金がかかるばかりなので、飼い主の手でなんとかなる範囲はそうしたい。あの日Sさんは、飼い犬の巨大なマスティフを伴っており、その子を使って訓練のやり方を教えるとい [続きを読む]
  • トランプがアメリカを没落させる意外な?方法
  • トランプの補佐官をつとめたマイケル・フリンが司法に追い詰められ、ヤヴァイことになっている。この人物は叩けば山ほどホコリが出る身のようだが、それを不問に付すかわりトランプを追い詰める材料を吐き出す司法取引が行われているのだろう。CNNやNYタイムズが張り切って報道するほどにはうまく行かないだろうが、そこそこ期待しながら見守っている。なぜかといえば、トランプの登場によってアメリカの没落がリアルに始まっ [続きを読む]
  • 驚愕のメール
  • 新しい展開は何もないが、「できない人」のダメぶりを具体的に見せられてびっくりしたので、社会人類学的な興味から記録。コーディネーターBさんがヨッシーへの申し込みを山ほど放置してきたわけだが、そうした希望者のひとりにTさんがいた。Tさんからの連絡に、ほどなくBさんが反応し、電話インタビューが可能な日時を知らせるように言ってきた。張り切ったTさんは数日分のスケジュールを細かく書き記してBさんに送った。と [続きを読む]
  • 「なめんなよ」とヨッシーが言った
  • 引越しのシーズンがまた来てしまった。同じアパートの別部屋に移る選択肢もあるため、候補の部屋を見に行った。アメリカの家賃は不思議。今住んでいる部屋がしっかり値上がりする一方で、もっと広くて景色のいい部屋のほうが安く住めるというのだから、どういう計算になっているのかわからない。続きを読む [続きを読む]
  • ふたたび立ちはだかる障害
  • アドプション・コーディネーターのBさんは豊富な知識とワンコへの深い愛が強味だが、それが災いしてかコダワリが強すぎるきらいがあり、飼い主の選定に時間がかかっている。ただ一度のお見合いからすでに2週間がたとうとしているが、俺たちのところには何の連絡もない。百数十件もの申し込みが来ているというのはウソなのだろうか。続きを読む [続きを読む]
  • 痛くないマットレスが来た
  • 一生の1/3は寝て過ごすのだから、快適な睡眠をとれるかどうかは人生の一大事。日々の元気さも去ることながら、寿命にも大きく影響するだろう。そう思って日本にいるときは20万円ちかくもする高反発マットレス(たしか当時西武にいた松井稼頭央選手が宣伝していた)を買った。とてつもなく満足して愛用していたが、渡米にあたり置いてくるしかなかった。海外赴任者なら送ることもできたかもしれないが、スーツケース4個と段ボ [続きを読む]
  • 「せごどん」への道はるか
  • 散歩は値千金の知恵をうみだすチャンスだと気づいたつもりだったが、その後の俺が値千金の知恵をうみだしたという噂を聞かない。いったいどうしたことか。あの件は、手のかかる子犬ではなく7歳の成犬との散歩中に思いついたことだから、5歳のヨッシーとだったら問題ないはずだが、そうは問屋が卸さないのだ。続きを読む [続きを読む]
  • 有働さん、それだけはやめましょう
  • NHKのアナウンサーが土下座した。先週の「あさイチ」の放送で有働アナが「明日は鈴木保奈美さん(の出演)です!」と紹介したが、翌日は祝日のため放送がなく、実際には明後日のことだった。それは番組が終わる寸前のことで訂正する間もなかったことから、有働アナは「お詫びの姿勢」を示すため、放送後スタジオで土下座する姿をインスタグラムに載せたのだった。 有働アナからのお詫びです。番組最後に有働アナが「明日は鈴 [続きを読む]
  • ちょっとした拾い物
  • 感謝祭の日にスーパーへ行った。近ごろアマゾンに買収されたオーガニック食品の大手、ホールフーズ Whole Foods という店。目的は以下のとおり。 親戚宅での感謝祭ディナーに参加できなくなったので、Whole Foods に飛び込んで即席サンクスギビングの宴。ちゃんと七面鳥もあり、これがけっこういける。 pic.twitter.com/I4KtjuqOeO ― あー坊 (@arbow2015) 2017年11月23日続きを読む [続きを読む]
  • ヨッシー、スゴイところを見せる
  • テレビでドッグショーをやっていた。惚れ惚れするような美しいイヌがずらりと並ぶ。彼らはいずれも首と尻尾をシャンと立てた状態、つまりショードッグとしてもっとも見栄えのいい姿勢で、審査員の前を軽やかに駆けぬける。いや正確に言えば、ハンドラー(多くの場合は飼い主)に引き綱を垂直に引っ張られ、首吊り寸前になっている子も少なくない。もちろん首をシャンと立てるためだ。ショードッグたちは、人間の勝手な美意識に健気 [続きを読む]
  • ぐしゃぐしゃっとした環境
  • Happy Thanksgiving!というメールが、メリー/ロクシーの飼い主Lさんから届いた。感謝祭を祝うかっこうだが、内容はワンコのことだ。We are so thankful to you and for this little bundle of energy. We love her so much! She is suddenly so big too! Thanks for being awesome fosters. このエネルギーのかたまりちゃんとあなた方に感謝をささげます。この子をとっても愛しています!あっという間にすごく大きくなって [続きを読む]
  • ヨッシーをいじめるな!
  • 人気のコーギーとあってヨッシーを欲しがる人が列をなしているようだが、簡単には決まらない。すでにイヌがいる家、ネコがいる家、イヌを飼うのが初めての人など、コーディネーターのBさんのお眼鏡にかなうケースがごく少ないらしい。ひとつにはBさんの「飼育が難しいコーギー、わけても問題をかかえたヨッシーには最高の飼い主が必要」「できればコーギー飼育の経験者」という強い信念が、ハードルをひときわ高くしていることも [続きを読む]
  • まさかの緑内障?!
  • ただちに治療開始ですね…そう宣告されてもパニクらないイメージトレーニングをしながら眼科へ行った。10月の一時帰国で人間ドックを受けたところ、視神経がちょっとオカシイとかで緑内障を疑われたのだ。ご存じ、眼圧の上昇により視神経が圧迫されて視野が狭まり、放置すれば失明にいたるあれ。ところが俺の眼圧は正常だった。続きを読む [続きを読む]
  • 宇宙から来たお姫様
  • 希望者殺到中と聞くヨッシーは、いったいいつ話ががまとまって我が家から旅立つのか。担当コーディネーターBさんがスムーズに進めてくれることを願っているが、現実はちょっと違う。歩くワンコ辞典かと思うほどイヌに詳しいBさんは、その知識と情熱は尊敬にあたいする一方で、「コーギーは飼育が難しい」といった定義(それ自体は一般論として正しいのだろうが、イヌの個体差は大きい)にとらわれすぎて思考が硬直化するきらいが [続きを読む]
  • 親ばか上等
  • 週末はまるまるヨッシーのことにかまけて心身ともに疲れ果ててしまった。もちろん預かったワンコのためには常に全力投球だが、今回は「人災」要素があまりにも多かったからだ。昼間に火星人と出くわすほどの驚き(←夜なら驚かないのかよ?)の展開。その詳細はあす元気が回復してからまとめるとして、今朝いちばんの幸せ気分を記録。続きを読む [続きを読む]
  • 綿棒で竹槍作戦
  • とんでもなく手間のかかることを始めてしまった。ヨッシーの皮膚トラブルは今のところ1)薬用シャンプーの使用2)そのあいだ搔いたり舐めたりしないよう、脳をだますクスリの投与の二本立てで治療しているが、これには時間がかかる。現状では全体に皮膚の乾燥が顕著で、あちこちがかさぶたのように盛り上がりガサガサしている。続きを読む [続きを読む]