みどりむしごくう さん プロフィール

  •  
みどりむしごくうさん: ミドリムシとフコイダン奮闘記  バイオレスキュー
ハンドル名みどりむしごくう さん
ブログタイトルミドリムシとフコイダン奮闘記 バイオレスキュー
ブログURLhttps://ameblo.jp/bio-rescue/
サイト紹介文ミドリムシ・ユーグレナとフコイダンをコラボした「みどりむし59フコイダン」を手掛けています。
自由文がんや生活習慣病、ストレス多い時代を活きるためにすべきこと、
被災地支援や愛猫との日常をつづります。
お酒と滋味色ごはんが好き。動物が大好き。

2011年、自分の生き方を大きく変える
東日本大震災が起こりました。
その影響から生命のど真ん中に届けるサプリを手掛けることに。
「みどりむし59フコイダン」で自分のカラダも立て直し、
日本の明日を元気にすることがミッションです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/01/14 16:23

みどりむしごくう さんのブログ記事

  • かわむらさんの黒トリュフ
  • ちょっとパタパタしていまして…ご無沙汰をして しまいました?? そんな中で、最近伺ったかわむらさんの黒トリュフ。白はいうまでもなくすんばらしいのですが、あまり手を加えずに楽しむ感じ。 お料理として楽しいのが黒トリュフです。今年も味の濃厚なとっても大きなものをご用意くださいました。世界一のサンドイッチ!とおもっているのが こちらです黒トリュフのバタークリームがめちゃ旨い隠し味。シンプルで…泣かせてくれ [続きを読む]
  • いせ辰のミニ風呂敷
  • 冒頭は、年明けのお供ズ。 李朝の徳利。 もうひとつは作家さんの(名前忘れています?? 何年も、何十年もずっと使い続けているお家の定番ってありますよね。 物持ちの良い我が家ではありますが、一度も買い替えずに、ずっと使い続けて15年選手がこちら。いせ辰の50センチ大の風呂敷です。お弁当を包むのによいサイズですがもっぱらガラスやお皿をふくのに使っています。 時々お弁当を持っていくときはこの中のきれいなもので包 [続きを読む]
  • 都会のインコ⁉
  • お正月休みに住宅街をお散歩していたら… 〇〇、見て!!きれいな鳥がいるよ!!と彼が叫ぶ大きな声。 何かと空を見たら… … ん?? んん?? えええええ!!インコ〜〜!? しかも25センチくらいはゆうにあるかなりでっかいのが、 15匹くらい空を舞ってはあるお宅のお庭の木に群がっている。 寒空の下、丸々とした どう見ても…インコ?? どこかから逃げた子が繁殖したのか、放し飼いで飼ってい [続きを読む]
  • お目出たい 伊藤若冲の帯?
  • 昨年のクリスマスに届けられた 伊藤若冲 意匠の巨像と鯨の帯。グレージュの地に金糸銀糸が織り込まれ同系色でありながら様々な複雑な色使い。とてもとても美しくチャーミングな袋帯。昨年からこちらで交流していただいている九州小倉の呉服屋さん「ふくひろ」さんからご縁をいただき お迎えしたものになります。 今までの着物には無い独自の色彩を求め、また、ご主人の審美眼にかなう素敵な織物など 美しきふくひろワールドを展開 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • 皆さま、2019年、あけましておめでとうございます。 本年もゆるゆる更新の食いしん坊記録と自分の好きなものばかりでのお届けですがどうぞ どうぞ よろしくお願いいたします。 さて、年明けのおせち料理は毎年お馴染みの和久傳さんの三段重。時々浮気もしてみますが、やはり王道の美味しさにまた戻ってまいります。最初のお供はドンペリニョン2008レガシー。新旧の醸造責任者がコラボした金色のラベルでおめでたく。 姪っ子ちゃん [続きを読む]
  • 加賀友禅の風呂敷
  • 出張のついでに足を延ばした金沢。今年最後の「弥助」さんの予約がとれました。 その前に…金沢の老舗呉服屋さん「るり華」さんへ。こちらの先代は江戸末期から昭和初期の「加賀のお国染」の、素晴らしい意匠「のれん」や「風呂敷」などを膨大にコレクションしていらっしゃいます。お相撲の千代の富士が横綱昇進の時に初代由水十久先生で化粧廻しをお誂えしたことでも有名です。HPよりお借りしました。 加賀独特の「うめ染」が、 [続きを読む]
  • 千穐楽と聖夜のディナー
  • 皆さま、ちょっとご無沙汰をしていました。素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか!? 今年最後の出張とそのついでに足を延ばしたり、仕事とプライベートと忙しかった10日間。なかなか訪問もできずごめんなさい?? 公演スペシャルカクテルで乾杯! イブは、宙組さんの千穐楽。 なんと正面真ん中前から2列目…という素晴らしいお席(友人のおかげです)でフィナーレを楽しんでまいりました。 和物ショー、素敵でした! 終わった [続きを読む]
  • ずんちゃんお茶会と白カレー
  • ずんちゃんこと宝塚宙組の桜木みなとさんのお茶会が神宮会館であり友人にお誘いいただき行って参りました。まじかで見るずんちゃんは《天は赤い河のほとり》のザナンザ王子そのもの。優しくて可愛くてチャーミング! この日は今の演目にあわせて着物姿。銀糸の織地の辻が花のお着物がものすごくお似合いできれいでした。幻想的なイメージがさらに輪をかけてとっても美しかったです。 演目が和ものでしたから、会場には着物女子 [続きを読む]
  • 京都 鈴江さん&芹沢銈介とピーカンナッツ
  • 大阪で夕方早めに終わる時は、京都まで出てごはん屋さんに。翌日は午後からなので、その前に秘密クラブにも立ち寄れます。 これがいまお気に入りのコースです。 冬の鈴江さん。 わずかな酢がまろやかに纏わり旨みが倍増している香箱。見事です。 河豚のいろいろな部位を全部一緒に。白いクリームは白子。浅月は手でちぎって。様々な芳香がねっとりと絡まり…悶絶 グラスの白が…モンラッシェでした美味しいことは言うまでもあり [続きを読む]
  • 京都駅の原了郭さん
  • 大阪方面のお仕事帰りは京都駅の方が交通が便利なこともあったりまたそっち方面のほうが駅構内で老舗料亭のお弁当があったり、駅アーケイド内の食堂街が楽しかったり、 …ということで、京都経由で岐路につくこともしばしば。 最近のお気に入りB級グルメは新幹線乗り場の下にある銘(迷?笑)店街通りの中にある原了郭さんの超カジュアルなカレー屋さん。あの黒七味の原了郭さんがやってます。 葱好きの私が射抜かれたウインドウ。 [続きを読む]
  • かわむらの究極 白トリュフ?
  • 毎年の恒例がやってきました。この時期になると「今年はどうかな〜」というのが友人たちの合言葉です。 今年も1個がゲンコツよりもふた周り以上ある大きな石のような塊が届いていました。4人分です 世界でいちばん見事な白トリュフを死守しているのが銀座のかわむらさんです。このお店以上の白トリュフには出会ったことがありません。 もうトリュフは食べなくてもいい〜というくらい1年分を堪能してしまうので、白トリュフ尽くし [続きを読む]
  • 白鷺の城・異人たちのルネサンス
  • 宝塚宙組さんを観劇してまいりました。今回のレビュー(ショー)は、」和物を題材にした『白鷺の城』陰陽師の安倍泰成と人の心を惑わす妖狐さんとの幾千年にもわたる確執と恋の物語をレビュー仕立てに。「異人たちのルネサンス」は、天才ダヴィンチの恋と戦いの物語。 友人の計らいで 素晴らしいお席…。前から数列目なのでスターさんたちと目があいすぎる。。。 トップスター真風涼帆さんはあまりに和装がお似合いで美しかった [続きを読む]
  • クリスマス イリュミネーション?
  • 各地で光り輝くスポットが賑わいはじめましたね。都会の夜です。 友人とミッドタウンのアルティザン ドゥ ラ トリュフへ立ち寄りました。 今回はカウンター席でわちゃわちゃお皿をシェアしながらコースをいただくことに。 こちらはコースといってもプリフィックススタイルなので2人で違うチョイスをするとその倍お味が楽しめます。 こういう時には、隣通しに並ぶとお皿のやり取りもスマートですよね。 トリュフビールで乾杯。 [続きを読む]
  • 大人のスイーツ GENDY?
  • 先日、吉兆にご一緒したオジサマから素敵な大人のスイーツが届きました。 最初、お酒?? 葉巻?? と思っちゃいました。 ・・・がっ!! 葉巻ですか〜、という風貌のシックでお洒落パッケージ。ハードボイルドなリーフレット。 なんでも1日30ダース限定の紳士のためのプレミアム ビター キャラメルバーですって! パッケージもすっごく素敵。さすが、好みをわかってらっしゃる!! くるりと包みを剥くとスパイシーな薫 [続きを読む]
  • 鮨つきうだ さん
  • 中目黒界隈は、小粒だけどなかなかよいお鮨屋さんが最近増えています。銀座や麻布方面と比べるとお値段もお安いの。 鮨つきうだ さんも、かなり工夫されたおつまみとお鮨で楽しませてくれるお店です。たっぷりつまみもお鮨も楽しめてとってもお得感が大なのです。 この日、唸ったのは鮑の肝を出汁状態にして温めそれに鮑をくぐらせていただき、その後ウニご飯をいれてくれるというもの。磯の香満載でおいしかったです。ひと品目か [続きを読む]
  • 初代好きと太陽の塔のおなか
  • 重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝はその工房が何代か続いた後にその代の当事者に贈られることもありますが いわゆる…「初代」好きです 先駆け、開拓者、極、前衛、圧倒的な熱量、狂気、発見、冒険。 などなどなど、そういったすべてのエネルギーが初代にはつまっていて、つまるところ超えられるものではないのだなと感じ入ったりします。 もちろんそうでなくても素晴らしいものはたくさんあるということを前提に 少し前 [続きを読む]
  • 筑紫楼で青のフカヒレ。
  • 旦那さんがお仕事が佳境でちょっとへこんでおりましたので 元気づけるために筑紫楼に行きました。 食いしん坊の私たちは美味しものをほおばるとすぐに元気になれちゃいます。 気取らず美味しいものを…となると「筑紫楼」のフカヒレが便利です。 この日は、大奮発して…珍しくコース仕立てにして。その中のフカヒレを、青鮫にチェンジしていただきました。 金糸がしっかりと太くてとっても美味しいのです。 でも…はじめ [続きを読む]
  • やまり菓子舗の栗蒸し羊羹?
  • 甘いものがダメな私ですが、 旦那さんや友人のため予約している「やまりの栗蒸し羊羹」。山形の白鷹町という素敵な響きの町にある個人商店のようなお店です。 毎年夏くらいには、その年の予約がいっぱいになる《栗蒸し羊羹》の神のようなお菓子です。 長嶋茂雄さんや加山雄三さんや亡き美空ひばりさんや…ほかにも大勢この羊羹の御贔屓さんは山のようにいらっしゃる。今年も早くからお仕事仲間のお誕生日にまにあえばいいな、と予 [続きを読む]
  • 京都で帯のメンテナンス
  • 年上の友人から譲られた素敵な帯。このまんまでもよかったらもらってくれる〜?もうこの歳では可愛すぎるからごくうちゃんならちょうどええ。一回プレスして帯芯も変えはったら、まだ使えると思うわ。 と 受け取った 龍村平蔵さんの帯。うわわわわわありがたく頂戴してまいりました。 さっそく西陣織のメンテナンスに定評がありそうなところを探しだし お電話してみました。 素人丸出しの頓珍漢な質問にもご主人が丁寧に答えて [続きを読む]
  • 銀座 銀の塔のシチュー
  • これが登場するのも何回目でしょう。 涼しくなると「お持ち帰りメニュー」が復活するので、月に一度は食卓に登場するのが 銀座 銀の塔のビーフシチューです。 シチュー好きの旦那さんがせっせと買ってきてくれる、 ちょっぴり和風テイストの土鍋で温めていただくシチューです。 お持たせ用の可愛いセット。手土産にしても喜ばれます。 お肉や野菜にはあらかじめ火が入っているので土鍋でクツクツさせればすぐに出来上がり。 お [続きを読む]
  • はまぐり鍋の宵
  • 小ぶりな蛤だったけど絶品でした 恒例のお取り寄せ、伊勢湾の天然蛤。ふたりで2キロ分をバター蒸しと しゃぶしゃぶでひたすらいただきました。 口が開いてきたらすぐ!!いただくことがお約束。ぷっくぷくが美味しさの証拠です。 すぐ!食べないと…ということでお写真がほとんどありません お鍋にはお酒を入れたのみで蛤からでてくる旨みだけでお出汁も何もいらない 極上の大人鍋です。 こちらのおっきな器の銘は「がらうけの君 [続きを読む]
  • 出前はじめました♪
  • あちぇりは、この秋、15歳になりました。ちいさなネコさんで相変わらず子猫のようですが、中味はおばあにゃんです。 ただでさえ細い食がもっと細くなり、すぐに かりかりさんになるのが悩みどころ。 そこで「出前」をはじめました。 なぜか今いるところにお皿を持っていくと うんにゃっ!っと叫んですぐに食べ始めます お食事は、エナジーちゅ〜る。 あちぇの食べるスイッチを発見したのが旦那さん人間もピクニックやデリバリ [続きを読む]
  • 定年退職のお祝会
  • 古くからいろいろな思い出を共有してきた 素敵なおじさまが、定年退職を迎えました。とはいえ、また来年、イレギュラーで復活するそうですが 日本のジュエリー業界に長い間貢献されてきた方で、 そのおかげで素晴らしいものを見せていただいたり、すごいパーティーにご招待いただいたり。 ご縁あってジュネーブの工房見学にも以前、お連れいただきました この夜はイベント会場から銀座の吉兆さんへ。 秋の味覚を楽しみながら [続きを読む]
  • 紫綬褒章 受章おめでとうございます。
  • 笙の世界的な演奏家である宮田まゆみさんが平成30年秋の紫綬褒章を受章されました。 おめでとうございます!みどりむし59フコイダンのご愛飲者様でもあり、以前フォーラムにいらっしゃったときのお写真。 ほかには、俳優の真田広之さん、作家の林真理子さん、棋士の羽生善治さん、能楽師の金剛永謹さん、演出家のラリーノ・サンドロヴィッチさんらが 名を連ねています。 こちらのお写真の場所は私たちがいる会社です。古い日本家 [続きを読む]
  • とつぜん 江戸小紋?
  • 粋なお着物姿や渋いお着物姿に憧れますが… 自分にはどうも似合わない…ちょっと漫画チックな顔立ちだからですかね そうなると 柄オン柄のにぎやかで楽しい感じがどうしても不思議にしっくりくるのです。 おもえば…チェックにストライプとか水玉にギンガムに大輪の花模様とか母が見ると卒倒していたマイルール。こういう組み合わせが子供の時から好きでした。 遠目に無地だし、上級者すぎて自分には江戸小紋はご縁ないよね、 [続きを読む]