すずた さん プロフィール

  •  
すずたさん: まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車で
ハンドル名すずた さん
ブログタイトルまち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車で
ブログURLhttp://tosyokan-bicycle.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文まち歩きプラス折りたたみ自転車(DAHON Speed P8)で、毎週小さな旅に出ます。今日はどこに行こうか。
自由文小さな旅の行き先は、史跡めぐりや川の源泉、古墳、庭園ほか、何でもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/01/15 00:03

すずた さんのブログ記事

  • 白子川の河岸段丘にある武州白子熊野神社の黄葉と富士塚
  • 練馬区から北に向け白子川が流れていることは知っていましたが、和光市に白子という地名があることは知りませんでした。板橋区と和光市の都県境を流れ新河岸川に合流する白子川の名前の由来のようです。↑その川越街道と東武東上線の間、駅でいうと成増駅と和光市の中間に熊野神社があります。背後は林になっているので分かりづらいですが、急斜面となっています。この神社は白子村の鎮守として栄え、創建年は不明ですが社伝によれ [続きを読む]
  • 立川ではなくて所沢にある国指定重要文化財の砂川遺跡と砂川の源泉
  • 砂川遺跡という名前を聞くと、砂川事件を連想するので、立川の周辺にあるのかと思ってしまいます。在日米軍立川基地拡張に関する事件の裁判ですが、東京都北多摩郡砂川町、現在の立川市の話だったはずです。しかし、この砂川遺跡は埼玉県所沢市三ヶ島にあります。所沢市で最初に発見された旧石器時代の遺跡だそうです。畑の間のあまり広くない道路沿いで、案内板が無ければ気付かずに通り過ぎてしまうようなところです。ナイフ形石 [続きを読む]
  • 安積発祥の地といえる安積国造神社で進みゆく紅葉を見る
  • 安積というと安積疏水が有名で、場所的には郡山の辺りかな位しか分かっていませんでした。郡山に行ったので、郡山駅周辺を歩いていると、西に向かい5分程度のところに「安積国造神社」がありました。国造といえば、「くにのみやつこ」と読むのを習ったことを思い出しました。はるか昔、3代成務天皇5年(135年)のことですが、比止禰命(ひとねのみこと)が、初代安積国造に任ぜられて安積国を建国したといいます。そして、神 [続きを読む]
  • 池が印象的な真光寺公園と鶴川街道の都県境のごく軽い峠越えのある所
  • 鶴川街道を西に向けて走って行くと、京王相模原線若葉台駅近くで東京都稲城市から神奈川県川崎市に入ります。でも、標識を見なければ気づかないような、境界らしい川も山も道も何もないところです。2km足らずで再び神奈川県から東京都に入りますが、ここはごく軽い峠越えをした気分を少しだけ感じるようなクネクネした道路となっています。↑それを越えたすぐ先の左側に真光寺公園があります。バスの終点停留所名にもなっていま [続きを読む]
  • 狭山池緑地にある狭山神社は埼玉県狭山市ではなく東京都瑞穂町にある
  • この前来た「さやま花多来里の郷」は東京都瑞穂町にありました。あの時「さやま」という名前についてはあまり触れませんでしたが、埼玉県狭山市からはかなり離れています。↑花多来里の郷の隣りは、「狭山池緑地」となっています。この近くには2年ほど前に来た、残堀川の源泉の一つである狭山池があります。考えてみれば、ここは狭山湖のすぐ西側であり、その狭山湖は所沢市、一部が入間市です。↑この緑地は小さな山のようになっ [続きを読む]
  • 県指定史跡である毛呂氏館跡を廻りながら毛呂山町の由来を考えてみる
  • 埼玉県毛呂山町にある毛呂氏館跡に行って来ました。JR八高線毛呂駅から1kmも離れておらず、県道30号線から毛呂山霊園の案内板のところを曲がれば行ける、分かりやすいところにあります。↑金嶋山長栄寺の山門から入っていきます。ここ長栄寺と裏山が毛呂氏館のあったところです。↑埼玉県指定史跡となっており、毛呂顕季が館を廃し寺を建てたと、ここにある埼玉県・毛呂山町教育委員会の標柱には書かれています。しかし、埼 [続きを読む]
  • 鎌北湖は少し水嵩が増えただけで不思議と美しさも増して見える
  • 1年2ヶ月ぶりに埼玉県毛呂山町の鎌北湖に行って来ました。県道が途中から急坂道となりますが、鉄塔の立っている山の向こう側辺りに湖はあります。この日は車で来ていますから、坂道も楽々です。まず、上流側の川から水が流れ込んで来る辺りに行ってみました。↑前回見た時と景色が違う気がします。木々が水面に映りとても美しい光景となっています。↓戻ってから改めて、ほぼ同じところで撮影した写真を見て比較してみると、だい [続きを読む]
  • さやま花多来里の郷と書いて何て読むのか、そしてそれは何処にあるのか
  • さやま花多来里の郷というところがあります。「さやま」と言えば、狭山湖や狭山茶で有名で、狭山市は埼玉県にあります。「花多来里」と書いてあっても、何て読むかは分かりません。音読みしてみると、ひょっとして「カタクリ」かなとも思えます。郷と書いて「さと」と読むのはよくあることですが、その前にも里という字があるので、やはり謎です。↑実はここは狭山市ではなく、東京都瑞穂町にある施設です。「かたくりのさと」と読 [続きを読む]