大野眞嗣  さん プロフィール

  •  
大野眞嗣 さん: 大野眞嗣 ロシアピアニズムをつぶやく
ハンドル名大野眞嗣  さん
ブログタイトル大野眞嗣 ロシアピアニズムをつぶやく
ブログURLhttps://ameblo.jp/chipmop1021/
サイト紹介文ロシアピアニズムのピアノ教師が、この20年間の経験から思うことをつぶやきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供413回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2012/01/15 13:07

大野眞嗣  さんのブログ記事

  • 1205.音を聴けばわかる
  • ある人の演奏を聴いたとき。その演奏者のさまざまなことが手に取るようにわかってしまうもの。テクニック的にどのように弾いているのか?そのテクニックはどのピアニズムなのか?場合によっては、その人の性格まで。 逆に、音が鳴っていない状態で、その弾く姿を見ていると、音を聴かなくても音が聴こえてくる。 [続きを読む]
  • 1203.何も変わらない
  • 人は私に対して言う。「本が出たら、色々変わりますよ!」確かに周りから見る目は変わるかもしれない。でも私は何も変わらない。今までと同じく、粛々と日々を過ごすだろう。昔、スペインのコンクールでメダルをいただいた時、一部の周りの人の私に対する態度が変わった。でも、私は何も変わらなかった。突然、もっと上手くなるわけでもなし、性格が変わるわけでもなんでもなかった。だから、本が出版されても私は何も変わらない。 [続きを読む]
  • 1202.とやかく言わない
  • 人はお金がないからやらないと簡単に言う。今どき食べるのに困る人はいない。選ばなければ、いくらだって仕事はある。お金のことで、とやかく言うのは、まずみっともないと思う。本当に手に入れたい、心の底から美しい音を出したいと思うかどうかが本心であり、お金の問題にすり替えているだけ。ただ口実にしているに過ぎない。実際にはお金があっても、簡単にお金がないからと言うのは、どこか麻痺していると思う。それこそ品格、 [続きを読む]
  • 1201.出る杭は打たれる
  • 今まで、もちろん色々あった。ピアニズムが違うし、自分ではそういうつもりではなくても、出る杭とみなされ打たれてきたように思う。でも、不思議なことに、凹むことはあっても、あきらめなかった。これからも打たれるだろうけど、絶対にあきらめない。 [続きを読む]
  • 1198.感謝
  • 自分の境遇に不満を持つ芸術家やそのたまごはいつでもどこでもたくさんいるような気がする。そういう人の多くは、どんなにいいことがあっても、それに満足し感謝の気持を持てない。特に若い人は。どんな境遇にいようとも、自分を受け入れ、感謝しなけらば、先につながらないと思う。 [続きを読む]
  • 1195.指先と鍵盤
  • 指先と鍵盤の関係は複雑な人間関係と同じ。ドライな関係で生きている人は、もしかしたら人の琴線に触れる演奏はできないかもしれない。指先は実際には説明不可能なほど鍵盤に対して色々なことをしなければならない。指先と鍵盤の関係は興味深い。 [続きを読む]
  • 1193.気がつくこと
  • いい音が出ている時、弾きやすいと感じる時、無意識のうちにやっていることを意識して認識することは大切だと思う。要するに自分で何をしているのか?に気がつくこと。 [続きを読む]
  • 1190.難しい古典
  • 昨日、ベートーヴェンの第5番のソナタの第2楽章のレッスンで感じた。まだ若い学生にとって、その音楽を感じ取って表現することの難しさを。音符は少なく、技術的にも容易いのだが、その音符の意味するところを分かっていない。まぁ、そんな私も大学生の頃、ロマン派以降の作品には確信を持てたが、ハイドンのソナタなど正直、訳が分からなかったのを思い出す。古典を勉強するということは基礎的なことであるのだが、やはり難しい。 [続きを読む]
  • 1189.表情がない
  • 昔、学生の頃の話。音楽的でないとか、表情がない演奏に対して「能面ピアノ!」と皆言っていた。今から思えば、思いはあっても技術が足りない、もしくは、技術の根本から違っていたのだと思う。 [続きを読む]
  • 1188.教えてくれない
  • 10年以上にわたり、年に数回、ディーナ・ヨッフェ先生は我が家へマスタークラスのためにいらしてくれている。長年、そのレッスンを見てきて感じることというか事実なのだが、生徒のレベルによってそのレッスン内容は全く違う。もちろんそれぞれ違うのは当たり前なのだが、絶対的に違うことがある。それは、音色やタッチのことに言及するレッスンに値する生徒にしか、響やタッチについてを言わないということ。まだ基本の発声ができ [続きを読む]
  • 1187.重心は低く
  • 一般にピアノを弾く時には重心は低く、そのために椅子は低くしなさいと教師は言う。わたしはそれが間違いだと思う。確かに重心は低くしなければならないが、そのためには椅子を高くして足でしっかりと支えを作ることにより重心が低くなると思うのだが。椅子を低くすると重心は上がってきてしまうと思う。 [続きを読む]