translatororwriter さん プロフィール

  •  
translatororwriterさん: 翻訳者ときどきライター
ハンドル名translatororwriter さん
ブログタイトル翻訳者ときどきライター
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/translatororwriter/
サイト紹介文英語のこと。日本語のこと。翻訳のことetc.(名古屋論も?)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/01/15 23:05

translatororwriter さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 素敵なことはまだ訪れちゃいない話
  • 明けましておめでとうございます。新年にふさわしい話をしましょう。佐野元春さんの曲に、『誰かが君のドアを叩いている』という曲があります。 終わり近く、「素敵なことはまだ訪れちゃいない」と歌われています。(歌詞の中には含まれていないようですが...)このフレーズ、あまりピンときていなかったんですが、25年の時を経て胸に迫ってきました。キッカケはfacebook。「The best things are yet to come ! 」というコメント [続きを読む]
  • Industrial Tourism in Japan
  • Do you know about Nagoya?Going west by Shinkansen bullet train from Tokyo station, you will see Mt. Fuji and then stop at Nagoya s
    tation before arriving Kyoto.To Nagoya, it takes about 100 minutes from Tokyo or 35 minutes from Kyoto.(This means that it takes a
    bout 140 minutes from Tokyo to Kyoto by Shinkansen.)Nagoya is the prefectural capital of Aichi.Aichi prefecture has an internation
    al airport [続きを読む]
  • ネタ帳(続き):日本語編
  • 前回から続いて、「いざという時、バシッと適切な例を出せるように」するためのネタ帳です。前回までの分は、例文だけ書いておきます。 ・Can you keep a secret?(学校のテストと翻訳の違い)・I am a boy.(同上)・He saw a woman in the garden with a telescope.(係り受け)さて、ここからが今回の追加分。係り受けの難しさについての日本語の例文が、前回からの宿題でした。・トップアイドルの恋人は22歳。 この文だけでは [続きを読む]
  • バシッと適切な例を出すためのネタ帳
  • 会話やスピーチなどの中で、適切なたとえを出せると格段に説得力が上がりますよね。宗教の教えなどにも、たとえ話は多用されます。また、お笑い芸人さんの「たとえツッコミ」も、決まると笑いが何倍にもなったり。(宗教とお笑いって高度差ありすぎて耳キーンってなるわ)私は英語や翻訳の話をしているとき、具体例を出せずにモヤモヤすることが多いです。どんなにいいことを言ってても、抽象的な話ばかりだと伝わらない。そこでこ [続きを読む]
  • 夢の人・原田知世と仮定法
  • 突然ですが、原田知世さんが歌う『夢の人』という曲が素晴らしいので超オススメです。 2015年の『恋愛小説』というカバーアルバムの1曲目。また、今年(2017年)の夏に出たベスト盤にも入っているようです。この曲のオリジナルはビートルズ。『HELP!』というアルバムに収録されている、カントリー&ウェスタン調の小気味いい曲です。(ちなみにこの曲、『イエスタデイ』の前に入ってます) 原題は『I've Just Seen A Face』。女 [続きを読む]
  • ギターとピアノとスキーとスノーボードの話
  • 寒くなりましたね。山では雪も舞い始めたとか。スノーボードやスキーが好きなので、雪の便りは気になります。スキーもスノボも両方やる人はあまり多くないように思います。まぁ、私はどちらもあまり上手じゃないんですが。スノーボードを初めてやったとき、「あぁ、自由だなぁ」と思いました。ストック持たなくていいので。両手が自由(笑)そしてブーツも歩きやすくて自由。(スキーブーツだとロボットみたいな歩き方に)文化的に [続きを読む]
  • 鈴木大拙館へ行ってきた話
  • 『鈴木大拙館へ行ってきたよ』「ダイセツカン?」『鈴木大拙って人の記念館みたいなヤツ。こんな感じで、すごくいい空間だった』 「何をした人なの?」『禅のことを海外に広めた人だよ』「どのくらい昔の人? 英語が上手なお坊さんだったってこと?」『明治3年生まれ。単に"英語が上手"っていうより、東洋と西洋の両方の文化に通じた上で、日本や東洋の文化や思想を西洋の人たちに英語で上手く伝えてくれたってことだろうね [続きを読む]
  • 過去の記事 …