aldingbrooke さん プロフィール

  •  
aldingbrookeさん: まずは女房に感謝から!
ハンドル名aldingbrooke さん
ブログタイトルまずは女房に感謝から!
ブログURLhttp://aldingbrooke.blog.fc2.com/
サイト紹介文女房・娘・友達・同僚・上司に嫌われた後期中年がカヤックに憑りつかれていく様がわかるブログです。
自由文女房に嫌われ娘に嫌われ友達に嫌われ同僚に嫌われ上司に嫌われていたことにようやく気付いたむさ苦しい後期中年サラリーマンが、異国ミシガンで上向結腸と横行結腸の腸捻転による腸閉塞を患い緊急入院・緊急手術で禁煙に成功しながらも再煙を楽しむ。カヤックを日本でやることを夢見ながら着々と準備を進め、ついにはそれを実現するも、現実の厳しさに立ち向かいながらもカヤックに憑りつかれていく様がわかるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/01/17 10:17

aldingbrooke さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 矢作川ダウンリバーでエルモちゃんと戯れる!
  • YouTubeに挑戦してみましたよ。2012年の発売ですからちょっと古いモデルなんですが、アクションカメラを譲って貰ったもんですから。小生にはちょうど良い大きさです。ELMO(エルモ)っていう名古屋のメーカーの「QBiC D1」っていうモデルなんですが、リンクを貼ろうと思ったんですが、サイバーテロ(?)にやられてるみたいなんで今はやめときます。185°の魚眼レンズで結構ご機嫌な映像になります。これもってちょっと前(20 [続きを読む]
  • PackraftからGoPro風に矢作川ホワイトウォーターを撮ってみた!
  • まぁ結局これで良かったんですよ。ウエアラブルカメラの完成ですよ。これ持って、また通勤定期とその乗り越し運賃190円払って行って来ましたよ、矢作川平戸橋へ。そんでこれが実際の姿です。冴えないオヤジが小生です。そのオヤジのあごの下、というのか腹の上にウェアラブルっております。しっかし、自撮りって難しいですね。目一杯格好つけて撮りましたよ。ほんでもって、これが当日の矢作川のパラダイスポイントです。相変わ [続きを読む]
  • 防水コンデジをウェアラブル風にしてみたら気分だけはGoPro!
  • デッキコンパスです。これはSeattle Sportsのやつなんですが、一度も使うことなく、中でプカプカ浮いてる磁石を支える支柱が外れちゃって・・・。このコンパスのアッタチメントを改造してメリケン針と化学繊維の糸でゴムベルトを縫い込んでカメラを挟み込む・・・・・といったコンセプトで、ユニクロのワイシャツの替えボタンを噛まして、いい感じなんだけどなぁ〜 もう少し試行錯誤しないとダメそうですね。自転車の工具箱をゴ [続きを読む]
  • 5号艇: CRUSOE 460 COCKPITPOD - Butterfly Kayaks
  • メーカー: Butterfly Kayaks製品名: CRUSOE 460 COCKPITPOD タイプ: Foldable定員: 1人 艇長: 460cm 艇幅: 62cm 艇重: 18.5kgもうこの艇の説明を今さらするのも、ってな感じです。でも今回は力作なんで最後までお付き合いを!思えば2012年の夏、夏のお盆休暇をここの工房で過ごしたんです。近くのビジホに6泊7日の連泊で。貼らせて下さいな、そん時の7日間の記事のリン [続きを読む]
  • 「逆デジャブ漕ぎ」 で 「単身赴任シンドローム」 の後遺症を自覚す!
  • 6ヶ月ぶりに「電車行」で漕いできましたよ。もうすっかりポッチャポチャでしたから、2年ぶりにアーバン 「庄内川」 へ 「4号艇」 のDenali Llama with Cruiser Spray Deck - Alpacka Raftで。それにしても名古屋って電車代が高い・・・・。川崎の夢の単身赴任アパートからあの多摩川パラダイスまでの半分の距離なのに運賃はほぼ一緒ですよ。往路:名古屋地下鉄 「東山公園」 ⇒ 「名古屋」 270円名鉄「名古屋」 ⇒ 「東枇杷 [続きを読む]
  • さよなら快傑 『 The単身赴任シンドローム 』 よ!
  • 気が付くとはや4ヶ月。もうそれが今では夢の様にしか感じません。あっけなく『単身赴任』が終わってしまったんです。(そんでもって、カヤックを半年も漕いでませんし。)サラリーマンですからしょうがないです。でもたった一年で終わりました。最初は不安の中にも意気揚々と川崎に向かいましたよ。そしていろいろな出会いもあり、それはそれは楽しいものとなりました。今や名古屋に舞い戻り、まるで「玉手箱」を明けてしたったか [続きを読む]
  • 過去の記事 …