がいどぶっく さん プロフィール

  •  
がいどぶっくさん: 転職サイト利用ガイド『転職成功.com』
ハンドル名がいどぶっく さん
ブログタイトル転職サイト利用ガイド『転職成功.com』
ブログURLhttp://occupation.blog.fc2.com/
サイト紹介文転職・求人サイトを利用し、転職を成功に導く効果的な転職方法をご紹介。
自由文就職や転職をお考えの方、求人情報をお探しの方、求人・転職サイトの使い方を知りたい方はぜひご利用ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/18 18:12

がいどぶっく さんのブログ記事

  • 転職でキャリアアップを成功させる方法
  • 転職活動ではスピードが大切ですが、安易な転職は禁物です。まずは本当に現在の会社で「現状の不満」を解決することはできないのか、何のために転職をするのかといった点を、よく考えてみましょう。安易な気持ちで転職すると、「仕事がつまらない。こんなはずではなかった」「こんな会社だとは思わなかった」「もっと自分に合った会社・仕事があるのでは」と思うようになり、転職を繰り返すことにもなります。どうせ転職をするなら [続きを読む]
  • 転職したら給与は下がるのか?
  • 転職を考えている人にとって、やはり気になるのが給料ですよね。「転職したら給料が下がるって聞くけど、どうなんだろう?」「どうせ転職するなら、年収をアップさせたい・・・」と考えている人も少なくないはずです。一般に転職者の給与を決定する要素には、「年齢」「能力」「経験」「資格」があります。どの要素が重視されるかは、会社によって異なります。一般的には「年齢」を重視して給与を決定する企業が多いですが、能力主 [続きを読む]
  • 未経験の業界へ転職する人に求められるもの
  • 社会人としてある程度のキャリアやスキルがあっても、未経験の業界に転職するとなると、それらの経験や能力は大半が役に立たないケースもあります。しかし社会人経験を積んでいれば、「全くの新人」というわけではないはずです。当然ながらビジネスマナーは身についているでしょうし、未経験の業界であってもこれまで習得した知識や技能、人脈が生かせるケースも少なくありません。また仕事への熱意と順応性をアピールすれば、十分 [続きを読む]
  • スカウト転職の方法
  • インターネットを使った転職では、スカウト転職というサービスがあります。スカウト転職とは、求人サイトに自分のスキルや希望条件を匿名公開すると、その情報を見た企業や転職アドバイザーがオファーをしてくるというサービスです。必要事項を記入すれば、後は企業のスカウトを待つだけです。時間的・経済的・肉体的に負担の小さい転職方法です。■ スカウト転職とは?自分の職歴や希望条件を『レジュメ』に記入し、匿名で公開し [続きを読む]
  • スカウト転職とは?
  • インターネットを使った転職が普及するにつれ、スカウト転職も人気です。スカウト転職とは求人サイトが行うサービスで、職務経歴や希望条件を公開し、企業から直接「あなたを採用したい」というオファーを受けるシステムです。スカウト転職は待っているだけで転職ができるという、新しい転職方法です。スカウトサービスに登録して必要事項さえ入力すればOKなので、在職中で忙しい方でも小さな負担で効率的に転職できるのが、スカ [続きを読む]
  • スカウト転職を成功させるには
  • 求人サイトを利用すれば、企業からオファーを受けるスカウト転職も可能です。スカウト転職とは、求人サイトに職歴やスキルを公開しておくと、企業や転職アドバイザーからオファーを受けられるというサービスです。スカウト転職はこんな人に最適です。・自分を必要とする企業に出会いたい人・在職中で忙しくて転職活動ができない人・転職活動中だが、自分に合った企業が見つからない人・自分がどんな仕事に向いているか分からない人 [続きを読む]
  • Facebookを利用したスカウト転職の方法
  • 転職活動といえばかつてはハローワークや求人情報誌で仕事を探していましたが、近年はインターネットの転職サイトが主流です。その転職サイトも転職エージェントやスカウトなど、新しいサービスがどんどん登場しています。最近はFacebookを使った転職活動もあります。ここではFacebookを利用したスカウト転職サイトを紹介します。■ 日本初のFacebookスカウト転職これは株式会社ネットマーケティング社が提供する、Facebookを活用 [続きを読む]
  • 採用担当者はココを見る! 実務未経験者の転職
  • ■ 未経験者歓迎の意味「未経験者歓迎」というのは未経験者の応募を歓迎するという意味で、未経験者を積極的に採用するという意味ではない。短期間で戦力になることをアピールするために、基礎知識や仕事の情報を事前に集めて勉強しておきましょう。接客やパソコンスキル、調整力はどんな業界・職種でも評価されます。また学歴や資格、特技があれば積極的にアピールしてください。■ 業界や仕事への理解が大切人気の高い業界や職 [続きを読む]
  • 採用担当者はココを見る! 同業界同業種の転職
  • ■ 実力者が歓迎されるとは限らないどんな会社でも実力者は歓迎されますが、それ以上に転職では会社との相性が重要。採用選考では経営方針や在職者との兼ね合いも関係してきます。プライドや実績への自信、自分の仕事スタイルだけを前面に押し出すと逆効果になる場合もあります。謙虚さや柔軟な姿勢を示すことも大切です。■ 新人としての認識を持っているかキャリアや実力を持っていると、つい自己PRで「貢献できます」「部下 [続きを読む]
  • 転職における志望動機のアピール方法
  • 志望動機のアピール方法を簡単にまとめておきます。マニュアル的な書き方になっていますので、それを切り口にしてご、自身の経験やスキルを踏まえながら志望動機をアピールしてください。1、経験内容のアピール同業種の実務経験、前職での類似業務や商品知識、業界知識をアピールする方法。未経験の職種でも、使えそうな部分をアピールすると効果的。職歴欄や職務経歴書と重複しがちなので、ひとひねり必要です。2、相性をアピー [続きを読む]
  • 転職の選考で不利な内容は隠すべきか
  • 転職活動に関わらず、自分の欠点は誰でも隠したいものです。しかし転職活動において虚偽の記述をしたり、経歴などを詐称したりするのは禁止です。不自然な箇所は逆に採用担当者の目をひき、逆効果です。情報を求められたら、たとえ不利な内容でも正直に書くべきです。■ 必ずどこかでカバーする自分の欠点をただ正直に書いただけでは、転職活動で成功はできません。弱点を自覚したらそれをカバーするのが社会人の基本であり、あな [続きを読む]
  • 転職の志望動機は何を書けばいいか
  • 転職サイトから求人企業に応募する際、書くのに困るのが志望動機。応募フォームへの記入で困ってしまう人も少なくないでしょう。新卒の就職活動と違い、転職の応募先は転職サイトの求人で初めて知った企業ばかり……ということも、志望動機が明確にならない理由かもしれません。しかし志望動機は、職務経歴と並んで採用選考の重要項目。ここでしっかりとアピールしたい所でもあります。■ 類型的な記述は避けよう危険なのは、無難 [続きを読む]
  • 志望動機で使ってはいけない表現
  • 求人企業に応募する際、志望動機の記入に困る人も多いようです。志望動機をどう書けばいいのか分からず、ついつい類型的な表現になってしまう人もいますが、以下のような文句はマイナスの印象を与えるので避けてください。■ 憧れの業界(企業)だった憧れを持つのは構いませんが、「その憧れの業界で何ができるのか」「どう働きたいのか」を伝えなければピントのずれた志望動機になります。また「御社の商品が以前から好きだった [続きを読む]
  • 転職活動や仕事探しに疲れたら……
  • 転職の理由は人それぞれで、スキルアップやキャリアアップのため転職した人もいれば、人間関係や会社への不満からやむなく転職する人もいるはずです。しかしいざ転職活動を始めたものの、なかなか次の仕事先が見つからずに悩んでいる人もいるでしょう。長引く仕事探しに疲れた人、または「もう人生そのものに疲れちまったよ」なんて人もいるかもしれません。肉体的にも精神的にも疲れてしまうと、やる気や熱意も低下してしまいます [続きを読む]
  • DODA(デューダ) おすすめ転職サイト
  • DODA(デューダ)は、パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)運営の転職支援サービスです。DODAの転職支援サービスに登録すると、経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をサポートしてくれます。非公開求人を含む求人情報の提供や、職務経歴書の書き方、面接対策など全て無料でアドバイスしてくれます。プロの全面的なサポートを受けることができるので、一人で転職活動をするよりも小さな負担で有利な転職 [続きを読む]
  • 転職活動の不安な気持ちを何とかしたい
  • 終身雇用制度が崩壊し、日本でも転職が一般的なものになりました。ただ一方で、約3割の人が一度も転職を経験したことがないというデータもあります。転職へ踏み切ることに、様々な不安を感じる人も多いようです。また現在転職活動をしている人も、様々な不安を抱えていると思います。中には不安と焦りで頭がおかしくなりそうだという人もいらっしゃるようです。ここでは転職活動の不安な気持ちを何とかする方法を紹介します。■  [続きを読む]
  • キャリアが少ない人の職務経歴書の書き方
  • 職務経歴書は転職活動で重要な役割を果たす応募書類です。採用を勝ち取るには、職務経歴書でいかにアピールするかがカギとなります。しかしキャリアが少ないため、職務経歴書に書く内容があまりないという人もいるかもしれません。その場合は、一つ一つの項目を詳しく書きましょう。また資格や特技、志望動機などを盛り込んで分量を増やす方法もあります。ここではキャリアが少ない人の職務経歴書の書き方を解説します。■ 詳しく [続きを読む]
  • ハタラクティブの評判・口コミ
  • ハタラクティブは20代を中心とした就職・転職サイトです。・フリーター・既卒者・第二新卒を対象とした就職・転職サービスで、高い評判と人気を得ています。「未経験から正社員を目指したい!」という方におすすめの求人サイトです。「今はフリーターだけど、正社員になりたい」「就職先が決まらないまま学校を卒業した」「就職したけど2年で会社を辞めてしまった」という方を専門にサポートしています。社会人経験の全くない人や [続きを読む]
  • 転職活動で企業からスカウトされるには
  • 転職活動では、幾つもの企業から内定を取る人もいれば、全く取れない人もいます。転職成功の秘訣は、自分の能力を必要とする企業に出会えるかどうかです。そのためには自分を必要とする企業と出会う機会を作ることです。理想の企業に出会う方法としては、以下のようなものがあります。・複数の転職サイトに登録して、求人を幅広く集める・求人サイトのスカウトサービスを利用するここでは転職活動で企業からスカウトされる方法を紹 [続きを読む]
  • 転職を決意する7つの理由
  • 社会人として何年も働いていたら、誰しも必ず一度は転職を考えたことがあるはずです。あるいは入社1日目で転職を考えた人もいるかもしれません。転職を決意する理由は、人それぞれです。仕事や会社に対する不満や人間関係に関すること、やりたいことが他に見つかった・・・etc。転職を考えている人の中には「絶対に転職したい」という人と、「漠然と転職を考えている」という人がいると思います。あなたはどちらに該当しますか?こ [続きを読む]
  • 働きながら転職活動する方法
  • 働きながら転職を考えている人にとって、一番問題となるのは忙しくて転職活動をする時間がないことです。働いていると求人情報を集める暇もありません。働きながら転職するには、効率的な活動が求められます。そこで役立てたいのが、転職サイトです。転職サイトを活用すれば、働きながら転職することも可能です。ここでは働きながら転職活動するコツと、転職サイトの利用方法について解説します。■ 働きながら転職活動する注意点 [続きを読む]
  • 短期間で転職を成功させるには
  • 一般に転職活動の目安は3か月と言われており、転職活動の期間が半年以上になると、面接などで「言い訳」を用意する必要が出てきます。また転職がなかなか決まらず無職の期間が長引くと、どんどん転職活動が不利になっていきます。そのためなるべく短期間で転職活動を成功させたいものです。そこで短期間で転職を成功させるための注意点を紹介します。■ 情報収集は十分に短期間で転職する際に気をつけたいのが、情報収集です。求 [続きを読む]
  • 転職活動と失業中の過ごし方
  • 転職活動では、在職しながら転職活動をする人もいれば、退職して転職活動を始める人もいると思います。退職者は失業中の過ごし方にも気をつけましょう。失業期間が長引くと生活が乱れ、転職の意欲も薄れてきます。失業期間を健全に過ごすことが再就職の近道でもあります。ここでは転職活動と失業中の過ごし方について紹介します。■ 失業期間を乗り切るには・雇用保険など各種社会保険の手続きを行い、資金を確保する・自由な時間 [続きを読む]
  • 転職活動が長引いた場合の対策
  • 転職活動にかかる平均的な期間は、3ヶ月〜半年程度と言われています。しかし場合によっては、なかなか次の転職先が決まらないこともあります。転職活動が長引くと、不安になるし焦りも出てきます。中には、「自分には能力がないのか」「自分は社会に不要な人間かも」と自信を失う人もいます。そんな状態で転職活動を続けてもしっかりとした自己アピールができず、さらに不採用が続くという悪循環に陥ってしまいます。転職活動が長 [続きを読む]
  • 転職活動に行き詰まったら……
  • 終身雇用制度の崩壊により、日本でも転職がかなり一般化しました。現在転職活動をしている方、また転職をお考えの方も少なくないと思います。しかしいざ転職活動をしてみると、思うようにいかないこともあります。不採用が続くと焦りもするし、不安にもなります。それでつい大して興味のない会社に飛び込んでしまい、入社後に後悔してしまう・・・という人も大勢います。転職活動では、焦って行動してもいい結果は生まれません。不 [続きを読む]