のらぞー さん プロフィール

  •  
のらぞーさん: のらぞーの大阪ぶらぶら物語
ハンドル名のらぞー さん
ブログタイトルのらぞーの大阪ぶらぶら物語
ブログURLhttps://ameblo.jp/norazoo/
サイト紹介文大阪での食べ歩きや旅行とか登山とか… なんでも気が向くままに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供286回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2012/01/17 19:19

のらぞー さんのブログ記事

  • のらぞーの博多は美味かばい! 其の一 〜ひょうたん寿司〜 
  • 毎年、恒例の親睦行事ありまして、今年はなんと博多!いつもの通り現地集合現地解散&全額自腹… そう…ただただ博多に来てみたかっただけばい。 みんなとの宴会は夜だけなのでそれまでは一人。早速、行列のお店がある天神へ行くばい! 1軒目 ひょうたん寿司店に入る前に…ちょっと自問自答しよっと。『いままであなたが食べたカニクリームコロッケにカニは入ってましたか?』『入ってないばい。』 そう…カニクリームコロッケに [続きを読む]
  • 地震の日【まる栄】
  • ガっガ〜ン!どどどドドドド…その時、僕は29階のフロアでビルと一緒にゆらゆらと揺れていた。 携帯電話が一斉に鳴った。すぐに震度と津波をチェックする。『震度6弱、津波による心配はありません。』東南海地震ではなさそうなので少し安心した。 窓の外を眺めながら上司がつぶやく。『どのビルも揺れてるな〜。』 久しぶりに胆を冷やした。 食べ歩きの方はというと…恵美須町で行列の絶えないお店まる栄にやってきた。 店に [続きを読む]
  • もうマラソンはしないと思う。【スタンドふじ本店】
  • こないだ第8回 大阪マラソンの抽選に落選してしまったので、じゃあ次は奈良マラソンだ!そう思ってエントリーしようとした。ホームページを見てると… 『エントリー締切り』マジか!?調べるとエントリー受付開始31分で定員に達したみたい。なんか心の奥から何かがポキっと何かが折れる音が聞こえた気がする。マラソンなんてもうヤメた!!ヾ(。`Д´。)ノ そう思うと、いつどんなの時も僕を受けてれてくれる山はなんて慈悲深いんだ [続きを読む]
  • 第8回 大阪マラソン抽選結果【トタンにライスカレー】
  • 2ヶ月前に酔った勢いで約束したことがありまして…『ボクは大阪マラソンに出る!!』その約束を守るべくエントリーしたまますっかり忘れてた。昨日、事務局から唐突に抽選結果が送られてきまして見てみると… ”落選”と書いてた。 正直、ホッとしたかな。定員3万人に対して応募が12万人なので仕方ない。もし当選してたらマラソンブログになるところだったけど、落選なので暫くは山に専念します。 食べ歩きの方はというと、JR [続きを読む]
  • のらぞーの肝試し 後半 〜赤目四十八滝、長坂山、替急屋〜
  • 赤目四十八滝の後半!!先輩「なんか冷気を感じる。」のら「涼しげで気持ちいいですね。」先輩「いや違うやつ。」のら「えっ!?」 すると何やら呪文のような念仏をつぶやき始めた。ハンジャンバラバラビルゴンガイナイジョウジュツゲンコウブリブリバラバラ… 僕はどっちかというと、見えないものが見えたる人ではないし、奇跡を心から信じることもない。なので宗教や神様には無関心だし、幽霊や霊獣や人魂なんかも信じない。先 [続きを読む]
  • のらぞーの肝試し 前半 〜赤目四十八滝、長坂山〜
  • とある金曜日の朝に先輩からLINEが来た。「明日、六甲山に行ってもいいぞ。」そして昼にまたLINEが来た。「赤目でもいいぞ。」僕はこう返した。「どっちでもいいぞ。」 ということで…赤目四十八滝を歩くことになった。その名の通り、いくつもの滝が連続する川が流れる風光明媚なハイキングコースなんだけど…自殺の名所でもあるらしい。 9:50 赤目四十八滝STARTなぜかまずオウサンショウオセンターから始まる。 小さいのもいれば [続きを読む]
  • 紅い恋が灯る中華!?【紅恋灯】
  • うちの職場の近くに、紅い恋が灯る中華料理屋さんがありまして…まぁ…肥後橋駅周辺のサラリーマンなら誰もが知る紅恋灯(くれんど)です。まるで恋愛小説で主人公とヒロインが出会うお店の名前でも通用しそうな美しい屋号なんだけど…その正体はボロボロの大衆中華だったりする。しかもお客さんは100%男性で、常に行列ができている。ボリューム満点の丼系か焼飯系に玉子をトッピングするのがお決まりだ。僕のお気に入りは野菜丼だ [続きを読む]
  • アルピニストの死【お好み焼き はやし】
  • ニートアルピニストの栗城史多さんは野口健さんにこう言った。「僕はエベレストの南西壁ルートでの単独・無酸素登頂をいつか成し遂げる。」 前回の挑戦で両手の指のうち9本の第二関節から先を凍傷で失った。でも、もう一度、残った指1本でエベレストに挑もうとした。誰もが無謀だと言った。でも栗城史多さんは再びエベレストへ向かった。自身のfacebookにはこう書かれていた。「苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます。 [続きを読む]
  • 蕎麦屋さんだと思うけど…【更科 福島駅店】
  • 大阪で更科という定食屋さんをよく見かける。一度も入ったことはなく、どんなお店なのかも知らなかった。最近知ったのは江戸時代に更科という有名な蕎麦屋があったらしい。 気になってきたので、JR高架下にある更科 福島駅店を覗いてみることにした。 店内はめっちゃ昭和な食堂で、相席が当たり前みたい。で…周りを見渡す限り誰も蕎麦を食べてなかったりする。蕎麦を食べてみるという想いは一瞬で消え去ったw そしてやたらと人気 [続きを読む]
  • 親子丼が食べたくて!【日本ばし とり鹿】
  • 僕が大阪で一番美味しいと思う焼鳥屋さんが日本橋にあるのですが…焼鳥ではなくてもう一つの名物を味わいたくて、日本ばし とり鹿の暖簾をくぐった。で…どうしても食べたかったのがこれ!!親子丼600円浅く広い和柄の丼鉢に香物とスープがセットになってやってきた。丼鉢の蓋をゆっくりと開ける。ムムム(¬_¬)玉子どじの真ん中に黄身がぷるぷると揺れている。玉子まみれじゃないか。食べてみると…うんめ〜(((o(*゚▽゚*)o)))玉子 [続きを読む]
  • 2018年5月の読書メーター
  • 5月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:2139兄弟〈上〉文革篇 (文春文庫)の感想これは一体なんなんだ…。全く先が読めない。公衆便所での尻覗きに度肝を抜かれ、文革という異常な時代と戦う悲壮な家族の愛に胸が熱くなった。兎に角、笑いと涙の振り幅がありえないくらい広かった。この先一体どうなるんだろう。読了日:05月07日 著者:余 華兄弟〈下〉開放経済篇 (文春文庫)の感想これって究極の悪フザケ本でないかい! [続きを読む]
  • 来週博多に行くんですけど…【築港麺工房】
  • 来週、博多に行く用事がありまして、折角なので太宰府の裏山の山頂小屋に泊まって縦走でもしようかと企ててたんです。梅雨か…終わったな。(^^;;平日の昼間になにして時間を潰せばいいんだろうか!?食べ歩きの方はというと、大阪港にやってきました。海岸通りを西向きに歩いてると、セピア色が似合いそうな洋館がありまして、階段を上がると…のらぞー御用達のお店築港麺工房があるんです。 色々食べたけど最終的にたどり着いたの [続きを読む]
  • マグロ丼【うえ河】
  • 最近、ランチの新規開拓をサボってまして…今日こそは福島駅前まで行って適当に新規開拓しよう!そう強く決心して会社を出たんです。 なのに行きつけのうえ河の前を通ると… マジか…Σ(・ω・ノ)ノ!新メニューが増えてるじゃないか!! ということで初志貫徹ならず…。あっさりとうえ河の暖簾を潜ってしまった。で…その新メニューとはマグロ丼800円。 じゃ〜ん!!!いつもながら大盤振る舞いでボリューム満点だ。 ちょっと伝わり [続きを読む]
  • 登山のあとの反省会【立ち呑み処 みつおか】
  • 摩耶山の掬星台から阪急バスに乗って六甲道まで下りてきて、灘温泉という小さな温泉に入ったんです。温泉と名乗ってるものの普通の銭湯にしか思えないwそこにオッさんが5人も一気に入ったらまさかのロッカー待ち。なんかこの日多かったんですよ。しかも、刺青の人も普通にいれば、自分のことが自分でできないのに1人で来てしまったヨボヨボのお爺ちゃんまでいたりする… まるで西成区じゃないか。?ヾ( ̄0 ̄;ノ で…風呂から上が [続きを読む]
  • 村上登山部じゃないの!?〜六甲全山縦走 真ん中のコース〜
  • またまた登山部の招集がありまして…ムラ「六甲全山縦走に行くぞ!」のら「えっ!身体がボロボロになって暫く山に登れなくなりますよ。」ムラ「3回等分するから大丈夫や。」のら「じゃあいいかも。」ムラ「でも3回とももう登ったんや。」のら「えっ!?」一コースだけ参加できなかった人のために、真ん中のコースだけをもう一度歩くみたい。めっちゃ中途半端なんですけど…まぁ…どうせ暇なのでちゃっかりと参加してきましたよ [続きを読む]
  • ベッピンさん【お好み焼き やぐらや】
  • しとしとと静かに雨が降る日に、傘をさして朝潮橋のとあるお店にやってきたのでした。 それは小さなおばあちゃんのお店お好み焼き やぐらや。いつも小さい子供連れの家族が団欒していて、色んな人の幸せな思い出がいっぱい詰まってそう。何度来ても本当にこれでいいのかい!?と心配になるくらいの時代錯誤の値段設定だった。おばあちゃん曰くこれでもめっちゃ値上げしたらしい。おばあちゃんがお好み焼き屋を始めたときの値段は [続きを読む]
  • 満漢全席を調理したシェフの店【紫微星】
  • 随分前ですが料理の鉄人という番組が好きでよく見てました。有名料理人達の神業の様な包丁捌きや炎を巻き上げながら振るう鍋に釘付けになってました。その番組の演出家だった田中経一さんが書いた小説『龍の舌を持つ男』を最近読んだんです。テーマは満漢全席!フカヒレ、燕の巣、鮑はもちろんで、象の鼻,毒蛇、熊の手などの超高級珍味ばかり49品を2〜3日かけて味わうという世界最高峰のコース料理なんだとか。できることな [続きを読む]
  • 美味しいパスタが食べたくて!【Casa tua Sato】
  • 美味しいパスタが食べたい!!!そう思った時に真っ先に頭に思い浮かぶお店がありまして… 結局、またまた北新地なんですけどね。味も接客応対も何もかも全てがTHE 北新地!とある雑居ビルの階段を上がって、ボクはCasa tua Sato(カーサ チュア サトウ)の扉を開いた。 カウンター席に座ると1,000円のランチコースがスタートします。このお店が北新地で燦然と輝く理由… それはお子様ランチみたいに極彩色が散りばめられた野菜の前 [続きを読む]
  • もやしが食べたくて!【ラーメンつけ麺 笑福 西本町店】
  • もやしが食べたい…栄養なんて殆どない役立たずな地味なヤツなのに、あのシャキシャキ食感が恋しくてたまらない。 ということで颯爽と肩で風を切りながらやってきたのは、ラーメンつけ麺 笑福 西本町店だった。 もやしマニアなら絶対に一度は訪れる名店でして、ラーメン750円の食券を買って席に座ると、とても有名な合言葉で注文を聞かれる。店員さん「ニンニクいりますか?」のら「野菜増し増し、脂多め、ニンニク少しで!!」 [続きを読む]
  • 数学の本は面白いか…!?【海藤花】
  • 色んな本を読んでて最近気づいたことがありまして…「数学をテーマにした本は面白い!!」と言っても数えれる程しか読めてませんでけど。 最初に読んだのは小川洋子さんの『博士の愛した数式』新しい記憶は80分しかもたない難病の数学博士と家政婦の悲哀に満ちた物語で、話の軸になるのがなんと阪神タイガースの応援だったりする。 次に読んだ本が冲方丁さんの『天地明察』ズレた暦を戻す大仕事と、算術マニアの勝負があり、算術 [続きを読む]
  • 久しぶりの肥後橋ランチ【マルシン】
  • なんかめっちゃ久しぶりに肥後橋のランチを開拓しようと思いまして… ぶらぶらとグルメエリアを歩いてて、たまたま僕の目に止まったお店がマルシン!トタン屋根が昭和っぽかったので並んでみました。 店内には若かりし高倉健さんの任侠ポスターが貼ってあったり、予想通り昭和な雰囲気がいい感じだ。料理の方は北海道料理が得意みたいなので、焼ハラス定食800円を選お願いした。店主さん「ご飯はどれにしますか?」とろろ、明太子 [続きを読む]
  • 海賊っぽいカレー屋さん!【BUMBLE Bee】
  • パイレーツ オブ カリビアンの世界感をカレー屋さんにしたらどうなるか!? そんなお店がここ!!本町にあるBUMBLE Bee(バンブルビー)!! 店に入ると、いつものマスターが一人でした。『本業は海賊ですよね?』と聞きたくなるようなマスターの男っぽい風貌が渋過ぎる。 メニューを見ると…マトン、鴨肉、ラムレバー、とり肝などなど、これは海賊…… というより山賊かな。(//∇//)マスターにお薦めされた3色カレー1,200円をお [続きを読む]
  • 最近のブームなのかな?【立喰い すしまる】
  • 最近、立ち喰いの寿司屋さんがやたらと増えてるような気がする。ブームなのかな!? で…見るとついつい入ってしまうのは僕だけだろうか。この日は、なんウォークで見つけた立喰い すしまるに入った。めっちゃ狭いw立ち喰いスペースしかないので仕方ないか。 握り一人前800円をお願いすると… じゃ〜ん!!まぁ至極普通な感じだ。イカ、鮪、ハマチ、鮭、玉子、エビ、鯛、蛸、鰻の9貫に手巻きが一つ。 寿司の食べ方って色々あるけ [続きを読む]
  • 本場の讃岐うどんが食べたくて【Native Sanuki Udon Kyutaro】
  • 最近、関西のうどんマニア達がよだれを垂らしながら訪れるお店ができたらしい。 ということで本町へとやってきました。そのお店の店主も讃岐うどんの名店よしやとバカ一代で修行を積んんだうどんマニアなんだとかw 店の前まで来てちょっとびっくり。なんか綺麗でスタイリッシュ過ぎる。全然讃岐うどんっぽくないじゃないか。Native Sanuki Udon Kyutaro(キュータロー)に入りました。 店内がめちゃ狭い!!Σ(゚д゚;)長いテーブル [続きを読む]
  • くたびれた自分に…【鮨 北新地 なか巧み】
  • 大峯奥駈道から戻ってきたので、くたびれた自分にご褒美をと思いまして… やって来たのは北新地!お昼にしては少し値が張るので来れてなかったお店なんです。名だたるグルメブロガーが舌を巻いて帰ってったらしい。それもそのはずでリッツカールトン出身の鮨職人のお店なんだとか。 鮨 北新地 なか匠の扉を開きます。 清潔感があふれるカウンターにゆったりと座れる8席の椅子が並んでる。たまたまかもしれないけれど、この日のお [続きを読む]