ぱくよんせ さん プロフィール

  •  
ぱくよんせさん: PIANIST ぱくよんせ Park Yeongse
ハンドル名ぱくよんせ さん
ブログタイトルPIANIST ぱくよんせ Park Yeongse
ブログURLhttps://ameblo.jp/parkyeongse/
サイト紹介文ジャズピアニストです。東京都内を中心に全国で活動しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/01/19 15:38

ぱくよんせ さんのブログ記事

  • ライブの頻度について
  • 激動の3月が無事おわった。正直ここまで忙しいのはミュージシャンになってから初めてだった。しかしながら嫌な仕事というのは一つもなくどれもこれもやりがいがあって楽しかった。つまり最高である。 9年ほどジャズミュージシャンをやってきて思うことだが、やっぱり常に「狩り」に出ていなければいけないという気がする。たとえば一回のライブのギャラが50万円あればライブは月に1回でよろしい。そしてその1回のために念入 [続きを読む]
  • ごろごろすることについて
  • 人間には色々なタイプの人がいる。「タイプ」という言葉がすでに暴力的でそれを言うならば一人一人がタイプなのだ。一人一人みんな違うのである。 それをわかっていながらあえて分けるとすると、世の中には走り続けられる人と休憩が必要な人がいる。ずっと死ぬまで仕事をする。休みがあってもあちこちでかけていき満喫する。そういう人は確かにいる。じっとしていられないタイプである。一方でなるべく家でごろごろしていたいとい [続きを読む]
  • 共演者
  • 忙しくて1ヶ月も空いてしまった。そういえば一ヶ月のケというのは本当は間違いで誤用がそのまま使われるようになったとかいう話を聞いたことがある。まあいい。 最近の自分のことを考えるとそれはそれはもう恵まれているのだなあと思う。ぼくが学生のころは4年生ですら雲の上の人だったのだからプロの人など神様のような存在であった。ジャズライフやスイングジャーナルでしか名前を見ることのない人たちだと思っていた。 それが [続きを読む]
  • 思い込みについて
  • にんにくを食べておけば大丈夫、という思い込みがある。にんにくは料理を美味しくしてくれる魔法の食べ物である。もちろんそのまま食べても美味しい。最近は臭くないにんにくなどというものがたくさん売っているが笑止である。そんなもの美味くもなんともないのである。食べてすぐに全身から悪臭が漂うほどのにんにく、これがいいのである。 風邪をひいたとき、にんにくを食べる。とりあえず鍋をつくる。豚肉と鶏肉と白菜とにらと [続きを読む]
  • 体を鍛えることについて
  • 家でひとりでごろごろするのが大好き。好きなものを食べて飲みながら音楽を聴いて本を読んで映画を見ているのが一番幸せである。しかしこういう生活を続けているとどうなるか。糖尿病か血管破裂か、まあそのあたりで50あたりで死亡であろう。さすがにそれはまずいしいろんな人にも迷惑をかけるのはよくないので最近は近所のジムに通っている。 太ももと腹筋と背筋と大胸筋と腕を鍛えてランニングマシンで傾斜10度くらいにして [続きを読む]
  • 料理の味について
  • 自慢ではないが舌には自信がある。鼻にも自信がある。味覚と嗅覚のことである。(ちなみにこの「自慢ではないが」という書き出しをする場合99%自慢である。もちろん今回もそうである) お金持ちの家で育ったわけではないが料理の味に関しては両親から厳しく教えられた。在日の家でしかも京都育ちということもあり各種出汁の味についてはかなりうるさくなった。 ぼくは安い店には何も言わない。安い店は当然安い材料を使っており [続きを読む]
  • 富士山について
  • 毎日のように富士山を見る。 ぼくの今住んでいるところは埼玉県戸田市というところで、埼玉県の南端。ぎりぎり埼玉県。東京都との境目。埼玉の人からは埼玉と認めてもらえず東京の人からは東京ではないよねと言われるなかなかのつらい場所である。 そしてうちのマンションからは富士山が見える。 そういえば東京や埼玉には富士見台というような地名がいくつかある。どれも富士山が見えるからつけられた地名だろう。今では高層ビル [続きを読む]
  • 年末だよ!
  • 今日は今年最後のぱくよんせカルテット みなみなさまおこしくださいませ 12/27 19:30~学芸大学珈琲美学ぱくよんせカルテットぱくよんせピアノ若林萌ギター大塚義将ベース海野俊輔ドラムス3500円+飲食代ご予約03-3710-1695目黒区鷹番2-19-20-B1試聴https://youtu.be/0b9_7h8wuNA [続きを読む]
  • 共演を断ったときの話
  • ぼくは昔とあるボーカリストと共演して、その後「次回もお願いします」と言われたが断った。ぼくが共演を断るというのはほとんどない。断るときはよほどの理由があるときである。この人の場合はちょっと特殊であった。ギャラはちゃんとくれるし意欲もある。コンセプトもはっきりしている。もちろん悪い人ではない。 でもあまりに実力がなさすぎた。正確にいうとド素人であった。いや、ド素人であることは仕方ない。誰だって最初は [続きを読む]
  • 有名になることの是非
  • 最近Twitterばかり書いててブログがおろそかになっていた。読みたい人はどうぞ。https://twitter.com/parkyeongse 何をもってプロといえるのか論争にはもううんざりであるが、お客さんにしてみたら「有名であること」というのが一つの基準であるようだ。しかしである。有名でない人にもすごい人はもちろんたくさんいる。例えば山木秀夫さんというドラマーがいらっしゃる。この人のプロフィールを見れば日本の音楽業界にはなくては [続きを読む]
  • 自分の位置
  • 自分の実力がどの程度か知っておくことは大事だと思う。ジャズピアニストとして日本の中でどの程度の位置か。今から言うことは自我自賛ではなく謙遜でもない。現時点で冷静に考えてこれくらいだろうと思うことだ。 ぼくは良いピアノを弾いて綺麗な音(小さい音も大きい音も)を出すという点においては日本の中でもかなり上の方にいると思う。リズム感グルーブ感も悪いほうではない。一方で音楽的に普通の人が思いもつかないような [続きを読む]
  • 店先に並ばないもの
  • 美人のライブに集まる人に限って「〜〜さんは美人なだけではなく1流のミュージシャンなのです」という言い訳めいたことを言うお客さんがいるが、1流のミュージシャンは他にいっぱいいるわけで他に行かずその美人のところにいくというのはやはり顔で選んでいるということである。 スマップ風にいうところの「花屋の店先に並んだ〜??」であるがそもそも美しいものしか店先に並ぶことはできない。花ではなく野菜に例えると不揃い [続きを読む]
  • テレビを見て
  • 日野皓正さんの話がえらく過熱しておる。いろんな意見があることもわかる。ぼく個人としては日野さんのしたことには反対である。でもそれは日野さんの素晴らしい音楽的功績や日野さんのミュージシャンとしての素晴らしさにはなんら関係がないことだ。 両者をつなげようとする論調が多いことがとても悲しい。ぼくは正当防衛以外の体罰は大嫌いだ。それは密室性を帯び、権力関係を補強し、卑怯で愚劣なものだからだ。日野さんがいか [続きを読む]
  • 敬愛する音楽家Johnny O'Neal
  • もう何度も書いているが、あらためてぼくが一番敬愛する音楽家、Johnny O'Nealについて書きたいと思う。初めてJohnny を聴いたのはニューヨークのスモールズだったかファットキャットだったか。その日いろんな店のスケジュールを見ても聴きたい人がおらずまあなんとなくLegendaryなんて言われてるし見に行ってみるかということでJohnnyのソロライブに行った。恥ずかしながらJohnnyのことは全く知らなかった。内容は一人で弾き語り [続きを読む]
  • 得意か不得意かはそう簡単にはわからん
  • 得意か不得意か?それは何回かやってみないとわからない。当たり前のことである。しかし、世の中には変な人がたくさんいる。受験生には「小論文が苦手なんです」というやつがいる。 「小論文何回書いたの?」「まだ書いてません」「一回も?」「はい」「一回も書いてなくてなんで苦手ってわかるんや?」「さあ。。。。」 この調子である。 ジャズも似たようなものである。もうやめてしまった生徒にも変なことを言う奴がいた。 「ア [続きを読む]
  • オフィシャルサイト
  • オフィシャルサイトを少し更新したよ 今までプロにやってもらってたんやけどまあ少しは自分でもできるようにならんと、ということで。。。 たぶんプロなら5分でできる作業なんやと思うけど5時間くらいかかった。。。 プロフィールと参加CDリストをちょっといじっただけなんやけど。 参加CDは今年中に2つ増えると思います。 おすすめ動画とかもあります。 よかったらみてください http://parkyeongse.com/profile/ http://parkye [続きを読む]
  • (ジャズ)ボーカリストとの共演について
  • 昔ジャムセッションに行き始めた頃(といってもぼくは今日までセッションに行ったのが数えるくらいしかないが)、楽器奏者たちが歌伴(あえてこの表現を使う)を嫌がるという現象によく遭遇した。そのときは初心者だったので意味がわからなかったのだが、その後わかってきたのはどうやら歌伴だと好き勝手に弾けないとか大きな音が出せないとかそういう理由で嫌がっていたらしい。 実に不思議な話だと思う。その「好き勝手に弾けな [続きを読む]
  • 生活のことでも
  • 東京に住んでいると言ってますが実は今は埼玉です。東京都の北区、板橋区から荒川をこえてすぐの戸田市というところに住んでます。だから関西でいうと神崎川こえてすぐの尼崎のあたりに住んでる感じかもしれない。でもそんなこといちいち説明するのはめんどくさいので東京の北のほう。。。みたいに言ってる。 いわゆる住宅地というかベッドタウンというか、、、そういう感じで別に情緒とか風情はない。でも近所に荒川があって気持 [続きを読む]
  • 線引き
  • どもー! 最近Twitterばかりでブログをほったらかしておった。これではいかん。140字でしかモノを言えへんようになってしまう。たまには長い文章も書かないと。 しかし最近は知らない人からも「ブログ読んでますよ」とか「Twitter見てますよ」とか声をかけられるようになってまことに恥ずかしい。あれはなぜ恥ずかしいのだろうか。SNSやブログに文章を投稿するという行為は渋谷の交差点で叫んでいるようなものでそんなことをし [続きを読む]
  • 好きでもないのに
  • 好きでもないのに音楽をやる奴が多すぎる。ステージに立ちたいだけ、歓声をもらいたいだけ、自慢したいだけなのである。なぜこういうことになってしまったのか?おそらく「音楽をやることはかっこいい」という誤解があるのだろう。これはいかん。そういう誤解が蔓延しているから変な連中が増えるのだ。音楽をやることは怠惰の極みであり堕落であり公開マスターベーションであるという認識がもっと広まると良い。それでもワシは音楽 [続きを読む]
  • 京都=大阪なのか?
  • Twitterにも書いたんですが、東京では関西=大阪という認識の人が多いんでしょうか。何度か以下のようなやり取りをしています。(ぼくは洛中出身ではないので特に京都出身にこだわりはないけどそれは別としてやはり興味深い現象だと思う)「ご出身はどちらですか?」「京都です」「そうですか大阪の方ですか〜」どうやら京都=大阪ということになっているらしい。なぜ京都と言っているのに瞬時に大阪に変換されるのか謎なのだが首 [続きを読む]
  • ジャズボーカルに必要ないこと
  • どうもこんにちは。 ツイッターでジャズボーカルについて書いたら反響があったのでこっちでも書こうかと思う。 東京に有名なジャズボーカルの先生がおられる。ご自身はもうほとんどライブされていないようだけど生徒さんはたくさんいて中には有名な方もたくさんいらっしゃる。 この大先生の歌が実に問題である。どう聴いても演歌なのである。ジャズボーカルとは言えないと思う。先日セッションに来たその人の生徒さんもやはり同じ [続きを読む]
  • テレビに出ている人だけがプロだ!も一理あり
  • 以下の投稿をFBにした。ぼくとしてはおふざけと皮肉のつもりだったのだが、やはりぼくのまわりにはいい人が多いのだろう。真剣なお返事ばかりが来て恐縮しきりである。根本的にもっとまじめに生きなければならんと思ったり思わなかったり。やっぱり思わない! ===========ごく稀にだがお客さんに「頑張ってください早くプロになれると良いですね」って言われることがある。このお方にぼくがプロだと認められていないと [続きを読む]
  • 一人旅
  • どうも。また間が空いてしまった。 金沢でのディナーショーのお仕事が終わってから帰るついでに群馬県によったのであります。念願の一人旅。いっつも旅してるけど仕事以外で一人旅って初めてで本当にわくわく。 新潟寄りにある湯宿温泉ってとこに行ってきました。 これがもう実に枯れたいいところでして。温泉は枯れてなくて潤沢やねんけど雰囲気がね。お客さんもほとんどおらんし(経営大丈夫なんか)。 建物はぼろぼろやしトイレ [続きを読む]