いかさば さん プロフィール

  •  
いかさばさん: 八戸朝市さ行がねが
ハンドル名いかさば さん
ブログタイトル八戸朝市さ行がねが
ブログURLhttp://hachinoheasaichi.blog.fc2.com/
サイト紹介文八戸朝市 食 文化 地域情報 チラシ ラーメン 味噌  魚介類 八戸の食を紹介
自由文主に青森県、岩手県 旧南部藩の地域情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/01/19 21:06

いかさば さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • いつも楽しい八戸朝市
  • 八戸朝市名物、豪快溢れるばかりの焼きそば超大盛。これで300円間違いなく生麺で1玉以上は入ってると思います。八戸朝市にはさらにご自身で詰める方式の、いわゆる詰め放題の焼きそば屋さんもあります。詰めすぎると大食いの私でも完食に2日掛かります。ナンバンとは八戸を代表する香辛料ではないでしょうか。冷凍保存をすると1年を通してフレッシュな辛味を味わえます。旬のミョウガです。これも薬味として今の時期活躍する野 [続きを読む]
  • 2017年 八戸館鼻岸壁の朝市開幕 幻の貝
  • 今年も、この日がやってきた。待ちに待った日本最大とも云われる八戸館鼻朝市の開幕初日です。鼻息を荒くし跳ね馬の如く館鼻岸壁に向かいました。青森県の3月12日の日の出は5時54分、日の出前に行くと暗くて品定めで苦労するのは分かっていても到着したのは日の出前の5時30分頃、日の出が近いという事もあり、懐中電灯なしでも大丈夫な時間帯な様です。今年は、しばれる日が少なく今日も大したことないと思い薄着で行った [続きを読む]
  • イカの街からイカが消えた2016年最後の日曜日 八戸朝市 
  • 【2016年11月4日・6日付 デーリー東北新聞より】イカ料理といえば私の場合もっぱら生で食べる刺身に塩に漬けて食べる塩辛、汁ものにすれば海鮮の美味さの煮物、焼くと濃厚な腑の美味さがたまらないイガのごろ焼きに干せば旨みが倍増する自家製一夜干し、取り込むのを忘れてそのまま干しっぱなしにしても海鮮珍味スルメとなり食の七色変化を味わえる大好きな食材なのですが今年は安くなるのを待つほど逆に高くなりどうした [続きを読む]
  • 何もない路上に謎の行列それは茸 八戸朝市
  • 先週までキノコ採りしてました。今日も幼児期から続く仲間と行く予定でしたがその仲間から午前5時頃いきなり「寝坊した」のキャンセルメールが、、、。長きに渡って続いた友情そして裏切りという結末に遭い今年のキノコ採りは断念とともに終了したのでした。ううぅ。。。ということで久々に八戸朝市へ。夜明けとともに始まる八戸館鼻朝市、食材豊富な秋はさすがに夜明けとともに混んでいます。館鼻岸壁の八戸市民に愛される漁港ス [続きを読む]
  • 白い茄子と朝市サイダー初めて見る卵茸 八戸朝市
  • ナイアンテックのポケモンGOにハマリ、ブログの更新がおろそかになっています。9月に入りましたが暑い日が続きますね、夜はやっと涼しくななった感がありますが。この気候の影響はキノコ採りにとってどういう影響があるのか心配ということで八戸の旬の食材が集まる八戸館鼻朝市へ。台風10号の影響の方が心配でもありますが暑い季節は鍋の提供店がほぼ無くなりますが朝市なべ屋さんは休止することなく年中熱々の鍋料理が食べら [続きを読む]
  • ゴールデンウィークの八戸朝市で山菜狩り
  • 5月8日(日)は1年に1度の全国八戸うみねこマラソン大会が館鼻漁港をスタート会場として開催される関係で館鼻朝市はお休みのため先週の館鼻朝市の情報になります。山菜のタラの芽、ウド、ウルイにホウレン草、小松菜、春菊、長いも等、旬の野菜が並んでいますね。奥からクレソン、タラの芽、わらび、の次の野菜は何でしょう?ボード張りでよく見られる台座をそのままテーブルに使用している辺りが手作り感があり食材も自分で採 [続きを読む]
  • 八戸朝市 鰈 赤なまこ 幻の下仁田葱
  • いつもワクワクしながら新たなる食材との出会いを求め今日も八戸館鼻岸壁に向かった。椎茸ほだ木、気になります。「日陰に置くだけ」でマイタケが生えてくる!キノコ好きにはたまらない自家製マイタケ菌です。本日の八戸館鼻朝市の天候は曇りでしたが風も無く良い朝市日和。宗八かれいの朝市干し。焼くと身にさした箸に皮ごと綺麗に身が付いて大変食べやすい鰈でもあり皮が特においしいカレイです。おいらんカレイとナメタカレイは [続きを読む]
  • 八戸館鼻岸壁朝市 初日 朝市の魅力
  • 今年も待ちに待ったこの時期がやってきた。朝市の無い1月〜2月の日曜日は昼近くまで布団の中でスマホと共に暮らし腹が減れば飯を食いに起きては又布団の中に入りを繰り返すというダラダラ生活を送っていた。このダラダラ生活が非常に心地よく今年から朝市に行くのやめようと思ったりもしたが高揚からか1時頃に目が覚めライブカメラなんかを確認したりして1時間が過ぎ2時頃にまた寝て次は4時に目が覚めそのまま寝れず、迷った [続きを読む]
  • 八戸館鼻岸壁朝市 なめたかれい高騰中
  • 12月も下旬に差し掛かったが昨年と同じく雪が無い上にシバレル寒さが感じられなくすごしやすい日が続いている八戸市です。年内の八戸館鼻岸壁(湊日曜朝市)は、12月27日(日)が最終日ですが例によって臨時開催の30日(水)で2015年度は終わりの様です。目覚める時間帯が暗くて起きるのが遅くなる程度でシバレもしていないので例の如く朝市会場へ、いつものように向かってしまいました。年末なると異常にに高騰する魚 [続きを読む]
  • 八戸朝市 メス鮭
  • 八戸朝市 工場萌え入り組んだ配線が薔薇の花の様にも見える。2015年12月13日、青森の日の入りは6時52分なので八戸館鼻岸壁朝市が最も込み合う6時台は真っ暗な12月の八戸朝市です。八戸冬の食材、ホッキ貝にヤリイカ。昔は三菱埠頭辺りで砂場を掘ればとれたとかヤリイカも釣れたものですが今はどうなんでしょう。真っ暗なのでライトを持ち歩き品定めする方が前より多くなっています。おかげでフラッシュ無しで撮影で [続きを読む]
  • 八戸館鼻岸壁朝市 干し物の季節
  • 11月も下旬に差し掛かり寒い冬の気温になってきました。寒くなってくると気になるのは凍りついた路面の状態で最近、朝起きると最初に窓を開け、、、は、しないのですが、ガラス越に路面の状態を確認してしまう。海が目の前の館鼻漁港で開催される八戸の朝市も寒くなってきましたが到着すると身心共に燻ぶっていた炎に油を注いだかの如く内に秘めたる思いが燃え盛り寒さなど感じません。とは大げさですけど。11月の目玉は鮭、イ [続きを読む]
  • 海の上ミノ マンボウの腸 八戸朝市
  • 2015年11月8日(日)の八戸市は日付が変わる前日から強い雨が降っていた為、夜明け前から始まる八戸館鼻朝市に一般の方は行くのに迷う程であったと思うが朝市ファンの私としては場合天候が荒れれば荒れるほど燃え滾る炎に火が付き野次馬根性を内に秘めつつ今回も館鼻岸壁へと向かったのでした。朝市会場へ到着した頃は小雨となっていたが、こんな雨でも来場者の多さには驚きました。寒くなってくると暖かい鍋物を身体が求め [続きを読む]
  • 全国朝市サミットin八戸朝市
  • 全国朝市サミットin八戸朝市が2015年10月18日(日)に館鼻岸壁で開催されました。ちょっと混む程度だろうと踏んで向かった館鼻朝市でしたが予想は大幅に崩れ道路は過去に無い混雑、思わず「しまったぁ」と車の中で声を出してしまいました。こんな道路が混雑するのは初めて館鼻岸壁朝市に到着すると至る所に真新しいノボリが潮風になびいています。朝市サミットとは何があるのか分からずの入場でしたがとにかく混んでます。 [続きを読む]
  • 暗闇のマツタケ狩り 名人に方法を学ぶ
  • 今年は9月の5連休シルバーウィークという事だが、私は普段連休があっても八戸朝市に行く程度で連休など家でゴロゴロしている方が多くなってきた。欲しいもの等、ネットで買えるし今後益々そうなっていく事だろう。そんな私でも1年に一度、興奮さめやらない季節が茸狩りのシーズン、秋なのです。秋の味覚といえば茸(山の)、きのこといえばマツタケにシメジ等、考えただけでボルテージは最高潮に達し午前3時に起きて山へ宝探し [続きを読む]
  • 秋の味覚 きのこ採りに行ったら今年は五目狩り 
  • 年のせいかよっぽどの事が無い限り面倒くさくてどこにも出かけなく無くなってきたが八戸朝市と秋の茸採りには血が騒ぎ向かってしまう。どちらにも共通するのは普通一般に入手できない物が手に入るというワクワク感からくるものなのかもしれない。ということで今日は朝市にも行かず茸採りに行った訳ですが雨が続き予想はしていたのですが川が増水してます。いつも行く山にたどり着くにはこの川を渡らなくてはならなく朝市ではないで [続きを読む]
  • 過去の記事 …