燃える親父 さん プロフィール

  •  
燃える親父さん: 燃える親父審判
ハンドル名燃える親父 さん
ブログタイトル燃える親父審判
ブログURLhttp://atsusin.blog.fc2.com/
サイト紹介文今年から所属組織を変わり高校野球公式戦の審判を目指しています。引き続き宜しくお願い致します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2012/01/20 00:50

燃える親父 さんのブログ記事

  • 念願の!!
  •  今日は市内の某私立高校のグラウンドにお邪魔しました。市内の県立高校、こちらの私立高校と近県の県立高校のオープン戦2試合の審判でした。 当初、我々の組織に県立高校から審判依頼が来ていたのですが、急遽試合場が変更となっての変則的な2試合となりました。 県立高校には、旧知の審判もされるご父兄がいらっしゃいますのでもしやお会い出来るかなと思っていたところ、やはりいらっしゃいました。そして・・変更となった [続きを読む]
  • 資質
  • 審判員に向いている、向いていない、つまり、審判の資質とはなんだろう?そんな事を考えています。 まずは、野球が好きな事。これは大前提かなと思います。 ただ、プレーヤーとしての経験の有無は絶対条件ではありませんね。勿論、野球を深く知っていると言ういみでは、プレー経験はあった方が良いと思いますが。 ただ、逆にプレーヤーとして深く野球に取り組んでいた人ならではの障壁もあるような気がします。 つまり、プレーヤー [続きを読む]
  • 多面的に
  • 審判について、良い趣味ですね。と言われると、いえ、趣味ではなくライフワークです。とお答えする私です。 趣味は、自分のペースで楽しむ物ですが、審判の場合は所属組織の要請を受けて派遣されるような事もままありますので、いろいろな用事よりもまずは審判優先の面があります。 そして、様々な試合において、楽しい思いよりも苦しい思いの方が強いと言う意味でも趣味と簡単に片付けられる物ではないと思っています。 そして、 [続きを読む]
  • まだ見ぬ世界
  • 先日の金さんを囲む会では、金さんと魂さんがプロ野球観戦に行った際の話にもなりました。金さんは、某ドーム球場にお気に入りのビール売りガールがいるそうで、必ずその子から買うそう。 正直野球観戦にきたのかどうか怪しいと魂さんは仰ってました。笑い ま、確かに野球を観にいきますと綺麗にお化粧した可愛い子が次から次へとビールを売りに来るのが今の野球場ですね。 私が子供の頃は、売りに来るのは男ばかりでしたので、す [続きを読む]
  • トラブル回避
  • 先日の金さんの決勝審判報告会は、いつもの通りに熱い飲み会となりました。 審判の二文字についてこれ程に熱く語り合っている俺達は変態?そんな事も少し考えながらも、時の経つのも忘れて楽しく飲ませて頂きました。 そんな中でこんな話が。魂さんは打者に向かって来て打者の体に当たったような投球の場合で、スイングかどうか?判断が難しいような場合、捕手からリクエストが無い場合も、塁審にチェックスイングを行うと言いまし [続きを読む]
  • 安きに流れず
  • この土日も野球三昧の日々でした。土曜日は魂さんに誘われての六大学野球観戦。そして、昨日、日曜日は午後から市民野球の審判をさせて頂きました。 六大学野球では、審判の方々のきびきびの中にも重々しい判定ぶりに魅せられました。特に魂さんも仰ってましたが、第二試合、早明戦の一塁審判、国際審判のFさんの動きはオーラがありました。 魂さんは大いに刺激を受けたと仰ってました。 試合後の第二ラウンドでは、またも審判談義 [続きを読む]
  • オフに
  • 土曜日の朝、審判が無いと暇なはずですが、今日はこの時間に電車に乗ってます。 一昨日魂さんに誘われ六大学野球を観戦に神宮まで向かっています。先ほどLINEがありまして、魂さんは私よりも少し早い電車で向かっている由。 六大学野球の審判と言えばアマチュアでも相当のレベルの方々。どんな動きをされるのか?楽しみです。 ただ、ここのところで燃える親父スタイルにある程度の確信を持っている私ですので、拝見しても衝撃を受 [続きを読む]
  • 熱く語らう
  • 昨晩は金さん、魂さん、SAさんと熱く語らう会を北千住でやりました。実は私は北千住で降りるのも飲むのも初めてでしたが、何とも言えないディープな雰囲気の飲み屋街にすっかり魅了させられました。 7時から始まった飲み会は延々11時過ぎまで。熱く熱く語り合いました。そもそもの目的は金さんが某県の高校野球秋季大会決勝の審判をされた事の報告会でしたが、話はどんどんあらぬ方向へ・・ オーソドックスな意見の金さんと魂さん [続きを読む]
  • 攻める判定
  • 週末4試合の審判は、兎に角燃える親父らしく熱く審判する事を一番に頑張りました。 特に球審の際は、先日組織の幹部の方から元気がないと指摘された事を念頭に必死にやりました。 夏が戻ってきたような暑い日でしたのでかなり消耗しましたが、ある意味での充実感もありました。 幹部の方からも、運営面でのアドバイスは頂きましたが、その他の問題点の指摘はありませんでした。 では先日の球審と何が変わったかと言えば、それは簡 [続きを読む]
  • コミュニケーション
  • 近頃二塁審判に入った場合に心がけている事は野手とのコミュニケーションです。 特に内野内に入った場合、ショートやセカンドの選手にこの位置で邪魔になりませんか?と確認を取ります。 それに気がつかせてくれたのは、軟式でも国体クラスのチームのオープン戦をさせて頂く事が増えたためかもしれません。 彼らはすみません!もう少しずれて頂けますか?とハッキリと言ってきます。当初は、え?と思っていましたが、考えてみれば [続きを読む]
  • 渾身のザッツボーク!
  • 昨日の配置は一塁と二塁。第一試合はCクラスでしたが、準決勝ともなりますと相応のレベルです。特に投手のレベルはなかなか。 緊迫した投手戦は終盤まで続きました。そんな中で走者一塁の場面でした。 老練な投手が一塁へ牽制球を投げました。一瞬ですが左肩がピクリと動くのが見えました。そして、一塁走者が戻れず挟まれました。すかさず、ザッツボーク!!とコールしました。 投手は、え?では無く、ああ!と言う顔をしました。 [続きを読む]
  • 初心
  • この三連休、土曜日は高校野球県大会の観戦に行きました。流石準決勝、そして人気高校同士の対戦と言う事もありまして、開始一時間前に到着しましたが、既に超満員。立ち見での観戦でしたが、白熱した試合展開に高校野球の醍醐味を堪能しました。 そして、日、月の二日間は市民野球の審判を二試合ずつ担当させて頂きました。市民野球もいよいよ大詰めで、A.B.C各クラスの準決勝でしたが、レベルの高い試合が続きまして、審判として [続きを読む]
  • 形か中身か
  • 雨降りの朝、通勤電車の窓から見える景色はどんより。果たして週末審判出来るんだろうか?そんな心配をしながらの通勤です。 先日魂さんから言われた事。それは、燃える親父は形に拘り過ぎじゃない?でした。 確かに、グラウンドに立った私は自分が審判としてどう見られているだろう?と思っているところがあります。もしかしたら、私はナルシストかもしれません。笑い 彼曰く、いかに正しく判定するか。いかに他の審判と上手く連 [続きを読む]
  • 銀婚
  • 昨晩は家内と錦糸町駅で待ち合わせて予約していたイタリアンの店に行きました。リーズナブルですが、とても美味しい料理に舌鼓を打ちながら久しぶりにノンビリした時間を過ごしました。 今年で結婚25年と知ったのはつい先日。それも、母親と家族で父の墓参りの後に会食した際に、母からそう言われて、あ!そう言えばとなった訳です。 で、肝心の結婚記念日はいつだっけ?あ、10月3日か。11月だと思っていた。そんな調子でしたが、 [続きを読む]
  • 世代交代の難しさ
  • 安倍政権が継続して組閣された内閣の名称は全員野球内閣。実力不足をチームワークで補うと言うような感じで、野球としては素晴らしいですが、我々の生活を担う政治家の使うフレーズとしてはちょっとなあ、そんな印象です。 さて、知り合いのある方の組織で激動が走ったそうです。昔からの審判部長、副部長が首になり、新たに若い方が審判部長につかれたそうです。 いきさつは部外者としてはノーコメントですが、若い方をいきなりト [続きを読む]
  • 審判とブログ
  • 昨日の台風の影響は交通機関の麻痺と言う形になりまして、私自身もいつもの電車が20分以上遅れる事になりましたが、同じ職場の方の中には電車が全く動かずお昼近くにようやくに出勤して来る方もいました。お読みの皆さんの中にも苦労して出勤された方々が大勢いらっしゃる事と思います。 さて、先日面白いと書かせて頂いた審判珍ドン記にコメントさせて頂いたところ、ご丁寧に返事を頂きまして、こちらの著者、ヘッポコ審判さんも [続きを読む]
  • 集大成
  • 台風一過、見事な青空の朝ですが、夜半には轟音を響かせながら我が家のベランダを通過していきました。 駅までの道も一見何もなかったかのようですが、良く見ると大きな植木が鉢ごとひっくり返っていたりと、いかに凄い風だったかを想わされながらの道のりとなりました。 そして、通勤電車も再開したとは言え、大変な混雑。月の始まりとしてはあまり良い始まり方とは言えないなあと思っております。 10月はそろそろ今年一年を締め [続きを読む]
  • 振り返ると・・
  •  魂さんからとあるブログが面白いよと言う情報を頂きまして、早速拝読しました。「審判珍ドン記」と言うタイトルで、関東の某県で中学硬式の審判をされている方のブログでしたが、確かに面白い。審判活動をされている中で感じた様々を、生き生きとした文章で綴っておられていて、共感を覚えながら読まさせて頂きました。2014年から始められたブログは大体月1度ほどの更新。 だからこそ厳選された中身のあるブログだなあと感じた [続きを読む]
  • 安易に妥協せず
  •  昨晩は会社の期末打ち上げに引き続いて、魂さんからの呼び出しがありましてはしごしての飲み会となりました。お会いした頃には出来上がっていた私ですが、いつものように熱く審判談義をさせて頂きました。 魂さんと飲んでいて感じる事は彼の気質。審判について決して妥協しません。自分がこうと思ったら簡単に揺らぐことのない頑固さはある意味うざったいのですが、それは審判としての彼の指針になっている気がします。例えばあ [続きを読む]
  • ゆとり
  • 今日は久しぶりにスッキリと晴れ渡っていますが、このところ雨続きです。週末も雨の予報・・日曜日に予定されている社会人軟式のオープン戦も果たして実施されるのか?心配してます。 さて、今年塁審をさせて頂く中で持てるようになった感覚があります。他の審判の動きが良く見えるようになりました。 何を今更と言うところですが、それほどに実は独りよがりな審判だった私です。この打球は自分!と決めると他の審判の動きが全く目 [続きを読む]
  • 嬉しい再会
  • 日曜日私が二塁審判を担当させて頂いた試合は、Aクラスの試合でした。 特に片方の企業チームは優勝候補。会社自体が軟式野球部に力を入れているようで、大学や高校で活躍した選手が毎年入部しているようです。 試合前のメンバーチェックで名前を呼び上げている時に、え?と言う事がありました。 控え選手として読まれた選手の名前に聞き覚えがありました。あまり見かけない珍しい名字ですので、余計にえ?と思った訳です。 そして [続きを読む]
  • 引き際
  • プロ野球では、広島の優勝が目前ですが、そんな中で今年限りで引退を表明する選手の報道が毎日のようにされています。 厳しい勝負の世界ですから、ある意味当然の事。ですが、やはり各チームで活躍した名選手がユニフォームを脱ぐとの報道は寂しい限りです。 我々審判もいつか審判が出来なくなる時が来る訳ですが、選手に比べれば比較的長く現役でいられる訳で、それはある意味幸せな事なのかもしれません。 ただ、例えばNPBの審判 [続きを読む]
  • 反省を踏まえて
  • この三連休は日曜日のみの審判でした。このところ少しペースが落ちている訳ですが、ま、その分自宅でさぼっていた通信教育をやるなど出来ましたし、それはそれかなと思っているところです。 合わせて、限られた審判機会を全力で頑張る事にもなりましたので。 日曜日の市民野球は4試合組まれましたが、私の配置は第1試合の二塁審判のみ。第3試合は控え審判でした。 そんな中で、今週唯一の審判でしたから、必然的に燃えざるを得 [続きを読む]
  • 立場
  • 審判が野球に必要な理由は?そう考えた時に、どんな答えをされるでしょうか? 私はその試合が正しいルールに基づいて運営されるためのいわば法の番人的な意味合いもあるとは思いますが、それ以上に試合を活気ある真剣勝負にするための存在と思っています。 審判が野球規則に精通していて、何かトラブルがあった場合に適切に措置出来るのはある意味当然の事。(勿論、そのための研鑽は常に必要ですが。) それを踏まえた上で、やはり [続きを読む]
  • 燃える親父スタイル
  • 先日の球審で組織の幹部の方から元気がないぞ、切れもないし。と言われてしまった事を少し引きずっています。 原因はいろいろ考えられますが、一つはこの夏から始めた新しいスタイルの球審姿なのかもなあと思っています。 必要以上に走らず、バタバタせず。駆け上がりも無理にはしないで、むしろしっかりと見ている事を強調する。 投球判定はスロットではなく、スクエアに立ってハンズオンニーにする。 等々、全て今年の選手権を観 [続きを読む]