jimukata さん プロフィール

  •  
jimukataさん: 事務方徒然日誌 from横手
ハンドル名jimukata さん
ブログタイトル事務方徒然日誌 from横手
ブログURLhttp://miurakenchiku.blog25.fc2.com/
サイト紹介文ほぼ事務員の繰り言です。 食べ物ネタに偏っているのはご愛嬌、営業の足しにはなりません!
自由文工務店の二階の事務所に、週6日殆ど一人で籠もっております。
日々の瑣末な事柄を、自分なりの解釈でつらつらと綴ります。
退屈しのぎにお付き合い下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/01/20 11:32

jimukata さんのブログ記事

  • 初日の乾杯〜お酒は楽しく♪
  • 昨夜帰宅時は路傍の温度計が零度でした。ここ数日は辛うじてプラスの気温を保っている横手市です。少し高度を稼げばもう雪に被われています。諦めるしかありません横綱日馬富士の暴行事件は迷走を始めましたね。誰もが誰かが嘘をついているのでしょう。大きな力(誰のだ?^^;)も働いていることでしょうし、結論誘導ありは当然でしょう。あ〜ぁ、メンドクサ、もうどうでもイイ!!やはり美味しい、薄張ガラスのマグで本物ビール初 [続きを読む]
  • 甘くて辛い 角館のお土産
  • 横綱日馬富士の暴行事件には驚きました。相変わらず外野の盛り上がりと言うか、マスコミの追い込みが凄いです。関わらず貴ノ岩関の怪我の状況が全く伝わってこないのがモヤモヤします。酷くないことを祈るのみです。何かねぇ〜、日馬富士お前もか???に尽きるのが情けないの一言です。横綱とは!!なんて建前論が虚しいことはとっくに身に沁みています。相撲協会の体質云々も改革なんて夢のまた夢、きっと変わりません。相撲は好き [続きを読む]
  • 美味しいお蕎麦発見@角館
  • 今日の横手市は好天に恵まれ雪囲い作業が追い込みです。植栽に添え木をしたり板で囲ったり、窓などの開口部を覆う冬支度ですが、温暖化の筈なのに年々早く済ませるようになってきている気がします。農地の集約と農作業の機械化が進み秋作業が早々に終了するからかもしれません。荒縄の結び目もきっちりとした年配者の手慣れた仕上がりは見事です。経験の無い若い人たちには多分難しいと思います。これからの時代はどんな冬迎えの風 [続きを読む]
  • 旅の宿での飽食レポート
  • 寒冷前線の通過、冬型の気圧配置で大荒れの横手市、雨量こそ多くは無いものの強風で事務所は大揺れ状態です。こうなると後は白いものがチラつく日も直ぐでタイヤ交換のことが頭を離れません。この地に暮らす以上は逃れられないこと故、腹を括らないとねサーモンのマリネ画像は先日の田沢湖湖畔の宿で供された小鉢です。色鮮やかなイクラです。今年は鮭の不漁でイクラが高騰していると聞きます。北海道では腹を裂いてイクラを盗む不 [続きを読む]
  • 田沢湖に行ってきました〜♪
  • 晋三さんの親友のドナルド夫妻が訪日し濃〜い観光と押し売りをしたかと思っていたら、今度は隣国の小心者のTOPがチンケな反日パフォーマンスをしたりと日々賑やかです。外交交渉の成果とかは何年かしてからでないと見えてこないものも多々ですが、余りのアホクサさに今回ばかりはサッサと顛末が知りたくなります。休日は妹夫婦とお姑様(妹の^^;)と一緒に何年かぶりに田沢湖に足を延ばしてきました。紅葉は見頃を過ぎ、お天気 [続きを読む]
  • 想い出も再生 銀杏の帯留
  • きょう午前にお江戸と近畿地方で木枯らし1号が吹いたと発表がありました。東京は昨年より10日早く、近畿地方は昨年より1日遅いとか、台風通過の翌日に木枯らしとは夏と冬が同居状態です。市街の紅葉も進んで落葉の頃となってしまいました。例年になく公孫樹の黄色が鮮やかな気がします。昨日の横手は一日中雨模様でしたが、台風の影響はほぼ無くて済みました。お陰様で(笑)引きこもりの日曜日となり休息だけは充分にできました。 [続きを読む]
  • 選挙結果と台風と藤田嗣治
  • 蓋を開けたら謙虚な与党議員さんが大量発生していました(笑)上からのお達しだからか皆が皆右倣えの会見に吹き出しました。勿論、伝える側の意思が擦りこまれた編集でしょう。そして共産党の惨敗については何処も多くを語らない・・・ですよねそれにしてもあんなスキャンダルが有っても当選しちゃうものなんですね!!驚きました・・・摩訶不思議な世の中です。大コケの小池都知事希望の党代表と前原さんの今後が気になります。大荒 [続きを読む]
  • 休日晩餐の子羊(ラム)チョップ
  • この時期になって大型台風が列島上陸するかもしれない予報です。ここ数日の真冬並みの寒さと言い、繰り返された洪水被害然り、天候の異常ぶりが極まっているようです。加えてキナ臭い隣国関係と3時間半に及ぶ自画自賛スピーチの目指すは毛沢東の某氏、周辺環境が気味の悪い方向にどんどん加速しています。狭い国の中で与党だ野党だとか、保守だリベラルだとか言っている時なのでしょうか?非常事態にキチンと機能する組織で無けれ [続きを読む]
  • 大豊作の茸 君の名は???
  • 先程、横手市内のご近所に安倍晋三さんが来ていたようです!前回の選挙の時も来て街頭演説をしていきました。やはり菅官房長官殿のご威光が物を言っているのでしょうか?秋田県は期日前投票利用者の割合が全国一のようです。何だかんだと言っても真面目な県民資質の現れです。与党の言うところの“愚直”でしょうか?でも何だかスッキリしない言い回しです日曜日は「川連塗りフェア」に行ってきました。とっても素晴らしい工芸品ば [続きを読む]
  • 日本経済とネタの無い私生活
  • あの神戸製鋼が性能データを改竄し品質偽装していたのには驚きました。最早一企業の問題では無くて日本経済の根本が揺らぐことになります。「グループ全体での法令順守(コンプライアンス)意識の欠如が指摘される」などと報道に有りましたがそんな生易しい表現では済まないことです。トップの皆さんは知らなかったで済ませるつもりなのでしょうか?そんな訳あるかい一方、13日午前の日経平均株価が2万1000円を回復したそうです。2 [続きを読む]
  • 『Femme』 女性のすがた展
  • 市長と市議のW選挙が告示され、選挙カーの騒音(笑)賑やかな横手市です。この時ばかりの“地元の〇×△です”に違和感MAXです。超若手新人さんの立候補がどんな波を立てますやら、気になります。カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンが共演した「日の名残り」より知りません。とっても心地よい秀作で大好きな映画です。日本の武士を彷彿とさせる名家の執事の役回りが似 [続きを読む]
  • 隣町伝統漆器フェアのお誘い
  • 昨夜の中秋の名月は生憎のお天気ながら雲間に眺めることが出来ました。11月1日の十三夜も見られることを願います。お月様を眺めてホッコリ幸せになった安上がりな小市民でした。ただねぇ〜寒い・・・とっても北海道では気温が氷点下になり雪も降ったそうですが、横手も昨日今日と朝夕寒いです。ストーブを出すべきか?いや、まだ早い・・・そんな軟弱なことでどうする、根性が足りん!!と二人の自分が脳内で無駄な戦いを繰り広げて [続きを読む]
  • 神無月 現実逃避の秋単衣
  • ラスベガスの乱射事件の悍ましさに息を飲みました。リゾートホテルの高層階からの自動小銃乱射とは全くの想定外です。楽しい筈のコンサート会場が一瞬にして地獄絵、背筋が凍りました。加害者が狂っていたからとはいえ、市民が巻き添えにされては堪りません。それでも共和党は銃の規制を渋っています。狂っているのは犯罪者側とばかりも言えない気がします。寒いの暑いのと口にしつつ暦は既に十月に入って秋本番、栗駒山の山頂は紅 [続きを読む]
  • 愚痴 ドーラになりたい日々
  • 今日も今日とて雷と豪雨の大荒れの横手です。強風が無いのが救いかな?このまま何事も無く治まって欲しいものです。昨夜は久しぶりに「天空の城ラピュタ」を観ました。何度も観て物語も暗記している位なのにそれなりに楽しみました。案外麗しい心根が際立つ為に存在する悪役キャラが好きなのかもしれません。ムスカとかね!!海賊一家の首領ドーラ結局は主人公たちを一番成長させてくれたカリスマ指導者な訳ですが、彼女の名言の一つ [続きを読む]
  • 82円切手 伝統色シリーズ
  • 拡大します綺麗な色使いの切手を見つけて購入しました。ピンク色は萩色、ベージュは枯れ草色、呼び方も風情があります。薄茶の胡桃色なんか好みのど真ん中、鶸(ひわ)色も素敵昔からクリーム色より玉子色とかの少しだけくすんだ色合いが大好きです。性格もくすんでいるから仕方がありません。欧州人は年齢を増すほど明るく綺麗な色を身に付けると言われます。その方が肌色も冴えて若々しく見えるのでしょう。でも自分は慣れない明 [続きを読む]
  • 地元でカラスミ&日本酒な夜
  • 今年は少し遅れ気味とか言われていましたが、稲刈りが始まりました。今日はお天気も良くて墓行くでしょう(笑)この辺りでは物事がスムーズに運ぶことを“墓行く”と言います。本来はお寺の引っ越しの不手際を揶揄した「墓行って寺未だ行かぬ」逆もまた然り「寺行っても墓行かない」からきているらしいのですが、寺云々は省略され“墓行く”の部分だけが使われます。「何とそらえして稲刈りはがえったごど」=(天気が好くて稲刈り [続きを読む]
  • ゲリラ豪雨と歌姫の引退宣言
  • 昨日はゲリラ豪雨と突風に見舞われた横手市、雷が続いて暗くなったと思ったら視界が真っ白になるほどの雨でした。屋根が飛ばされ市内の一部では停電も有ったようです。先日の台風18号では倒伏のなかった田圃も至る所で稲が寝そべっていました。このところ3カ月にわたって何処かしらで水害が発生している県南地方です。ゴルフ宴会で危機管理どころでなかったお殿様知事さんは、給料3ヶ月分と賞与の合計500万円を貰わないと議会に申 [続きを読む]
  • 収穫の秋は増量のシーズン
  • 台風18号は今朝方秋田沖を北上し北海道に再上陸しました。内陸南部は一時強風と強い雨に見舞われましたが、今朝の通勤時は稲の倒伏も見られず大きな被害は無かったようです。それでも西日本では亡くなった方もいて自然の脅威を見せ付けて行きました。人間は非力であると思い知らされることの連続です。この季節の台風襲来は果樹地帯にとっては死活問題です。早めに収穫できるものは兎も角、林檎の主力品種の“ふじ”などはまだまだ [続きを読む]
  • Muse展 女神達との邂逅
  • 秋田県立近代美術館で明後日18日まで開催中です。平成29年度国立美術館巡回展 国立西洋美術館所蔵ミューズ 芸術の女神 まなざしの先の女性たちMuse Women before the Artists'Eyes一月ほど前、ジリジリと容赦ない日差しの午後に観に行ってきました。忘れてしまわないうちに記しておきます。稀な存在だった女性画家の筆による女性像が特に魅力的です。輝くばかりの美貌が誇らしげなポスターはマリー・ガブリエル・カぺの自画像 [続きを読む]
  • さんま苦いか塩つぱいか。
  • 大型台風が収穫期の日本列島を縦断の予報、秋田駒ヶ岳の火山性地震活動が活発化、その上今朝は北のミサイル発射で喧しいJアラート、色々忙しいけれどお一人様生活はいつも通り淡々と流れています。昨夜は地元の月山神社の宵宮で近隣最終の花火大会でした。年々規模は縮小されていますが、花火そのものは年毎に鮮やかになっています。我が家の2階からは家並みの隙間から上部の2/3が綺麗に見えます。一人で眺めるには充分、すっかり [続きを読む]
  • ねんりんピックは無事最終日
  • 曇天続きの所為なのか、夏バテなのかどうにもシャキッとしません。今日まで県内各会場で「ねんりんピック」が開催されています。そこには元気な大先輩たちが集っているというのに若輩が情けない先月の秋田駅構内の様子横手市はオーバーゲージ卓球の競技会場となり、市立体育館で熱戦が繰り広げられたようです。たまたま九州方面の選手団の方々とご一緒する機会がありました。イヤぁ〜お元気でハイテンション、足腰がシャンとしてお [続きを読む]
  • カップ麺東西味比べ結論得ず
  • 大国の思惑が一人歩きして迷走する北朝鮮包囲網は綻びだらけです。一番被害を被るのは我が国と韓国ですが、小物故取り纏める術は無いようです。一体どうなるのかしら???心配したところでどうなるものでなし、悩むだけ無駄に思えてきました。前都知事の桝添さんがほとぼりが冷めた?とばかりに徘徊しだしたようです。何でも収入が少なくてお昼はカップ麺だとか(笑)貧乏=カップ麺の発想が安直で笑えます。しかし、都知事以前の [続きを読む]
  • お馴染の海賊映画 鑑賞覚書
  • 今日から長月、そして防災の日です。安倍首相の見慣れない防災服姿が何とも滑稽に見えてしまいます。でも秋田県のお殿様知事さんがゴルフ宴会明けに袖を通した姿よりはまだマシです。似合わなくて滑稽なくらいが平和の証拠でしょう。天災や、やけに現実じみてきた非常事態で本気モード突入にならないことを願います。民進党の代表選挙が今日のようです。顔ぶれを見ても何が期待できるのか全く見えてきません。ただ前党首の楳図かず [続きを読む]
  • 夏の心残りと厄介なお隣さん
  • 月末ですね〜!今朝はカーディガンを羽織ってきました、今年の夏も本当にお終いです。それなりに楽しい時間を過ごしたはずなのに、何かやり残したことがあるような気分になってしまう、そんな頃です。そう言えばこの夏は冷やし中華を余り食べていない気がします同行者が食べた大曲イオン無尽蔵の冷中私メのセレクトは岩海苔ラーメンこの時も何故か温かい方を選択したのでした。麺がモチモチで美味しかったから不足は無いけれど、メ [続きを読む]
  • 或る夏の夜の不審者画像
  • 初秋刀魚の話題が彼方此方から聞こえてきました。食べたい・・・焼秋刀魚も良いけれど酢で〆て玉葱スライスと一緒もイイな〜!と妄想中、もう少しお値段が落ち着いてからになりますけれどね(^^;地元で昨日開催された「蔵史めぐり」は盛況の様でした。県外ナンバーが町内をウロウロ、結構離れた駐車場も埋まっていました。まぁ、障子紙を買いに出掛けた際に眺めただけで現場は見ていないのですけれどもね、人口減少一途の街に賑 [続きを読む]