paparagi_cafe さん プロフィール

  •  
paparagi_cafeさん: パパラギcafe
ハンドル名paparagi_cafe さん
ブログタイトルパパラギcafe
ブログURLhttp://paparagicafe.tokyo
サイト紹介文アップルパイと酵母パンの美味しい喫茶店『パパラギcafe』を作るブログです。
自由文日本各地の季節の果物をなるべく添加物を使わず身体に優しく。しかも美味しく。手間ひまかけて作ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/01/21 19:05

paparagi_cafe さんのブログ記事

  • 北欧の味!シナモンロール♪
  • 映画『かもめ食堂』で小林聡美さんが作っていたのを見て、おもしろい作り方だなあと思って作り始めた『シナモンロール』です。残念ながら、まだ本場のシナモンロールを食べることは出来ていないのですが、自己流のシナモンロールを作り続けています。中に入れる溶かしバターとグラニュー糖と、シナモンをたっぷり入れるのがポイントです。カロリー高めですが、シナモンロールは甘くなくては美味しくない!中身が溢れるくらいが良 [続きを読む]
  • アップルパイの中身の量とバランス
  • 自分が食いしん坊なので、りんごの甘煮の量が気になります。出来る限りいっぱい入れたい!でも、入れすぎると口が開いてしまう!この葛藤と闘いながら毎回アップルパイを作っています。今回は1個につき40g入れてみました。けっこうたっぷり入りましたが、口はあきませんでした。口が開いてしまうのは、リンゴの量が原因ではないのかもしれません。のばした生地を型で抜いた後、冷蔵庫で休ませ、その生地をミニめん棒で楕円形 [続きを読む]
  • パイの二番生地は、やっぱり、これ!
  • アップルパイを作るとき、菊型で抜いて成形するので、必ず切れ端が出てしまいます。その生地を集めて、四角く3mmくらいにのばして、水バケして、グラニュー糖を一面にたっぷりふって。シナモンをたっぷりかける。 両端から真ん中へ向かってくるくる巻く。(真ん中は3センチくらいあける)水バケして巻いてきた生地を真ん中でくっつける。棒状になったら、全体に水バケをしてグラニュー糖を更にまぶす。ラップで包んで冷蔵庫で [続きを読む]
  • 今年も木の葉のアップルパイ焼き始めました♪
  • 紅玉りんごを見かけると、ついつい買わずにいられない。。りんごを角切りにして、三温糖で煮てシナモン少々。前日からパイ生地のデトランプを仕込みます。パイを作るのには、気温が高くて折りづらいのですが、ササっとスピーディーに仕上げました。 急ぎ過ぎて、卵黄塗って、模様を描いて、ペティーナイフで一箇所穴をあけてオーブンに入れるのですが、穴をあけ忘れてしまいました!でも、焼き上がりがいつもよりきれいな気がしま [続きを読む]
  • 自家製酵母パンを焼く理由
  • レーズン酵母でパンを作り始めて4年経ちました。よく続いているなあと思いますが、毎日食べても飽きずに美味しく食べられるのでついつい面倒くさくても作ってしまいます。。 でも、ちょっと疲れていたので、たまにはドライイーストで作ってみようと思って、シナモンロールと胡桃ベーグルを焼いてみました。 短時間で見た目はとっても美味しそうに出来たのですが、風味がなんだか物足りない気がします。自家製酵母のパンは噛めば噛 [続きを読む]
  • 青りんごと洋ナシのジャム
  • 青りんごと洋ナシ。。。なんだか爽やかなイメージで、爽やかなジャムが出来るような気がして作ってみました。作ってみるとちょっと違って、リンゴの甘煮の洋ナシ風味。う〜ん、爽やかなジャムにするには、砂糖はグラニュー糖レモン汁かリキュールを加えたりした方が良いみたい。コンポート作るみたいな感じで作ると、出来そうな予感。まだまだ修行が足りません!今回は、星野リゾートのお土産で頂いたリンゴジャムに感化されて作り [続きを読む]
  • シナモンロールの効果<栄養成分>
  • 最近、食が細くなった父にシナモンロールをよく出しています。以前から、このパンはお気に入りで良く食べてくれるので安心して出しているのですが。栄養的にはどうなんだろう?と、気になって調べてみました。 短大の時、食物栄養コースだったので、うる覚えの記憶を頼りにやってみました。文部科学省の日本食品標準成分表を使って、自分のレシピを計算してみます。<原材料>国産小麦粉、バター、砂糖(グラニュー糖と本和香糖) [続きを読む]
  • 新レーズン酵母でカンパーニュを作りました
  • 9月になってレーズン酵母をリニューアルしました。すると、作りたくなるのが、酵母たっぷりの『カンパーニュ』です。 いつもの仕上種(前日に仕込む発酵種)は水分量が少ないので、仕上種の水分量を調整して68%にして作りました。 九州産の九麦南香の風味を最大限に活かせるパンです。切った端っこのクラストの多いところが狙い目です。香ばしくて美味しい。バターといちじくジャムでつまみ食いが一番美味しい^^ 丸型成形きれ [続きを読む]
  • 秋の楽しみ♪いちじくジャム
  • やっと、いちじくの美味しい季節になりましたね。てっぺんが割れて、完熟しているのをじっくりと八百屋さんで探してきます。4個入り198円という最安値!ということで、つい5パック購入。我慢できずに1パックは生で食べちゃいました^^ 全部で1.3kg。皮はむかずに半分は裏ごして、半分は角切りにしました。砂糖は三温糖をいちじくの半量(650g)。その半量の水でシロップにしてから、いちじくを加えて強火で煮ていきます。今回 [続きを読む]
  • パン・ド・セーグルに挑戦<9>
  • 自分の好きなパンはもっと美味しくできないかと試行錯誤を繰り返してしまいます。ただの食いしん坊です。このパンは、中に入れるラム酒フルーツとレモンピールと胡桃の割合までは決定♪生地をもう少し改良していきます。ナイフで入れる模様はライ麦っぽいのでこれでいこうと思います。 [続きを読む]
  • 北欧生まれのシナモンロール♪
  • かなり久しぶりにシナモンロールを焼きました。上手く焼けるか心配でしたが、以前と同じように焼けました。このシナモンロールは形が好きで作っています。長方形にのばした生地に、溶かしバター、グラニュー糖、シナモンを大量に振り、巻く。この作業が毎回同じようにできれば、商品になってきたなあと感じます。このシナモンロールは、あとは大きさが決まれば商品になりそうです。 北欧シナモンロールの影の主役はカルダモンです [続きを読む]
  • 杏ジャムと鍋
  • 今年も杏ジャムを作りました。去年は長野県千曲市まで高速バスで杏を買いに行きました。そのときに物産館で送ってくれることがわかったので、今年は電話して着払いで送っていただきました。『昭和』という品種の杏です。本当は『信山丸』希望だったのですが、頼んだ時期が遅過ぎてもうありませんでした。 <材料> 杏 1300g、三温糖 650g、水 325gレモンジャムのときに使ったホウロウ鍋が今回も活躍するはずだったのです [続きを読む]
  • パン・ド・セーグルの形を決める<1>
  • フルーツケーキと同じフルーツのラム酒漬けを使って作る『パン・ド・セーグル』。中に入れるフルーツと胡桃の割合は決まりましたが、形がまだ決まりません。クープの幅などしっくりくるものを探して、いろいろ試しています。ちょっとクープが乱れましたが、ぷっくりした形のが今のところお気に入り。次回、もうちょっときれいに作ってみようと思います。 [続きを読む]
  • パン・ド・セーグルに挑戦<8>
  • 梅雨もあけて、猛暑到来ですね!家でパンを焼くのは、この季節、かなり勇気のいる作業です。私が使っているオーブンは、システムキッチンに付いているガスオーブンで、キッチンには冷房は無いので、オーブンを使うとかなり危険を感じます。パン・ド・セーグルは230度で30分焼くのですが、室温も上昇。水分補給を忘れずに、頑張って作りました。私は、パンの発酵もなるべく自然の気温まかせで、自分の目だけが頼りです。この、 [続きを読む]
  • やさしいベーグル
  • 気温が30度超えると、パンがどんどん発酵してしまいます。ちょっと目を離したら、一次発酵中のベーグルの生地が巨大化していました その後の工程を時間短縮で仕上げたのですが。いつもより大きなベーグルが出来ました。大きいということは、生地がゆるめで柔らかいということで。ベーグルの切り方を変えて、縦に薄く切ってみました。目からウロコの発見です!普通のサンドイッチがワンランクアップするかんじで、美味しい!食べ [続きを読む]
  • パン・ド・ミの角のところ
  • 2か月ぶりの更新です。実は仲良しの母が天国に行ってしまって時が止まっていました。気が付いたら7月でびっくりです!久しぶりに焼いた割には、上出来で良いかんじ。この白い線がちょっと残るくらいの発酵具合が良いですね。また、精進いたしますのでよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 春の定番リンツァートルテ♪2017
  • 春になると作りたくなるお菓子が『リンツァートルテ』です。外観もなんとなく春っぽくて、可愛いので好きです。複雑なスパイスの効いた生地に甘酸っぱいラズベリージャム。好みが分かれそうと思いつつ、知人に試食してもらうと、結構好まれるお菓子です。一度、知人のお店に置いてもらいましたが、認知度が低くて売れなかった〜 もっと世間に知られても良いと思うのですが。。どうでしょうか? [続きを読む]
  • サワー種に挑戦!2日目
  • サワー種2日目です。昨日とほぼ同じようなかんじですが、香はまろやかなライ麦の良い匂いです。 2日目以降は細引きライ麦粉です。 <2日目>前日のライ麦種  25g細引きライ麦粉  200g水        200g混ぜ合わせてビニール袋に入れて、24時間常温で放置します。では、また明日♪ [続きを読む]
  • サワー種に挑戦!2017年春
  • 寒くもなく、さほど暑く、もなく過ごしやすい気温になってきましたね。昨年、失敗に終わった『サワー種』。前回は、細引きのライ麦粉で失敗したので、今回は粗びきのライ麦粉で挑戦です。 器具を熱湯消毒して、いざ、「サワー種」STARTです!<1日目>粗びきライ麦粉 100g水       100g混ぜ合わせて、ビニール袋に入れて常温で24時間置く。秋にかっぱ橋で揃えた器具がやっと役に立ちます。(かっぱ橋で買ったもの [続きを読む]
  • ミニベーグルを作りました♪
  • ベーグルをつくるとき、120gに分割して9個作ります。お昼にチーズを挟んで食べるのがお気に入りで、この大きさが、少なすぎず多すぎずちょうど良いのです。 今回は、久しぶりに『クランベリーチョコチップベーグル』が食べたくなり、生地を半分に分けて、いつもの『胡桃ベーグル』と両方つくることにしました。5個ずつ作ると小さすぎるし、4個だと大きすぎてしまいます。120gで4個ずつ作った余りをミニベーグルにしてみま [続きを読む]
  • こだわりのレモンケーキ♪
  • 毎年、宇和島のレモンを仕入れてこのケーキを作ります。『好きこそものの上手なれ』ということわざどおり、自分が好きなケーキはこだわりぬいて作ってしまいます。見かけは普通のレモンケーキですが、かなりこだわっています!<こだわり其の一>国産小麦粉を使っている。(かめ特上使用)<こだわり其の二>人工的な香料は使わず、国産レモンで風味を出している。<こだわり其の三>レモンピールも宇和島の特別栽培レモンを使っ [続きを読む]
  • ハード系のパンに挑戦!
  • 「ワインに合うパン」とのリクエストで、久しぶりにハード系のパンを作りました。久しぶりに作ってみると、捏ね方、成形、空気の抜き具合いなど、いつも作っている食パンやバターロール、ベーグルとは全く違います。捏ねすぎず、空気を抜き過ぎず、なんとなく優しく作るイメージです。 こちらの素朴なパンは、ちょっと発酵不足で横が激しく割れてしまった〜。最終発酵の見極めをちょっと思い出したので、次回は大丈夫かと^^ [続きを読む]
  • カイザーゼンメルと杏ジャム♪
  • 杏ジャムを作ると、合うパンは何かな?と考えます。 『食パンと杏ジャム』 う〜ん、いまいち。。 『ハード系のパンと杏ジャム』 やっぱりこっちの方が良い。 『ドーナッツに杏ジャム』 これも良いなあ。 (ドイツに『クラップフェン』というジャム入りのドーナツがあります。) 味がはっきりしているので、個性のあるパンの方が合う気がします。 『ドイツのライ麦パンにチーズ、杏ジャム』 とても美味しそう^^ 自分が出来るパン [続きを読む]