パンダ さん プロフィール

  •  
パンダさん: 世界の隅っこで読書するパンダ
ハンドル名パンダ さん
ブログタイトル世界の隅っこで読書するパンダ
ブログURLhttps://ameblo.jp/spz43aq9/
サイト紹介文小説、漫画の読書感想ブログです。ジャンルは一般、BL、他色々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/01/22 22:37

パンダ さんのブログ記事

  • DAYS 27  安田剛士 
  • その辺に転がってたマーベルキャラの上になんとなく乗せて撮影(意味なし) 裏表紙、躍動感あってヨイ猪原や佐藤が見切れてるのは私のせいじゃなくて元々です〜元々! あらすじ: かつてない窮地の梁山。追いつき、勢いに乗る聖蹟。残り時間わずか5分。両校の譲れぬ想いが激しくぶつかる――。おすすめ: ★★★★ 前巻の感想 → 26巻 梁山戦もいよいよ佳境。残すところ5分。まだどちらも攻めの姿勢を崩さないまま・・・ [続きを読む]
  • 失踪  高村薫
  • ◆あらすじ殺人を犯したと警察に電話してきた男が、その足で自殺をした。合田雄一郎が所属する七係は、男が殺したという人物を捜索する。そんな中、七係の色男 有沢三郎が単独行動に出る。そのわけとは・・・?1993年に小説現代に連載され、単行本化されていない『警視庁捜査一課第三強行犯捜査第七係』の第三話。 挿画: 北村公司 おすすめ: ★★★★ 前話の感想: こちら 昔の雑誌を図書館でコピーし、ちびちび読んでる『七 [続きを読む]
  • 坂道のアポロン
  • 佐世保の高校生とジャズを描いた小玉ユキさんの漫画『坂道のアポロン』。アニメ版に今更ですが夢中でした、ここのところ。実写映画公開記念でやってた再放送にはまってしまったのです〜〜★ 2012年の初放送時はなんとなく見なかったんですが・・・こんなにこんなにいい作品だったとは!なんとなく今回見てみてホントよかった(なんとなくばっか・・・) 1966年。横須賀から佐世保の高校に転校してきた真面目な高校生・薫が関わる事 [続きを読む]
  • よつばと! 14  あずまきよひこ
  • よつばととーちゃんのいつもの日常だけでなく、2人が東京を訪れるエピソードあり!満員電車に乗ったり、原宿を歩いたり、豪華なランチを食べたり・・・。ちょっぴり特別な時間を過ごすよつばととーちゃん。更に初登場の人物も! おすすめ: ★★★★ 前巻の感想: こちら  最新刊だあ!!女の子コーデなよつばが可愛い *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* これより先、『よつばと!』の読者で未読の方はお気を付けを。 [続きを読む]
  • 進撃の巨人 25  諫山創
  • 進撃の巨人(25) (週刊少年マガジンコミックス) Amazon これまでの粗筋: エレンらの住むパラディ島を長年に渡り脅かし続けたマーレ。そこには祖国と自分達の人権を守るために、日々奮闘する者達がいた。彼らは自らの存在価値を示すため、パラディ島への「宣戦布告」を準備する。しかしそこに現れたのは・・・・・・。 おすすめ: ★★★★★ 前巻の感想: こちら ネタバレ含みます↓ 「・・・よう 4年振り [続きを読む]
  • ぐるぐる問答  森見登美彦
  • 内容: 森見登美彦 初の対談集。デビュー以降各誌に掲載された対談を一挙収録。対談相手は 本上まなみ、萩尾望都、羽海野チカ、綾辻行人、綿矢りさ、万城目学 他計14人。 発行: 2016年 おすすめ: ★★★ 森見さんの作品でアニメになった物をちょびっと観たので、小説もなんか読んでみようと思ってました。何を読もうか迷ってた矢先、図書館でこれを見つけたのです。 で、こちらを読んで『新釈 走れメロス 他四篇』を読も [続きを読む]
  • ダイヤのA 公式イラストブック
  • 内容: 『ダイヤのA』初の画集。描き下ろしや加筆修正を含む、合計90点を収録。 キャラプロフィール「好きな食べ物」「得意な教科」も掲載。更にイラスト執筆当時の思いや裏話などを語る「寺嶋voice」や、おまけページのミニすごろくアリ! 監修: 寺嶋裕二 / 週刊少年マガジン編集部 発行: 2014年 おすすめ: ★★★★ (完全ファン向け) 昨年単行本を約60冊セット買いした時「ま〜イラストブックまではいらんか」と思 [続きを読む]
  • 伊藤潤二コレクション
  • 2018冬アニメで一番はまった『伊藤潤二コレクション』。ちょっと作画が・・・な回と、原作を端折ってるのか若干理解の及ばない回とがありましたが、それでも全12話を毎週楽しみに見ました。 とことんグロいもの。不気味だけど笑えるもの。怖いけど切ないもの。 色々あったですねー。で、一番好きな話はなんだったろうか?と改めて考えてみましたが・・・。結局の処、私にとってホラーは「矛盾」なのだと気付いた次第。一番嫌いで一 [続きを読む]
  • ポーの一族 千秋楽 ライブ中継
  • ホントに1000円でいいの?ってくらい大満足のパンフレット。 2018年3月25日。TOHOシネマズ新宿へ。「宝塚歌劇 花組東京公演 『ポーの一族』 千秋楽」のライブビューイングを堪能してまいりました。 不朽の名作『ポーの一族』だし、明日海りお様のエドガービジュアルは文句つけようないし。だからどうしてもどうしても観たくて、東京公演チケット入手に奔走しましたが・・・ダメだった・・・。それを宝塚ファンの親友エフ(『ポー』 [続きを読む]
  • 劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢
  • 警察庁内に侵入した女に機密データを盗まれる事件が発生。女を追い、カーチェイスを繰り広げる公安の安室とFBIの赤井。しかし取り逃がしてしまう。翌日水族館でコナンと少年探偵団は、記憶を失い途方にくれる女と遭遇する。この出会いにより、コナンたちは黒の組織対公安・FBIの死闘に巻き込まれてゆく・・・。 パンダ: 『黒バス』借りてくるんなら、ついでにコナンの2個前の映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』借りてきてくん [続きを読む]
  • 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
  • アメリカからストリートバスケチーム「ジャバウォック」がやって来た。親善試合で日本チームを完膚なきまでに叩きのめした彼らは、日本のバスケを全否定。キレたリコの父・景虎は、彼らにリベンジマッチを申し込む。そして召集された黒子・火神・「キセキの世代」。一度限りのチーム「ヴォーパル・ソーズ」結成のために――。 うちのオタ②が「急に見たくなった」つって借りてきたので便乗して見ました。ら!スマホ片手のオタ [続きを読む]
  • DAYS 26  安田剛士 
  • あらすじ: 2対3と梁山との差を1点に詰めた聖蹟。しかし王者の揺るがぬメンタルと試合巧者ぶりに苦しめられてゆく。そんな中、己の弱さを超え、仲間のために走る覚悟を決めたつくしは――!? おすすめ: ★★★★ 前巻の感想 → こちら ネタバレあり!ご注意↓ 梁山戦後半25分、キャプテン水樹がまさかの連続ゴールとうとう2対3と1点差に迫り、喜び迸る聖蹟イレブン。 水樹に飛び乗ってはしゃぐ国母が [続きを読む]
  • ダイヤのA actⅡ 11  寺嶋裕二 
  • あらすじ: 日米親善試合のため御幸が不在となる3日間に備え、青道一軍に奥村と瀬戸が合流し、降谷の復帰も決まる。東京代表に招集された御幸は、稲実グラウンドで成宮、乾、梅宮ら都内強豪校の錚々たるメンバーと顔を合わせる。 おすすめ: ★★★★ 前巻の感想 → こちら ネタバレちょいあり↓ 沢村の身体の柔らかさが顕著な第95話の扉絵。こりゃ確かに倉持のプロレス技に落ちない訳だわー。 で、沢村 [続きを読む]
  • 第三の時効  横山秀夫
  • 第三の時効 (集英社文庫)680円Amazon あらすじ: 殺人事件の時効成立目前、現場の刑事にも知らされずに仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か・・・?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる六編の連作短編。F県警強行犯シリーズ第一弾。 おすすめ: ★★★★★ うお〜〜〜(><;)ナニコレ めちゃめちゃ好み!読んでよかった 『64』を読んでから、横山作品は追いかけて行かねばと思ってました。次は何 [続きを読む]
  • カウボーイビバップ
  • 『カウボーイビバップ』は ちょい古いアニメです。1998年〜1999年に放送された、サンライズ製作のSF物です。 OP映像がクッソかっこいいことで結構知られてます。でも私ったら本編はほとんど見たことなかったんで、今回思い切って全26話を観たのです。いやあ・・・・マジはまりました 「生活圏が太陽系全域に広がった未来」のお話です。宇宙を飛び回って指名手配犯を捕まえる“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎたちが主人公 [続きを読む]
  • 雪と松 2  高橋秀武
  • あらすじ: お人好しの医者・松庵先生と、彼が拾った青年・雪さん。二人暮らしも慣れたもの。やがて自分達の孤独な過去を打ち明け合い・・・。異才が描く、純和風愛と絆の物語。 おすすめ: ★★★★(+☆) 前巻の感想 → こちら おおーーー。二巻、さらにいいですね。 こんな、シブエロで懐かしい味わいの漫画ってあんましない。高橋秀武さんを知れてよかったわ。 ━━━━━━━━━━━━━ ネタバレちょいあり↓ [続きを読む]
  • 宇宙船艦ティラミス 1〜4  伊藤亰
  • あらすじ: 宇宙暦0156年。地球連邦政府と宇宙移民との抗争は激化していた。地球連邦の新鋭宇宙軍用艦「ティラミス」の若きエース、スバル・イチノセは眉目秀麗、成績優秀なパイロット。だが彼は、艦内の集団生活に馴染めず、自身の専用機であるデュランダルのコックピットに引きこもってばかりの残念な男だった・・・。 原作:宮川サトシ おすすめ: ★★★★ あーツボ!!しっかりした作画で馬鹿馬鹿しいギャグかます作 [続きを読む]
  • あちらこちらぼくら 1・2  たなと
  • あらすじ: 地味めボウズ・園木と、派手めヤンキー・真嶋。同じクラスでもタイプの違う二人だが、ひょんなことからメールをし合うようになる。不思議となんだかんだで交流は続き、いつの間にやら結構仲いい友達・・・じゃん!? おすすめ: ★★★★ ブロ友さまが先日紹介してらしたこの作品。おお そうだ、私も読みたかったの!と、遅ればせながら入手。んで思った。 私っ BAKA〜(`Δ´) やっぱめちゃめちゃツボだったわ [続きを読む]
  • おやすみなさい、また明日  凪良ゆう
  • あらすじ: 小説家のつぐみは、同棲していた十年来の恋人に振られ、部屋を探していた。保証人のあてがなく困っていたつぐみを、朔太郎という青年が助けてくれる。祖父から管理を任されているアパートに置いてくれた彼だが、実は朔太郎には深刻な秘密があった・・・・。 おすすめ: ★★ イラスト: 小山田あみ 2014年作品。ずーっと読みたいと思ってたのです。なのにどこかで自然に出会うの待ってたら・・・うお!4年も経って [続きを読む]
  • ぐらんぶる 1〜3  吉岡公威
  • ぐらんぶる(1) (アフタヌーンコミックス) Amazon ぐらんぶる(2) (アフタヌーンコミックス) Amazon ぐらんぶる(3) (アフタヌーンKC) Amazon あらすじ: 大学生になった北原伊織は、海沿いのおじの家で世話になることに。そこで出会ったのは美女とダイビング、そして愛すべき野郎ども! バカで裸族な若者たちが贈る、酒とノリ溢れる最高のキャンパスライフ!! 原作: 井上堅二 おすすめ: ★★★★ ずいぶん前になぜか [続きを読む]
  • 屋根の上のヴァイオリン弾き
  • 2018年2月11日。埼玉県川越市にて ミュージカル鑑賞。 この舞台、親友エフのお目当ては元宝塚宙組の実咲凛音さんでした。私は・・・入野自由さんが見たかったのーーっ 入野さん、『千と千尋の神隠し』のハク役が有名な俳優&声優さん。2009年の(若干マイナーな)アニメ『Phantom 〜Requiem for the Phantom〜』で、主役のツヴァイを演られた時からファンです。最近だと『ハイキュー!!』の菅さん役と、『終わりのセラフ』の優ち [続きを読む]
  • 翼あるもの 下 殺意  栗本薫
  • あらすじ: カリスマシンガー今西良と、かつて同じバンドで人気を分かつ存在だった森田透。透は脱退後、身を売りながら酒浸りの日々を送っていた。しかしある時俳優の巽竜二に拾われる。良への愛憎ゆえの執着に囚われていた透は、巽にある願いをぶつける・・・。 おすすめ: ★★★★(好きな私でもウガーッてなる時ありますので・・・お薦めし難いっ!) 表紙: 竹宮恵子 『ムーン・リヴァー』感想 → こちら 栗本薫さんの「東 [続きを読む]