kumiko さん プロフィール

  •  
kumikoさん: つくること、暮らすこと。
ハンドル名kumiko さん
ブログタイトルつくること、暮らすこと。
ブログURLhttp://atelier-k2.jugem.jp/
サイト紹介文意外なモノが使える材料になる! ワイヤーやカルトナージュをリメイクに取り入れ、楽しい手づくりを紹介
自由文空き箱利用のカルトナージュ、ワイヤーとステンシルのコラボ、マステの活用法、時には手の込んだ大作も… 
意表を突く材料を使い、いろんな技法を織り交ぜたワクワクする楽しい雑貨づくりを紹介しています。
簡単レシピも載せていますので どうぞ遊びに来て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/01/23 22:04

kumiko さんのブログ記事

  • 写真撮りに使いたいカッコイイ背景ボードをミッケ♪
  • ほら これ なんかイイでしょ  娘の描きかけの絵なんだけどね  写真を撮る時に使えそうだなぁって  この辺りのタッチとか好きなの  例えばこんなふうに  モノを置いて撮るだけでも 雰囲気出るでしょ〜 (^^♪  作品や商品撮影のとき  ちょっと雰囲気を変えたいな とか  アートなエッセンスを加えたい時などに使いたい!  と思っているんだけど  「これは下地段階で これからもっと描き足すからあげられ [続きを読む]
  • まるで謎解き?! 間違って覚えたお店の名前を予測変換してみよう
  • 初めて聞いた言葉がすぐに覚えられない時  何となくこんな感じかな〜と 音の響きとかイントネーションの感覚を頼りに 知ってる言葉を組み合わせて  そのままインプットしてしまうことがあります 特に横文字のお店の名前とか 覚えにくいものねぇ  わたしの場合 一度まちがってインプットすると  もう正しい名前は思い出せなくなるという弊害はあるものの  正しい名前を他人に予測変換してもらうという  謎解きゲーム [続きを読む]
  • 布と金属をくっつける接着剤を試してみた
  • 糊よりも よくくっつく接着剤のことを  一般的に「ボンド」というのだと思ってたけど  これ 登録商標だったのね  冊子掲載のためのレシピを書く時に  「ボンドで貼る」と うっかり書いて提出すると  必ず「接着剤で貼る」に訂正されます  なるほどそういう訳かと 今さら納得(^^;  そういえば「ホッチキス」もそうだったわ  日本人にはホッチキスの方が馴染み深いと思うけど  メディアの表記ルールでは「ステープラ [続きを読む]
  • 今度は物販用、小さながまぐち製作中
  • この前 試作していた手のひらサイズの小さながまぐちを  ただ今 物販用として製作中  ハロウィーンのイベントに出すつもりです  だからモチーフは黒猫に限定  ベースの生地やブレードの色 猫のポーズや  内布の柄を替えてバリエーションを出しましょ(^^♪  表生地はしなやかな風合いのヨーロッパリネンに  ソフトな芯地を貼って・・・  ステンシルには セタシルクという染色用の絵の具を使用 (漂白剤に付けても [続きを読む]
  • リアルで確かめたい上質なニットの心地よさ
  • 友人のらくあさんに ニットの帽子を編んでもらいました  やさしい風合いでとても暖かいの (今の季節には暑すぎだけどさ) 全然チクチクしないし ほどよいフィット感  ホントは かぶったところをお披露目したいのだけど  自撮りは なかなか難しいのです  撮るのも公開するのも・・・(;´▽`A``  なので こんなイメージでかぶろうかな〜と  物撮り写真を載せますね  優しい雰囲気なので  「ハチクロ」の [続きを読む]
  • 小さな動物ステンシルの小さながまぐち
  • 昨日の小さながまぐちは こんなふうに仕上げましたよ ちっこいので  3個まとめて片手にのっかります( ^ω^ ) これにお札は入れづらいと思うけど 500円玉とか入れるのには ちょうどいいでしょ 常備薬を持ち歩くのにピルケースという用途もあり (^^♪  動物のステンシル型は まだ他にもあるから ベースの色を替えて ミニがまぐちシリーズをつくろっ (^-^) ヤモリとかカエルのステンシルもあるん [続きを読む]
  • ステンシルをいかした小さながまぐちをつくってます
  • 以前つくったステンシルの型の中から  小さな動物の型をいくつか選んで  生地にステンシルしました  動物のシルエットがワンポイントになるように  かわいいブレードやちょこっと刺しゅうを  効果的に入れて  小さな小さな「がまぐち」に仕立てようと思います  表地が無地でシンプルだから  内布はリバティの花柄生地で華やかに・・・  リバティの生地は 小さなハギレでも捨てられなくてね  取っておくとちゃ [続きを読む]
  • 小さな動物たちのステンシル型
  • ステンシルとか消しゴムはんことか  つくるのは好きなんだけど  一度 型をつくって それに色をのせて  作品を仕上げてしまうと  その時使った型は それっきりになることが多いのね  その先の展開に広がっていかないのは  ちょっともったいないんじゃないかしら?と  ふと 思ったのです  こちらトラッシュボックス  カルトナージュの技法でつくった布箱です  無地の部分には 動物のシルエットなどを  ステンシ [続きを読む]
  • ワイヤーでキャンドルをつくってみた
  • ワイヤーを伸ばして曲げて  一筆書きの要領で こんなの つくってみたよ   小さな灯り ともしてみる?  小さな炎は しょっちゅう揺らぐけど  広範囲に明るいときより 見えてくるものも違ってさ  なんか味わい深くて好き  さてこれを どう展開させようか・・・  ポチっと していただけると 励みになりますにほんブログ村  【SNSはこちらから】 フォローはお気軽に・・・Facebook   Instagra [続きを読む]
  • シマシマ探シマす?
  • だいぶ前のことだけど  待ち合わせ場所に30分も前に着いたことがあってね  まだお目当てのお店も開いてないし  約束の時間になるまで  テーマを決めて 写真をいろいろ撮ってみたという話  そのときのテーマは「シマシマ」に設定  30分でいくつ見つけられる? さぁ挑戦!  さて これは何のシマシマかな?  まぁ 想像通りだね 工事現場のバーです  次はこれ  おぉ 歩道もよく見るとシマシマになってる [続きを読む]
  • 昔観た キュートなガーデンパーティーシーンがある映画
  • 娘に借りてきてもらったDVDを大急ぎで観ました  返却は明日なのに忘れていたので!  「ぼくのバラ色の人生」という映画で  もう20年くらい前のものです  むか〜し1度観たんだけどね〜  当時は 色の華やかさとか 洗練されたインテリア  空想シーンのかわいさ  キュートなガーデンパーティーのシーン  そんなんばかりに目が行って  ストーリーをあんまり覚えてなかったのね  今回もう一度観てみて けっこう重いテー [続きを読む]
  • 猫ちゃんのマスキングテープに萌える
  • 先日の展示会「ケモノと夏の夜」ではグッズも購入  月くんとタラちゃんのポストカードと  マスキングテープ  これ 月くん印かな?  でも中身は猫ちゃんなのよ  ねぇ 見て見て〜 こんなにいっぱいの子に見つめられて  もう ノックアウトです (//´Д`/)   はしもとみおさんの作品は  すご〜く存在感のある彫刻で  描く絵も力強くて・・・  だけどナチュラキュアにあるようなかわいい水彩画も描けて  [続きを読む]
  • 愛おしい彫刻たちに会いに行く
  • 昨日は 3人の彫刻家さんのグループ展  「ケモノと夏の夜」に行ってきました  大好きな はしもとみおさんの作品に会ってきたんですよ  会場内は撮影OKだったので撮らせていただきました  作品にはそっと手を触れることもできます  この子はね  タラちゃんという名前だそうです  ここのギャラリーのオーナーさんちの猫ちゃんがモデル  この写真集の表紙を飾ってるのはこの子  すごくいい表情でキュンとくる!  だ [続きを読む]
  • エキナカにいる癒しの動物たち
  • 最近 気づいたんだけど  わたしがよく利用する駅の構内にも  この自販機がありました  もうだいぶ前からあったみたい (^_^;)  今まで 知らずに通り過ぎていたけど  この自販機に描かれている動物たちはね  彫刻家の はしもとみおさんの絵なんですよ〜  飲み物の取り出し口には ウサギとモグラ  カメもいる! この子はコマちゃんかな?  こっちにもいっぱい(*^^*)  側面にもいた!  だけど ここには月くん [続きを読む]
  • 2017「贈る」展のレポ
  • ブログ だいぶサボっちゃったなぁ  10日ぶり?の更新です  行ってきましたよ 「贈る」展  初日に行ったのにね レポ遅すぎかな?  「贈る」展は マガジンランド社主催の手芸&クラフトコンテストで  1次審査を通過した作品が銀座のギャラリーに展示されています  はい わたしもこんな作品で参加しています  本選での受賞には至らなかったのですがね〜 (´・ω・`)  残念だなぁ 悔しいなぁという気 [続きを読む]
  • 活躍しているアーチストさんが習慣にしていること
  • 彫刻家の はしもとみおさんの作品が大好きです  動物愛にあふれた作品たち  実物を見たら震えるくらい感動します    ただ今 浅草橋のギャラリーでグループ展開催中だそうで  娘がDMをもらってきてくれました  なんと ご本人から!  なのに見て このヨレヨレ感・・・   長女はね 小学生のころから持ち帰って来るお便りが  常にシワシワ・ヨレヨレだったよね (*´Д`)  先日 みおさんにデッサンを指導しても [続きを読む]
  • 2017 手芸&クラフト 贈る展  わたしの作品も展示してもらえます
  • 何年ぶりかでコンテストに応募しました  マガジンランドさん主催の『贈る』展  手芸&クラフトコンテストです  一次審査を通過すると銀座の画廊で作品展示していただけるようで  わたしもその中の一人に残っております  銀座のギャラリーで展示なんて個人では なかなか叶いませんもの  こういうチャンスは大変うれしいです!  当日は 各部門合わせて200点もの力作が並ぶそうですよ  わたしはクラフト部門で参加し [続きを読む]
  • ラップの芯をインテリア雑貨に変身させてみた(掲載作品)
  • フェリシモ「クチュリエの種」で  わたしが担当させてもらっている   「リメイクレシピ集」という連載ページ  不要品を使ったクラフトを紹介しているのですが   8月号(182号)に掲載の作品は 自分でも とても気に入っています  ハイ こんなのですよ↓  メインとなる材料は ラップの芯  完成後は こんなふうに花器として利用できます  丈の短い草花も飾れます  今回も作り方手順を説明したハウツーカット [続きを読む]
  • 生地の柄をいかしたシンプル刺しゅう(掲載作品)
  • 「刺しゅうで1ポイント」  フェリシモ「クチュリエの種」182号の特集テーマです  布に図案を写さなくても  生地の柄をいかして糸を刺していく方法があります  ギンガムチェックや水玉柄の生地をベースに糸を刺していく 今回はそんな刺しゅうの提案です    こちらの作り方も  「クチュリエの種」182号に掲載されています  「クチュリエの種」は  フェリシモクチュリエクラブに登録すると送られてくる会員誌で [続きを読む]
  • すっごく簡単! 紙刺しゅうの紙モノ雑貨(掲載作品)
  • わたしはね  刺しゅうと編み物が苦手なんです  だからね その道の専門家ほどの腕前を求められての制作依頼は  「無理です!」ってお断りしますが (そもそも来ないけど) 「刺しゅうの要素が入っているハンドメイド」  という作品制作だったら  わたしの技量でできる おもしろいものを提案できます(*^^*)  はい そうなんです  8月号のフェリシモ「クチュリエの種」(182号)は  「刺しゅうで1ポイント」というテ [続きを読む]