Rei さん プロフィール

  •  
Reiさん: 川は流れる
ハンドル名Rei さん
ブログタイトル川は流れる
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tooiyume60
サイト紹介文長年 沢田研二さんのファンやってます。映画大好き!
自由文50代 独身だけど、好きなことだけやって暮らせたらどんなにいいだろうと、能天気な生活を続けてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/01/24 16:40

Rei さんのブログ記事

  • 沢田研二ショー
  • ジュリーライブラリを整理してたら「沢田研二ショー」の録画DVDに何も書いてなかったので見て中身を確認。ざーっと見るつもりがいつの間にか見入っていてん・・・えっと何してたんだっけ。と。あのTV番組の中で特に強く思うのはジュリーの自由な企画のもとに作られているのでジュリーのその当時の気になることが垣間見えるということ。プロレスであったり、お笑いであったり、毎回コントへの欲望は捨てきれないらしくかっこいいま [続きを読む]
  • 次はいつ
  • 次はいつ、次は鳥栖。九州以外の人は「鳥栖」っていってもピンとこないかもしれないけど九州では鳥栖って有名です。県は佐賀県鳥栖市なんですけど。九州自動車道の鳥栖ジャンクションはとっても通り抜けるのにむつかしいところで、鳥栖が近づいてくると本当にドキドキします。鳥栖ジャンクションはむつかしいこんな感じです。だからここをクリアできるとほっとするんですよね〜。と、そんなジャンクションで有名な鳥栖ですが、熊本 [続きを読む]
  • 福岡行ってきました!
  • もう、素晴らしかったです!なんて伸びのある美しい歌声!ノンストップで走る体力!一曲一曲が短く感じない。終わったかと思うと次の前奏が始まり、終わってないよーと思える。あまりの走りっぷりにジュリー超人?還暦ドームのデジャブ?と思えるところがたくさんありました。「愛まで待てない」のジュリーを見てるとまるで東京ドームにいる気分になりました。このジュリーシングル曲のアレンジはジュリーの曲を知り尽くしたメンバ [続きを読む]
  • 台風18号
  • 台風18号が接近するさなか、ジュリーは九州にいらっしゃる。待ってたかのように台風。どうなの?これ。でも心配しなくても大丈夫、ファンの熱気で海上に飛ばしてあげるから。せめても南九州でなくて良かった。コンサート会場が。大型で強い台風はゆっくりとした速度で北北東に進んでます。自転車かよーおまえは〜。っていう速度です。明日明後日九州にいらっしゃる方は飛行機が飛ばない事態、など充分な予想で準備をお願いします [続きを読む]
  • 福岡チケット
  • 来ましたよ〜。ちょうど郵便屋さんが来たとき家にいたのでラッキーでした。もうね、待ちに待ってたからね。久々のシングル席〜。熊本と福岡は近いですが、ドキドキの為に一日使います。朝早く出て新幹線に乗り、向こうに着いてからどこかでお昼を食べ、まったりしてからサンパレスへ。今回、福岡市民会館ではなく福岡サンパレスというところでなんですが、私はもう随分前に行ったことがあります。海に近いところにあります。で、周 [続きを読む]
  • CD!
  • 「大悪名」のCDが出るとか!音源は貴重ですよ。二度と聞けないその日限りのジュリーの唄声、朝やんの声。でもでも映像もあるよね。だからもう少し待つのでお願いします。来年になってもいいです。70歳のご祝儀ってことで。でも、70歳の武道館ライブの映像も欲しいし・・。多分、還暦の時と同じでCDもDVDも出るんちゃうん?どないだ?!なんか言葉遣いが変になってきた。CD注文します。だから早く送ってきてください。あ、それ [続きを読む]
  • 22世紀
  • 私たちのほとんどは20世紀から21世紀をまたいで生きています。でも、22世紀のことなんて考えてみたこともなかった。先日来ていた姪っ子の子供たちとしゃべってるとき「僕が94歳のとき、22世紀になるんだ」と言ったのを聞いてひゃー、22世紀。2100年が来るんだ・・、と。そりゃー是非長生きして、22世紀までがんばるのよ、と言ったけれどどんな未来になってるのか正直、屋外で生活できてるのか、火山の活動で地形 [続きを読む]
  • 夏休み
  • 夏休みも終わってしまいました〜。ジュリーはどんな夏休みを過ごしているのでしょうか。お墓参りにも行ったかな。私はあまりそういうことが得意ではないので(お参りとか)お盆にやっと墓参りをするくらいですが、亡くなった人のことは、いつも心に思っていればいいのでは、と勝手に思ってます。ふとした時に思い出す、それはその人とのいろんな思い出があるからこそ。41歳で逝った元恋人、61歳でなくなった先輩、24歳ではか [続きを読む]
  • ジュリー振り切ったね
  • 素晴らしい。潔い。そして似合うじゃないの、衣装。いいねえ〜、髪の伸びも早いし、(本人は遅いと言ってるけど早いと思う)あと3ヵ月もすればええころかげんになってるはず。前髪は消えてるかもしれないけど(笑)もうお髭も見慣れて、ないと反対に寂しいと思う。仙人のようなジュリーが大好き。私の初日はまだまだ先だけどアンコールが「いくつかの場面」だと聞いてもう今から楽しみです。 [続きを読む]
  • 日曜日と重なった
  • ジュリーのお誕生日。久々に乾杯して祝わせてもらいました〜。ファンの皆さんはそれぞれにこっそりおおっぴらに乾杯されたことでしょう。話は必然的に、ツアーに入ったときの髪形に。どうやってあの頭に洋服を合わせるのか。ほんの少し伸びた髪を染めるのか?そのままか?タケジさんはどういう衣装を作ってくるのか。帽子はたやすく予想がつきますが、脱いだらどうなる。また、あれよ、インディアンのかぶりもの使うかな。半分くら [続きを読む]
  • 「大悪名」
  • 16日、17日と続けて見てきました。終わるの?本当に?観れなかった人のために映像は残さないの?と本当に残念。漠然さんは最高でした。ジュリーの演技は、これまでで最高。緩急見事で、感情が伝わる声の七変化。野田さんの清次と松永さんの奥様もほんとに素晴らしい演技。達者な演劇人に囲まれてジュリーシアワセだったろうなあ。共演者たちはこの座組にいれて幸せだと言ってくれていたけどジュリーこそ、至福の幸せを味わった [続きを読む]
  • 音楽劇「大悪名」
  • これが最後の観劇なのか?そんなに寂しいことがあっていいのか?などと感傷に浸りながらもすごく楽しめた「大悪名」みんな心から演じることを楽しんでいるのが伝わってきます。一回一回が愛おしいんだろうなぁ。ジュリーは別れ上手、でも義理堅いのでこの座組のメンバーのお芝居には必ず行くんだろうなぁ。お芝居には未練がない、なんてことはないと思う。多分、すごーく気に入る脚本を持ってきたらもしかしたら、という望みは持っ [続きを読む]
  • 有田・筑後
  • さて、最後の生月観光は「山田教会」「魚鑑観音」を見てきました。生月大魚鑑観音大きかった〜。そして岐路へ、最初に寄ったのが「有田陶器市」そうですね、かの有名な、ですね。最終日の午後だったので割とスムーズに駐車場に入れ、散策してきました。小鉢が欲しかったので上品なものをいろいろと物色したのですがなかなか見つけられず、もう帰るよーっていう最後の店にありましたー。欲しかったものが。割ったら大変だから2枚買 [続きを読む]
  • 生月の民宿
  • 泊まったところは生月の民宿「しゅん」元気なあまのおばちゃんがやっている民宿です。普通の家の一部屋を貸してるって感じ。だから、ひとんちにお泊り的な感覚でした。別に温泉があるわけでなく、普通の家のユニットバスで普通の家のごはん。でも、普通でないのは獲れたてのお魚をたべさせてくれるところ。あまさんなので、そしてご主人が漁師さんなので。他のおかずも家庭的な味でとっても美味しかったです。人の背中をバンバンた [続きを読む]
  • 生月
  • さて、お昼を食べて安心して生月の観光へ。まあ、天気が最高、海も最高。生月島 サンセットウエイを通って民宿へ。その道の素晴らしいこと。すーっと運転していたいくらい素敵な景観。いったん荷物を置き、それから塩俵の断崖へ。「塩俵の断崖」いいですね〜。唐津 七ツ釜の断崖もいいですが、ここの柱状節理も見事です。そしてここ「大バエ灯台」眼前に広がる水平線。まあまあ、地球は丸いのよ。その水平線に沈む夕陽を見ようと [続きを読む]
  • 平戸〜生月
  • 次の日は有田、佐世保を通って田平へ。ここには田平天主堂がありますね。カトリック教徒ではないけれど、教会のたたずまいは好きですね〜、敬虔な気持ちになれます。ここは中も見学できたので見てきました。すごく素敵なステンドグラスがあります。次に訪れたのが「紐差教会」教会群次は平戸城!松浦家のお城。平戸城天主閣から望む海と国の天然記念物 黒子島原始林の景色が素晴らしいです。あちこちと寄り道しながら平戸大橋まで [続きを読む]
  • 武雄〜平戸
  • この日泊まったところはここ。武雄温泉楼門亭すごくない?だって温泉3つ、入り放題の素泊まり6000円でした。ゴールデンウイークのお値段で。泉質も抜群。夜と朝でゆったりつかりました。でも、食べるところが・・。飲食店が無いに等しくない。ここは観光地じゃないの?みんなお泊りするところでご飯を食べるのね。仕方ないからてくてく歩いて、お宿のおすすめの食事処へ。美味しかったけどー。たくさん食べて満足だったけどー [続きを読む]
  • 佐賀、長崎の旅
  • GW お天気に恵まれていい旅ができました。フェリーで島原に渡り、それから嬉野へ上ろうと思って熊本西港に行きました。GWで予約ができなかったので一時間くらい前に行ったら大丈夫だろうと思い7時半に着いたら、8時半のフェリーはもう満杯、次が9時55分です、と言われました。はあああ?なんですってー。ここで寝ろと?(誰もいっとらん)後ろにどんどん車が連なる。ここで決断せねばっ!ということで、下道を走ることにしま [続きを読む]
  • 昨年行けなかった
  • ゴールデンウイークに昨年計画して地震のためにおじゃんになった「平戸」に行ってこようと思う。初夏の海はきれいだろうなあ。佐賀の温泉によって、武雄に一泊して平戸に一泊の予定。天気はどうかな。そして次の週は「大悪名」どんなお芝居になってるか超楽しみ。名残惜しい、ジュリーの音楽劇がもう見れなくなるかと思うと始まる前から寂しいけど、ワクワクと寂しさと同時に感じながら観るんだろうなあ・・。 [続きを読む]
  • いい天気になりました。
  • 雨ばかりの桜でしたが、やっと散り際に晴れてくれました。あー青空に満開の桜が見れなかった!ブログ放置・・けっこう初めてかもしれない。あれあれあれ、という間に時間が経ってしまってもう一か月以上ですか。私は3月18日が誕生日なのですが、めでたく定年になりました。^^;それで10何年ぶりにインフルエンザにかかったりしてなんだか思ったよりごちゃごちゃの日々が訪れています。新しい生活時間を定着させるのに時間が [続きを読む]
  • 「夢二」
  • 鈴木清順監督の追悼で久々に見直した「夢二」数年ぶりに見るとまた違った味わいがありますね。余貴美子がこんな役どころで出てたんだな。宮崎真澄は今元気かな。ほんとに夢二の絵になるような美しい女性達ばかりで良かったなー。夢二がこんな人?なんて野暮な感想はないけれど夢二が沢田研二というこのキャスティングばかりは、唸ってしまった当たり役でした。清順監督はセリフが独特。古い日本映画のように早口でしゃべる。セリフ [続きを読む]
  • 今日は猫の日なんだって
  • 2月22日でにゃんにゃん、だそうで・・。まあ、なんの日でもよろしい。こちら南九州は今日は晴れ、昨日は雨もよう、三寒四温の時期になりました。櫻歩道ですねー、梅や河津桜は満開です。花見の季節ですよー。これからソメイヨシノが終わり、遅咲きの八重桜が終わるまでずっと花の季節です。あちこちにでかけましょうよ。そろそろ冬眠から覚めねば。 [続きを読む]
  • チョコの日
  • 今年こそは何事もなかったかのようにチョコから離れてすごそう、と思ってたのに朝から社長の奥様に、女性にも、と言ってイチジク入りのチョコを渡される。つい、食べる。そして、用事で会った人に、はい、と言ってチョコとお菓子を渡される。はっきり言いましょう。嬉しくないです。「ありがとう〜♪」とハイテンションでお礼は言うけれどあんまり嬉しくないなー。甘いものはこれでも控えている。特にチョコは・・。そうだ、つい数 [続きを読む]
  • 洗脳ね
  • 洗脳ね、洗脳が一番こわいね、と清水ふみかさんのニュースで思ったこと。幸福の何チャラ、さんも他の新興宗教さんも布教ではなく、洗脳をしようとしているところが気に入らない。若い時にかじった新興宗教、若い時はまだ、大人の汚い部分が本当に汚く見え、自分は純粋のまま生きていきたいと願うもの。清水さんははやまったわね、としか言いようがないなー。出家は、取りやめることが可能ですよ。だいたい、取りやめちゃだめ、って [続きを読む]
  • セクハラなどのことばがないころ
  • あれは今思い出してもセクハラだよなー、ということがある。小学生の頃だった。4〜5年生だったか。今思えばまだ30代だったかもしれないが子供の目から見たら何歳か全然わからない。眼鏡をかけた瘦せ型の先生だった。いつも廊下の真ん中に座っていて女子が通るのを待っている。何をするのかというと、ぎゅーーーっと抱きしめてほおずりするのだ。どんなにもがいても離してくれない。休み時間になると廊下に座りすれ違いざまに捕 [続きを読む]