おやじ さん プロフィール

  •  
おやじさん: 家屋伝承
ハンドル名おやじ さん
ブログタイトル家屋伝承
ブログURLhttp://kaokudensyou.hatenablog.com/
サイト紹介文我が子たちに伝えておきたい、伝統構法の我が家のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/01/25 10:48

おやじ さんのブログ記事

  • 漉す、そして泥水を煮る
  •  いざ実験。藁スサは勿論ながら、二回漉しなのに小石がかなり取れた。よしイケる、ときょうこに引き継ぐ。 結果、極力藁スサを取り除いた小石量は、元の泥土の目測体積にして15%ぐらいになっただろうか。これらを鏝で取り除くとかゾッとするわ。小石問題は一先ず落着。  さて、次に抱く懸念。リグニン流出問題だ。 藁から得たリグニンは、土壁の強度を上げる物と理解している。ただただ堅い物は割れやすいが、木質だけあっ [続きを読む]
  • 「やらない」と「出来ない」は意味が違う
  •  そうは言っても選択肢が無い。鏝捌きが未熟なのはどうしようもない。諦めもつく。だが、やれる事をせずに出来なかったでは済まん。「やらない」と「出来ない」は意味が違うのだ!! で、二回目土漉しの実施決定。そこで篩を考える。同じ篩を使う程馬鹿じゃない。 篩の目は一分と思われる。凡そ3?だ。塗厚もその程度。ならば然程問題じゃない、と遥か昔には思っていた。実際は3?塗りに3?の小石があるとアウト。そもそも網 [続きを読む]
  • 小石ズリズリ、小石カタカタ
  •  平成バブルの建設ラッシュ期。多くのゼネコンや工務店は、次々舞い込む仕事の処理にてんやわんや状態。必然、建材料インフレも巻き起こる。例えばセメントが値上がったり、中には工期通りの確保が難しくなったりする。そこで、例えばモルタルのしごき施工をベテラン左官職にやってもらう。ベテランは早くて綺麗な上に薄塗りが出来て、人工代が高くても諸々元が取れて重宝がられた。こんな事を続けた結果、若手が育たっていない。 [続きを読む]
  • 寒冷紗剥落実験
  •  さて、実験材は寒冷紗だ。 お父さんは不思議だった。石膏ボードへの漆喰施工の下地材として、何故に寒冷紗が有用なのか。その名から何か特別な布なのか、と思いきや写真からも、そして実物を見てもガーゼのような華奢な網状の布。 左官材の下地としての建材は、網目やら凸凹がしっかり。見るからに材が食い込んで剥落しなさそう。それに引き換え何とも頼んない。実際に、やり直しの為に塗って間もない漆喰を剥がした時、寒冷紗 [続きを読む]
  • 再利用の気持ち良さ
  •  床板施工を無理矢理完了させた事で、目下の目標、雑巾摺取付を行う。 取付方法は、世界最強の軍事・経済大国にしてDIY大国でもある国の例の耐水性木工用接着剤、並びに我が日本国の隠し釘による日米同盟方式。例の接着剤使用理由は、左官施工による水の脅威が上方より忍び寄る箇所だから。フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml出版社/メーカー: フランクリンメディア: Tools & Hardwareこの商品を含むブログを [続きを読む]
  • マイナス9点
  •  もう「構わない」かな、とお父さんも完了判断へかなり傾いた。実際、床施工時までどうなるか不明だから何年も保留していた大引材を、りょうすけと切断、加工の上で設置を行っていた。越して来た時は赤ん坊だったのに、鋸を持つとは大きくなったもんだ。 →  そして、りょうすけが生まれるよりも昔の事を思い出した。以前の施主施工でもフローリング施工を行った。無垢材ではあるが、巷によくある規格寸法サイズでの乱尺張り [続きを読む]
  • 1.5?強事態発生による緊急家族会議
  •  見習いスナイパーとしては、いや、今後も床張りする施主施工者としては、何故にこんな事態になったかを検証する事は大事と考える。 無垢板フローリング施工においては板毎に隙間を設ける。木が動くからだ。実際、製材されてから年単位で置かれた当材の一部は、長手側短手側共に反りがあった。 当材は巾200?、厚30?の杉材。製材等の具合や個体差もあるだろうが、基本的に硬い樹種や巾広材は反り易いのだそう。それを踏まえ [続きを読む]
  • 1.85m精密射撃
  •  床板施工前にすべき事をやってみよう。まずは、奥玄関上框廻りの穴塞ぎ。見えない所は塞がれていない。  もしかして通気の為なのかもしれないが、大玄関の同様の箇所にゴキが逃げ込む事度々。逃げて行って二度と戻って来ないなら開けて置いて良い。だが、決してそんな事は無く、きっと襲撃路にもなっているはず。よって、問答無用で塞いでおく。 さらに、問題の奥玄関上框の取り外しに再挑戦してみる。 当該箇所の床板 [続きを読む]
  • 石膏板と漆板
  •  第一期と言うか、第一工区と言うか、母屋1階西側の上下水管施工は浄化槽接続を残して終了。これで心置きなく壁施工をするぞい。という事で石膏ボードを段取り。 この施工では取り立てて書く事は無い。石膏ボードは気楽なもんだ。下手をこいてもそこらで数百円にて新しい物を買いに行けばいい。そんな豪勢な事を書いた割に実際は、如何に少量かつ効率的に使えるか考えたけど。 ビスピッチは150〜200辺り。高所作業になる面が [続きを読む]
  • 漏水試験、仮合格
  •  施主施工を面倒臭がっているのは、別にライフワークにしようとか思っている訳では無いからだろうか。だが、この頃に他にも一つ挙げられる消極理由は、どうも寒さがありそう。 これに自覚はあまり無かった。少なくとも大阪府内の人類の中では耐寒性能が非常に高い、と自負していたお父さん。しかし、今季は歴史的な寒さだと言う。だが、所詮は数℃の違い。周囲が防寒着を羽織っても寒がる中、薄着だと変人に思われるからマナーと [続きを読む]
  • うねった精神を施工で矯正
  •  上水管が設置出来るまでには造る。そうなると、食洗機設置棚周辺の他施工も必要となる。すぐさま本命に取り掛かられない。なので、非常に億劫だったのだがもうヤルと決めた。 まずヤル事は、食品庫の壁の造作。食洗機をやるのに食品庫。そうでないと、重量物の食洗機を支持する事が出来ない設計なのだ。 最初に入れるのは間柱。解体材の使用だが、これがまたうねっている。反っているのではない、うねっている。これを矯正し [続きを読む]
  • 施主施工ロボット求む。
  •  突然ながら、お父さんの幼き時に思っていた未来の話。 今から8年前か17年前かには、人類は有人宇宙船で木星とかの惑星探査に出掛けていたはず。2018年の現在、数十年前と変わらず未だ最遠記録は月面とされている。空中に透明チューブの高速道路があって、その中を反重力か何かで空飛ぶ車が行き交っているはず。しかし、数十年前と変わらずコンクリートと鋼鉄製の連続した橋脚の上表面を、ゴム製タイヤが接地して車が走っている [続きを読む]
  • 急ブレーキでスリップ
  •  一階小便器設置部の浮かし壁とEPS。これらの造作と並行させながら上下水管施工を完了とし、次に電線管施工を行っていた。ただ、上下水管と電線管との間にて気付いた事がある。ある箇所の造作を行わないと漏水試験が出来ない事に気が付き、電線管施工をしながら迷っていた。でも、覚悟を決めた。 どこの施工でもどうせやらないといけない、なのに覚悟とは何ぞや。そう思うかもしれない。全くその通り。だけど、やらないといけ [続きを読む]
  • 羽目板 嵌めまくり
  •  この写真は何の部材か。これまでの話の流れを踏まえて分かるようだと、お父さんより施工か設計センスがあるんじゃないか。 電気設備設置用ニッチを造作した事で、必然的に覚悟が出来た造作工事がEPS。腰が重い施工の一つだったが、勢いが止まらない内に進めるべし。しかし、これの何に躊躇していたのか。 当該箇所の壁は相じゃくり接ぎによる羽目板とは決めていた。西側と南側の取合壁には羽目板の一方を受ける材は取付済。 [続きを読む]
  • 土壁仕上げにニッチ
  •  施工に話を戻すと電気管工事は落ち着いた。この次にしたい事、先の上水管施工にての漏水試験。ちゃんとしてれば上水管施工は簡単、と言えどもミスはある。お父さん、自信は有っても過信は無い。施工、だけではないがミスなんて山ほどある。接着剤がちゃんと塗れていなくて、何てことは大いにあり得る。保温材を巻いてから漏水していた、なんて面倒で嫌だ。という事で保温材は仮巻状態。 だが、こうなると別の面倒がある。上水 [続きを読む]
  • 皆、老いる。
  •  安泰とは大袈裟な、と思っただろうか。老後における電化製品対応力は著しく落ちる。懐中電灯だって扱えるか分からないぞ。と言うのも、実例を目の当たりにしたのだ。介護職等以外は、若い時は勿論、当事者にでもならないと想像も出来ないのでは。分かった時は老人になった時。その時に慌てたり困ったりするんだろうな。 そんな事を書く。お母さんの父であるおじいちゃんが、平均余命とか言うものよりも若く、しかも病気発覚から [続きを読む]
  • 老後の備えスイッチ
  •  現状出来る所には配管施工をしたった。一気に現代住宅感が高まった、床下を覗けば。さらに現代住宅とする為、いや単純に、春の左官施工の為の電気工事も進めて行く。 こっちにコンセント、あそこにスイッチ、と位置決め、スイッチボックスとPF管を敷設していくんだな。土壁や漆喰壁に釘やらを打つ馬鹿ではないと思うが、やるなよ。見た目だけなく、電線に接触するかもしれんぞぉ。 この際の施工で特筆する内容は、強いて言 [続きを読む]
  • 仮説で仮設
  •  材料の選定は終わり。次は配管経路だが、必要な所に吊って繋げていきました、というだけの話。床下を覗けば分かるし、壁内配管は出来得る限りアクセス出来るようにしておく。 それで終わる事が出来るけど、下水管の時と同じようなオマケ話をしてみよう。 上水管においても、住みながら施工ならでは問題がある。下水管では、川下である浄化槽への接続課題があった。上水管においては、川上である給水経路をどうするか少々思案 [続きを読む]
  • やっぱり穴掘りしたくない
  •  管の埋設問題。下水ではかわしたものの、上水ではどうか。勿論、かわす気満々だけど。 前述した凍結問題は上水の方が重要だ。主に生活時間帯に流水が通るだけの下水は凍結なぞせんだろうし、しても詰まったりするまでにはならんだろう。だが、水が常時詰まっている上水管は訳が違う。居住開始以来の数年間、これまた前述通り、宅内水栓で冬季に水が出なかった事は無かった。しかし、これは管内が凍結していないという事を指し [続きを読む]
  • 水はタダじゃない
  •  下水管による床下空間の状況が固定しつつある段階にて、上水管施工に着手。 下水管と違って材質の柔軟性が高い。4m一本物を根太の合間を縫って入れるのも容易。勾配も気にしない。見た目で何となく水平やら垂直っぽかったらそれで良し。後は、役物で持って行きたい所に振って行けばいい。大工や左官とかと比べて超簡単。 もし二人に施工センスが少しでもあれば、「上水は圧が掛かるから、下水管よりも難しいんじゃないか」 [続きを読む]
  • 埋設が先か、埋葬が先か
  •  あと、竣工後の特記事項でも何でもない事、だけどオマケで住みながら施工でのならでは問題を一つ。 母屋と浄化槽の直線上には建物がある。ある段階で解体撤去しているはずだけど、二人は流石に覚えていると思われる建物。水洗トイレ、洗面、浴室、洗濯機置き場、そして急勾配鉄階段物を上がった屋上には物干し場がある、現代的生活を営む為の設備が集約されている建造物。これが無ければ戦前並みの古民家暮らしだ。 下水管埋 [続きを読む]
  • 下水配管施工特記事項、と告白
  •  他、特記しておく事は二点かな。 一階トイレ内の手洗ボウルの排水は、横引きであるPトラップとした。素材は金属。金属管と塩化ビニール管という、とても引っ付きそうにない物同士を接続するわけなので、ここはゴムパッキンを使用。これに信頼性をどこまで持っていいのか、お父さんには分からん。経年劣化とかで水漏れとかし易くなかろうか。いざ交換となっても、Sトラップである縦引き管用は巷でもあったが、これは取り寄せとな [続きを読む]
  • 床下で穴掘りなんてしたくない
  •  いざ下水管設置工事、と言いたい所だがまずは経路計画。でないと、部材調達が出来ない。 本施工では第一工事区画である、キッチン、食器洗浄機、一階トイレの大便器、小便器、並びに手洗ボウル、そして二階接続部までの配管を実施。ややこしいので絵を描いてみた。明らかに巷で小売りされていない物を中心に、出来得る限りの部材を割安な通信販売にて発注。でも、送料が掛かる4m管は巷にて調達。これらだけでもそれなりに時間 [続きを読む]
  • 隅から隅まで設計監理監督施工する施主の叫び
  •  あれこれ考えた上、根太先行施工が良と決定。ちゃんと設計していなかった事から、既に設置していた木部をはつったり、ここと絡むトイレ内階段の設計を進めたりとすんなりとは進まない。そんなあれこれしながら根太取付。 ただ、これを書いている時点でもまだ迷っている事がある。それは床断熱について。 本施工では床断熱は行わない、と以前に書いた。なのに迷うのは、ここは地面にかなり近い。全館暖房を目指す薪ストーブだ [続きを読む]
  • 「ついで」は大事
  •  銃や弾、罠や猟。それらに附随する事柄。罠師匠からの呼び出しの上での教え。新しい事が山ほど有り、それらが一気に流入してくる。故に、零れ落としている事がありそうだが、それも分かっていないと感じる事度々の新人お父さん。これと同時期に施工についても新しい領域に入り、なかなか頭の容量が追い付かない状態。 この手記はブログとして公開しているがあくまで申送書、設計図書等、そして遺書とかの子孫向け。だが、「つ [続きを読む]