Dori さん プロフィール

  •  
Doriさん: Doriのお気に入り
ハンドル名Dori さん
ブログタイトルDoriのお気に入り
ブログURLhttps://dori3636.exblog.jp/
サイト紹介文バラが大好きな年金生活Doriばあちゃんのバラ園芸奮闘記です。
自由文イングリッシュローズやつるバラを育てています。生きているうちに素敵なバラの庭を作ろうと悪戦苦闘の毎日です。
他にゴルフや筋トレなどの話題も少し。
ブログを通して、バラ好きのお知り合いがたくさんできたらうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/01/25 17:09

Dori さんのブログ記事

  • 色々あって、、、&レディー・オブ・シャーロット
  • 5月21日、夫が透析中のクリニックから電話があり、「入院の準備をして総合病院の方へ行ってください」とのこと。夫を透析に連れて行って帰宅してホッとしていたところでした。透析が済む頃クリニックに支度をして出向きました。そこからタクシーで本院の総合病院へ。どうも術後の状態が悪く再手術らしい。その覚悟で行ったら、結局通院で済ませる事にはなったけれど、出血は止まらず再縫合。透析への送... [続きを読む]
  • 乱れ咲き!@ジェームズ・ギャルウェイ(ER)
  • このバラはお花はとってもきれいなのですが、ステムが長すぎて、ほとんど上を向いて咲くのです。中々写真も撮れず、毎年記録に残す事が出来なかったのです。昨日の強い雨と風で、枝があちこち向いたり、お花はうつ向いたり、散ってしまったり、、、バラの庭は台無しですが、うつ向いてくれたので、ギャルウェイの写真は撮れました!珍しくレンズも取り替えたりしちゃって、、、隣で咲くジェーン・オーステチン... [続きを読む]
  • 今日はアンジェラが主役
  • 強くて、威勢が良くて、ほったらかしでもいじけず毎年咲くのがアンジェラです。元気過ぎて、正直少し愛情不足かもしれません。カメラを持った私はいつも素通りしていたのです。しかし、それじゃぁ可哀想過ぎるという訳で、今日の主役はアンジェラです。(手前のピンクは、ブライダル・ピンク)夫が退院してきた日には、ロココと一緒に咲き始めていました。私にしては珍しく、「かわいいなぁ」と感じたのです... [続きを読む]
  • ガートルード・ジェキル!
  • お気に入りのERです。咲いてくると、気持ちが明るく晴れやかになります。夫が退院して帰宅すると、どんどん咲き出しました。周囲をパッと華やかにしてくれるこのバラを、美しく撮ろうと苦心しますが、中々、、、。5月12日 ファイティング・テメレア(ER)も一緒に咲いて、良い感じ♪右にいるジェーン・オースチンがもっとたくさん咲くと、もっと良い感じなんだけど、、。1週間ほど楽しんで、5月13... [続きを読む]
  • ア・シュロップシャイア・ラドが一番きれいだった日
  • 毎日、毎日今日が一番きれい?と思いながら眺めていたのですが、昨日早朝、「今日が一番!」と確信したのです。今にも雨が降り出しそうな朝6時、少しひんやりした空気の中で、本当に美しい。このバラは当地広島では、早朝と夕方が美しく、日中はグッタリしてしょぼくれています。寒い地域が大好きと言うこのERは、ブッシュ仕立てで育てると横広がりに育ちます。5月は見事ですが、秋にはチラホラ、ほんの少しし... [続きを読む]
  • プロスペリティーとサハラ'98がそろそろ満開です♪
  • プロスペリティーがどんどん咲いてきました。隣にいるサハラ'98も美しい。(手前左はチャイコフスキー)このバラは色の変化が楽しいです。困った事にプロスペリティーなど色んなバラが、塀の外でわんさか咲いています。お向かいさんに、「時々おそうじしますから許してください。」と言ったら、きれい好きの御主人が、「なるべく見ないようにします」と。「いえいえ、私も楽しませて頂きます。」な... [続きを読む]
  • 夫のいのち、バラのいのち
  • 5月1日、夫が救急搬送されました。デイサービスで透析用のシャントから大出血したのです。とても冷静かつ的確な対処をして頂き、大事には至りませんでした。当日には出血して使い物にならなくなったシャントの手術、翌日は別の腕に新たなシャントを作る手術を受けたのです。私は泊まり込みで退院までの日々をずっと付き添いました。最初の3日間程はほとんど眠らずの看病でしたが、体力が限界に近づいたら... [続きを読む]
  • うちのア・シュロップシャイア・ラド&オクラホマ
  • 挿し木自慢のこのERはア・シュロップシャイア・ラド。挿し木数本を地植えにしたら、約20年過ぎると、見事な株に成長しました。花の美しさに惹かれて、その後も挿し木を続け、ここにも小さい苗を植えています。札幌に行ったラドさんとお揃い位の大きさだったので、あちらでもこの位に大きくなったかなぁ。寒い地域に向く品種とカタログにあるので、もっと立派かしら?... [続きを読む]
  • 塀の外
  • 塀の外に逃げてしまった脱走犯は一体どこにいるのだろう。先日、新聞の集金の人が来て、山の方を1時間ばかりヘリコプターが飛んでいます。脱走犯が逃げてきたんでしょうか、恐いですね。しかし、捕まってほしいような、捕まってほしくないような、、、捕まってほしくないような、、、だなんてとんでもない事を言ったのだ。実に不快だ。そんな事言っちゃぁ駄目ですよ!... [続きを読む]
  • 今年石に咲かせるのはクレマチスです!
  • 昨日の広島は終日、かなり強い雨が降り続きました。たっぷりの水を吸って、庭のバラたちは一気にパワーアップした感じです。プロスペリティーにもたくさん蕾が見えます。緑一色と思える庭にもピンクの美しいバラが咲き出しています。メアリー・ローズ(ER)です。巨大な石に咲かせてみようと試みたのがクレマチス。プリンス・チャールズ、ホワイト・プリンス・チャールズ、プ... [続きを読む]
  • 愛が感じられない庭
  • 先日広島大学病院脳外科を受信しました。くも膜下出血から3年、翌年の未破裂脳動脈瘤のコイル塞栓術から2年、現在も半年ごとに術後の経過を検査してもらっています。MRI検査に行き、日を改めて主治医の診察を受ける。大学病院って中々厄介です。経過は「良好です」との事でヤレヤレ。まだ少し生きられるわ!さて、今回も診察棟の広大な屋上庭園に行ってみました。... [続きを読む]
  • LDブレスウェイトを立派に育て上げてる人います?
  • そう聞きたくなるERです。購入した接木苗は年々みすぼらしくなり、シュートなんて購入した2011年から出たことはないのです。あれこれの工夫もするだけして、もう今は諦めちゃった!しかし、この花色は捨てがたく(実はこれだって2013年の挿し木苗)、数本を挿し木にして育てています。まだ小さいですが、それでも接ぎ木株より立派です。こうやって、ここに3本の挿し木苗... [続きを読む]
  • 気持ちも晴れ!
  • 昨日は真冬並みの寒さでしたね。そんな中、今年初めてのゴルフの公式競技に参加して来ました。寒いのは覚悟していましたが、ヒートテックは用済みだと思って着ていないし、もちろんカイロも持っていない。低体温症になりそうな程の寒さに震え上がり、スコアも冷え冷え。(90)春っぽい服装でしたが、念の為と持っていったダウンのベストが役立ちました。それでも一日気晴らしをして、... [続きを読む]
  • ティアレラってイイネ!
  • やっと少しずつ花が咲きだして春らしくなってきました。その中でイイネ!と思うのがティアレラ。手前がウイリー、奥のピンクがスプリング シンフォニー。ここ数日は伸びてきたクレマチスの世話をしています。今はとにかく鉢植えの植物を減らそうと思っているので、クレマチスもあちこちに地植えにしました。↓これはプリンス・チャールズ。大きな石の上に咲かそうとしています... [続きを読む]
  • やっぱりバラは諦められない、、、、
  • 寒い寒い冬の間、ずっと考えていました。バラ作りはもうやめようかな、、、、と。心も体も寒かった1月、2月。冬のバラ作業は全く出来なかった。寒さが緩んできた3月、少し気持ちが変わってきました。ノロノロと少しずつ作業を始めました。寒肥さえ与えていなかったバラ達に、大急ぎでパラパラとバラ専用肥料をばら撒いたり、「早く芽を出せ」とばかりに芽出し液肥をやったり... [続きを読む]
  • 極寒の日の大仕事
  • 相変わらず夫の介護に忙しい日々です。大変ではありますが無事に新しい年を迎える事ができました。広島にも大寒波がやってきた寒い寒い昨日、大木になってしまったクロガネモチを切ることになりました。我が家のシンボルツリーだったこの木です。(2016年5月15日)夫が元気だった頃は、この木陰で作業の合間に休憩をとっていまして、「休憩には絶好の木陰だから切るのはよそ... [続きを読む]
  • いかん!共倒れだ〜&よく咲くプロスペリティー
  • 夫が昨夜から具合が悪い。今日は夫は38.6度の発熱。あ〜あ、歯科や脳外科への付き添いもやっと終わって、少し楽になるかと思っていたのに、、、お天気が良かったので、布団を干したりシーツを替えたりした。少しでも気持ちよく、そして暖かく眠って欲しいからね。うがい薬や夫のタバコも買いに走り、せっせと働いた午前であった、、、しかし、私もちょっと体調悪いぞ、... [続きを読む]
  • 一輪のバラに慰められている、、、
  • 気持ちよく晴れたけさ、プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントが一輪咲いていた。目も心もその美しさに奪われてしまった。5月のバラが終わってから、心がバラに向かわなくなってしまった。それまでバラの庭に出るのが楽しみな日課だったのに、水をやるだけで気持ち的には精一杯の日々、、、私が庭に出ないため、人の動向をバラの枝から観察していたカミキリムシには、きっ... [続きを読む]