たろう さん プロフィール

  •  
たろうさん: cambodia-fishes-life
ハンドル名たろう さん
ブログタイトルcambodia-fishes-life
ブログURLhttp://cambodia-fishes-life.blogspot.com/
サイト紹介文カンボジアで淡水魚を追っかける毎日を紹介するブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2012/01/25 22:15

たろう さんのブログ記事

  • サッカー応援
  • 昨夜はカンボジアサッカー一部リーグで奮闘中のソルティーロアンコールFCの交流会に行ってきました!いつもスタジアムへ応援に行った時にいる選手がたくさんいるので娘も嬉しそうでしたw応援団長も来てました!!娘もこの巨体にだいぶ慣れてきたようでw泣く事もなくなりましたw記念に海野選手のサインとゆうた選手には娘の背番号12を書いてもらいました。今シーズンはあと1試合となりましたが最後は宿命のライバルとの試合な [続きを読む]
  • 琵琶湖の水族たち
  • 今日、ノンフィクション作家の山川徹さんから友達経由で産経新聞の「琵琶湖の外来魚に異変」という記事をいただきました。記事によると、12年度に本格的なバスギルの捕獲を開始してから、19年度の543トンをピークに昨年度に176トンまで減少し、昨年度(4-7月の4か月)は76トンでしたが、今年度はわずか34トン(半分以下)しか採れていないためなぜバスギルが減ったのか?・・・という内容でした。まさにミステリ [続きを読む]
  • ルアー採集w
  • 先週ちょい釣りの際にルアーを引っ掛けてしまい(-_-;)それを早く回収したくて今日池に入って小さなミノーを回収してきましたwそこまでして引っ掛けたルアーを取りに行くなんて小学生の頃を思い出しました(笑)チビの頃は数個しかもっていないルアーを引っ掛けちゃうと、ショックがすごく大きくてこうやって回収作戦を立ててはやっていました(笑)当時はワームなんかも1本買いして家で嬉しくて毎日触ってましたからねwすごく懐かし [続きを読む]
  • 嬉しい一尾
  • 日本で買った現代のリールを使いたくてw池に行ってきました。以前もリールに関して書きましたが、この日も実際に使ってみて思ったのは30年前くらいからベイトリールを使ってルアーを投げまくっていた人にとってはそんなに驚くものではないのかな・・・という感じを受けました。その裏を返せばあの当時の最高峰機種を使っていた人ならあの機種でも負けないぞ!という思いがあるんじゃないかな〜なんて感じました。古い人によくあ [続きを読む]
  • 釣り!
  • この日は特別(本当はダメなんですが)に養殖に使っていない池でちょっとだけ釣りをさせてもらいましたw僕はバスタックルでやっていたらアタリが!!出てきたのはスポッテッドナイフ(C.ornata)でした。まあまあサイズでしたが、メコン本流で釣れる個体の方がデカいです。センターのおじさんも何年も前に小さい個体を入れた覚えはあるらしいんですが、まさか生き残っているとは思っていなかったようで生簀に収容していました。そ [続きを読む]
  • アジアアロワナ
  • アジアアロワナ釣りました!!・・・ではなくて(笑)センターで飼育中の2個体を池に移動したんですwこの2個体はプロジェクトで調査した水系の個体ではなく僕が個人で調査した際に別水系の個体を手に入れてずっと飼育してきたものです。いつもアップしている池の個体群と混ぜるわけにはいかないので8tコンクリート水槽でこの数年間維持していました。そして今回、センターの池(アロワナがいない池)に測定後放流する作業をして [続きを読む]
  • 応援!
  • 今日は本田さんが監督になっての初戦マレーシア戦がありますね。プノンペンでの試合なのでたぶんこっちでもテレビ映るので観戦します!!1年、2年と結果が出るまでは時間がかかるので応援していきたいですね!(写真はメコンの漁師さん家族) [続きを読む]
  • 1時間だけブッコミ釣り
  • 日本から戻ってすぐにアロワナ管理池に様子を見に行ってきたのですが、娘の子守りまで1時間あったのでwその帰りにちょっとブッコミ釣りをしてきました。リールは今回日本で買ったものですwここには80cmクラスのパンガシアノドンがいるのですが、季節によってはエサ食わないんですよね〜そんな訳で久しぶりの釣りでしたが、早々にラインが5m程もっていかれて合わせると、フッキングに成功!3回しっかりフッキングさせたあと、次の [続きを読む]
  • アロワナ搬出
  • 先日は7年程飼育していたアロワナを友達のお店に譲るため移動してきました。もう40センチを超えているので100Lタンクを車に積んで搬出しました。実は僕の魚飼育人生でこの個体が初めて飼育したアロワナなんです。日本にいる頃はあまり興味をもたない魚だったのと、日本での職場もアロワナの受け入れはしていなかったので生息地であるカンボジアへ来て生息地の調査を開始して初めて興味をもった魚です。意外と遅いデビューなんで [続きを読む]
  • インスタ始めました
  • 相当出遅れていますがwやっとインスタ登録してみました。まだ2日目なのでいまいち分かっていませんが、昔の写真を中心に載せていこうと思っています。魚好きの方に見てもらうのが目的なので釣り好きや魚好きの方!ぜひ覗いてみてください。よろしくお願いいたしますっ!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 老眼鏡デビュー
  • 30代後半までずっと目は良かったんですが、釣り糸を結ぶ時に「あれっ!」って思ったのが最初で老眼だとまわりに言われて気付きました(;^_^Aそれから数年やってきたんですが、今回の帰国中に百均で思い出してかけてみると、すっごい見えるんですよね〜(笑)ただ、どの数値のものを買ったらよいのかわからず、実際にかけてみてこれかな?と思うやつを買ってきました。それからメガネ入れも初めてのメガネ生活祝いに1個買っちゃいま [続きを読む]
  • 初仕事
  • 先日、無事にカンボジアへ帰ってきました。日本と比べると多い湿気、そして雨季らしいこの天気を感じながら市場へさっそく魚チェックに行ってきました。あれからひと月経ったので魚も少し顔ぶれが変わったかなと期待したのですが、予想通りあまり変わらず(笑)でも、この日はパンガシウス属のPangasius macronemaを7個体1500リエルで買いました。黄色いボールに入れて初めて気付いたのは尾びれの上だけが黒いんですね。他の種ではな [続きを読む]
  • まつぼっくり採集記3
  • 採集した後、音を立てずにそっと家に帰り寝ている娘の湖々にそっと載せて撮ったのがこの写真です(笑)マジで大きいですよね〜この姿を見て30分くらい一人で笑ってしまいましたwお陰で嫁さんが起きてしまいました。合成じゃないですよwその後、まつぼっくりが気になりすぎて(笑)いろいろ集めてみました。左が三宝の松ぼっくりでその横が普通サイズのまつぼっくりです。測ってみると縦が20センチちょっとで横が10センチちょっとで [続きを読む]
  • まつぼっくり採集記2
  • まつぼっくりの正式名はマツカサらしいですね。そのマツカサといえばアクアリストや魚屋にとっては馴染みのある言葉ですよね。例えば水族館の定番魚で有名なマツカサウオ!日本産淡水魚のアクアリストならマツカサガイ!アクアリスト全般では多くの方が経験あるかと思いますがマツカサ病などなどマツカサという魚関連の言葉のつくものはたくさんありますよね。さらに、ネットで調べてみると、あの美味しいフルーツのパイナップル! [続きを読む]
  • まつぼっくり採集記1
  • 神奈川の実家に滞在中一番熱中したのがやっぱり採集でしたw・・・でも採集といっても、いつもの魚ではなく今回はまつぼっくりです!!さらに、今回まつぼっくりがほしいと思ったのにはある魅力が・・・実家からほど近い遊行寺の敷地内に三宝の松という昔からある松の木があるんですがこの松はよくある松とは違って葉が二本ではなく3本あってしかも普通は15cmくらいの長さですが、長い葉は50cmくらいあるんです。三葉松っ [続きを読む]
  • 水族館へ
  • カンボジアへ帰る前日に水族館へ家族で行ってきました。昨年も行ったのですが、娘はまだ小さくてわかっていないようだったので、今年こそはと思い行ったのですが、水槽の魚たちにはあまり関心がないようで(;^_^Aやっとクラゲ水槽で関心を持ってもらい('◇')ゞ最後のイルカショーが一番夢中で観てくれました。魚好きの父ちゃんとしては来年に期待しています(笑)娘は本当はゴリラとラッコが大好きなのでゴリラのいる動物園とラッコが [続きを読む]
  • ウナギ釣り
  • 神奈川では夜ウナギ釣りに何度か行ってのんびりとした釣りを一人で楽しんで来ました。昔はウナギ釣りなんてしたこともなかったのですが、昨年、思いつきでやってみると、意外と奥深くてハマっちゃいました。でも、このポイントは小型が多くてなかなか食べるサイズは釣れません。5回通って3,3,1,2,2尾という釣果でした。それから、ウナギはハリスに絡まったり、ハリを飲んでしまうのでリリースする事も考えるとしっかりと合わせ [続きを読む]
  • 魚のミニ授業
  • その恩師の家に行ったのはもう一つミッションがありましたwなんでも恩師の塾に通う小学生の男の子が魚好きで僕と会いたいと言ってくれたそうなんです。この日は彼の魚の知識を逆にたくさん教えてもらいました。僕が生徒になったと思うくらい楽しそうに語ってくれたので彼も楽しんでくれたのかなと思います。将来は水族館の職員さんや魚の研究をしたいそうです。でもまだ小学生なのでやりたいことは変わる可能性もありますがこうし [続きを読む]
  • 金魚の繁殖
  • 滋賀滞在の時に大阪にいる頃からお世話になった恩師のお宅にもお邪魔してきました。現在は大学講師や自宅で熟をされているのですが、自宅では金魚にハマっていてランチュウや琉金、ピンポンパールなどを毎年たくさん繁殖させて近所の子供達に喜ばれています。金魚といえば弥冨を筆頭に有名な地域があり、全国のショップやホームセンターでもよく見かけます。でも、多くは状態が悪く何らかの疾病にかかっている事が多いですよね。で [続きを読む]
  • もう一つの原点
  • 山梨の釜無川水系が年に一度の楽しみな魚採りの原点だとすると、生まれ故郷の藤沢での原点が遊行寺というお寺にある池とその水路でした。この日は偶然池に浮いていたスッポンと対面w今は池の整備がされて底もコンクリート化されていますが、昔は素掘りの池でコイの他にクチボソと呼ばれるコイ科のモツゴが生息しておりカッパえびせんを水面に浮かせておくとそれを食べに上がってくるので網で掬っていました。産卵期には石をひっく [続きを読む]
  • 四葉探し
  • 釜無川の河川敷で四葉探しをしましたw普段しない事なのでいつもとは違った時間を過ごした気がしましたw最初に見つけてしまったのは5つ葉でした!!(笑)そして目的の四葉も!三つ葉はもちろんたくさんありますが、こうして見ると、三つ葉って意外とカッコイイなと思いました(笑)バランスの問題なのかな?竜王は藤沢とは反対方向から富士山が見えてしかも近いです!久しぶりに富士山見ました!!大きくて強さを感じました。そして [続きを読む]
  • 山梨へ
  • 関東へ移動してからは父の生まれ故郷でもある山梨の竜王へ行ってきました。ここは僕にとっても魚と関わる原点のひとつでとってもお世話になった水辺でもあります。この町には毎年夏になると家族で来ては魚採りや魚釣りをしていろいろな事を学びました。そのメインとなる母川がこの釜無川です。武田軍が築いたとされる信玄堤は今もなお整備されてはいますが、その面影を残しています。魚類相でいえば山梨はそれほど多様性があるわけ [続きを読む]
  • 娘と琵琶湖の魚
  • 琵琶湖で採ったウツセミカジカを娘が嬉しそうに持ってくれました(笑)いや〜これだけでも魚屋としては嬉しい事なんですっ!!自分の名前の由来となった琵琶湖をしっかりと覚えてほしいなと思っています。さて、その琵琶湖の中はというと前回潜った時とあまり変わっていませんでしたが、アユ、オイカワ、カマツカ、ニゴイ、ハス、ヌマチチブ、ヨシノボリがたくさんいました!こちらはコアユですね。小さくて群れで泳いでいます。そし [続きを読む]
  • 琵琶湖の水辺
  • 漁師さんのお墓参りをした時に町を流れる水路をみんなで観察しました。この針江地区は安曇川の湧き水が豊富に湧く地域なので各家々にかばたという水場を設置しており生活の中に川の水が密接に関わっています。今では多くの方がこの地域を訪れ、町を散策する姿が見られます。僕がこの地区と出会ったのも博物館で行った企画展の担当で水辺のいきもの展をした時にお世話になりました。その時以来なのでもう十五年くらい?経つのでしょ [続きを読む]
  • 琵琶湖水浴
  • 琵琶湖滞在の最後にもう一度琵琶湖へ行ってきました。今回は昔お世話になった琵琶湖の漁師さんのお墓参りです。さらに現役のビワマス漁師さんにタイミングが合えばビワマスをいただく事になっていたのですが、残念ながら前日の刺し網にはかかりませんでした。この時期のビワマスはすっごく美味しいので楽しみにしていたのですが。また今度のチャンスに期待します!!そして最後にもう一度娘と甥っ子たちと琵琶湖で泳いできました。 [続きを読む]