福善 玲子 さん プロフィール

  •  
福善 玲子さん: Petitぷてぃ編集室のブログ
ハンドル名福善 玲子 さん
ブログタイトルPetitぷてぃ編集室のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/monkey-rei/
サイト紹介文マイタウンニュースPetitぷてぃが毎月出来上がって行く様子をお知らせしています。
自由文マイタウンニュースPetitプティは 小平市 東大和市
西東京市 芝久保 に 1年に10回 発行しておりますミニコミ紙 地域広告紙です。今年で 創刊から4年がたち たくさんの読者の方々 ご掲載下さるクライアント様方に 愛され 育てていただいております。
これからも 誠意をもち真摯に仕事に立ち向かい
丁寧な紙面を作り上げて参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/01/26 19:40

福善 玲子 さんのブログ記事

  • 目が開いた!!
  • ハイ!Petitの福善です。 「温泉療法」そのお宿は、食事のサービスもなく。皆さん、よいこらっしょっと、好きな飲み物や食べ物をもちこんで、空腹をしのぎます。 私たちはオニギリを数個とお水のペットボトル。果物と厚い靴下と腹巻を持参。 何しろ静かに、お湯をいただいたら、横になり休む。 どう目が大きくなったともいませんかこれは、斜視ではなく、目のトレーニング。おやつは山のホテルのシュークリーム。焼き上がり時間に [続きを読む]
  • 山岳信仰のための湯垢離の場
  • ハイ!Petitの福善です。美しく透明な泉水。晴れた日には、天窓から差し込む日の光で湯舟は薄いブルーに輝きだすらしいです。実際、1人で清々と湯船につかり、天井を見ておりますと、湯けむりがゆったりと空に吸い込まれていきます。その有様は、自身が浄化されていくような気がしました。 箱根神社の領域は広く、姥子温泉は、神山信仰のために身を清めたお風呂だとも言われております。 裏手には箱根権現社のほか、 眼病快癒御礼 [続きを読む]
  • 神様の居られる温泉。
  • ハイ!Petitの福善です。 『目に効く温泉』 到着したのは9:45一番乗りでした。 11月はお湯が少ない季節で人気がないらしいです。 遠くに富士山。頭上にはケーブルカー。昔の名残の湯治自炊の台所。女湯に行くには、このような廊下を歩いていきます。 そして、初めての体験。神様が居られる温泉。なんとも、とろけるような湯舟。一番風呂でした。源泉を手桶に汲み、熱いので冷ましその中で、目をパチパチさせたり、源泉をタイル [続きを読む]
  • サングラスは伊達じゃない。
  • ハイ!Petitの福善です。 私は通年サングラスを使用しています。なぜかそれは必要だからです。おしゃれでも、伊達でもありません。乱視矯正のサングラスをしていないと、ひどく目が疲れ頭痛がするのです。 幼い頃から、今でも高いところは好きです。木登りばかりして遊んでいました。オママゴトも木の上で、枝に木板を渡してお皿を並べたりしていました。 祖母や母が、「降りてきなさい」と言っても降りてこない。『さる年だから仕 [続きを読む]
  • ある日の夜。
  • ハイ!Petitの福善です。 ある日の夜、それも9時頃。私は8時半にはベットに入るので、9時は就寝体制です。 「明日の朝御飯ハイランドで食べよう」と提案されました。 迎えに来てくれるならいいわとOK。 小平を日の出直後に出て、ウトウト朝寝をしていたら、車は御殿場インターを降りて、箱根山を登りだしていました。おお〜富士山がきれいに見えています。 ハイランドホテルのロビーには昨夜入れ替えたのか香り高い百合の花。宿泊 [続きを読む]
  • 幹事がやっと終わったわ!!
  • ハイ!Petitの福善です。 何方も経験すると思いますが、還暦を境に、同窓会は波のように繰り返し、繰り返しやってきます。 三年前に受けた、中学校の幹事。 何しろ「還暦同窓会」でお金が残っちゃった。先生をお呼びしたら、ご祝儀をいただいちゃったのね。 保管してる方も「そろそろ何とかして」そして、定年した方も増えて時間に余裕が出てきたらしい。 ではまた、集まりますかと郷里の三浦三崎へ。集まったのは、京浜急行三浦海 [続きを読む]
  • あんなに、喜ばれるとは・・・
  • ハイ!Petitの福善です。 昨日、ご自身のFBにもUPしていただきましたが、算命学の師匠・森田先生を、「宝石のウララ小平店」へお連れしました。 「片方落としてしまったダイヤのピアスをダイヤのチャームにリフォームしたい」とのご要望でした。 何しろ、小平店代表の淳也さんと相談。上手くまとまりまりました。ご予算以内で満足していただきました。 と、おもったら・・・ 店内カウンターの上にあるどっさりのシルバーアクセサリ [続きを読む]
  • 11月 チラシ・配布クライアント様 紹介
  • ハイ!.Petitの福善です。 寒くなりましたね。羽織物を用意しないと、ちょっとした気温の変化に、体がついていけない感じがするのは私だけでしょうか 11月のPetitぷてぃの仕事は、クライアント様方のチラシ配布です。 11月の承りクライアント様方のご紹介です。 順不同・敬称略宝石のウララ 20000枚 おおうち整体・指圧院 10000枚 Trip               5000枚 ユニセックス セレクトショップ エフ 4 [続きを読む]
  • うう〜ん、不思議だ。
  • ハイ!Petitの福善です。 私は毎朝、孫たちが学校へ行く直前まで、自室から出ないようにしています。または、さっさと朝のウォーキングに出るかどちらかの方法をとります。 何故って母親の娘が毎朝同じことを注意し、孫たちも、毎朝同じ反応をし、なんとも、口を出したくなりますし、それが、見当違いだったりすると、大きなお世話になるらしい。 「行ってらっしゃい」の見送りはしますがね。 自室にいる時は、国営放送のニュース [続きを読む]
  • 彫刻コトハジメ
  • ハイ!Petitの福善です。 小学校三年生の女子孫が学校で、平櫛田中彫刻美術館のチラシをもらってきました。「私、行きたいんだけど、ババちゃん連れて行って」と言われ、では行ってみますかと二人で出かけました。 女子孫は、パンフレット右下の骸骨(人体骨格)を見たかったらしい。自宅にも、彼女が作成した紙の骸骨があります。今では、自宅のいたるところにいろんな物が張ってあります。 私も、初めての平櫛田中彫刻美術館。ス [続きを読む]
  • 青いぜ、村田。
  • ハイ!Petitの福善です。 一日おきに小平市市民総合体育館のトレーニング室にてマシントレーニング。そして、メンテナンスストレッチ。 トレーニングは重ねれば重ねるほど、自分に課することが多くなりきつくなる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・思い起こせば・・・2018年4月15日の村田諒太初防衛戦。私は入院先の病院のDayルームで観戦。 挑戦者は欧州王者歴があるミドル級10位エマヌ [続きを読む]
  • 師匠と私
  • ハイ!Petitの福善です。 私は、62歳まで生きて、幸せだ!有難い!と感じる時は、自分の中の何かの目標になる方に、出会えることだと感じています。 それは、自分より年上、年下に関係なく年齢を超えた大きな枠組みで感じ取ります。性別でも、国籍でもない、それらを超えた、地球に存在する人属(ホモサピエンス)すべてが対象となります。 そのように考えて生きていたら、師匠は年下の方が増えてまいりました。 私は。36歳で再就 [続きを読む]
  • 信頼関係とは。
  • ハイ!Petitの福善です。 「人は誰もが、誰にでも同じことする」という定説があるのをご存知ですかこれは、肌の色にも関係ないらしく、万国すべてに通じることらしいです。 Aの人には、このようにするけど・・・Bの人には、そのような事はしない。と、区別したつもりでも、土壇場に来れば、人は本性を現すものです。 まっそれが、算命学で言うところの宿命ということでしょうかね。 算命の宿命とは、綺麗ごとばかりではないのが恐 [続きを読む]
  • 悲しいとは。
  • ハイ!Petitの福善です。 「悲しい」という漢字の、部首の非 とは、そむくという意味。その下に、心が着きます。 自分の心にそむくと、悲しくなる。または、大きく心が揺さぶられ動揺または感動する。 人が歩む道…人生には動揺する事が多々あります。自分の心にそむいて、目をつぶって、見ないようにしながら、時間がたつのを待つしかないときもあります。 そんな事、「私には全くございません。お金に困ったことも無ければ、悲 [続きを読む]
  • 不思議な宿命カレンダー。
  • ハイ!Petitの福善です。 ここ数日、算命学ブログ。算命学は宗教ではありません。人生成功し思い道理に生きたければ、『信心より用心』 そして、私は宿命カレンダーを斡旋しているわけではありません。 数年前、何とか使いこなそうとしても「何がなんだかなぁ〜」と、そう簡単に理解はできませんでした。 でも、なんで、こんなことしちゃったんだろうと思って、スケジュール帳と宿命カレンダーと照らし合わせる。すると、や、や、 [続きを読む]
  • 宿命カレンダーを使いこなす。
  • ハイ!Petitの福善です。 算命学は宗教ではありません。算命の骨格は、現在の中華人民共和国を遡り4000年前の最古の王朝「夏」の時代に、大自然から法則を学び、そのリズムを人間に照らし合わせた統計学。 何でも簡単に挑む私。私の陽占には、守備本能は全くありません。これさえ、宿命通りの流れです。さて、算命を開始した初めの数年。「これは、まずかったな。難しすぎる。私に理解できるはずがない。だけど、止めるとは言 [続きを読む]
  • 算命学はより深く。その④
  • ハイ!Petitの福善です。 人間、誰にでも欠けはあるものです。それがコンプレックスというものですかね。 そして、厄介なことに・・・ その欠けを、学校教育で諭されたり・・・世間様から攻められたり・・・家族から攻められたり・・・ 「解ってるって」「だけどできないんだから、不得意なんだから仕方ないじゃないの」と、本人は悩む。 私もそうでした。 その頃、年に一回、算命学の鑑定を受けていました。「私、このことがどう [続きを読む]
  • 算命学はより深く。 その③
  • ハイ!Petitの福善です。 Petitぷてぃの仕事に出会った私。毎日、毎日、仕事をする。 昼間はポスティング。夜は紙面作成。雨の日は営業。眠っても、小平市の何処に配布するか夢でも地図を歩きシュミレーションをしていました。 そんな時、小平市内の算命学の先生から、広告依頼がありました。 ブログを開始していましたので、その先生の繋がりで、算命学の我が師 森田智子先生に出会いました。 初めてお会いした日。「あなた、Peti [続きを読む]
  • 算命学はより深く その②
  • ハイ!Petitの福善です。 さて、昨日の続き。人生に、自分に、混乱し続けている私は、大手銀行をさっさとやめてしまいました。 「一人なんだからどうにかなる」などと、簡単に考えて、二年間フラフラしていたら、駅蕎麦の380円の、竹輪天入り蕎麦も食べられなくなりました。 どうするんだ私。と空を見上げる毎日が続きました。 すると、ひょんなことから、Petit田園調布版を見せて頂いたのです。 私は、「これだこれなら私にも [続きを読む]
  • 算命学はより深く。その①
  • ハイ!Petitの福善です。 算命学との私の出会いは、大変不思議なものがあります。 かつて、勤めていた山一證券が廃業し、その後、Petitを立ち上げるまでの10年間近く、仕事って何なのだろう働くってどうゆう事なのだろうと、日夜悩み続けました。 沢山の本を読みましたが、心に響き、私の疑問を解消するツールには出会えませんでした。 ある日、あなたにぴったりな職業は広告宣伝業と書いてある、算命学の書物に出会いました。その [続きを読む]
  • 宝石のウララでビックリ仰天。
  • ハイ!Petitの福善です。 昨日、打ち合わせがありまして、宝石のウララ・小平店へ参りました。 お店のドアを開けましたら、シルバーアクセサリーが、カウンターの上にどっさり、ごっちゃっり、盛り上がっていました。 私はそろそろ11年のお付き合いになりますが、見たこともない有様なので、「淳也さんどうされたんですか」ビックリ仰天。 その様子はこのような感じ。そして、まだ袋に入ったままのものが、仕分けをされてらした淳 [続きを読む]
  • 験担ぎ。
  • ハイ!Petitの福善です。 昨日は、染と呉服の京やさんへ伺いました。 お楽しみは「秋の感謝祭」10月11日〜14日まで、残すところ、後二日。本日と明日までです。 大島と紅型帯は見ごたえがありました。 ご一緒いたしましたのは、MAKIバレエスタジオの松延まき子先生。まき子先生のお着物は、お父様の大島をリメイクされたもので、エトロ風の帯とぴったり。彼女らしい着こなしでした。 もちろん、京やさんでのお仕立て直し。八掛も [続きを読む]
  • 化粧水づくり
  • ハイ!.Petitの福善です。 私の化粧水消費量は一ヶ月・1500?だという事が判明した時 これは、自分で作らなければ経済がひっ迫すると驚きました。 色々と試した結果、アロエベラから作るのが、肌質に合うと感じました。 ところが、昨年庭を削減してしまい私の庭のアロエベラ成長が遅れました。これで、2kgしかありません。今年は、4kgが必要なのです。 今年は娘が推奨する玄米焼酎2升で漬け込みます。娘は、この焼酎で [続きを読む]
  • 袷と一重。
  • ハイ!Petitの福善です。 本日のテーマ。袷と一重とは・・・ 着物は袷、ですが襦袢は一重はいかがでしょう。 染と呉服の京や三代目勝也さんも言ってらしたです。『10月は基本的には「袷せ」の着物になりますが気温が上がる日もありますので様子によっては「単衣」でも良いように思います。 「衣替え」を重視しすぎると本来着物が持つ衣服としての機能性が下がります』 これはお着物の事ですが、10月ともなれば、しっとり落ち着い [続きを読む]
  • 被害は続々と。。。
  • ハイ!Petitの福善です。 毎日ウォーキングします玉川上水遊歩道。 台風24号の被害は、後から、後から追いかけるように明らかになってきます。前日何事もなかった場所がこのように、木が倒れていたり、立ち入り禁止のテープが張られる場所が多くなってきました。土嚢が積まれている場所もあります。 自然に一度人の手が入ると、手を入れ続けなければ崩壊していくと言われています。 大きく根が張り出し、自ら崩壊していく大木もあ [続きを読む]