k3company さん プロフィール

  •  
k3companyさん: 絵描きオカンの日々。
ハンドル名k3company さん
ブログタイトル絵描きオカンの日々。
ブログURLhttps://ameblo.jp/xasunaro/
サイト紹介文書籍発売中。漫画家でシングルおかんの私が子育て漫画やら好きな物を好きな様に語ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/01/28 12:10

k3company さんのブログ記事

  • その年の誕生日前日・1
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、あれは息子が小学校一年生の時の12月11日、そう七歳の誕生日の前日の事でした。 子供たちの通っていた小学校は田舎故か校区がとにかく広くて、同じ登校の班以外の場所に住んでるお友達のところに遊びに行くには親が車で送り迎えしないとちょっと厳しいような地域です。←道中民家も何も無く、「ここで何かあったら絶対誰にも助けて貰えない」という道を通らないと他の住宅地に行けないよう [続きを読む]
  • 女子大生の実力。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、娘は大学で「日本文学」とかその辺を専攻してるようなのですが、先日テスト前に暗記の手伝いをしていた時にこんな事がありました。 「現代まで語り継がれる超絶ヒット作」だそうです。まあ、間違いではないと思いますけどね?点は取れないと思いますが。 ちなみにこの勉強中に娘から出た「〇〇の影響を受けたとか〇〇文学に影響を与えたとかこの時代の人達影響受けすぎ」←おかげで覚え [続きを読む]
  • うさんくささがとまらない。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、以前こんな内容を描いてますが、そのあと引き続きこんな事がありました。 以前勝手に間違った想像をした事を反省した為か、今度は最初から訊いてきました息子。 これ小学校の国語の教科書に載っていた話なんですけど作中に出てくる競技全てが現代の子から見たら信じられない内容の競技でしたが、本当に実在する競技なんですよ?スプーンレースって。(勿論チキンレースは鶏を捕まえる競技 [続きを読む]
  • 弟の。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、先日娘と学校の友達の事などをお喋りしていた時の事でした。 二十歳くらいの頃って恋愛よりも友達と遊んだり自分の趣味とか好きな事に没頭して過ごす方が楽しかったりしますよね?そういう「この年代独特の価値観」みたいな話をしてたんですよ。 息子、姉ちゃん大好きなのは良いのですが、まさか「お父さんは許しませんよ⁉」が出るとは思いませんでした。どこで覚えて来たんだろうそんな [続きを読む]
  • 今年の誕生日。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、実は私先日誕生日だったのですが、誕生日の前日の夜、息子が熱心にお絵描きしてると思ったら当日こんな事がありました。 「息子が何でもします券」だけど「但し俺がしたくない事はしない」というとても潔いお手伝い券を貰ってしまいましたが、今のところ肩を叩いて貰うくらいしか使ってません。 とりあえず、息子から貰ったこの「息子が何でもします券(但し内容による)15枚綴り」です [続きを読む]
  • その年の12月・7
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回産院に入院してから一時間17分という速度で出産してしまった私ですが、出産後の赤ちゃんの身体測定的な事を済ませてやっと落ち着いて息子を腕に抱く事が出来ました。 初めてこの腕に抱いた息子はとても疲れた顔をして眠ってました。 こちらの産院では出産後に赤ちゃんの体重測定時の写真を撮ってくれてるのですが、娘は「産まれたーっ!」と全身で表現してるように大きな声で泣いて [続きを読む]
  • その年の12月・6
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回陣痛の極期の最中分娩室に一人置いて行かれた私ですが、結構ギリギリで助産師さんが帰って来れられるまで持ちこたえられました。←元夫は熟睡してたらしくて「起こすのに手間取った」と仰ってました。 で、ですねその後こんな事言われて 助産師さんの 指導の下いきむのを我慢しつつお産が始まりました。 が、いきむつもりなんて無いのにどうしようもなく全身に力が入ってしまうんです [続きを読む]
  • その年の12月・5
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回いきなり凄い陣痛に見舞われた私ですが、病室に様子を見に来られた助産師さんにこんな事を言われて分娩室へ向かう事になりました。 「えらいえらい」って感じだったんですけど、今思えばこれは「起きた途端に動き出して出産に向かって動き出した息子に言った気がします。というかこの言葉を聞いてやっと「私の体が出産に入った」と実感して妙に安心したものです。 その後、分娩室が [続きを読む]
  • その年の12月・4
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回お腹の赤ちゃんを助産師さんに起こされた私ですが、「陣痛が始まるまで病室で待機」となりました。※出て来てる水の量が多いので少し様子を見て陣痛が始まらなかったら促進剤を使うという感じで。 そして病室で私が見たものは、 とりあえず、元夫には起きて貰ってベッドの隣のソファに移動して貰い無事にベッドに横になる事が出来ましたが一瞬どうしようかと思いましたね(´・ω・`) [続きを読む]
  • その年の12月・3
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回陣痛もおしるしもお腹のハリもさっぱりなく、子宮口の開きが1センチにも関わらず破水して産院へ行ったら「赤ちゃんが寝てる」と助産師さんに言われてしまった私ですが、その後こんな事がありました。 「大丈夫。赤ちゃんが起きたら陣痛が始まりますから」←これ、結構本気で驚いた言葉です。陣痛って赤ちゃんが起こしてるそうです(助産師さん談)。そりゃ破水しようが赤ちゃんが寝 [続きを読む]
  • その年の12月・2
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回深夜に陣痛もおしるしもさっぱり無い状態で破水してしまった私ですが、隣の部屋でゲームをしていた夫(元)がその日は晩酌してない事を確認し、産院と姉に連絡を取り無事に産院に着くことが出来ました。 そういや、産院に向かう道中、元夫の運転に個人的に修羅場な出来事があったのを今思い出したので息子出産まで描けたら最後に描いてみようと思います。 三コマ目の言葉が助産婦さ [続きを読む]
  • その年の12月・1
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、以前「息子が私によく似てる(顔が)」の話を描いた時に「そっくりエピソードは出生時まで遡れる」と書きましたが、ちょっとその辺も描いてみようと思います。とにかく息子の性格がよく分かるエピソードが(お腹に居るのに)今思い出しても「ふざけるな」という気持ちになります。順を追っていきますので、お付き合いよろしくお願いしますm(__)m 私は息子を妊娠中はあまり順調な妊婦生活 [続きを読む]
  • 何してた。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、あれは娘がまだ一人っ子(二歳半くらい)の頃のことでした。 友人とランチに行ったら「子供がお腹に居た頃の記憶」、所謂「胎内記憶」の事を話し始めたんですよ。こんなの聞いたらやっぱり「うちの子はどうだろう?」ってなりますよね? 確かに娘がお腹に来る直前まではしていたと思いますよ?←バスケット(当時地元小学校のミニバスの指導者もしてたので)。 ハッΣ(゜□゜*)!!!もしや [続きを読む]
  • 16歳の決心。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、ずいぶん前に描いた話の続きを描こうと思って確認してみたら一年くらい経っていたと先ほど気がつきました(´・ω・`) なので今回の一本目は再掲載という事で。←あ、一応前回はこちらになります。 で、気がついたんですよ。この時期夏休みの話は出てくる時期でもまだ期末テスト終わる時期でもないんじゃない?って。 自分の成績に対して潔いにも程があると思った出来事です。 なんてい [続きを読む]
  • 顔面。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、作中では似せて描いてませんが、息子は私にとても良く似ています。←顔が。どれくらい似てるかというと、最近ではお盆のお参りに来たお寺の住職さんにしみじみと「タロウ君お母さんに本当によく似てますよね」言われてしまったりもしました。ちなみに私の高校時代の写真は息子とクローンレベルで同じ顔してます。※娘は別れた元夫と判で捺したように同じ顔してるので私にはまったく似てま [続きを読む]
  • 空手家だから。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、ぼんやりしてるうちの息子ですが、三歳から空手を始めて高校生になった現在もそれなりに頑張って道場へ通ってます。※有段者 先日少し体調が悪くて二階の自室で休んでたのですが、夏休み中で息子が家に居たので息子のお昼ご飯を作りに一階へ降りようとしたら息子が階段半ばで両手を広げて待ち構えてました。 超良い笑顔(のキメ顔)で言われたのですが、「トドメ刺す気?」とうっかり言っ [続きを読む]
  • リクエスト。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、息子の高校は先日文化祭がありました。準備期間中は毎日帰宅が遅かったのですが、その日は私も仕事が立て込んでいて晩御飯の支度が遅れたので息子から帰宅の連絡が来てから買い物に行こうと思っていました。 「具体的に」って言ったら普通は「料理名」で答えますよね?←確かに「お味噌汁」は具体的だと思いますが。「お肉 系(「肉」とは言ってない)」はともかく「ほんのり魚」って何 [続きを読む]
  • 姉の力・2
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、兄弟って幼い頃とか「自分たちだけで通じる妙な会話」をしている事ってないですか?うちの息子は,物心つく前から姉ちゃん大好きで(その内描く予定ですが、私でなく娘の後追いをしていた位)、言葉が出る前から娘にムニャムニャと話しかけていて、何故か娘がそれを理解している風な感じでした。 「え!?姉ちゃん!!」と言った瞬間てっきり「俺も読みたい!」だと思ったんですけど違いま [続きを読む]
  • エーデルワイス。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、息子が高校生になってからの定期テストの事でした。 気持ち的には分かるのですが、いくら知ってる言葉に脳内変換されたんだとしてもそんなメルヘンな名前の言葉という時点で気づいて欲しかったというのが本音です(´・ω・`) ていうかこうやって改めて文字で書き出してみると「デルワ」くらいしかまともに被ってないから響き的にもアウトな気がします。※この後強引に「ファンデルワールス [続きを読む]
  • 三者懇談(中二)。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、あれは娘が中二の三学期の三者懇談の事でした。 これ位から「受験」に向けた話が出て来始めるのですが、娘は一人目の子という事もあり分からない事ばかりで結構緊張したものです。 迷ったあとすら無いそれは潔い解答用紙でした。←ほぼ白紙。※て言いますか、このテスト、因数分解だけで全部で十問という(一問10点)、このジャンルが苦手な人間は全く点が取れないという鬼仕様(そして [続きを読む]
  • ある日の夢(息子の場合)。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、「ぷよぷよ」ってご存じでしょうか?もの凄く簡単に説明しますと「ファンタジーな世界で可愛いキャラ達がぷよと呼ばれるブロックを消して戦うパズルゲーム」でしょうか。詳細が気になる方はこちらへGO!←SEGAのぷよぷよ公式サイトURL 可愛いキャラやブロック(ぷよ)ですが、連鎖で一気に消したりすると派手な演出が出たりとなかなか楽しめるゲームだと個人的には思ってます。 まさかぷ [続きを読む]
  • 台風一過、その頃の私。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、娘から「四日後の福岡行きの飛行機の予約取れた」と連絡があり、宿泊先も初日から泊まってるホテルにそのまま泊まれることになったと連絡が有り一応は一安心する事が出来ました。 ていうかこの瞬間が「台風一過」の期間の中で不安がピークに達した瞬間でした。←よく読むと娘の行ってる国とは関係の無い国の言語だったんですけど、一緒に成績表もあったので不安が五割増しになった出 [続きを読む]
  • 台風一過、娘の評価。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、前回のブログを見たらしき娘がなんか静かに切れながら話しかけてきました。 校名に「外語」と付く学校の英語の先生が言うんだから間違い無いんでしょうけど、最後の二つは「英語力」にカテゴライズして良いのかちょっと判断つきません(´・ω・`) とりあえず、これから海外に行かれる方。大事なのは単語とジェスチャーと勢いと愛嬌らしいです。※「クラス一のその発音力はいつ聴かせてくれ [続きを読む]
  • 台風一過、現地での娘。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、もう一回「私を不安のどん底に陥れてくれた出来事」を描こうかと思っていたのですが、娘が語ってくれた「現地での英会話」が何か凄かったので描いてみました。 娘の英語力。違う意味で予想以上でした。 「ベリーベリーハードタイフーン」もどうかと思ったのですが、「カンクウイズダイ」でそんなの吹っ飛びました。て言いますかね。最初に言った言葉が「カンクウイズダイ」だったので(「 [続きを読む]
  • 台風一過、その頃の我が家。
  • ご訪問ありがとうございます(・∀・) さて、娘が一日でも早く日本へ帰って来るよりも四日間現地滞在を延ばしてまで福岡行きの飛行機に乗って博多ラーメンを食べてくるという決意を固めた頃、我が家ではこんな会話が繰り広げられていました。 そういや娘の専攻、日本語学科でしたわ。←海外から日本に帰ることが出来ない事態になったというのに平然としてたから忘れてた。 「俺ならこんな事になったら泣いてお母さんに電話して迎え [続きを読む]