カメリオ さん プロフィール

  •  
カメリオさん: おひとり様の街歩き
ハンドル名カメリオ さん
ブログタイトルおひとり様の街歩き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kamellio/
サイト紹介文スローなフェリー、路線バスで、離島めぐりのひとり旅。碧い海を観たくて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/01/28 14:45

カメリオ さんのブログ記事

  • 終点、小諸駅
  • なぜ、カッパヤなの? かっぱ? 駅舎内では、無人販売料金箱が運賃箱なのが笑えます 味噌も買いたいけれど、重たいし、、、 酒蔵巡りも、してみたいけれどしなの鉄道は、またいつの日にか ここは、小諸駅小諸なる古城のほとりには、跨線橋を渡らなければなりません まずは、駅前をお散歩さ。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀河鉄道?
  • どうしても、ここに立ちたくなるんですよ大人になれない大人は、、、? 観光列車ですからアテンドさんが、記念撮影をしてくれます 座席の配置も、観光列車だから そして、ホームには鉄ちゃんここが終着駅 クリオネじゃなくてテルテルぼうず 観光列車ですから、雨は避けたい 下車しても、手を振ってくださるアテンダントさん 楽しい観光列車でした 名残惜しいですが駅前を散策しましょう にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハイレール1375
  • 列車旅ですし、観光列車ですし、ワインの産地ですから飲まない手はありませんね 爽快感の伝わる観光列車 ここでも、ハロウィンでおもてなし やたらと、宇宙が出てきます 列車の中に、ミニプラネタリウム 売店は、準備中 八ヶ岳を見ながら 車内販売の珈琲と 小淵沢駅で買った、お菓子これ、美味しかったですよ職場の人も、喜んでくれました 停車駅では、おもてなし 宇宙が出てくるのは、このせい電波望遠鏡 空を見上げ [続きを読む]
  • 小海線に
  • 降車客に頭を下げるのはわかりますが、列車に頭を下げる必要があるのでしょうか? 日本の常識、世界の非常識疑問には思わないのかな? 小淵沢駅からは、八ヶ岳東麓を走る小海線に乗ります 本数は、決して多くはない私の地元でもそうでした。 臨時列車があるのは、観光地であるからこそ のぼりに フラッグ 夜と昼 気分だけは、盛り上げさせられる 観光列車のお出ましさ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小淵沢駅前
  • トレッキングに訪れる乗降客が多いんでしょうね 駅前を散策しましょうか? 駅前には、馬の彫像草原、高原地帯を印象付ける 衝撃の伝わるレタリングいったいどんな駄菓子を売ってるの? ECOひいき地産地消から、魅力的な農産物は、広まってゆく これも、行田市産の足袋特約店が作られるほどの人気商品だった、、、 ご当地マンホールのふたりんどう?がモチーフ バスのアイコンなんでしょうね? 小淵沢駅は、おしゃれな駅 [続きを読む]
  • 山梨県?長野県?
  • 乗り換えにあった、未知への階段? いろいろな、山が、山なみが楽しめそう 一番は富士山ですね 南アルプスは雲に隠れがち ここには、いったん、改札を出なきゃいけないし奥まったところにありますので、気づかない人も多い 何より、乗り換えに忙しいですからねぇ ここは、小渕沢駅 立ち食いソバも、ありました。気になる〜!! 富士山は、最高さ!! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 美しい富士山
  • メニューは、かるた風に 富士山が望めるしかも、美しい富士山贅沢ですよね 緩やかな弧を描く韮崎駅のホーム遠くに目を向ければ おおっ美しい富士山が、、 架線が無ければ美しいのに、、、 さて、中央線を鈍行電車で移動開始 複線なんですが、特急電車を優先させるため待ち時間も多い鈍行列車 日野春駅で、甲斐駒ヶ岳を眺めてました にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花子とアン
  • 再び登場花子とアン この蔵造りが、ロケで使われたんだそう強風のため、表口は閉められていました ロケでは、教会に変身 中は、薄暗いこともあって歴史は感じさせられます 照明のデザインも素晴らしい 指物も、日本の伝統文化 展示品の数は多くはありませんでしたが楽しめました 観音様の眼下に広がる韮崎の街 日が暮れる前に、宿へ行かなきゃ 手掘りのトンネルをくぐれば 岩山に納められた、窟観音 宿の部屋から夕焼け [続きを読む]
  • 民族資料
  • ネコのお食事マシーンペダルに足を載せることで、蓋が開き食事にありつけるというもの夏休みの工作? 民俗資料館でもありますのでこのようなものも展示中 ものぐさな人は、昔からいたものです? 水車による杵つき6連バージョン よく造ったものだと感心してしまいます にほんブログ村 [続きを読む]
  • サムライ・ビ・ドグウ
  • 最後まで、坂に悩まされた韮崎市立民族資料館 美土偶?関心を持ってもらうためには形振りかまっていられません これが、その美土偶美人なんでしょうね、、、? ざんぎり頭の美土偶? 二人?合わせてサムライ・土偶!! 古代文明のように派手さはありませんが縄文文化もそれ以上の魅力があります 宇宙人がモデルだったら歴史が変わるのに、、、 人間の創造性ってどこから来るのでしょうか? 普通の博物館では、使途不明とし [続きを読む]
  • 町おこし、いろいろ
  • ハロウィン、定着してきましたねただ、悪乗りの暴動だけは受け入れられませんね 韮崎市も、武田の里甲斐の国ですから 韮崎の商店街落書きじゃありませんよ 地域の伝承・昔話がシャッターに描かれていました。 町おこしにも、いろいろな取り組み方があるものです 電車で、半日かけて来た今日の目的地あと1.7キロ 路線バスもなく歩くしかないです しかも、丘陵地にあるものですからひたすら、坂を上がっていく 花子とアン [続きを読む]
  • 韮崎駅へ
  • 甲府駅の構内にも、立ち食いそばはありますよ。ほうとうがあればなぁ。回転率が悪いから、無理だよなぁ、きっと、 茶色の電気機関車 なぜか鐘甲府は、かふふ、と書いたんだそうな さて、ここからは、中央線に乗り換えこの日は、踏切事故が午前中にありダイヤは大乱れナンテコト 下車した駅でも、風林火山 サッカー選手は、二の次となってしまった。 こんなにも、力を入れてたのに こんなにも、、、 世の中、すべて、ひっ [続きを読む]
  • うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう
  • 甲府は、ただいま500周年きっと、武田信玄公から数えてなんでしょうね 観光案内所があるから南口へ 気になるお店ですが甲府名物は、書かれていないのでパス このようなこじんまりとしたお店で 甲府名物、「ほうとう」をいただきます味噌煮込みうどんにはない柔らかな味わいが特徴 麺自体の製法も違いますが使う味噌の種類が一番の違い これも、ご当地マンホールのふた? これは、本物の?ご当地マンホールのふた そのとお [続きを読む]
  • 身延線、秋の乗り放題パス
  • あ〜あ、今朝は富士山が見られない。まだまだ、十月上旬ですからねぇ11月、12月と寒くなるにつれ、富士山が毎日のように見られます 今回も鈍行列車の旅 秋の乗り放題パス連続3日間有効で、7,710円これまた、微妙な値段 まずは、身延線で甲府へ ここのホームには揚げたてのかき揚げを載せてくれる立ち食いそばがあります。美味しいですよ 特急に乗れば、時短なんですけど 特に急ぐ旅でもなし、、、 ボックスシートがあっ [続きを読む]
  • 意外な名物
  • 上手に作ってありますねさて、たこ焼きのお味は? 顔出しパネル、ありました。食べたものをブログに載せるならこちらを使ってね? 飲食店の誘惑、これでもか!! まかないなのに、そんないい形で、出せるの? 生が苦手な方には、炙っちゃえ? みなとちゃんと歩く那珂湊のお散歩旅いかがでしたか? ホントは、自転車が良かったのに? 市場で、何も食べることなく勝田まで、戻ってきてしまった 大人は、そばですよ?駅の階 [続きを読む]
  • 那珂湊のおさかな市場
  • 釣り人の集まる海岸公園 河口対岸には、アクアワールド人気のある水族館のようです那珂湊駅からバスも出ていました 私も、水族館に行きたかった、、、 ここから、向かうのは 那珂湊おさかな市場 タイやヒラメが舞い踊る? なんて、贅沢なんでしょう? 食べたいです。でも、ホテルで朝食をいただいたから、、、あきらめます 秋刀魚が、出始めた9月下旬まだまだ、手が出せません。 うわぁ、あんこうグラム80円は安いの? [続きを読む]
  • 湊公園、い賓館
  • 茨城県のお土産に、いかがですか?400円という微妙なお値段 今日は三連休の最終日那珂湊の街を再びめぐります 湊町ですから、航海の安全を祈るべく神社は欠かせません 西洋では、大理石を彫り東洋では、木材を彫る どちらも、極めれば同じ 赤い鳥居に、白い鳥居配列に、何かしらの意味がある?四郎介稲荷神社 湊公園 い賓閣址、いの字が変換されない、、、水戸藩の迎賓館だったところ なかなか、立派な建物だったようで 小 [続きを読む]
  • 日工前から
  • あ〜あ、ワンマン車両が、行ってしまう、、、 今朝は、日工前から乗車 整理券とは言わず乗車駅証明書と言う 第三セクターの、小さなこだわり? 今朝は、乗客も少なく 刈り取った後の田んぼを見ながら列車に揺られる 国体ですら一年前からPR オリンピックは、、、 やたらと、鉄ちゃんが多いひたちなか海浜鉄道 レトロな那珂湊駅 故に、関東の駅百選認定駅JRだけが表彰対象じゃなかったんだ、、、 にほんブログ村 [続きを読む]
  • おもしろ看板
  • どこにでもありそうな、観光地図の看板ですが那珂湊は、かなり違うんです そこで、何をすればいいのかが 一目でわかります ユニークさはピカイチ 地図の使い方 1 地図を見ましょう 2 那珂湊の街を、お散歩しましょう 3 なぜ、このようなデザインになったのでしょうか? 4 お魚市場に行けば、 5 その理由がわかります 6 那珂湊の街を楽しんでね 7 写真を撮って 8 みんなとシェアしよう 看板に込められ [続きを読む]
  • 那珂湊やきそばのバリエーション
  • 那珂湊やきそばを使った、オムそば看板メニューだけあって、美味しい850円は納得価格? ひとり旅では、2皿は食べられないからあきらめました、、、 ご当地コロッケなのか、判断しかねる、こののぼり 海浜公園へは、JR勝田駅からバスで行く方法もありますがこちらは、渋滞につかまりやすいらしい 夕飯もいただいたし、ホテルに帰りますか 特等席は、いつも誰かがひとり占め? ホテル近くの無人駅 1,100円で、一日楽しめる [続きを読む]
  • 至福の時間
  • この花が咲くころにもう一度来てみたいです トイレと恋はおなじなのか、、、? 海浜公園は、丘陵地帯なので、帰りは、海に向かって走り出す 阿字ヶ浦駅に到着 ホームには、痛々しい車両 展示しておく意味があるのってくらい傷んでます もう一輌 こちらも、近いうちに、、、 鉄子さんが増えてきたなぁと感じる今日この頃 夕陽を見ながら、列車に揺られる至福の時間 にほんブログ村 [続きを読む]
  • フラワーリングは大観覧車
  • ひたちなか海浜公園のもう一つの目玉大観覧車、フラワーリング シースルーゴンドラ?そんな、怖いのには乗れませんよ LOVEゴンドラおひとりさまは、お断りでしょ! 親切なのは、先にチケットを買ってって書かれていること たまにあるんですよね、改札まで行ってチケットお持ちですかって、、、 シースルーでなくても、十分怖い高所恐怖症なのに、、、 見晴らしの丘 ロータリー交差点 信号機がいらないから、日本でも、増えて [続きを読む]
  • コキア、ひたちなか海浜公園
  • インスタ映えで、有名ですからご存知の方もおおいのでは? 海浜公園へは、ひたちなか海浜鉄道でくるのが良いようです 渋滞知らずですから。 なにはさておき、見晴らしの丘へ SLもどきでも、来られますが私は、ウォーキングと称して、歩いてます 色づき始めた、丘まりも? 来場者のお目当ては、ここ見晴らしの丘 鐘を鳴らさなきゃ気が済まない人が多くうるさいったらありゃしない やっぱり、紅紫のほうがきれい早すぎたか [続きを読む]
  • うさぎ列車に乗って
  • 黒うさぎ列車に乗って、出発進行〜! そういえば、最近、ミミとオズのブログの更新がありませんがどうされちゃったのかな? これも、スポンサーによるものなのか?でも、電話番号も、HPアドレスもないし、、、 車内にも、うさぎ スコットランド メキシコ う〜ん、どこの国なの?君は、、、 うさぎ、ぴょんぴょん、みぴょんぴょん? ひたちなか海浜鉄道、終着駅阿字ヶ浦 あんこうが不気味です 阿字ヶ浦駅からは、無料送 [続きを読む]
  • 鉄道車両と、百華蔵
  • 那珂湊のマンホールのふた太平洋岸ですから、日の出どこの橋?湊だから漁船なぜか、たんぽぽ さて、お散歩を続けます 鉄道車両が案内されてるのに、行けば警告みだりじゃなければ、いいのね? 昭和の気動車 もう、ぼろぼろで痛々しい ステンレスの車両ですから電車かと思いきやこれも気動車 顔も、電車っぽいのは製造所が同じだから? 塗装だけで、高級感?が出てくるから不思議なもの ありゃ、どうやら名古屋地区から持っ [続きを読む]