kaokao さん プロフィール

  •  
kaokaoさん: golden child plants
ハンドル名kaokao さん
ブログタイトルgolden child plants
ブログURLhttps://ameblo.jp/golden-plants-age/
サイト紹介文ガーデニングに夢中。ニューサイランやユーフォルビアなどのカラーリーフプランツが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/01/28 23:42

kaokao さんのブログ記事

  • 名もしらぬグラス
  • 高速道路に乗ったらすごくきれいな穂がでるグラスがたくさん咲いていてすごくきれいだった。 その姿を見たいと思いそしてあわよくばタネを取れる場所を見つけて家で育てようと思い散歩に出かけた。 走っている時によく見えたので外側から見えるかどうかわからなかったが行ってみたら結構タネが飛び広がっていて採取できそうな穂もあちこちにあった。 法面の強化のため、とか緑化の為にあえて種まきしているの [続きを読む]
  • 台風がくる日の午後
  • 今年は本当に大変な自然災害が多かった夏ですね。あまりにも暑すぎて、夏場の園芸なんてする気にもなれず、草取りや夏の剪定すらもムリ、というありさまです。 ようやく涼しくなって、ようやく雑草を取り、長雨や暑さで枯れた枝葉を取りました。ゴミ袋4袋を超えても終わらないのでとりあえずそこで終了。 台風も何度かきて、ナニワイバラを支える支柱も壊れたので木工屋さんに作ってもらいました。予想以上に立派なものが格 [続きを読む]
  • イテア・イリキフォリア
  • シナズイナ(支那瑞菜) ヒイラギズイナ など色々な呼び名があるらしい。 とってもカッコイイ植物です。確かに葉はひいらぎに似ていて常緑の植物です。 花穂が重いせいなのか折れやすいのかよく根元から折れています。 で、折れたものを母が生け花の展示会に使ったら 人々が生け花は褒めてくれないけどこの植物がすごくいいと大評判だったそうだ。 名前はなんだと聞かれたがイテア・イリキフォリアなんて名前とても覚え [続きを読む]
  • 菊のような重厚さ ルドベキア・チェロキーサンセット
  • ルドベキア・チェロキーサンセットだと思われます。 もはや菊のようです。こんなに花弁多かったかしらと思いますが 植えて数年経って株が充実してきたからかもしれませんね。 でも、この花弁が多すぎてとっても重たいのですぐに倒れ気味になるのです。 この花が咲くのは日本では梅雨の時期とバッティングするので全部倒れてしまいます。 くやしくて仕方ないですがでもお天気に文句つけても仕方ないのでどうしたらなるべく自 [続きを読む]
  • カシワバアジサイも見ごろを過ぎてしまった梅雨
  • カシワバアジサイがきれいだなと思っていたけれど 忙しいので写真をとるタイミングを逃しなんだか見ごろを過ぎてしまった。やはり花は咲き始めが一番美しいですね。 花が重すぎるのに加え雨と湿気でずっしりとしております。 でもそれなりにおもしろいかなと撮影してみました。もはや何か爬虫類のようなちょっと不気味な感じすらします。 梅雨時期ですから南国植物はつやつやですね。 去年の冬は寒かったのでどうなるこ [続きを読む]
  • ニューサイラン・プルプレアの花が咲いた!
  • これ、花が咲くとは知りませんでした。初めて見ました。 朝なんとなく視界に違和感があったのですが朝は忙しいのでスルーしてしまいましたが母に言われて何じゃこりゃーとびっくりしました。 いやー大きい。初めて見ました。 花自体はこういう感じの植物の花、っていう感じです。でもニューサイランに花が咲いてる状態は珍しい気がします。 写真うまく撮れませんね。どうしても周囲が入ってしまうのでなんとか入らないよう [続きを読む]
  • ニューサイラン・プルプレアの花が咲いた!
  • これ、花が咲くとは知りませんでした。初めて見ました。 朝なんとなく視界に違和感があったのですが朝は忙しいのでスルーしてしまいましたが母に言われて何じゃこりゃーとびっくりしました。 いやー大きい。初めて見ました。 花自体はこういう感じの植物の花、っていう感じです。でもニューサイランに花が咲いてる状態は珍しい気がします。 写真うまく撮れませんね。どうしても周囲が入ってしまうのでなんとか入らないよう [続きを読む]
  • アルテルナンテラ・マーブルクイーンに出会う
  • 探していても最近まったく出会えないアルテルナンテラ・マーブルクイーン。 ひどいと晩秋に売ってるのを見かける。今売ってると冬も大丈夫なのかなと初心者を惑わせます。 真夏を迎える前に出会えるのは数年ぶりです。 個人的に夏の傑作だと思うロベリア・ブルーインパルスも最近売ってない。 なぜなんだ・・・こんなに素晴らしいのに。こうなったら私がこの素晴らしさを夏じゅう伝えまくらないといけない。来年は沢山作って [続きを読む]
  • アルストロメリア インディアンサマー
  • 今年もアルストロメリア インディアンサマー沢山咲いています。 鉢植えの方が我が家では調子よく育っています。ちゃんと日が当たるように間を開けて植えれば地植えの方が元気なはずですがそうもいかなくて、という所でしょうか。 それにしても花を後ろから見た姿なぜこんなにも美しいのでしょうか。 つい見とれてしまいます。写真うつりもよいですね。 このアルストロメリアは銅葉がとてもきれいで特徴があります [続きを読む]
  • チョコレートコスモスの魅力
  • チョコレートコスモスをかなり久しぶりに買いました。 コスモスといってもよくみかけるコスモスとは大分違う感じです。 ちょっと爬虫類的なブキミ感も感じるのですが色がカッコイイので人気なんだと思っています。 我が家の鉢植えではよくわからないと思いますがこのコスモスの魅力は葉っぱが下にぐっと固まってワイヤーのような曲線の茎があちこちに伸びてその動きが面白いことです。 それがたくさん植えてあると妙な視覚 [続きを読む]
  • シマイトススキとスティパ・エンジェルヘアー
  • さて、アジサイもさいてきたけれど何といっても今はスティパ・エンジェルヘアーがとても良い季節です。 小ぶりなので将来困ることは絶対にないしこぼれタネでたくさん増えるし光に揺れる姿が本当に美しいのでとても気に入っています。 スティパの向うにシマイトススキが見えるのがすごくいいなと思います。 グラスは好きなものが多いけれどすべてを植える場所がないのでもっと広いお庭を夢見てしまいます。 シマイトススキ [続きを読む]
  • クレマチス・火岳と黄金の葉たち
  • クレマチス・火岳ずっと我が家で咲いていますので毎年おなじみですが 今年は背景がすごくいいなとおもいました。黄金に輝くコニファー・ゴールデンモップがすごくキレイに育ってきたので対比が際立ちます。 やはり黄金葉の植物は輝かしいです。 今年の気温がおかしかったせいかすべてブラインドだったバラも切り戻したものがようやく花開きます。 バラはどれだけ頑張ってもどれだけ大きくなっても結局カミキリムシによって [続きを読む]
  • アジサイ・ダークレッド
  • アジサイ・ダークレッド これはいいぞと買った、アジサイの苗。 すごくいいぞと思ったけれど情報が全くない。一度きりのカタログ掲載でそのまま終わったようです。 しかし。 どうですか、この姿。 葉の黒さもさることながらこの黒いつぼみときたらわくわくが止まりません。 葉が黒いは結構あるけどつぼみまで黒いは案外ないですね。 伊予の薄墨はちょっとつぼみが特徴あって素敵なので毎年愉しみにしています。 これから [続きを読む]
  • わらびちゃん
  • 6月に入りましたね。 私はここ数年、自分の中にある正体のわからないずっとずっと聞こえているけれど理解できないものについて取り組んできました。 いろんな勉強をして知識を入れて理解しようとしたり自分の心のワークをしたりセッションを受けたりして自分というものを理解しようと続けてきました。 どうしてもわからない、どうしてもこの苦しさがなくならない、と苦しみました。 でも色んな人や存在に助けられてようやくここ [続きを読む]
  • クレマチス、先祖返りする?
  • クレマチスアルバの散り斑だった・・・・はずのクレマチス。 そのように記憶していますが別の品種の可能性もあります。それぐらい違う姿です。 今年も無事に咲いておりますが姿はかつての面影がありません。 かつてはこのように白地に吹きかけたような粋な斑があったのですよ。 以前の姿⇒ それなのに今、ほんとにこの子はそれだったかなと思うぐらい別人です。花の形はそのままだけど普通の紫になりました。 こんなことってある [続きを読む]
  • アメリカシモツケ・マゼルトブラウンとアンバージュビリー
  • アメリカシモツケ・マゼルトブラウン すごく大きくなりました。花が見たいのでなるべく剪定しないように自然な感じに枝をのばしつつがんばりました。 もう花は終わったのですがヨウシュヤマゴボウが芽吹き出しこぼれだねで増えまくってなんだか花畑みたいになったオルレアがいい感じに見えますね。 素晴らしいです。しかしこの光景はやたらにでかくなるヨウシュヤマゴボウにさえぎられますので今だけしかみられないのです。 アメ [続きを読む]
  • ペチュニア・湘南ヴェルデ
  • この重たそうな梅雨時期には一発でカビそうなゴージャスでゴシックな花は「ペチュニア・湘南ヴェルデ」と申します。 こりゃすごいビジュアルだ、と買ってみました。 まだ咲き始めですがもう少し咲いたらすごいと思います。 我が家ではナメクジがすごいのでこういう花は置き場所があまりありません。 ということで、ここならあまり被害がないだろうという吊り鉢に入れました。 そこにブドウの蔓がからんであら素敵、となっ [続きを読む]
  • リシマキア・ファイヤークラッカー
  • リシマキア・ファイヤークラッカーLysimachia ciliata 'Firecracker' この植物を買ったのは本当にかなーり前です。 4〜5年前ぐらいです。 暑さ・寒さにも強くて乾燥地にも湿潤地にも強く丈夫で丈夫で仕方ないらしいですが なぜでしょう。我が家ではちっとも増えないんです。カラーリーフとしてとても優秀と思い、これが群生するのを夢見て植えたのですけれど泣かず飛ばずで数年間。 今年ようやく増えたかも、という感触です。 [続きを読む]
  • 斑入りセリと黄金葉つゆ草
  • エゴポディウム・バリエガータAegopodium podagraria 'Variegata'というお名前です。めっちゃ言いにくいです。これなんだったかな、と思うときなかなか記憶の引き出しから出てきません。 斑入りセリと呼ばれることが多いです。 我が家では増えないよねと思って数年経ちましたがお店の言葉とおり「シェードガーデンのカバーの決定版」となってきました。 地下茎で増えるものは最終的にはスゴイことになりますが最初の数年は全 [続きを読む]
  • 植物の名前の由来をたのしむ
  •  品種不明 日本の植物には独特の名前が付けられています。 例えばギボウシという植物名は「擬宝珠」と書きます。 つぼみや苞葉につつまれた若いつぼみの形が牛若丸が乗ってそうな古いタイプの橋や寺院の飾りについている擬宝珠に形が似てるから、ということだそうです。 なんだかすごく風情がありますよね。どんな風にその植物を見て感じたか外国語にもそれなりの由来と響きがあってその名がついていると思うのですが 外国語 [続きを読む]
  • 黄金イタヤモミジ
  • 「黄金板屋紅葉」と書くらしい。 私個人の好みとしてはぼってりした葉のものは好きではないけれど 母がこれを生け花に使いたいということでお庭に植えた。 狭いお庭なのであえてこれを選びはしないけれども でもやっぱりこの時期の黄金葉はとんでもなく美しいです。赤い縁取りが非常に良いです。 私の好みは細い葉のものです。筋のはいる葉のものがやはり興味がわきます。ヘリオプシス・ローレンサンシャインがすごく好 [続きを読む]
  • ギボウシ・サガエ
  • 大きいです。 ひたすらに豊かです。 大きすぎて他の植物が隠れるぐらいになりました。 ただただ豊かだなと見入ってしまうのでした。 ただの葉っぱなんですけどね。 多分一日見ていても飽きないです。そんな一日を過ごしてみたい。 サガエは外国品種ではない・・・・はずそのせいかよく大きくなります。 大きくならないわという方はもし鉢植えだったら鉢が小さくないかチェックです。 鉢が小さいと小さいなり [続きを読む]
  • ギボウシ・ブルーボーイ
  • まるくずんぐりして触ったら折れそうな肉厚な葉、写真ではあまりわからないけれど パウダーが入った青い葉。触ったら粉がとれそうです。 これも今年すごく大きくなりました。 素晴らしい株になりそうです。 まだ写真も少ないけれど数年単位で放っておかないといけないので 名札がなくなったり読めなくなったりするので記録代わりにアップしています。 ちょっと地植えしてみたい品種です。 [続きを読む]
  • ペチュニア・アンティークストライプ
  • ペチュニア・アンティークストライプというそうだ。 ちょっと変わった色をしている。 この茶色が柄なのか枯れているのかいまいち判断しかねる色合いでそこが面白いのか。 雨が続くとあまりよくないタイプですね。最近は降ると結構長かったり激しかったりして、気候が変わってきたことを感じます。 ペチュニアはこういう品種が増えてきてちょっと面白いですね。何がいいって、他のカラーリーフとの相性がすごく良いのです。 [続きを読む]