篠本 さん プロフィール

  •  
篠本さん: 臨床心理士指定大学院 対策ブログ
ハンドル名篠本 さん
ブログタイトル臨床心理士指定大学院 対策ブログ
ブログURLhttp://shinrinyushi.blog.fc2.com/
サイト紹介文臨床心理士指定大学院の入試対策に関する情報ブログです。
自由文臨床心理士指定大学院対策ブログでは、毎日更新しながら、研究計画書の書き方や、勉強の進め方、受験校の選び方、心理系英語の勉強の仕方、ノートの使い方など、臨床心理士指定大学院受験生や、心理系公務員志望の皆さんに役立つ情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/01/29 20:05

篠本 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 公認心理師試験 解答速報一覧
  • お久しぶりです。いろいろと多忙なため、ブログの更新が滞ってしまっていました。研究計画の添削指導は、変わらず引き受けさせていただいています。今後もどうぞご活用ください。(詳細→研究計画の添削指導)さて、先日、ついに第1回 公認心理師試験が行われましたね。皆さん、手応えはいかがでしたか?個人的には、事例問題の中には判断の難しい問題も多くあったように感じられました。果たしていずれの回答が正答とされるのか [続きを読む]
  • <心理臨床と法律> 精神保健福祉法
  • 臨床心理学を勉強していると、必ずどこかで関連する法律を知る必要が出てきますが、あまり興味がなく、なかなか法律の勉強をしようという気分になれない方も多いのではないでしょうか。しかしながら、法律に関する理解が曖昧だと、クライエントが危機的状況にある際に、どのような援助が可能かということがわからなくなってしまいます。たとえば、クライエントの話を聞いているうちに、虐待の可能性が出てきたとします。そのような [続きを読む]
  • <臨床心理学> 発達障害を知る
  • このブログでも、発達障害については度々触れてきました。全体をまとめた記事としては、子どもの臨床② 発達障がいやDSM-ⅣからDSM-5への変更点② 広汎性発達障害と自閉症スペクトラムを書いていますので、そちらを参考にしてください。試験勉強をされている皆さんは、それぞれの障害の特徴をある程度知っていると思います。しかし、実際に相談援助をする際、相手のクライエントは、あくまでも子どもについて自分が困っているこ [続きを読む]
  • <臨床心理学> アセスメントと視野
  • 突然ですが、あなたはある学校のスクールカウンセラーをやっているとします。一人の男の子が父親から連れてこられました。父親、教員、本人との面接を通して、以下の情報が得られました。さあ、アセスメントしてみてください。<Aさん>年齢:12歳(小学6年、男児)家族構成:父(41)、母(39/抑うつ状態)、弟(9/PDD)来談経路:学校担任からのすすめ主訴:不登校[得られた情報]・今年5月のGW明けから学校に行けなくなった [続きを読む]
  • <臨床心理学>コミュニティ心理学
  • 「臨床心理学」と言うとき、皆さんはどんな場面をイメージするでしょうか。もしかしたら、まずパッと浮かんでくるのは、密室で1対1でお話をするような、古典的な心理療法かもしれません。しかし、現在では、臨床心理士は教育、医療、産業、福祉など、様々な領域で、様々な職種の人と協力しながら働いていることがほとんどです。コラボレーションやコンサルテーションといったことも重要視されるようになってきました。個人で行う [続きを読む]
  • <臨床心理士の仕事>ダメな心理士とデキル心理士
  • 以前、<臨床心理士の仕事> 臨床心理士の活動領域という記事を書きました。「臨床心理士になりたい!」と思って勉強している皆さんは、どのくらい具体的に心理士としての仕事をイメージしているでしょうか?臨床心理士を目指す方の中には、スクールカウンセラーになって学校で子どもたちのために働きたい!という方もいれば、病院でいろいろな悩みを抱えている人のカウンセリングをしたい!という方もいるでしょう。臨床心理士の [続きを読む]
  • 心理学の古典を読もう
  • 心理学の中にも、様々な心理療法や理論があります。勉強していく中で、フロイト、ユング、ロジャーズなど、多くの名前を目にするでしょう。フロイト?ああ、精神分析の人ね!無意識とかリビドーとか言った人だよね!自分はロジャーズの来談者中心療法よりフロイトの精神分析の方が興味あるな〜。最初はこんなふうに、各理論の概要を勉強していくものかと思います。さて、ある程度、各理論の概要が掴めてきたら、今度はそれぞれの著 [続きを読む]
  • <臨床心理学> 知能検査
  • 臨床心理士が行う心理検査の中でも、特に実施する機会が多いものの1つとして、知能検査が挙げられます。なぜ知能検査を行う必要があるのでしょうか?1つに、ある程度の知能がなければ、他の検査の教示を理解できているかどうかが判断できないということがあります。検査の教示だけでなく、普段の生活場面でも、「やらない」のか「できない」のか、判断できないこともあります。また、全体的な知能に問題がなくとも、知能検査によ [続きを読む]
  • 臨床心理士の専門性
  • 臨床心理士の「専門性」とは何でしょうか?このブログを見てくださっている方々の多くは、「臨床心理士になりたい!」という志を持っていると思いますが、なぜ臨床心理士になりたいのか、深く考えたことはありますか?なぜ医者ではなく、臨床心理士なのでしょうか?なぜソーシャルワーカーではなく、臨床心理士なのでしょうか?なぜ教師ではなく、臨床心理士なのでしょうか?このようなことを面接で問われたときに、自分の考えをは [続きを読む]
  • 健康的な受験生活を送るためにできること
  • 受験生活を送っていると、どうしても精神的にも、身体的にも不健康に陥りやすくなってしまいます。どこの学校を受験しよう?勉強はどうやって進めればいいんだろう?他の人たちはどれぐらい勉強しているんだろう?もしも落ちてしまったらどうしよう?こうしたたくさんの不安と戦っていると、心の健康は損なわれてしまいます。また、長時間勉強していると、肩が凝ってしまったり、腰が痛くなったりといったこともあるでしょう。今ま [続きを読む]
  • <発達心理学>学習障害のアセスメントと支援
  • 学習障害という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。近年、テレビでも時々取り上げられるようになってきました。LDと呼ばれることもありますね。LDは、読む、書く、話す、計算・推論するといった能力のうち、特定のものが著しく苦手なことを言います。一般的な知的障害では、全体的な知能の発達が遅めなのに対して、LDは限局的に特定の能力だけが低いといった特徴があります。そのため、DSM-5では限局性学習障害と名前が改められ [続きを読む]
  • 過去の記事 …