TAKAO さん プロフィール

  •  
TAKAOさん: 私の趣味への思い
ハンドル名TAKAO さん
ブログタイトル私の趣味への思い
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/takao_c110
サイト紹介文モンキー系の改造(ターボ)を作りました。今はハレー(35VFD)をレストアをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/01/29 20:29

TAKAO さんのブログ記事

  • バイクシートで無くバイクサドル?
  • このバイクの再生で思う事馬の鞍を鉄に置き換えこの様な形100年?前からの進化を思わせる形です、この様に思わせる事に感謝です。サドルタイプシート組付けました。この角度が自然体かなで取り付けを変えました。最初はこの状態でしたが前部が上がり気味の様です。フレームに当たって傾けを変えられません。その内、外してシート屋さんで被革で包み込みして貰います。 [続きを読む]
  • 大正時代オートバイ再生中
  • プライマリーチェーンカバーをこの色に塗りました、以前、ハーレー再生の時に余っていた塗料です。ようやく、錆止め塗料が乾いたので最初のパテ塗です。サドルの部品錆び取りしました。コイルスプリングですが、少し引っ張って間を空けての作業です。左側は施工前です。刷毛塗でも綺麗に塗装出来ました。フェンダーはパテを塗っては削りを4回して、どうにか、ま〜いいかの仕上がりです?ぼこぼこの凹凸でしたが素人板金です。これ [続きを読む]
  • 100年バイクVILLERS再生
  • フェンダーは室内での乾燥で無く、紫外線でしっかり乾かします。こんな感じで半田で肉盛りで塞ぎます。裏側はこんな感じで塞いでダムを作ります。半田接合は全部外れていましたので再度接合しました。裏側はこんな感じで綺麗に着いてます、結構な技術力が必要です(笑)。半田付けの所は凸凹しているのでパテで仕上げての塗装です。 [続きを読む]
  • 大正時代バイク化粧直し
  • ハブベアリングにグリスUP、前後とも差しました。グリスニップルは初めて見るタイプですニップル下部はねじ込んでますが上部の穴と合して注入して上部を少し回して穴が塞がります。スポーク一本、一本さび落とししました。プーリーのペイント剥がし大変でした。後はキャリヤも少しの曲がりも修正して剥がし磨きました。 [続きを読む]
  • フエンダー錆止め塗装
  • 凹凸を少し板金して均しました、クラックも修理。黒色はこの塗料使ってます。リアリムのベルトプーリーも塗装します、剥離剤塗布してます。フェンダーの塗装は錆止めが完全に乾いてペーパー掛けられる位に乾かします、それからパテで均して仕上げて色を変えて塗装します。 [続きを読む]
  • 100年バイクフレーム塗装
  • 刷毛塗しました。仕上がりの心配しましたが、思いのほか、良い仕上がりです。スタンドも酔っぱらての小言若い頃、船舶のエンジンルームでパイプラインにペンキ塗ってました同じ仲間より、長い期間?考えながらこうしたら綺麗になると思いつつ塗装してましたのでこうして趣味でのお役に立ちます(笑)。実際に見ても解りません、位の仕上がりです。 [続きを読む]
  • 大正時代バイクタンク修理
  • ネットでのコピー工法では内部を酸洗いしてコーチング樹脂で簡単にすれば?もっと深く考えたら、これは100年?の次元で作られたタンクです、そして混合油タンクです、酸洗いしたら内部の亜鉛メッキが溶けてしまいます、これはブリキ板での部品です、ある程度の汚れを小石入れて振り回して少しでも綺麗にしました、底の面はオイルが有るので穴は無かったです、上からの腐食で上面が5か所ほど小さな穴が有りました、ちょこっと凹 [続きを読む]
  • さて、レストアらしき作業
  • 後ろの方は錆が酷く、全バラしました、フレームも磨いて刷毛塗します。タンクも塗料剥がしてます、最初の色が出てきました、若草色の様です。金色の縁取りの中にロゴが書かれていた様です。小石入れて振り回して汚れ落として水入れて漏れ確認、底面は穴が無いようです、上面が少しピンホールが有りました。マーカーしている所、水を口一杯入れて様子を見ます。サドルも外して綺麗にします。 [続きを読む]
  • フロント部分完成
  • こんな感じです。以前に買った、カーバイトライトをお飾りに付けて見ました。飛行機や船は右側が緑(青)、左が赤ですが?これは反対に付いている、自転車は違うのか?古さを出すため塗装はしません。ブラシで浮いている錆びを取っての黒光りです。ライトはライトリムが欠品で有りません、その内見つける事が出来るか?C100は小さい、C65はちょっと大きい、取り合いはCZ100の感じです。探すのは外径125ミリです。ホーンは鳴 [続きを読む]
  • 100年バイクフロント整備
  • 近所に昔からあるサイクルショップに相談に行きました用途不明のニップルがここにあるよ、持って行っていいよ、のお言葉、ありがとうございます。合いそうなニップルを借りて行き合わせて見ました幸いにも合うのが4本有りました、後2個ぐらい予備に欲しいのですが有りませんでした、料金は良いと言ってましたがわずかな料金を取って貰いました。これも65年前のエンジンです好調ですこのタイヤもチューブが古いせいか前後ともバ [続きを読む]
  • フロントリム外しました
  • リムはずしてスポークの点検です。リアのテンショナー金具が欠品でしたので、左右ともワシャー付きボルトも作りました、付いていた一本ですがネジが違ってますので揃えるため2本作りました。リムの裏の座金が腐食で無くなりニップルが3本抜けてます、明日、近所の自転車店を廻って探して見ます。ネジは綺麗に外れてますのでスポークは再使用です [続きを読む]
  • リアホイール外して
  • タイヤは解けてフォイールと一体化してます。ワイヤーの入ってないタイヤなので鋸で切りました。ベルト屋さんに外したお古を持って買い出しに行きました。いざ付けて見ましたがちょっと短いかな?どうにか付きましたがブレーキが付かない。考えてたら気つくなったので作業中止、一時寝ました、考えながら横になってますので閃きました、チェーンを一コマ長くしてミッションを後ろにずらす、速、実行、ばっちりです。外したチェーン [続きを読む]
  • 大正時代のバイク連続始動ならず、
  • 6Vバッテリー繋いでバッテリー点火回路でトライしました。アクセル硬いなでしたが、やはり硬いケーブルワイヤーを作り替える事にして予備の廃品?を使って作製しました。手前に写ってるのが外したケーブルです。キャブはオーバーフローしてましたがパンパンと火が入りましたが継続しません、多分油面が上がって濃いいガスが入ったかな?そうこうしているとクラッチが滑り出してキックならずで本日のトライは諦めまして、クラッチ [続きを読む]
  • 大正時代オートバイ
  • ミッションも機械好きにはたまらん、時代の経過を感じさせられない、最高の肴キャブの整備とミッション磨いて内部の点検、油取り換えしました鉄粉などの異物は有りませんでした、1935年のハーレーミッションも柔いグリスとギアオイルをブレンドして入れてますのでこれも同じようにして入れ替えました。チェーンも合して見ました明日長さを合して製作します。クラッチとエンジン停止のデコンプレバー [続きを読む]