穴熊 さん プロフィール

  •  
穴熊さん: せんすぶろぐ
ハンドル名穴熊 さん
ブログタイトルせんすぶろぐ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sensuanaguma/
サイト紹介文将棋、マラソンから政治、経済、文化なんでも取り扱います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/02/01 20:59

穴熊 さんのブログ記事

  • 【東京マラソン】事前受付は大盛況
  •  今日は午後休を取得して、ビッグサイトまで東京マラソンの受付にでかけてきた。大都市マラソンの事前受付は、2015年の大阪、さいたまに続いて3回目だが、全く別物だった。  申し訳ないが東京が100だとすると、大阪は70、さいたまは1ですね。さいたまマラソンに不評が集まるのは当然でしょう。 「比較」さいたま:イベント皆無、直ぐに退出できる。ショップも閑散。交通の便は駅近で悪くない。大阪:イベントはないわ [続きを読む]
  • 【女子カーリング】準決勝敗退
  •  今、終了。。。よく11エンドまで持ち込めたな、というのが正直なところで、観戦していて辛い時間が長かった。  第6〜8エンドまで連続でセカンド鈴木さんのショットがスルー・・・一体何が起こっていたのだろう。ストーンの研磨以降、日本チームの調子がいきなり悪くなったように思えるのだが、何か影響があったのだろうか?  スキップの登場場面では厳しすぎる配置ばかりで、本当に苦しいエンドばかりだった。繰り返しで恐 [続きを読む]
  • 将棋王将戦、久保、防衛まであと1勝
  •  王将戦第4局はこの番勝負で初めて接戦になったが、序盤リードしていた久保が逃げ切ったという感じ。豊島サイドからいえば、「どうも期待通りに弾けてくれない。期待値の8掛けくらいになってしまう。強いのに。序盤で無理な指し手でリードを許し、後半頑張るが届かない。またですか。」というところか。藤井が破格の快進撃を続けていて、ファンに夢を見せてくれるのに対し、豊島は才能の突出ぶり程の結果を出せず、何というか現 [続きを読む]
  • 【カーリング】この試合を勝とうとは・・・対スウェーデン戦
  •  今、終わったばかりの女子カーリング対スウェーデン戦。必敗と思われたが、よもやこれを勝てるとは・・・  将棋でいえば、頓死で勝ちを拾ったようなものか。  とはいえ、第10エンドの粘り強い戦い方は、スティールのチャンスを見据えたもので相手に圧力を掛けているようでもあった。 これで5勝2敗。残りはイギリスとスイスか。スイスの調子がよくないけれど、楽観せずに戦い抜いてほしいですね。  それにしても、この競 [続きを読む]
  • 里見香奈、奨励会退会へ
  •  結構、大きなニュースとして取り上げられている。  三段になった直後の休場が何とも痛かった。。。あの休場で「ああ、プロ棋士にはなれないな」と感じた人がほとんどだっただろう。(期待感が強くて敢えて誰も言わなかっただけ)  とはいえ、女流として参加する棋戦で一定の成績を挙げれば、三段リーグ再編入試験の道はあり、完全に終わったわけではない。もとより女流棋士専念もありだろう。  もう少し彼女の将棋を楽しみた [続きを読む]
  • 青梅マラソン:相変わらず激混み
  •  今日開催された青梅マラソンに参加してきた。来週、東京マラソンがあるので、ガチで走るなどということは全く考えず、事前の計画では22キロの峠までは8割走。最後の下りだけ刺激入れで程々真面目に走るというもの。8割走は結構しんどくなったけれど、まずは想定通りの走りで仕上がり2時間17分程度。筋疲労は程々にはあるが、酷使はしたつもりはない。これから鍼灸院にいって緩めてもらいます。  着替えに利用した居酒屋 [続きを読む]
  • 藤井聡太:中学生3年生全棋士参加棋戦制覇&六段
  •  朝日将棋OPのAbemaTVの視聴者数が2.6Mとなっていたけれど、それも当然か。準決勝に続き、決勝も快勝して五段を16日でスルーし、六段昇段。   仕掛けの段階で広瀬が工夫をみせたのだが、やはり無理があったか? 桂馬で銀が中央から離脱し、先に取られた歩を取り返す間に桂損は普通は選ばない建付け。  ただ、それが無理であってもここまで適確にセンター返しできる棋士はそうもいないか。▲6七角から角切の踏み込み、 [続きを読む]
  • 将棋朝日OP、藤井聡太、羽生撃破
  •  ライブ観戦していた人は一体何万人いたのかというくらいの歴史的イベント。▲5五銀からの踏み込みが凄く、藤井が接戦を制して、全棋士参加棋戦に中学生で優勝するまであと一勝。  振り返れば△9九銀がどうなのだろう?とか思うことは様々あれど、1筋の味付け(1回目の機会を見送り、銀を釣り上げてからの決行)とか、間合いの見切りが正確なんだろうか?  もう一方の山は広瀬が勝ち上がり、久保は敗退。  名人、竜王に勝 [続きを読む]
  • 将棋は囲碁より人気がある?
  • body  ダイアモンドの記事によると囲碁<将棋なんですかね?  都内の碁会所と将棋クラブの数を比較すれば前者の方が多いはず。 女性の愛好者数は段違い。 国際展開はいうまでもない。  将棋界の今の繁栄は藤井聡太効果によるたまたまじゃないかという気がするんですけど。子供の大会を維持してきた効果というのはあるにしても・・・為にする記事のように感じられてならないです。 [続きを読む]
  • 激ヌル飲食店喫煙規制
  •   今月末、台湾に行くことになった。旅行会社からメールがあって、喫煙に対するアラートされた。 『2009年1月11日より台湾全土において「新禁煙法」が施行されております。屋内の禁煙以外に、街中での歩きタバコが禁止となります。 【ホテル】・客室はすべて禁煙(原則的に喫煙ルームはありません)・ホテル内の指定された喫煙スペースにてのみ喫煙可【レストラン】・店内全面禁煙【観光地】・喫煙スペースが設置されてい [続きを読む]
  • 【カーリング】第9エンド
  •  今日の五輪カーリングは女子が星2つを重ねて3連勝。まだ明確な格上とは戦っていないとはいえ、順調すぎる出だし。男子はイギリスに負けてトータル1勝1敗。  女子の韓国戦、男子のイギリス戦の第9エンドのそれぞれの最終投のミスが結果に直結。このエンドの重みは一つのエンドに影響がとどまらない。ゆえにスキップのパフォーマンスを妨げたのだろうか・・・とはいえ、両角の最終投は難しい状況ではありましたよね。。女子 [続きを読む]
  • 観戦日程輻湊
  •  先日の五輪は女性スピードスケート1500Mの高木の滑走と女子ノーマルヒル高梨の2回目ジャンプがほぼ同じ時間になり、痺れた。。。(どちらもメダルが取れてよかったです)  そして17日土曜日は朝10時から将棋朝日OP羽生−藤井戦と男子FSフリーが被っているようである。将棋の最終盤戦とFS羽生の登場時間がもろ被りだとすると、さてどうしたものであろうか?  ついでながら、雑感。 ・カーリング、男女ともに好 [続きを読む]
  • 将棋棋王戦:渡辺先勝、永瀬納豆粘り
  •  五輪の最中、朝日OPの羽生ー藤井戦を間際に控え、なんとも地味な棋王戦番勝負が始まった。第1局は手数は永瀬の根性粘りで長引いたものの、勝負所はほぼなく渡辺の圧勝であった。  1図の段階で、既に形勢は大差か。馬を作っても、この馬が攻防の主役になる展望が持てない後手。4四に重大な弱点を持ち、玉をどう動かしても先手の攻めを誘発することになりそう。  活動の見込みのない駒は馬以外にもあり、6四銀は引くしか [続きを読む]
  • 【映画】祈りの幕が下りる時 (ネタバレあり)
  •  評判が非常によいので今日の夕方、二子玉に鑑賞に出かけてきた。近所に映画館があると何かと気軽に観にいけて、一昨年頃から鑑賞頻度が急激に上がっている私である。  幕が終わって、人々が「泣いちゃった・・・」という感想を述べあっていたが、むべなるかな。  精緻にいえば、「女性が男性を手だけで絞殺できるのかな?」とか「なんだかんだいっても、罪のない人達が3人も殺されていますが?」とか突っ込みどころはあるの [続きを読む]
  • 【映画】DESTINY 鎌倉ものがたり
  •  年末に見にいった映画。この時点よりも今のレビュー点が下落している。なぜだろう?  それはさておき。高畑瑞希が可愛いのだが、堤も共演しているので、どうしてもDOCOMOのCMが被る。鎌倉の昭和な雰囲気はよく出ているけれど、全体の展開が非常にゆっくりで、うーん。  人間の想像力で苦境を打開できるという例のパターンなのだが、だったら堺は宿敵を叩きのめせばいいだけだろう? なぜ負けそうなところまで追い込 [続きを読む]
  • 【映画】ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
  •  レビューの点数がいいので、じゃ、と観にいった映画。二宮のために周りの人がなぜここまで尽くしてくれるのか、とかディテールを考えないことが大切で、映画中に溢れる好意に押し流されて涙をたくさん流し、おいしそうな料理を楽しみましょう。  瀋陽のロケ風景には中国駐在経験者は感心していました。 http://www.last-recipe.jp/  西島も可哀想だったが、二宮のお母さんがあまりにもあまりな人生となってしまい、流石に理不 [続きを読む]
  • 【映画】ミックス
  •  去年の11月上旬、暇な平日に観にいったもの。なぜこの映画を選んだかだが、アメリカンコミック系の映画(マイティーソーとか)には全く食指が動かず、卓球が主題、ガッキーが主演ならお代分の満足度はあるだろうとの見立てによるものだ。 http://mix-movie.jp/  ガッキーが高校生、ガングロ、チアガールと様々変化。殺人的にかわいい。卓球シーンはかなり迫力があり、よしよし。登場人物も広末涼子(最近絶好調ですな)、蒼井 [続きを読む]
  • 将棋王将戦:久保2−1 豊島破綻の構想
  •  この週末に行われた将棋王将戦第3局は豊島が過激な仕掛けを行ったが、見事に無理筋、普通に跳ね返され、圧敗となった。   銀不参加状態での総攻撃、いかにも軽い。後手玉は豆腐の金無双、脆そう・・・角の丸損で飛車を成り込んで、先手玉は不安定だから何か手段があるかといえば、厚みがなかった。   局後の感想では△7一玉ではなく△9三銀としていればどうか、『▲6四桂△8二玉▲5二桂成△同金の局面で後手が指す手が [続きを読む]
  • 体調激悪化・・・既にノーラン5日
  •  東京マラソンに出られるということで、それなりの練習量を重ねてきたけれど、だからといって将棋やゴルフも普通にこなしているので、正月以降完全フリーの週末は一日もなく推移してきた。  風邪対策はそれなりにこなしてきたのだが、先週火曜日の朝ラン後、軽い咳が出るな・・・と、水曜日以降、どんどんひどくなって、とてもランどころかストレッチもしかねる状況になった。昨日は休みたかったが、絶対に出ないといけない研修 [続きを読む]
  • 将棋順位戦:A級混戦継続、藤井中学生五段
  •  昨日はA級順位戦10回戦とC2の藤井の対局があった。本来であればかじりついて観戦すべきところだが、この火曜日以降体調が崩れており、22時半頃には身体を休めたくなった。この時点では羽生が屋敷を下しており、屋敷降級決定(屋敷は以前降級した時も21時台で敗北している。もう少し結論を先送りするような将棋の方がいいような気がする。棋風もあるし、無理か) 他にも形勢に差がついているところがあり、渡辺は勝ち味 [続きを読む]
  • 将棋叡王戦:金井―高見の番勝負に
  •  今日行われた叡王戦のもう片方の準決勝は高見が丸山に圧勝。丸山の指し回しが変すぎるけれど、高見は充実していますね。  C1とC2のタイトル戦というものを今まで見た記憶がないのだが、どうだったか?  番勝負の持ち時間が1時間、3時間、5時間とある等、変わった建付けのタイトル戦・・・どんな感じになるのだろう? [続きを読む]
  • 将棋王将戦第2局:豊島、自壊
  •  この週末に行われた王将戦第2局は挑戦者豊島の指し手が実に不可解なものに終始し、いわば自壊、圧敗となった。労せず対戦成績を久保はタイにした。  角道を開けたままの四間飛車を選択した久保に対し、豊島が随分と傾いた指し方をみせる。(こういう指し方が最近流行りということはないと思うのだが)  角道を開けたままの四間飛車相手なら、こちらも角道を止めて穴熊を目指せると思う。図では▲6六歩で大満足のはず。なぜっ [続きを読む]
  • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇
  •  封切り初日に新宿ピカデリーで観てきた。ネタバレ全開のレビューですので、これから観る人は回避ください。  私の人生の中で最悪の映画はベン・アフレックのThe Town(理由はこちらに)だが、ヤマトの前作(第3章)はこれに匹敵するくらいの酷い出来で、心底めげた。主人公であるべき古代進が異様なまでに優柔不断、愚図愚図。この種の映画の常道を外しすぎていて、金返せのレベルまで堕ちていたからである。何といっても斎藤 [続きを読む]
  • 玉は包むように寄せろ
  •  朝日オープンは準決勝進出者が確定。羽生、藤井に久保、広瀬が名乗りを上げた。金曜日の対局のプロセスを観ると、なかなか予想とか勢い通りには結果はならないものだな、という感想を持った。  以下のような次第である。  まず1回戦では三浦−渡辺戦があった。角換わり腰掛銀から三浦必勝以上渡辺投了未満の局面まで追い込みながら、敵玉包囲網を自ら崩してしまい敗退。  この将棋は、三浦を応援するファンが相当に多かった [続きを読む]
  • マラソン大会案内がまとめて届いた。
  • この1−2週間で「えびすだいこく」(昨年出場、今年は不参加)、「青梅」(参加するが練習ラン確定)、「東京」(ラン人生、賭けるわ)の案内が届いた。 えびすだいこくは今年から当日受付廃止。前日受付が原則でどうしてもというのであれば3000円支払って書類一式を事前に送付してもらうしかないという。前日受付の場合、松江から美保が関までバスで1時間かけて移動しなくてはならない。現地はきれいなところだが、特に長 [続きを読む]