tomomiyu さん プロフィール

  •  
tomomiyuさん: OKIRAKUともみゆ
ハンドル名tomomiyu さん
ブログタイトルOKIRAKUともみゆ
ブログURLhttp://tomomiyu0402.blog.fc2.com/
サイト紹介文TOMOとMIYUの気楽で喜楽な道中記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/02 22:09

tomomiyu さんのブログ記事

  • 今週の映画鑑賞(180421)
  • 4月21日、シネプレックス幕張で鑑賞。22.いぬやしきネタバレあります。終わって、すぐに、声に出して言ってしまいました。ありえんわ……。そう言わずにすられなかったのは、良い意味で。もったいないです。何回言っても足りないぐらい、もったいない。ハリウッド、それこそ、マーベル映画とは、CGは比べものになりません。でも、邦画としては、ここまで出来るようになったのかと感激するほどでした。スピード感があって、 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180414)
  • 4月14日、トーホーシネマズ市原で鑑賞。21.パシフィックリム アップライジング(字幕)待ちに待った、パシフィックリムの第2弾です。マニアックな方のマの字にも遙かに及びませんが、少しばかり語らせていただきますと。パシフィックリムでは、環太平洋地帯に出現するKAIJUと戦う、イェーガーの存在が見応えあるのです。イェーガーとは、超巨大人型ロボットのこと。作中では、エネルギー源について、操縦の難しさにつ [続きを読む]
  • 無垢床に刻まれたネコの爪痕の対策として、タイルマットを敷きました。
  • 最近、映画の感想ばかりだったので、久々に家ネタです。我が家の愛猫れもんは、3歳のやんちゃ坊主なので、とにかくアクティブに活動します。ダイニングを駆けていき、ジャンプ。身体をひるがえし、壁を蹴って方向転換。飛んで着地、また駆けて階段を跳び。駆け上がったとろこで、直角に方向転換。という状況なので、1階の無垢床と、2階の耐傷フロアに、クッキリと、爪痕が刻まれている箇所があります。無垢床で傷が目立つところ [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180408)
  • 4月8日、シネプレックス幕張で鑑賞。20.ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(字幕)ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍がベルギーに侵攻した頃の、イギリス議会の動勢を描いています。ウィンストン・チャーチルが首相に任命され、和平交渉か、徹底抗戦かを決めるまでの日々。自らが首相になろうとする議員の動きがありながら、チャーチルのことを嫌っている国王の行動も大きな役割を果たします。世界を救った [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180407)
  • 4月7日、シネプレックス幕張で鑑賞。19.トレイン・ミッション(字幕)列車に乗って、ボコボコに殴り合う話しです。と、TOMO君が申しておりました。ですが、まぁ、ホントにそれだけです。とある目的のために、どうして、そう問題解決を難しく成し遂げようとするのか。そのあたりの計画が、ムリヤリ感満載です。派手なシーンのためだけに、ノリで押し切ってストーリーを作ったような?ところどころのシーンは、内容抜きで、 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180401_ 午後の部)
  • 4月1日、トーホーシネマズ市原で鑑賞。18.ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 (字幕)新聞社が、報道の自由をかけて政府と闘う、実際に起きた事件の実写化です。最初のほうは、とにかく眠くなりますが。父親から、亡き夫から引き継いだ新聞社が、あるべき姿を貫くために葛藤する女性。多くの人達に真実を知らせるために、少ない時間で記事を書いていく記者達の奮闘ぶり。政府の圧力に立ち向かった人達、彼等の姿を見るこ [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180401_ 午前の部)
  • 4月1日、トーホーシネマズ市原で鑑賞。17.ヴァレリアン 千の惑星の救世主フランス版、マーベルか、DCコミックの実写化映画のような、あるいは、スタートレックのような。リュック・ベッソン監督らしい、SF映画でした。中国の配給会社が関わっているので、大丈夫か?と思ったら。やはり、中国ブッシュが見られました。今、宇宙事業のリーダー的存在になろうとしている、中国の宣伝のように。さて、内容ですが。冒頭のシー [続きを読む]
  • 4月に観たい映画
  • 4月に公開の、観たい映画。4月6日公開ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル十数年ぶりの、続編。00年ごろに、職場で、何かの打合せ中に話題にした覚えが。4月13日パシフィック・リム アップライジング待ちに、待った、待望の続編!4月20日いぬやしき実写化は、ハズレが多いから、どうなのか……。4月20日レディ・ープレーヤー1スピルバーグ監督による、SF作品。予告を観ると、仮想空間では、ガンダムやら、 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180325 _ 午前の部)
  • 3月25日、シネプレックス幕張で鑑賞。15.ボス・ベイビー(吹き替え)赤ちゃんは、どこから来るの?その疑問の答えは、まるで大人社会の縮図のような会社から。そういう設定で始まる、小さな男の子が成長する物語。親は空想が好きな子供だったと言うから、それは現実にあったことか、判らない。でも、大人顔負けの冒険をした彼は、大切な友情を育む。最初は嫌なヤツだった相棒は、いつしか離れたくない存在になっていた。だか [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180310
  • 03月10日、シネプレックス幕張で鑑賞。14. 15鴇17分、パリ行き(字幕)この映画は、パリ行きの高速鉄道で起きた実際のテロ事件の当事者が再現しているドラマです。この事件をニュースで知ったとき、米軍の兵士が乗り合わせていたことを、偶然だと思ったのですが。それは、違いました。偶然などではなく、奇跡だったのです。予想に反して、物語は事件の経緯のみを再現しているのではなく、3人の若者の成長を追っていき [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180304)
  • 03月04日、トーホーシネマズ八千代緑が丘で鑑賞。13.ダウンサイズ(字幕)コメディタッチのSFストーリーなのかと思えば、ヒューマンストーリーでした。環境や、食糧問題を解決するため、人間がサイズダウンして生活するという、SF要素の設定。なのですが、主人公のポールがサイズダウンするも、奥さんに逃げられるということで、物語は進行していく。政治犯であるために、制裁のためにサイズダウンさせられた女性と出会 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180303 _ 午後の部)
  • 3月3日、シネプレックス幕張で鑑賞。12. シェイプ・オブ・ウォーター(字幕)フランス映画のような、独特の雰囲気の漂う世界観。声を持たないイライザは、彼女の存在を受け入れてくれる人達には、優しくて。不思議な生き物は、同じように、彼を受けてくれる人達には、優しい。彼は、自分を受け入れてくれる人達には、神のような存在にもなる。それでも、神ではない。実験動物のように扱われ、彼を、そう見なす人間に追われる [続きを読む]
  • 3月の観たい映画
  • 3月公開の観たい映画。3月1日公開ブラック・パンサーアベンジャーズのスピンオフ映画。ただ、それだけで、楽しみ。3月1日公開シェイプ・オブ・ウォーター予告を観た印象は、人と、人出はないものとの交流を描いた、美しい物語という印象。3月1日公開15時17分、パリ行き実際に起きた事件を、当事者が出演して再現している映画です。3月2日公開ダウンサイズ人口増加の問題を解決するために、人間がサイズダウンして暮ら [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180224)
  • 2月24日、シネプレックス幕張で鑑賞。10. 空海 KU−KAI 美しき王妃の謎中国映画の様式美を観るのが、ほとんどの目的だったの、内容は期待していなかったけど、それにしても、ひどい。強制的に、日本語吹き替え版。なのに、音入れが悪かった。少し耳の聞こえが悪いので、そのせいで、台詞が聞き取れなかったのかと思ったのですが、そうではないよう。そのせい……だけでなく、なにがなんだか、さっぱり判らない内容。 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180214)
  • 2月14日、トーホーシネマズ市原で鑑賞。9. 今夜、ロマンス劇場でどうやら、わたしは、この手の映画を観てはダメな人のようです。なにが良いのか、今ひとつ、判らない……。ファンタジーなので、突っ込んではいけないとは思っても。突っ込まずには、いられない。ネタバレなのですが。ミユキ姫が、人の温もりに触れたら元の世界に戻ってしまう、という設定。この、人の温もりを、ケンジ限定にしたら、突っ込まずに楽しめたと思 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180207)
  • 2月7日、シネプレックス幕張で鑑賞。8.不能犯面白い、と思ったのですが。何かが、物足りない。突き抜け感が、ない。謎の黒服男が不気味なものの、正義の殺人なのかと思えば、そうでないような。あれあれ?あれ?と、思っているウチに、巧妙にストーリーが進んでいき。他の事件も、絡んできて。そういう展開は、面白かったのです。愚かだねぇ、人間は。人を呪わば穴二つ、ということですかね。そういうラストで、良かったのです [続きを読む]
  • 2月に観たい映画
  • 2月に観たい映画。2月1日公開スリー・ビルボード予告を観てストーリーの良さを感じたのですが、やはり、ゴールデングローブ賞では、作品賞をはじめ4部門を受賞でした。2月1日公開不能犯マンガ原作ということで、どうなのか……。2月10日今夜、ロマンス劇場でモノクロの映画の世界から、フルカラーの現実世界に飛び出してきたヒロインと、青年の物語。2月24日空海 KU−KAI 美しき王妃の謎日中共同制作です。中国 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180127 _ 午前の部)
  • 1月27日、シネプレックス幕張で鑑賞。5.ジオストーム(字幕)面白かった!気象パニックものかと思えば、陰謀ありの、家族の絆の物語でした。冒頭と、ラストと、ナレーションが、子供の声だったのが良い。全体に演出が上手くて、とにかく楽しめました。以下、ネタバレありです。いがみあう兄弟の言い合いと同時進行で、陰謀が明らかになっていく。そして、互いへの信頼を取り戻していくのと同時に、事態が悪化していく様には、 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞(180114)
  • 1月14日、トーホーシネマズ市原で鑑賞。4.ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪取せよ!固そうでいて頭が切れる上官がいてこそ、クセがあっても優秀な兵士は任務を果たせる。そして、やんちゃが出来るというもの。これは、そんなストーリー。派手な展開や、感動できるシーンはないけど、これは、これで、充分に楽しめた。 [続きを読む]
  • 今週の映画鑑賞 (180113)
  • 1月13日、イオンシネマ幕張新都心で鑑賞。3.劇場版マジンガーZ……。なんというか。ギャグ?ちょっと、ネタバレ。ガンダムのような、量産型が出てきたり。綾波レイに似ているような天然キャラが、魔法少女に見えたり。コウノドリのようなシーンもあったり。エヴァとはちょっと違うけど、エネルギーの集約攻撃だったり。それは、それで、設定として昇華できていれば良いのですが……。マジンガーZの世界観に、それらをムリに [続きを読む]