R+house津 さん プロフィール

  •  
R+house津さん: お家の勉強をするブログ
ハンドル名R+house津 さん
ブログタイトルお家の勉強をするブログ
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/lien-house/
サイト紹介文お客様ご自身の判断基準をもって、新築を考えられるように勉強してみませんか?
自由文設計も素晴らしい
構造も申し分ない
仕様や間取りも予想以上
なのに、アトリエ建築家がつくる家が手の届く価格で。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/04 17:25

R+house津 さんのブログ記事

  • 大切なのは「命」
  • またもや北海道の地震では液状化が問題となっています。液状化とは、地盤がまるで液体のようになってしまうことです。そうなると、時にはマンホールのように地中に埋まっているものは地表面に浮かんできますし、地表面にある建物は地中に沈んでしまいます。記憶に新しいとこ [続きを読む]
  • ラーメン写真もうんざり
  • 多数の建築会社を回ってこられたM様とK様が全く同じことをおっしゃります。「建築会社の営業って、何も知らんのやな?」そう家を建てる人は真剣ですし、必死で物事を調べます。そしてわからないことを営業マンに聞いたりするわけですが、その答えはどこも曖昧で、「ちょっ [続きを読む]
  • 建物価格
  • 一般的な建築会社の営業マンの仕事の多くを占めるのは「見積書作成」の時間ですが、何も知らないお客様は、この「見積書」とにらめっこをし、建築会社を選んでいくことでしょう。広告や看板上に書かれている金額は、よくよく見るとそのほとんどが「建物本体価格」といったよ [続きを読む]
  • 体温
  • 最近は、お風呂もシャワーのみで湯船に浸からない方が増えていると聞きます。そのことだけが原因ではないと思いますが、この50年ほどで日本人の平熱は約1度も低下しています。体温はプラス1度で免疫力は5〜6倍もあがると言われていますので、もっとも簡単な体を温める [続きを読む]
  • 土地決定
  • 昨日に買付証明を提出したH様ですが、見事に土地を押さえることができました!!今朝も新規に問合せが入ったとかで、本当に紙一重の戦いでしたが、しかも50万円の減額に成功!!嬉しくて仕方ありません。何千万円のお買いものですので、たったの50万円?と思われるかも [続きを読む]
  • 買付証明書
  • 最近何だかついていなくて、お客様が決定した土地を3連敗で取られています…。その中のひと家族のH様が、昨晩ふらりと事務所に寄ってくださり、先を越された土地は、その買付者の融資結果待ちだったのですが、あまりに返事が遅くもういいかな?と思い始めたとか。まあ土地 [続きを読む]
  • ガラスジャー
  • 画像)「自分を求められる家」様のお米収納。アール津オーナー様の中で大人気なのが、この「ガラスジャー」。どうやらIKEAにてご購入される方が多いようですが、お米が見えている安心感と残りがひと目でわかる便利さ。そして、このオシャレ感が何とも言えませんね。せっ [続きを読む]
  • あと1カ月
  • あと1カ月で完成観賞会を迎える「居場所を見つける家」様では、外壁工事に突入しました。アール津では数少ないツートンカラーに張り分けた外壁となります。ツートンカラーの張り分けは、ややもすると安っぽく映り、飽きがくるのが早いデザインになりがちですが、それをアー [続きを読む]
  • 出ました!!
  • 本日は朝から、津市で建築をされるM様の土地案内。あらかじめ調査を重ね、ここで決まり!と思っていた土地を見ていただき、やはり一発で気にいってもらいました。そのまますぐに「買付証明書」を提出!といさんで電話をしましたところ、また先客あり…。狙っている土地は皆 [続きを読む]
  • 3回目訪問
  • 本日は、「顔をあげる家」様における建築家白子先生の3回目訪問。わざわざ東京から来ていただきましたが、今回も変更箇所は無し…。ということで、何をすればいいのかな?という状況でこの日を迎えました。幸いF様が様々なご質問を準備してくださっていたので、それに対す [続きを読む]
  • 益々高耐久が求められる…
  • かねてからお客様にお知らせしておりました国立大学の値上げですが、昨日大きなニュースが飛び込みましたね。------------------------------------------東京工業大は13日、来春以降に入学する学部生と大学院生を対象に、年間授業料を9万9600円値上げして63万54 [続きを読む]
  • 紹介業
  • 最近は「紹介業」と呼ばれる会社が大流行りですね。生命保険、住宅、旅館案内所、挙句の果てには恋愛相手の紹介までです。もう少し広く考えると、あのAMAZONや楽天でもいわゆる紹介業でしょう。コストをかけずに利益を得るための最高の手法かも知れません。これらを利 [続きを読む]
  • 今日も名古屋へ
  • 本日は、「たどり着いた家」様のご紹介のH様と一緒にアール津標準キッチンを見るために、名古屋キッチンハウスショールームへ。半日楽しんできました。最近は、このkitchenhouseの姉妹ブランドと言われる商品も出ているようですが、私はどうも馴染めません…。前を走ってい [続きを読む]
  • デザイン
  • 住宅デザインの良し悪しは、なかなか一般の方にはイメージがつきにくく、難しいものです。それは同じ色であっても、窓際に置かれるのと、暗い場所に置かれるだけでも随分と異なる色に見えるからです。また、色はその周りを囲む色によって、また目の錯覚までも起こしてしまい [続きを読む]
  • 配色も決定!
  • 本日は、K様における名古屋kitchenhouseショールーム案内。アール津の家づくりの第一歩はここから始まります。建築家の先生に来ていただく前に、キッチンとダイニングテーブルの配置を決めておかないことには、良いプランニングができません。ということで、夜勤明けでお疲 [続きを読む]
  • 祝!上棟
  • アール津の住宅は「角地」に建てられる確率がとても高く、分譲地業界では、「角地はアール津が取る」とまで言われます。住宅に囲まれた間ではなく、角地に建てることによりまずは駐車スペースの自由度が広がります。よくあるせっかくのリビング窓の外が「駐車スペース」であ [続きを読む]
  • モルタル
  • 画像:「耳を澄ます家」様のモルタル仕上げダイニングキッチン。10月20日、21日に完成観賞会が行われる「居場所を見つける家」様では、内部の壁・床に「モルタル仕上げ」を多用し、古材やアイアンでアクセントをつけています。8HERB様を彷彿させるこの「モルタル仕上げ [続きを読む]
  • 子どもは大切?
  • 津市M様のブログ、大変面白いですね。どういった展開になるのか?読んでいる私までドキドキします(笑)どこのご家族も子どもが小さい時は、毎日が子ども中心であり、仕事も子どものためお休みも子どものため、何もかも子ども子ども…。となってしまいます。それは当然のこと [続きを読む]
  • 家の顔
  • お家の顔はやはり「玄関」アール津オーナー様の多くは、画像のようなギャッべのマットを敷いている方を多くみかけます。ギャッべは、南ペルシアの遊牧民族によって織り続けられている手織り絨毯の事であり、高地で遊牧民と共に生活をしている羊の上質な純毛を刈り取り、手で [続きを読む]
  • 台風被害
  • 大変な大型台風でしたが、通勤、通学等でケガや事故等ございませんでしたでしょうか?アール津オーナー様宅では、2件で被害が見つかり、午前中に巡回させていただきました。あれくらいの風雨になると、建築場所によっては、雨も下から上に壁伝いにのぼることもあり、通常の [続きを読む]
  • 心の豊かさ
  • どんなことに「心の豊かさ」を感じるのかは人それぞれです。「稲穂に習う家」様では、画像のように芝を張り詰めた庭で、子どもたちとプール遊びやBBQなどのお外ご飯、キャッチボール、ゴルフの練習などを楽しみたいお客様。見たら驚くほどの、まともにお風呂も入れないよ [続きを読む]
  • ご希望
  • 私たちの設計は、お客様の「人生を豊かに変える」ことを目的に行います。新築と言うと、どうしてもああしたい、こうしたい。こんな色のキッチンで、こんな畳コーナーがあって、吹き抜けがあってなどの夢が並ぶことと思います。最近のインスタブームでマイホーム画像などを見 [続きを読む]
  • 建築家矢橋徹先生ヒアリング
  • 本日は、最近ブログを始められました津市M様の建築家初回訪問。熊本県から建築家矢橋徹先生に来ていただきました。https://ameblo.jp/rhouse46/私たちは全く知りませんでしたが、約3年も前からアール津をマークされていたM様は、すでに矢橋先生の実力は百も承知。いろん [続きを読む]
  • 風の教会
  • コンサルタントの仕事で兵庫県まで出張。そのついでに、建築家安藤忠雄の教会三部作のひとつである「風の教会」が一般公開されていることを知り、足を伸ばしました。https://www.kazenokyoukai.com/安藤先生の初期の頃の作品を生で体感することができ、とても幸せ気分に浸れ [続きを読む]
  • カーポート
  • 画像の「365日寄り添える家」様から今度はカーポートのご依頼がありました。カーポートと言っても沢山の種類があり、価格も様々。今回は、とても広いスペースとなりますので、車2台と子どもの自転車などを駐車できるように設計。カーポートは、いわゆる既成のものをその [続きを読む]