野沢菜 さん プロフィール

  •  
野沢菜さん: 野沢菜日記
ハンドル名野沢菜 さん
ブログタイトル野沢菜日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nozawana3809
サイト紹介文富山と石川を行き来する、鉄道好きのテレビマンの日記です。
自由文国内鉄道全線乗車をめざしていますが、なかなか…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/02/05 09:27

野沢菜 さんのブログ記事

  • 予讃線を西へ各駅停車旅9 心地よい女性車掌さんの仕事ぶり
  • 伊予鉄道の松山市内線を“完乗”しJR松山駅へ。伊予鉄道松山市の駅前と比べると、にぎわいが感じられない駅前。改札口の女性駅員さんに青春18きっぷを見せてホームへ。17時40発多度津行きに乗ります。7000系電車2両編成。帰宅ラッシュの時間帯ですが、立っている人が多少いる程度の混み具合です。若い女性車掌さん乗務し、案内放送や扉の開閉、ホームでの集札などきびきびとした仕事ぶりが心地よいです。伊予西条から後ろの車両を [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅8 遠く離れた西堀端の本町線乗り場
  • 伊予鉄道の松山市内線乗りつぶし、2系統循環線に乗って城北線の古町で降りました。駅舎は賃貸ビルの一角。券売機と待合室があり、集改札は併設のコンビニに委託されているようです。1系統環状線の電車が高浜線を平面で横切ってやって来ます。交換する2系統環状線の14時37分発松山市駅行きに乗車。ここからの線名は大手町線です。高浜線を横切ります。次の宮田町を出ると道路の中央へ。(後方を撮影)車内に投句ポストがあることに [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅7 坊ちゃん列車が走る松山市内線
  • 伊予鉄道郡中線に乗って松山市駅に降りました。松山市駅のチケットセンターで市内電車の1日乗車券を購入。これを使って市内線の未乗路線の全てに乗車します。松山市駅前の市内電車乗り場へ行くと…坊っちゃん列車が到着します。13時47分発の2系統環状線に乗ってスタート。反時計回りに市内を一周する系統です。前に出た道後温泉行きは観光客の姿が見られましたが、この電車の乗客は買い物帰りなど、ほとんどが地元の人。隣に座った [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅6 伊予鉄郡中線乗車&子規堂訪問
  • JR四国・予讃線の伊予市で降りました。駅前の国道378号線を渡ったすぐの所にある伊予鉄道郡中港駅へ。松山市からの郡中線の終点。次に乗る未乗路線は、この伊予鉄道郡中線です。道路脇にホーム1面1線のみ。12時44分発松山市行きに乗車。京王5000系を譲り受けた700系電車3両編成です。郡中港からの乗客はわずか。伊予市の街中を走行。松前町に入った地蔵町で交換。乗客は駅毎に増えます。岡田で2回目の交換。15分毎の運行なので、7 [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅5 内子のおいしいかしわ餅
  • JR四国・予讃線“新線”に乗車し、愛媛県内子町の内子で降りました。高架ホームから階段を下りて改札口へ行くと若い女性駅員さんがいます。一人勤務のようです。高架の下に和風の駅舎が建っています。隣り(左)の建物は観光案内所です。同じ列車を降りた私より年配の一人旅の男性が二人いて、各々が街の方へ歩いて行きました。私も次の列車まで、内子の街を散策します。内子座駅で見かけた男性旅行者の一人に会います。国道56号線 [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅4 新車両基地・貨物駅を建設中
  • JR四国・予讃線の未乗区間に乗車し愛媛県松山市で泊まりました。宿泊したのは市街地にあるホテル泰平別館です。朝食バイキングをいただき、午前8時にチェックアウトします。さらに予讃線の未乗区間に乗るため、歩いてJR松山駅へ。ホテル前の平和通りから今治街道(国道196号線)を進むと、松山城のお堀の横に出ました。街中の歩道は通勤通学の人たちが大勢行き交います。車でラッシュの今治街道を路面電車がやって来ます。伊予鉄道 [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅3 メニュー豊富な松山の居酒屋
  • JR四国・予讃線の未乗区間に乗って今治で途中下車しました。少し街歩きをした後、高架ホームで次に乗る列車を待っていると、渦中の学校の広告看板に気付きます。今治市に開設されるのだった…今治15時15分発松山行きに乗ります。またまた7000系電車ですが、単行ではなく2両編成で車掌が乗務。学生の帰宅時間帯にかかるからでしょう。しかし車内に学生はおらず、乗客は2両で10数人と空いています。市街地の高架単線を走行。次の波止 [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅2 ワンマン単行電車を乗り継ぐ
  • JR四国・予讃線の未乗区間に乗り、香川県の観音寺に着きました。11時40分発松山行きに乗り継ぎます。7000系電車1両。ワンマン運行です。先に発車する松山行特急しおかぜ7号・いしづち7号が遅れたため、2分遅れで発車します。単行電車の乗客は10数人です。箕浦付近。国道11号線が並走します。海を見ながら進むと県境を越えて愛媛県へ。四国中央市の川之江で8000系電車のしおかぜ14号・いしづち14号と交換。前3両は台湾鉄路管理局の [続きを読む]
  • 予讃線を西へ各駅停車旅1 瀬戸大橋を渡って四国入り
  • 未乗路線に乗りに四国へ行ってきました。スタートは岡山県岡山市のJR山陽本線上道です。橋上駅舎に上がり、みどりの窓口で青春18きっぷを購入します。そして1日目にスタンプを受けてホームへ。大勢が待つホームに8時54分発新見行きが到着。黄色一色の115系電車4両編成に乗ると通勤通学客で混雑しています。9時8分着の岡山で下車。瀬戸大橋線の9時32分発高松行き快速マリンライナー17号で四国へむかいます。JR西日本223系とJR四国5 [続きを読む]
  • 阿武隈高地を乗り進む3 夏井川渓谷に沿う磐越東線
  • 水戸から常磐線の特急ひたちに乗っていわきに着きました。次に乗る磐越東線の乗り場、6番線へ。磐越東線は、福島県「浜通り」のいわきと「中通り」の郡山を阿武隈高地を越えて結んでいます。国鉄時代に乗ったことがありますが、JRになってからは初めての乗車です。高校1年生だった昭和59年(1984年)、南東北ワイド周遊券を使った夏休みの一人旅で、国鉄磐越東線に乗りました。いわきの当時の駅名は「平」。早朝に撮った駅舎です。 [続きを読む]
  • 阿武隈高地を乗り進む2 快適な特急ひたちでいわきへ
  • 郡山から水郡線の列車に乗って常陸大子に着きました。駅前を少し歩いた後、接続する9時23分発水戸行きに乗り継ぎます。キハE131形・キハE132形ディーゼルカーの2両編成。車掌が乗務しています。阿武隈高地の西側を流れる久慈川に沿って下流へ。紅葉の見ごろはやや過ぎたようですね。西金には砂利積み出し用の側線があり、貨車が停まっています。常陸大宮市の玉川村で郡山行きと交換。両運転台車キハE130形の2両編成です。次の常陸 [続きを読む]
  • 阿武隈高地を乗り進む1 高校生でにぎわう朝の水郡線
  • JR東日本の未乗路線(区間)に乗車しました。福島県郡山市、朝の郡山駅前です。「会津」「中通り」「浜通り」の三つの地域に分けられる福島県で、郡山市は「中通り」の中央に位置し、県の経済の中心となっています。そのためか、2階の東北新幹線の改札口へむかうスーツ姿の人たちが多く見られました。私は新幹線改札口の近くにあるみどりの窓口で切符を購入し、1階の在来線改札口へ。そして、まず乗車する水郡線の乗り場、3番線へ [続きを読む]
  • 新潟・富山県境を乗り降り2 単行でもさびしい乗客数
  • 今月23日(木)勤労感謝の日、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの親不知から泊行きに乗って市振で降りました。雨が降っているので駅舎の中にいると、列車の接近を告げる放送が流れます。何が来るのだろうと外を見ると、JR貨物の“北斗星色”EF510形電気機関車500番台が牽く下り貨物列車が通過。並行在来線の経営分離で、日本海縦貫線を形成した北陸本線は3つの第三セクターに分かれ、旅客列車の運行も細切れになりました。し [続きを読む]
  • 新潟・富山県境を乗り降り1 数少ない電車に乗って親不知下車
  • 今月23日(木)勤労感謝の日、平成27年(2015年)の北陸新幹線金沢開業に伴う並行在来線の経営分離で、北陸本線の運行を引き継いだ第三セクター鉄道の未乗区間に乗ってきました。新潟県糸魚川市と富山県朝日町に仕事で行きたい所があり、早起きして、そこへ行く前に乗ったのです。金沢から車で北陸自動車道を走り、糸魚川市の糸魚川駅日本海口に到着。天気予報は雨でしたが、日の出前のこの時は降っていません。ここからえちごトキ [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅8 竹瓦温泉に入浴しとり天を味わう
  • 今月7日(土)、大分県別府市の遊園地「ラクテンチ」のケーブルカーに乗車しました。流川通りを歩いて下り中心街へ。通り沿いの建物の間から、湯桶をもった女性が出て来たので見てみると、「雲泉寺温泉」の看板を掲げた小さな建物があります。温泉共同浴場で外来者も入浴できるようです。さすが湯量日本一の別府市。この後も、歩きながらいくつも共同浴場が目に入ります。日豊本線の高架をくぐり、駅方向へ曲がった街中にあった「 [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅7 ラクテンチでケーブルカーと温泉
  • 今月7日(土)、日豊本線の代行バスで佐伯から臼杵に着きました。大分〜臼杵間は特急が全て運休しているので、臼杵に発着するのは本数を減らして運行している普通のみ。代行バスからの乗り換え客に、臼杵からの客も加わり、列車の到着を待つ人が結構います。大分からの下り列車が到着。815系電車2両編成です。折り返し12時23分発大分行きになります。やや遅れて到着したので、発車も定刻より2分遅れでした。乗客はロングシートが [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅6 あじ寿司を味わい代行バスに
  • 今月7日(土)、日豊本線延岡から乗ったディーゼルカー1両の列車は大分県の佐伯に着きました。9時26分、駅舎に面した1番のりばに到着。折り返し10時7分発延岡行きになるようです。(延岡までノンストップなので快速と案内)3番のりばには815系電車が停められています。台風18号の被害による不通区間のため、所属する大分車両センターへ戻ることができないのでしょう。乗って来たキハ220形も同じく大分車両センター所属ですが…この [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅5 日豊本線を行く単行ディーゼルカー
  • 今月7日(土)朝5時、宮崎市の「東横イン宮崎駅前」で目覚めました。前夜、繁華街で飲食した後ホテルに戻ったのは午前0時過ぎ。ベットに入ったのは2時頃だったのでかなり眠い…前日、宮崎空港駅で購入した志布志から別府までの乗車券です。志布志は無人駅なので事前に購入しておき、これを使って志布志から宮崎まで乗車しました。この日は日豊本線で大分県の別府までむかいます。全て初めて乗車する区間です。なお途中の佐伯から臼 [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅4 にぎわう夜の宮崎で地鶏を
  • 今月6日(金)、宮崎県串間市の都井岬を訪れました。都井岬バス停から乗った「よかバス」市民病院行きは、16時23分串間駅に到着。中国人カップルと一緒に降ります。駅舎の隣りに広島電鉄の電車が… 串間市の総合案内所として使われています。建物の半分以上が農林水産物直売店「くしま駅の駅」となっている串間駅舎。野菜や果物、魚介類など多くの品が並んでいます。駅のスペースはごく一部です。都井岬へ行く前に天気予報を調べ [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅3 中国人カップルと都井岬めぐり
  • 今月6日(金)、JR日南線油津から乗った列車を串間で降りました。黄色1色のキハ40形が終点志布志へ発車。改札に立つ女性駅員さんに切符を渡します。串間市観光協会が業務を行う簡易委託駅で、出改札口のスペースは非常に狭いです。この旅は日南線の全線乗車が第一の目的でした。さらに日南線に乗るのなら、宮崎県最南端の都井岬を訪れたいと思いました。野生の馬が生息する都井岬の風景に、かなり前から魅力を感じていたのです。都 [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅2 港町油津を歩きびしょ濡れに
  • 今月6日(金)、JR宮崎空港駅から9時5分発普通宮崎行きで宮崎空港線に初乗車しました。列車は田吉から日南線に乗り入れ、9時11分南宮崎に到着。日南線に乗るのも初めてです。南宮崎の4番のりばに降りると、ホーム反対側の3番のりばにディーゼルカーが入ってきます。始発の宮崎から来た日南線の9時16分発南郷行き。キハ40形と47形の2両編成です。この列車に乗り換えて日南線を折り返します。4分間停車するので跨線橋に上って列車と [続きを読む]
  • 宮崎・大分おいしい旅1 特急形で雨の宮崎空港線に乗車
  • 今日は祝日「体育の日」おとといから三連休ですが、その前の6日(金)を休みにして旅に出てきました。向かったのは東九州、宮崎県と大分県です。5日(木)に仕事を終えてから、金沢駅23時発の西日本JRバス北陸ドリーム大阪2号で出発します。2台運行で、終着ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで行くのは1号車だけ。私が指定された2号車は大阪駅JR高速バスターミナルまでの運行でした。2号車は定員の半分強の乗客です。翌6日(金) [続きを読む]
  • 東北一周ドライブ2000キロ10 震災を乗り越えた居酒屋
  • 6月20日(火)、釜石から三陸まで三陸鉄道南リアス線の未乗区間に乗りました。三陸で交換する18時36分発釜石行きに乗って折り返します。36-700形ディーゼルカー1両で、乗客は5人ほど。19時ちょうど、釜石に戻ります。三陸鉄道の駅舎を出ると火灯し頃。隣りのJRの駅舎ではSL列車のイルミネーションが光っています。C58形蒸気機関車牽引で花巻〜釜石間を運行しているSL銀河号を表しているのでしょう。駅前には巨大な製鉄工場が建って [続きを読む]
  • 東北一周ドライブ2000キロ9 釜石線と三陸鉄道に乗車
  • 6月20日(火)、岩手県遠野市で『遠野物語』の舞台をめぐり、市街地に戻ってこの日の仕事を終えました。宿泊したホテルの駐車場に車を停めさせていただき、すぐ前のJR遠野駅へむかいます。コンクリートブロック造りの駅舎2階はホテルでしたが、2年前に営業を終了していました。遠野は花巻〜釜石間90.2キロを結ぶJR釜石線のほぼ中間にある駅です。待合室の売店「ニューデイズ」で缶ビールとつまみを買って改札口へ。未乗のJR釜石線 [続きを読む]
  • 東北一周ドライブ2000キロ8 『遠野物語』のふるさとを歩く
  • 6月20日(火)朝、岩手県遠野市の「ホテルきくゆう」で目覚めました。1階のラウンジで朝食をいただきます。品数豊富で満腹。1泊朝食付きで7020円でした。今日もいいお天気です。午前9時過ぎにチェックアウトして…駅前の「民話通り」を歩いて南へ。かつて鍋倉城があった鍋倉山の麓にある遠野市立博物館を訪れます。遠野は民俗学者柳田國男が明治43年(1910年)に発表した『遠野物語』の舞台。遠野地方に伝わる逸話や伝承、風習など [続きを読む]