夢通信社 さん プロフィール

  •  
夢通信社さん: シニアになったら毎日遊んで暮らしたい
ハンドル名夢通信社 さん
ブログタイトルシニアになったら毎日遊んで暮らしたい
ブログURLhttp://yumetuusinsya.seesaa.net/
サイト紹介文リタイヤ3年目、いろんな暇つぶしを探し続けています。
自由文遠い旅行や近い旅行、B級グルメ、家庭菜園、映画、節約生活にDIY、読書等々の話をカテゴリにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/02/06 09:18

夢通信社 さんのブログ記事

  • ジャガイモの植え付け終了 芽出しを待つ
  • 例によって、ふれあい農園の今日この頃の話です。昨年とほぼ同じ時期にジャガイモの植え付けをしました。ふれあい農園のトップを切っての植え付けです。毎年、今の時期に行っています。「何を植えますか?」と菜園仲間に聞かれて「ジャガイモです」と言った時に驚く顔が案外面白いです。今年は、1m×2.2mの畝に2列、ふた畝で30余りを植え付けました。昨年は90cm×2.2mの畝だったんですが、スペース的にもったいな [続きを読む]
  • 三寒四温とはよく言ったものですね
  • 寒さが2〜3日続くと、その後に暖かな日がやってくる季節。こころなしか、太陽の光にも優しさの中に自己主張するような強さを感じる時があります。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。大寒波に見舞われた2月初旬がつい先日のように思われますが、もうすぐ3月なんですね。「春の足音がすぐそこまで近づいています」なんてフレーズがTVから聞こえてきそうです。そういえば、「春のおとずれ」という小柳ルミ子の歌がありましたよ [続きを読む]
  • 大間のマグロに魅せられた男たちの物語
  • TVタイトルは「マグロに賭けた男たち2018 あの悲運な漁師は? 極寒の死闘SP」北の海で、そして吹雪の中でマグロ漁に命を懸ける男たちの物語です。64歳、悲運の漁師のその後は・・・。若き漁師の台頭、若干33歳のエースは・・・。そして、悲運の漁師の長男は・・・。一攫千金を求め、北の漁師が木の葉のように揺れる漁船に乗って格闘を続けます。古い漁船に積んだ旧型の魚探だけが頼りの古老。新型の船やソナーを備えた若 [続きを読む]
  • 朝食はチョコレートやスイーツで糖分100%
  • 偶然にも三兄弟が同時に我が家へやって来ました。長男は、孫が作ったバレンタインのチョコレートを遅ればせながらと届けにやって来ました。ついでに、家族4人で夕食もしたいと言います。次男は、嫁さんと鹿児島土産を持ってやって来ました。鹿児島名物「唐芋スイーツ」というやつです。やっぱり夕食を一緒にしたいそうです。三男は、大分旅行の土産にSUGINOIチーズロールケーキというやつを持って来てくれました。嫁さんは同僚と [続きを読む]
  • 卵かけご飯の究極を発見した
  • あるTV番組で卵かけご飯の究極を紹介していました。ちょいと自分なりにアレンジして、究極の卵かけご飯を作り出したしだいです。あくまでも、私自身の味覚によるものですから、各自で試して自分なりの卵かけご飯を作り出してください。① 白身と黄身を分けます。② 白身はそのままご飯の上にのせて、丁寧に混ぜ合わせます。③ その上に、卵の黄身をのせて潰します。混ぜたりはしません。ご飯の上に広げるだけです。④ 九州の麺 [続きを読む]
  • 図書館でゆっくり過ごす癒しの半日
  • 「寒い日にはイオンモールで過ごしましょ」的なBlogは先日UPしました。この時期の定番です。今日は、その図書館バージョンというわけです。今年の4月からはほぼほぼ完全定年になりそうですので、居場所探しの真っ最中というところです。家庭菜園したり、釣りやドライブや小旅行に行ったりする以外にも安く過ごせる居場所を探しています。公園でぼんやり・・・というのをやってみたんですが、短気な私には30分ももちませんでした [続きを読む]
  • ミッドナイト・ジャーナル 本城雅人 著
  • 【本の帯】「被害者女児死亡」-世紀の大誤報を打ち、飛ばされた3人の記者。7年後、児童連続誘拐事件が発生する。さいたま支局の関口豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、本社の遊軍記者・藤瀬祐里は豪太郎の応援に合流し、整理部員となった松本博史は冷めた目で静観する。警察も、目撃者も、記者も上司も嘘をつく。しかし豪太郎は、絶対に諦めない。記者歴20年の著者が書き下ろす感動の社会派エンタメ!!【読後感想文】7 [続きを読む]
  • 狭いながらも楽しい我が部屋
  • 私の独居部屋は4畳半。ベッドと机と本棚、それに作り付けのタンスがあります。この範囲は、全て私が自由にしていいことになっています。壁を剥がそうが、天井を張り替えようが、何でもありということになっています。今のところ、大がかりなリフォームはしていませんが、自分が使いやすいようにはしています。基本的には、机の上とベッドの横にスイッチ類を集中させています。あちこち動かないでいいようにしているんです。机の上 [続きを読む]
  • 電気毛布に癒やされる毎日
  • 若い頃は電気毛布なんて、考えもしませんでした。最近になったら、実に有り難い家電のように思えてきました。だって、全身をコタツの中に入れているようなもんですからね。今使っているのは父が使っていた毛布ですので、もう随分前から我が家にあったんです。体の上に乗せるのではなくて、敷き布団とシーツの間に敷いています。それで、体の下から温かさが伝わってきます。上布団は、これまた10年以上前からの羽毛布団です。温か [続きを読む]
  • 退職金優遇定期で定年後の生活費の2ケ月分をゲット
  • 退職金限定の定期で、2ケ月分の生活費を稼いだというお話です。この時期の定番になっています。記事を読んだ後は、どうぞ自己責任でご検討ください。大手銀行の退職金優遇定期貯金というのをご存じでしょうか。そんじゅそこらの投資話とは全く違います。なにしろ、定期貯金の特別プランなんですから・・・。退職金に限り、期間限定で金利が優遇されるというお話です。かく言う私も、知人から教えて貰うまでは全く知らなかったこと [続きを読む]
  • 木洩れ日に泳ぐ魚  恩田陸 著
  • 【本の帯】舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿ー共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編。【読後感想文】全て一人称で書かれた小説です。しかも、場面はアパート一室だけ。登場人物は、明日朝は別れ別れになる [続きを読む]
  • 勉強嫌いが毎日勉強する日々
  • 自慢じゃありませんが、勉強は大っ嫌いです。学校とか試験とか・・・。今でもまじめ腐った話や勉強は大っ嫌いです。それでも、何故か趣味関わることとなると本を読んだりネットで調べたり・・・。まったく苦になりません。昔は、車に関すること。釣りに関することも随分と勉強しました。最近は、もっぱら家庭菜園です。毎日のようにYouTubeのサイトを開いて、勉強しています。ノートにメモってもいます。昨年からは、日々の作業や [続きを読む]
  • 女性が好きそうなパンケーキを我慢して・・・
  • 若い三男夫婦に連れられてドライブ。ここは、夫婦岩で有名な福岡県糸島市二見ケ浦海岸です。絶景スポットということで車を降りてみたら、寒さに縮み上がりました。この日の気温は、0℃か1℃のはず。海岸は突風が吹いていますので、体感温はいかほどだったんでしょう。スナップ写真を撮ったら早々に引き上げました。冬の海岸は、もうこりごりです。ちょうど小粋なレストランがあるので緊急避難。三男の嫁さんによると、この店はフ [続きを読む]
  • 福岡での大雪は年に一回でいい
  • お寒うございます!日本中のいたるところで、こんな挨拶が交わされていることでしょうね。福岡にも積雪があって、道路が凍りました。家の周りは積もっていても、大通りに出れば溶けているさ。そんな根拠もない判断のもとに、車で仕事へ出かけました。「後悔、先に立たず」とは、正にこのことです。大通りに出ても、まだまだ道路が凍っているではないですか。JRの線路をまたぐ陸橋の上は、吹きすさぶ風によってしっかり凍ったままで [続きを読む]
  • 女性は雑貨が好きですねえ
  • 福岡県の糸島半島をめぐるドライブ。三男の嫁主導で雑貨屋巡りをすることに。内の奥さんに依存などあろうはずがありません。彼女も雑貨が好きなんです。そして、私と三男が反対を唱えるはずもありません。二人はとてもやさし紳士です。さて、一件目は古民家が数軒建ち並ぶひなびた一画。スミカフェという雑貨屋さんです。1階がカフェになっていて、2階が雑貨屋さんです。屋根裏みたいに狭い店内で、二人はニコニコしながら品物選 [続きを読む]
  • タイヤを4本交換しました
  • 先に交換したのはいつだったでしょう?4年前の車検の時だったかもしれません。気にはなっていたんです。フロントのタイヤが随分ときれいに丸くなっています。お坊さんの頭のようです。山間部を走る、どこかの国の車検なしのバスみたいです。数日前「もうそろそろ換えないと、高速は危ないかなあ」と三男に聞いたら、「普通の道も危ないっちゃあないと」とのダメだし。それでも、「そのうちに・・」なんて思っていたら、福岡にもや [続きを読む]
  • ニット帽は防寒の王様かも知れない
  • ニット帽のことについて書くのは、これで3回目かも知れません。其れだけ取っても、いかに重宝しているかが伺えようというものです。これまでの防寒は、マフラーや耳当てに頼っていました。襟の高い上着やヒートテックみたいな下着にもお世話になりました。そこに割り込んできたのが、ニット帽なんです。この冬からです。耳や首の後ろまで包んでいますので、ポッカポッカです。現役の頃は、恥ずかしくてかぶることなんてできません [続きを読む]
  • 春からの菜園準備に入りました
  • 毎年夏の菜園スタートが遅れていたもので、今年は2月の声を聞くと同時に準備を始めようと思います。昨年はジャガイモと玉ネギで菜園ブロックがいっぱいになってしまいました。それで、今年はジャガイモと玉ネギの畝を半分にした菜園計画を立てています。菜園区画の1/4に早生と極早生の玉ネギを植えています。畝は幅は1m×2.2mです。2月の中旬になったら、やっぱり菜園の1/4にジャガイモを植える予定です。残りの1/ [続きを読む]
  • PCは定年後の必須アイテム
  • PC(タブレットやスマホを含む)のおかげで楽しい毎日を過ごしています。なければないで生活することはできますけどね。その点は、車や冷蔵庫、洗濯機、炊飯器等々と似ています。しかし、生活を豊かにし、便利にしてくれるというところが共通点のように思います。PCでTVも観られるし、予定表を作成することだってできます。百科事典の役目さえしてくれます。分からないことをメーカーに問い合わすことだってできます。家族間の連絡 [続きを読む]
  • 定年後をテーマとしたTV・雑誌情報は?
  • この時期になると、「定年後」あるいは「老後」をテーマにした情報が多くなります。TVも雑誌も競うようにして報道しています。何度も同じような記事を書いていますが、私には遠い世界のものばかりのように見受けます。「老後破産」田舎には破産するほどの金の使い道はありません。日々がゆったりしているもんで、あえて金を使いたいとは思いません。世界旅行をしたいとも投資に走りたいとも思いません。「独居老人」「孤独死」「社 [続きを読む]
  • カキを食しに糸島半島へ
  • 「カキを食べに行こうか」という三男夫婦からのうれしいお誘い。この季節、カキ小屋は大盛況というところでしょうか。やって来たのは、福岡市の郊外、糸島半島の西側に開店するアメリカンなカキ小屋。ハマグリなんかも店先に並んでいて、期待が膨らみます。夏のシーズンはBBQで賑わっているんじゃあないでしょうか。ちょっと変わったディスプレイがあったので記念にパチリ。自販機でチケットを買って席に着けば、注文のカキがわん [続きを読む]
  • 勉強家な奥さんは、勝ち組人生
  • 奥さんは勉強家です。毎日のように難しい本を読んでいます。TVはNHKの歴史ものや芸術ものばかり。英語の勉強もしていますので、高校入試くらいは分かるんだそうです。しかし、実生活には何の役にも立っていません。パソコンを最初に教えたのは私です。彼女は、灯油のサイホンの使い方を最近初めて知ったようです。新しい料理のレシピは私か長男の嫁が我が家に持ち込みます。保守的な奥さんは、新しいものが嫌いなんです。私がリフ [続きを読む]
  • 寒い時はイオンで読書がいい
  • お寒うございます。全国的な大型寒波の襲来のようですね。ここ福岡も真冬の気候になっています。マイナスの気温が出ては、もういけません。寒がりの私は冬眠を決め込んでいます。一日、二日は家の中でもいいんですが、だんだん飽きてきます。運動も兼ねて、暖房の効いた施設へ移動です。先ずはH・Cのコメリやナフコをうろちょろ・うろちょろ。春からの菜園作業を妄想しながら1時間ほどの散策です。次は、イオンモール。本屋を冷や [続きを読む]
  • 新参者 祈りの幕が下りる時 映画版
  • 「新参者」の最終章を観てきました。名刑事のはずの加賀恭一郎がなぜ日本橋署に移動し、人形町周辺の新参者になったかが明かされます。巧みなストーリー展開が観客を飽きさせません。遠い遠い26年前の母を追って東奔西走すする加賀恭一郎。私的には、最近観た日本映画の中ではトップの評価を与えたくなる作品です。①ストーリーが、「飢餓海峡」「人間の証明」「砂の器」の王道を踏んでいます。すなわち、東京に出てきた女(男) [続きを読む]
  • 温風ヒーターは拠点方式で使う
  • 冬、部屋を必要以上に暖かくして過ごすというのは、なんと贅沢ことでしょう。小市民の精一杯の思い入れです。エアコンをガンガン・・・なんてやりません。そんなことしたら、皮膚はカサカサ、のどはカラカラになってしまいます。居間では、20℃くらいに設定してエアコンを使っています。コタツと併用しているので、案外暖かい冬の日々を送れています。男の独居部屋はというと、ちょっと違います。もっぱら温風ヒーターに頼ってい [続きを読む]