田沼 さん プロフィール

  •  
田沼さん: シニアになったら毎日遊んで暮らしたい
ハンドル名田沼 さん
ブログタイトルシニアになったら毎日遊んで暮らしたい
ブログURLhttp://yumetuusinsya.seesaa.net/
サイト紹介文リタイヤ3年目、いろんな暇つぶしを探し続けています。
自由文遠い旅行や近い旅行、B級グルメ、家庭菜園、映画、節約生活にDIY、読書等々の話をカテゴリにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2012/02/06 09:18

田沼 さんのブログ記事

  • 最近はテレビよりもYouTubeが面白い
  • 最近の若者はテレビをあまり観ないんだそうです。かつては、テレビを観すぎると目によくない、教育によくないと言われたものです。現代に生きる若者があまりテレビを観ていないと聞いて、随分とまともな世の中になったものだと思ったら???YouTubeを観ているんだそうです。それも特定のサイトをずっと観るというよりは、いろいろなサイトを自由に泳ぎ回ると言います。ハイ、ハイ、ハイ。分かりますよ。私もそうです。テレビ番組 [続きを読む]
  • 博多駅クリスマスイルミネーションなう
  • 恒例の博多駅クリスマスイルミネーション会場に行ってきました。福岡市内では、天神の警固公園に次いで大きなイルミネーションです。ついでに言うなら、ドイツ村というかビレッジというかソーセージやグッズを売るテント村ができ、ステージもあって盛況に行われています。博多駅前2階のプロムナードからはツリーをはじめ、会場全体を眺めることができます。ステージ周りに机や椅子が並べられているので、やっぱり人がたくさん集ま [続きを読む]
  • あこがれの鉄なべ餃子を食べる
  • あこがれの博多名物鉄板餃子を食べに行きました。博多駅前のもり屋さんです。予約を入れているので、安心です。掘りごたつ形式の個室を、予約した団体さんが来るまでの2時間限定で使わせて頂きました。今日は食事をする程度なので、1時間もあれば十分です。丸く並べた餃子をフライパンで焼いて、そのままそのままお客さんのもとへ。二人前の注文です。一つ一つは一口大で、周りはカリカリ焼け上がっています。中は昔ながらのニン [続きを読む]
  • 懐かしい映画です「青春の鐘」
  • 例によって、YouTubeを泳いでいて偶然見つけました。舟木一夫、松原智恵子が主演する「青春の鐘」という映画です。舟木一夫の主題歌に乗せて、実にベタなストーリー展開が懐かしく感じました。松原智恵子扮する上流階級のお嬢様の家に、純朴な大学生が弟の家庭教師としてやって来ます。お嬢様にはエリートの許嫁(いいなずけ)があって、結婚も近そうです。上流階級にありがちな見栄や外聞にこだわる家庭の在り方が二人の恋の障壁 [続きを読む]
  • キッチンストーブが気になっています
  • この正月休みにロケットストーブでも作ろうかと思っていました。ペール缶、もしくは一斗缶を利用して自作するやつです。ステンレス管が最低で2種類、断熱材のパーライトも要ります。中古品が手に入らなければ、なんやかんやで3〜5千円の材料費がかかりそうです。工具がない人は、それもいるかもしれません。調理できるようにするには、さらなる五徳や鉄板が必要でしょう。そんな風に考えたら、随分な予算が必要になりそうです。 [続きを読む]
  • ねこ町駅前商店街日々便り
  • 作者は柴田よしき。【本の帯】赤字ローカル線の終点・根古万知。駅前は、わずか八店舗ほどが細々と営業するシャッター商店街である。数年前、猫の町「ねこまち」としてブームになりかけたこともあったが、それも一時のこと、以来、ジリ貧状態だ。離婚を機に、そんな町に戻ったラーメン店の娘・愛美は、緑色の大きな目と灰色の毛が愛らしい拾い猫を飼うことになった。ノンちゃんと名付けたその猫が、ひょんなことから一日猫駅長を務 [続きを読む]
  • ドラマ「陸王」では9:45に必ず泣ける
  • 役所広司主演のTVドラマ「陸王」が、高視聴率を続けているようです。ジリ貧の一途をたどる老舗の足袋屋「こはぜ屋」が、起死回生に打って出たのがマラソンシューズの開発でした。そのプロジェクトチームには、困難にぶつかるごとに、また一人、また一人と専門分野を持つ仲間が加わります。荒野の七人みたいです。主役の役所広司は当然として、人気急上昇の竹内涼真もいいですね。甘いマスクの下に秘めた熱い思いを押さえながら、 [続きを読む]
  • 福岡にも冬将軍が初雪を降らせました
  • 前日から、TVでは大寒波到来の予報です。12月下旬〜1月初旬の天候になるとも言ってました。覚悟はしていましたが、昨日の朝、起きた時の寒さには体がすくみ上がりました。我が家周辺でも、気温が5度を少し上回った程度だったでしょうか。朝ドラを視てから車で出かけましたが、フロントガラスには初雪まじりのみぞれ雨です。積もるまでには至りませんでしたが、初雪は初雪です。例年よりも数日早いんだそうです。山間部だけだろ [続きを読む]
  • 風向きがころころ変わる相撲の「噂」報道
  • 最初の報道は日馬富士の暴行に対し、日頃の言動も持ち出して非難が殺到しました。若い力士の死亡事件を持ち出して、相撲界の悪しき慣習を声高に叫ぶコメンテーターもいたように思います。その内に「指導のつもりだった」「可愛がりだった」という話が出てくると、貴乃花への集中砲火に風向きが変わりました。暴力はいけないが、そこに至った経緯を考えないと・・・・。貴乃花は組織人として・・・・。皆の前ですべて話すことが大切 [続きを読む]
  • 身の丈の範囲内で生きると幸せになる
  • 一般的に言う成功者って、どんな人なんでしょうね。誰もが認める社会的地位や名誉を得たり、大きな財産を築いた人というところでしょうか。そういう点からすると、私はまあまあ中途半端な成功者ということになるでしょう。ただし、誰もが・・大きな・・立派な・・一番・・・とか言われたら、ちょいとあやしいところがありますがね。苦労せずに定年後を過ごしているんですから、負け組というのとも違いそうです。寄って立つ目標地点 [続きを読む]
  • 博多もうまいが久留米ラーメンもうまい
  • 福岡県の小郡に行く用事があったので、昼食は久留米ラーメンを食べることにしました。その昔に食べた時には、なんとなく脂ぎった感じがしてNGだったことを覚えています。博多長浜ラーメンのあっさり感に慣れた者にはきつかったんです。40年ほど前の話です。さて、今回訪れたのは、食べログで探した久留米ラーメン清陽軒小郡支店。小郡市役所のすぐ近くにあります。新しい店のようで、広く清潔なお店です。スタッフは女性中心で、 [続きを読む]
  • 迷ったら楽しい方を選択することにしています
  • 基本的に、自由に行動できるのが定年後の人生です。我慢したり、無理をしたりして生活するのはもったいない気がします。今も仕事をしていますので若干のストレスがありますが、新しく得た知識や人間関係を楽しむように心がけてもいます。ましてや、自分だけの時間は「楽しいと思えることだけやる」に徹しています。見栄や外聞が全く気にならないと言ったら嘘になりますが、努めて気にしないようにしています。誰かが何かを言うだろ [続きを読む]
  • 巷ではイルミネーションの季節です
  • ハロウインが終わったら、今度はクリスマス。商魂たくましいと言ってはそれまでですが、中々の頑張り具合だと思います。我が町のショッピングモール内の100円ショップでは、一日の内に飾り付けが変わりました。正面が全面クリスマスグッズになって、行き交う人の消費意欲をあおっています。それと同時に、ショッピングモールの通路と通路を結ぶ空間にはイルミネーションのネットが出来ています。当然、クリスマスツリーも・・・ [続きを読む]
  • 実用本位な小物選びから、遊びの要素も・・・
  • 最近YouTubeを視てからの話です。100円ショップの小物を使ったDIYが盛んにUPされていますね。有名なものは、すのこを使った棚づくりやディアウオールですかね。加工後のペインティングや焼き網を使った小物づくりも流行りでしょうか。ビンテージもののステッカーを使った飾り物なんかも魅力です。そんな小物は耐久性や大きさに難があって、決して実用的には十分なものとは言えそうにありません。ですが、部屋の片隅に飾りとし [続きを読む]
  • コタツに入ったら無気力になる季節
  • 寒くなりました。福岡地方も最高気温が10度前後ということになると、冬の季節が到来です。北海道や東北の人からすると、「何だ、そんな気温か」と言われるかも知れませんがね。福岡人からすると35度の気温には慣れていますが、10度以下は寒いんです。さて、寒くなると引っ張り出されるのがコタツです。我が家の場合はフローリングの居間というものは無く、絨毯敷きの上に冬はコタツ、夏はそのままテーブル使用という状況です [続きを読む]
  • 沖縄のレンタカー事情が半端じゃないらしい
  • 沖縄でレンタカーを借りた知人の話です。美ら海水族館の見学に行った時の話です。以下は、知人になったつもりで書いてみます。那覇市内方出発したんですが、小一時間もかかったでしょうか。広大な公園の中の一つの施設として水族館は存在していました。スナップを撮ったので、ちょいとご鑑賞ください。知人からラインで送られてきた写真本日の話題は水族館の話ではなくって、レンタカーの話です。水族館までの道すがら「れ」ナンバ [続きを読む]
  • 客室係とメモで癒しのコミュニケーション
  • 旅先のホテルで交わした客室係とのメモが、癒しのコミュニケーションになりました。旅にでたその夜は、ホテルの近くの居酒屋でご当地料理や地酒を堪能するのが常になっています。いつも、たっぷりとご当地料理や地酒地酒を味わってホテルに帰ったら、バタンキューというのが常の私です。今回の旅先でも同じようなパターンで寝入ったのですが、真夜中にサイドテーブルの上のコップを床に落としてしまいました。疲れていたし、暗かっ [続きを読む]
  • 私には葬式も戒名も全く不要です。
  • 以下はあくまでも私的な考え方で、あるべき姿を述べているものではありません。葬式に参加するたびに思うのですが、こんな儀式は必要なんでしょうかね。巧みな話術で司会進行する人は葬儀社の人で、生前には全く知らなかった人ですよね。祭壇の形も葬儀社が準備したもので、大体どの葬儀も似ているように思います。生前は全く個性の違う人なのに、同じ形式で送られるんですよね。私は勘弁して欲しいと思います。最後くらい自分らし [続きを読む]
  • レッド・ドーン 祖国を守るアメリカの心情
  • GYAOで久しぶりの映画鑑賞。日本語吹き替え版だったので、日本でも配信さられていたのかもしれません。【あらすじ】アメリカ全土に、突然停電が起こる。翌朝、空一面に戦闘機と空挺部隊が現われ、北朝鮮軍がアメリカ全土を占領した。襲撃から逃れ、山中へ潜んだジェドとマットだったが、北朝鮮軍のチョウ指揮官に眼前で父を処刑される。父の最期の言葉に従い、スポケーンの街を占拠した北朝鮮軍と戦うことを決意したジェドとマット [続きを読む]
  • 奥さん推奨 生け花のような野菜たち
  • 9月頃に植えた野菜が収穫の時期になっています。レタスやブロッコリー、キャベツに、白菜等々。水を満たしたボールに、収穫してきた野菜をぶち込んで流し台の上に置いていました。すると、「生け花みたいじゃない」という奥さんの声。奥さんはバタバタとスマホを構えて、スナップを撮り始めました。「はー?」といったまま無視していると、「ほら、ほら、見てみんね」と強制連行。確かに、天があって横広がりがあって・・・。緑の [続きを読む]
  • 30cmの携帯充電コードが便利です
  • スマホを買ったら、箱の中に充電コードが入っていますね。必ずと言っていいほど、1mの長さのものが入っています。前から思っていたんですが、そんな長さがいるでしょうか。私にとっては邪魔で邪魔で仕方が無かったんです。同じ値段なら、大は小を兼ねるということでいいんですけどね。1mの充電コードは30cmのコードの値段よりも500円ほど高いんです。たかが500円と侮ることなかれ!無駄な出費を抑えることが大切な年 [続きを読む]
  • 延命治療は勘弁してください!
  • 延命治療は要らないと奥さんに言っています。意識不明の状態で回復の見込みがないという時になっても、人工呼吸器などで延命されるのは勘弁してもらいたい・・・と私は思っています。延命治療で生きながらえたとしたら、それが数日間でも家族の心身の負担は計り知れないものがあるだろうと思います。経済的な負担はどれくらいかと思うと心配になります。延命治療は施さずに、家族がここまで・・と判断した時点であらゆる治療は停止し [続きを読む]
  • 道後温泉土産の箱がおもしろい
  • 道後温泉というのは地域名を指すのではなくて、一つの温泉施設を指すということを知らない人が案外多いようです。実は、私も実際に行くまではしらなかった部類です。さて、その道後温泉に知人が行ったんだそうで、土産を買ってきてくれました。こう言っちゃあ何ですが、中身はどこにでもある焼き菓子、クッキーです。ちなみに、全国の観光地のお土産は何カ所かの専門メーカーが作っているんだそうです。注文を受け、パッケージだけ [続きを読む]
  • かかし祭りの帰りは温泉でゆっくり
  • 久山町のかかし祭りを堪能した後は、久山温泉「夢屋」でひとっ風呂浴びることにしました。何種類もの露天風呂を楽しめる温泉施設として、福岡市近隣の人々に人気があるようです。普通の岩風呂から真珠風呂、ワイン風呂等々が段差のある敷地に10カ所ほどもあるでしょうか。もちろん、サウナも完備です。室内には、41.5度のちょっと熱めの大浴場と、ぬるめのバブル大浴場があって、好みに応じて温泉を楽しむことが出来ます。風呂上 [続きを読む]
  • 最後の証人 一発逆転を狙う弁護士の物語 
  • 作者は柚月裕子。【本の帯】元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼のもとに、殺人事件の被告人から弁護依頼が舞い込む。高層ホテルの一室で起きた刺殺事件。男女間の愛憎のもつれの末の犯行であり、物的証拠、状況証拠から有罪確実だとみられている。しかし佐方の本質を見抜く勘が、事件の裏に何かがあると告げていた。有罪必 [続きを読む]