福岡田沼 さん プロフィール

  •  
福岡田沼さん: 半田舎 毎日遊んで暮らしたい!
ハンドル名福岡田沼 さん
ブログタイトル半田舎 毎日遊んで暮らしたい!
ブログURLhttp://yumetuusinsya.seesaa.net/
サイト紹介文リタイヤ4年目、いろんな暇つぶしを積極的に探し続けています。
自由文遠い旅行や近い旅行、B級グルメ、家庭菜園、映画、節約生活にDIY、読書等々の話をカテゴリにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/02/06 09:18

福岡田沼 さんのブログ記事

  • 懐かしい東宝映画(50年前)を2本ご紹介
  • 一つ目の映画は「ある日私は」です。上原美佐?と宝田明が主演した青春映画です。東宝らしく、明るくすがすがしい映画に出来上がっています。石坂洋次郎の原作ですから、さもあらんというところです。主人公の二人は大学生とOLでして、若大将シリーズのようです。東京での県人会で知り合って・・・というところがいかにも昔風です。後に、それぞれの父親と母親が昔の恋人同士だったということを二人は知ることになります。ハリウッ [続きを読む]
  • ついに貯金崩しの生活になってしまった
  • 定年までに、自分の小遣いを貯めておけ!これは先輩のありがたいご助言です。年金生活になると、自分の趣味にお金を使い辛くなります。奥さんとのトラブルの元になっては大変です。だから、自分の自由になる小遣い分を現役の時から貯めておきなさい・・・と言われたわけです。ご助言をいただいたのが、十数年前の話。その後助言に従って、少しづつ溜めていきました。自分の小遣いの中から、それこそ爪に火をともすようにして・・・ [続きを読む]
  • 我が家では大騒動のBBQと花火大会
  • どこのご家庭でもそうなのではないでしょうか。我が家は大騒動の毎日です。まるで、箱の中に鈴を数個入れて、激しく降っている状態とでも言いましょうかね。今日は、次男の帰省に合わせてのBBQ大会。大混乱のBBQと花火大会長男家の孫娘二人がキンキン声で叫びまわります。次男家の孫三人はまだ小さいので訳も分からずに動き回ります。それを親たちやばあちゃんが注意したり怒ったり・・・。1時間も一緒にいると、頭が崩壊しそうで [続きを読む]
  • 35℃が基準になった今年の夏
  • 毎日暑い日が続きますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。天気予報を見るたびに、最高気温35℃が続くカレンダーが出てきます。いい加減にせーい!!と、ぶつける先のない怒りがこみ上げてきます。私が子どもの頃の基準は、30℃だったように思います。「今日は30℃を超えるらしいから、朝のうちに勉強しとかなよ」と母に言われたものです。32℃でもあったら、体が溶けると言っていました。ランニングシャツに半ズボンで [続きを読む]
  • 朝寝、朝酒、朝湯が大好きで・・・
  • むかし、むかし。小原庄助さんという人がいたとか、いないとか・・・。彼は、朝寝、朝酒、朝湯が大好きで、それで身上を潰したそうです。今の私はというと、5時に起きだして野良仕事。家に帰って朝湯とはいきませんが、朝シャワー。流石に朝酒はしませんが、朝飯はご飯とみそ汁+α。その後は朝寝です。寝転がって、本を読んだりタブレットをいじくったりしているとついつい睡魔に襲われます。小一時間もすると、昼飯時。最近は、 [続きを読む]
  • 子悪は眠られない今日この頃
  • 「巨悪は眠らせない」と、特捜検事が言ったとか言わなかったとか。最近の世相は、「子悪は眠られない」と言ったところでしょうか。マスコミ報道の過剰さには首をひねりながらも、「巨悪」ならぬ「子悪」の追及には役立っているようにも思えます。また、個人が小型の録音機やネットを武器にする時代になったなあ・・という感じもしています。昨年は、ある議員さんが車の中で運転手さんを罵倒し叫びまくる声が録音されていました。ど [続きを読む]
  • 電動の草刈り機を買ってしまいました
  • 庭の芝生がずいぶんと伸びてきました。植え初めの頃は、そう20数年前は根付くかどうかも心配しました。どうにか育って、猫の額ほどに狭い庭ですが緑で一面になりました。子どもたちと遊んだり、寝転がったりして喜んだものです。しかし、その勢いは強く、数か月後には芝刈りの作業に汗を流すことになってしまいました。数年は、庭の枝落とし用にホームセンターから借りた電動の剪定機をを流用して芝刈りにも使っていました。両手 [続きを読む]
  • 我が家の卵かけご飯はこう作る
  • 卵かけご飯の作り方には、いろいろあるようです。別のお椀に卵を割り入れて、醤油と混ぜてご飯の上に・・・という作り方。あるいは、そのままご飯の上に割って塩で味付けする・・・というやり方。今日は、TV番組で仕入れたレシピを紹介します。白身と黄身を分けて、まずは白身をご飯に混ぜてしまいます。その上に黄身を置いて、醤油をその周りに散らすというのです。試してみると、案外美味しかったので我が家の卵かけご飯の定番に [続きを読む]
  • 定年後はタンスの中身を整理する
  • 最近、人前に出ることが少なくなりました。そうすると、いらなくなったのが洋服です。裸族になったというのじゃありませんよ。上はポロシャツやTシャツ、下はジャージや作業着で過ごすことが多くなったんです。人前に出ないんですから、人目を気にする必要がなくなりました。買い物にショッピングモールへ行く時には、それなりの服装をしないと奥さんに怒られます。野良仕事の時は、汚れてもいい服装に着替えます。孫が遊びに来た [続きを読む]
  • まあ今年は豆類の出来が良かったかな
  • 毎年失敗続きの我が家庭菜園にあって、豆類の出来は案外よかったようです。5月に収穫できたのがグリーンピース。昨年の11月上旬に植えたのが、5月にはたくさん収穫できました。一つの畝に10本ほどの苗(自家製)を植えて、ほとんどほったらかし状態でした。以前、隣の菜園ブロックの人があまりにも茂り過ぎたんで、途中で引っこ抜いていたのを見ていました。それで、少な目に植えて周りをネットで囲むという処置だけはやって [続きを読む]
  • 定年しても「年金+α」で暮らせそうだ
  • 仕事を辞めて年金生活に入ったら、誰しもがお金の心配をせずにはいられません。たいそうな貯金があるとか、十分な額の年金がもらえるという人でない限りはね。かく言う私も、これからどんな生活を送っていいのか、未だに分からないというのが正直なところです。一生けん命節約生活をしたり、ストレスを溜めながらも働き続けたりすえば、生活上の不安は少なくなるかもしれません。しかし、怠け者の私には無理なようです。なにしろ、 [続きを読む]
  • 懐かしい本を発見 魔界行Ⅰ(復讐編)
  • 本を整理していたら、30年以上も前の作品に目を止めてしまいました。菊池秀行氏の長編伝奇小説というロゴが付いています。昭和60年3月30日の発行ということになっていますので、次男が生まれた頃ということになります。この頃は、半村良を頂点として「伝奇もの」が流行っていた時代でもありました。菊池秀行氏はもちろんこと、名前を挙げるとするならば平井和正、荒巻義雄、志茂田景樹、山田正紀氏などが群雄割拠した時代で [続きを読む]
  • 我が家の周りは39℃ 命が危険
  • 買い物に出ようと車に乗り込んだ時の話です。異常に暑いように思ったので、車の計器を使って外気温を測定しました。するとどうでしょう。39℃もあるじゃないですか。暑いはずです。今までに経験したことのない気温です。命の危険さえも感じる気温となりました。試しに、ショッピングモールまでの道すがらで測定してみました。大通りの交差点で38℃。田んぼの間を走る道路で37℃。ショッピングモールの立体駐車場3Fで37℃ [続きを読む]
  • 定年ボケと暑さボケでネタに尽きた
  • 2〜3ケ月に一回は訪れる「ネタがない」状況に陥りました。なにしろ、この暑さです。定年ボケしている上に、暑さボケが重なって取材探しに外を出歩く気にもなりません。そのため、他人様の人生訓をネタにして書いていましたが、ついに力尽きてしまいました。ほんでもって、今日一日は部屋に閉じこもっています。そして、30年以上も昔の本を引っ張り出しての読書三昧という訳です。台風12号が福岡を通過した後は気温がグーンと [続きを読む]
  • の〜んびりした生活を選択すると心が安らぐ
  • 地域の先輩たちとの飲み会で、「タイム イズ マネー」という言葉を久しぶりに聞きました。日本語では、「時は金なり」ということになるんでしょうか。話です。この言葉は、本来「時間はお金と同様に貴重なものだから、一時も逃さずに努力する」という意味でしょうかね。「 時を惜しんで働いたり勉強したりしないとだめだ」という意味に使われることが多いように思います。以下は、怠け者の持論です。定年後は、「のんびりした時 [続きを読む]
  • ビニール袋栽培は失敗だった
  • 春頃、YouTubeのサイトでビニール袋栽培なるものを知りました。これはおもしろそうだと試しにやってみることにしました。5月下旬の話です。ミニトマトにゴーヤ、ピーマン、メロンを植えて準備しました。ミニトマトは安いポット苗や脇芽かきした枝を植えたりしていました。あれから2ケ月。結果は、全部失敗に終わりました。ミニトマトは粒が小さかったり、数が少なかったり。ゴーヤも実が小さくて、葉も生い茂ることはありません [続きを読む]
  • それまでの明日 沢崎探偵シリーズ 原尞 著
  • 14年ぶりの最新作。デビュー30周年記念作品! 【本の帯】11月初旬のある日、渡辺探偵事務所の沢崎のもとを望月皓一と名乗る紳士が訪れた。消費者金融で支店長を務める彼は、融資が内定している赤坂の料亭の女将の身辺調査を依頼し、内々のことなのでけっして会社や自宅へは連絡しないようにと言い残し去っていった。沢崎が調べると女将は六月に癌で亡くなっていた。顔立ちのよく似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は [続きを読む]
  • ただいま楽しく生きることだけを実行中
  • 「課長 島耕作」を書いた弘兼憲史氏によると、「豊かな老後」とはどれだけ楽しく生きているか次第だそうです。大切にしたい格言です。私自身は「老後」と呼ぶにはまだまだ若いつもりなので、もうしばらくは「定年後」という言葉にこだわりたいとは思っています。それで、私流に言うならば「定年後は楽しく生きることだけを考える」という方針でやろうかと思っています。もちろん経済的な基盤がないことには、生きることさえままな [続きを読む]
  • 小さな暮らしをして楽に生きるという本
  • 題名を 60歳からは「小さくする」暮らし といいます。作者は、料理研究家の藤野嘉子さんといいます。新聞の書籍紹介欄からの引用です。キャッチコピーがまたいいんです。「こだわり」を捨てたら「私らしさ」が見つかった というのですから、こだわりばかりの私にとっては心惹かれるものがあります。コピーはまだありますよ。豊かな老後のために 今、始めたい暮らしのヒント完全定年して1年目ですので老後というのはまだまだ [続きを読む]
  • 秋キュウリを大切に育てる試み
  • 先日の大雨で、たくさん収穫できていたキュウリがいっぺんでダメに。2〜3日降り続いた後、ふれあい農園に行ってみると枯れていたんです。あちこちの区画でも同じような状況でした。再生できないかと数日は頑張ってみたんですが、あっぱりだめでした。それで、キュウリ畝は早々に片づけてしまいました。TVでちょいうと小耳に刺さんだところによると、七夕キュウリという言い方で今の時期に植えるキュウリもあるそうです。まあ、7 [続きを読む]
  • 対照的な二人のYouTuberの魅力
  • 最近TVが面白くないというお話は、本ブログにUPしていました。代わりにYouTubeなどのネットサーフィンを楽しんでいるというお話もUPしていました。YouTubeで最初にはまったのは、猫動画やDIY、キャンプをテーマとしたサイトでした。その後、福田俊さんの家庭菜園、mojimojicoさんの東京での一人暮らし等もご紹介していました。さて今回は、対照的な二人のYouTuberをご紹介します。優れた内容を持つかどうかは皆さまのご判断にお任 [続きを読む]
  • 役不足で申し訳ありません ???
  • ある集まりでのこと。団体の「長」が挨拶する予定の式次第なんですが、「副」の方が代役を務められた時のお言葉。本来ならば会長がご挨拶すべきところなんですが、所要のため出席できません。それで役不足で申し訳ありませんが、副会長の私がご挨拶申し上げます。?????。ずいぶん昔に、TV番組で話は聞いていました。が、実際にこの誤使用に接するのは今回が初めてでした。実は、私自身がそのTV番組で初めて知ったんですからお [続きを読む]
  • 嫌われて生きるより、好かれて生きる方がいい
  • 「さからわず、いつもにこにこ 従わず」産婦人科医師の昇 幹夫さんの言葉だと聞いています。いい言葉ですね。好々爺のようなイメージが浮かびます。実際は内なる主張があって、誰にも従わしないという姿もうかがえます。年齢が60歳を過ぎてくると、20代はもとより30代、40代の人とは興味・関心、あるいは意見が乖離していることに気づきます。私が若い頃、60代の人の話は面白くありませんでした。昔話か自慢話ばかりだ [続きを読む]
  • 愚か者死すべし 沢崎探偵シリーズ 
  • 作者は原 尞。【本の帯】大晦日の朝、私立探偵・沢崎のもとを見知らぬ若い女、伊吹啓子が訪れた。銀行強盗を自首した父の無実を証明してほしいという。彼女を父親が拘留されている新宿署に送り届けた沢崎は、狙撃事件に遭遇してしまう。二発の銃声が轟き、一発は護送されていた啓子の父親に、もう一発は彼を庇おうとした刑事に命中した! 9年もの歳月をかけて完成した、新・沢崎シリーズ第一弾。巻末に書き下ろし掌篇「帰ってき [続きを読む]
  • 定年して思うコピー機のありがたさ
  • 仕事から完全撤退して数カ月が過ぎました。この間、「毎日が日曜日」どころか「月月火水木金金」の状態で忙しく、そして楽しく過ごしています。しかし、コピー機や印刷機のありがたさを切実に感じているところでもあります。といいますのも、決して無駄遣いをしていたとは思いませんが、現役の頃はある程度自由にコピー機を使っていました。ありがたさを特に気にすることはありませんでした。仕事上でのプリントアウトやコピーでし [続きを読む]