かめこ さん プロフィール

  •  
かめこさん: 俳句in沖縄2012 種まきブログ
ハンドル名かめこ さん
ブログタイトル俳句in沖縄2012 種まきブログ
ブログURLhttp://haiku-in-okinawa.blogspot.com/
サイト紹介文沖縄の子どもたちと俳句をつなぐかけ橋になろうと十年前より行っている俳句in沖縄という行事のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/06 23:50

かめこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 俳句ディベート、東京開成高校来沖中止について
  • 今回、とても残念なことに、沖縄の高校生からの俳句ディベート部門への申し込みが、ありませんでした。対戦相手がいないのにも関わらず、東京開成高校の皆さんに台風が次々発生する中に来て頂くのは申し訳ないということで、楽しみにされていた方々には申し訳ございませんが、俳句ディベートでの開成高校のご招待を泣く泣くキャンセルさせていただくことになりました。以前来ていただいた時も、台風で帰れないことがありました。安 [続きを読む]
  • 受付延長
  • 例年に増して参加者が少ないので、23日(木)まで、締め切りを延長します。出そうと思っている方は、早めにご連絡ください。25日(土)はウークイですが、東京開成高校の皆さんと、平敷屋エイサーに吟行へ行く予定です。こちらへのご参加もよろしくお願いします。OBの皆様、現役高校生への呼びかけ、よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • ちらしりにゅーーある
  • ちらし、リニューアルしました。ワゴン吟行は、平敷屋エイサーの予定です。参加申し込みは17日までにお願いします。会費は弁当代含めて1000円くらいです。開成高校の皆さんと直接気軽に話すチャンスです。どうやって俳句を作ってるのか、どういうペースで俳句を作ってるのか、何を考えているのか、知りたくありませんか? まだ座席に余裕があるので、参加したいかた、ご連絡ください。 [続きを読む]
  • わくわく俳句勉強会レポート①
  • 第一回わくわく俳句勉強会は、6/9(土)浜比嘉島への吟行をしました。スタッフの手にも限りがあるからと、どこまで声をかけたらいいのかと躊躇したり、参加したいと言ってくれてた子が都合が悪くなったりで、小学生四人でのスタートとなりました。今回俳句勉強会をはじめるにあたって、共催である沖縄タイムスに、この勉強会の紹介記事を載せていただいたのですが、四人のうちの二人はその記事をみて参加してくれました。浜比嘉島 [続きを読む]
  • わくわく俳句勉強会
  • 第十五回俳句in沖縄を終えての感想は、もう俳句ディベートの部分では、私たちの力は必要ないのかなということでした。俳句やディベートの土壌がまだ育ってなかった最初のころ、対戦がはじまっても発言できないチームもたくさんありました。俳句をどうやって作るのか、俳句ディベートとはどういうものなのか、学校の垣根をこえた勉強会で一つ一つ勉強したものです。しかし、先輩から後輩へノウハウが引き継がれるようになり、勉強会 [続きを読む]
  • 第16回俳句in沖縄 開催要項
  • 2018年度、第16回俳句in沖縄にむけて、いろいろと動きだしました。 まずは、開催要項をお知らせいたします。今年も多くの方のご協力のもと、開催される予定です。どうぞご協力のほど、よろしくお願いいたします。 ――――――――――――――――――――――――――――― 第16回 俳句in沖縄  開催要項第16回俳句in沖縄実行委員長 井波 未来 副実行委員長 三浦和歌子 (公印省略)開催日時   平成30年8月26日( [続きを読む]
  • 第15回俳句in沖縄 審査結果
  • みなさまのお力をお借りし、第15回俳句in沖縄を終えることができました。審査をひきうけてくださった先生方、東京開成高等学校の皆様、会場に応援に来てくださった皆様、遠くから応援してくださった皆様、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。審査結果をお知らせします。第十五回俳句in沖縄 審査結果俳句ボクシング優勝伊波小五年 勝連千慧(ライトブルー宝貝に写る夏)準優勝伊波小五年 棚原瑠泉(夏の雲五 [続きを読む]
  • 2017年俳句in沖縄開催のお知らせ
  • 8月27日に第15回俳句in沖縄が開催されます。俳句甲子園優勝常連校の東京開成高校から学生と先生をお招きし、俳句ディベートの技術を直接対戦する中で学ぼうというのがメインの行事です。小中学生は俳句ボクシングというのをやります。 俳句をつくって、どういう気持ちでこの俳句を作ったかを、 自分の言葉で説明し、判定してもらいます。 50%の確率で、次の日の新聞に載れます。 俳句ってだれでもつぶやけばできるので、 親子で参 [続きを読む]
  • 過去の記事 …