元塾講師 さん プロフィール

  •  
元塾講師さん: 受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ハンドル名元塾講師 さん
ブログタイトル受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ブログURLhttp://jyuku-erabi.net/
サイト紹介文塾の裏側から受験に必要な知識まで、全てお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/02/07 00:38

元塾講師 さんのブログ記事

  • 【高校受験】最後の追い込みは理社がおすすめです
  • 公立高校を志望している人は5科目の勉強をしているのではないでしょうか。まんべんなく勉強することが大切ですが、最後の追い込みは理社に絞ると効果的だと思います。暗記科目を頑張ることにより、総得点の底上げが出来ます。理社で稼げるよう復習の時間を多くとれるようなスケジュールを組むようにしたいものです。 理科の復習理科は大きく分けて4分野あります。「生物・地学・化学・物理」の4分野です。この中で苦手分野があ [続きを読む]
  • 【2018年度入試】時事問題集が発売されます|おすすめも紹介
  • 2018年度入試用の時事問題が発売される時期となりました。実際には11月になってからの発売が多いのですが、既に発売されているものもあります。中学受験では多くの学校で出題が予想されますので、早い時期から取り掛かることが大切です。高校受験ではそれほど多く出題されることはありませんが、念のため大きな出来事だけは確認しておくと良いでしょう。 時事問題の傾向と対策時事問題は直接その出来事に関して問われる問題と、 [続きを読む]
  • 面接練習は直前ではなく前もってしておきましょう
  • 中学入試や高校入試で面接がある学校があります。塾にお通いの場合、面接の練習をしてくれると思いますが、入試直前に数回だけということが多いと思います。合否に面接はそれほど関係しないこともありますが、しっかりと準備をして臨みたいものです。数回の練習でどれだけ上手くなるかは微妙なところだと思います。出来れば前もって面接の練習をしておくのが良いと思います。今回は面接練習について考えてみたいと思います。 面接 [続きを読む]
  • 【中学受験】2018年は受験者増加の見込み|おすすめ中学校
  • 受験情報誌を見ていると2018年度の受験者数は増加する見込みのようです。ここ数年、受験者数が増加しているので、4年連続の増加となりそうです。中学受験者数の増加の理由として、景気回復と大学入試改革が挙げれられています。確かにリーマン・ショック後には受験者数が減少していました。また、「ゆとり教育」の時代には公立中学校の教育内容に不安を感じた家庭が私立中学校を目指していました。今後、景気回復が続き大学入試改 [続きを読む]
  • 【中学受験】2018年度からの共学化3校
  • 2018年度入試から共学化となる学校が3校あります。青山学院横浜英和文化学園大学杉並八雲学園共学化となると、人気が出ることが予想されます。教育雑誌では上記の学校の特集ページがあったりもするので、学校について調べている方が多いのではないでしょうか。今回は、共学化される上記3校について見ていきたいと思います。 青山学院横浜英和青山学院横浜英和のホームページを見ると、共学化のページが別に準備されています。学 [続きを読む]
  • 【高校受験】定期テスト前、周りの友達は何時間勉強していますか?
  • 学校の定期テスト前は誰もが勉強すると思います。周りの友達が何時間勉強しているか確認したことはありますか?出来る生徒ほど「そんなにしてないよ」と言うことが多いのではないでしょうか。しかし、実際は相当な時間勉強していると思います。 中学生の定期テスト前の勉強時間はどれ位なのかを考えていきたいと思います。 定期テスト2週間前最近の中学校では2週間前に試験範囲が発表されることが多いようです。私が中学生の頃は [続きを読む]
  • 【コラム】毎日塾に来ていた小学5年生のT君が中学生になったら
  • 野球少年のT君が塾に来たのは小学5年生の4月でした。本当に野球少年という言葉がぴったりのT君。学校の勉強についていくのがやっとという感じの成績でした。お母様と一緒に説明を聞きに来た日、進学塾だとは思っていなかったようで、説明を聞いている時はずっと下を向いていたのを覚えています。お母様も自宅から一番近いというだけで説明を聞きに来たようで、自分の息子に合っているのかを相当心配していました。数日後にT君は [続きを読む]
  • 子どもと一緒にいる時間を増やすことで、受験に好影響を与える
  • 子どもの話をしっかりと聞くことにより、自主性が生まれます。自主性が生まれると自分から勉強するようになるものです。子どもと話をする時、ついつい親が話すことが多くなっている場合には注意が必要です。子どもが口下手という場合であっても、上手く話を聞いてあげるようにすることが大切です。今回は子どもの話を聞くことの重要性について考えてみたいと思います。 普段の生活で話を聞く朝起きて学校へ行くまでの時間や、学校 [続きを読む]
  • 【高校受験】部活と勉強を両立するための方法
  • 中学生になると好きな部活を頑張る人も多いと思います。中には練習量が多く、勉強との両立が難しいと感じることもあるのではないでしょうか。しかし、高校受験は避けることが出来ません。部活と勉強の両立という問題は、昔も今も変わりません。 中学校を卒業した後で、部活を頑張っていたせいで行きたい高校に行けなかったということがないようにしたいものです。頑張っていた部活が良い思い出になるよう、志望する高校に進学出来 [続きを読む]
  • 【中学受験】子どもを勉強に熱中させるように親が仕向ける
  • 自分の子どもが熱中して取り組んでいることを知っていますか?ゲームに熱中しているスポーツに熱中している読書に熱中している他にも子どもが熱中していることはあると思います。熱中していることが一つもないという場合は、勉強以外で構わないので、何かしら熱中出来るものを子どもと一緒に探すようにしましょう。 特に低学年のうちに熱中できるものがあると、その後の勉強で役立つと思います。基本的に勉強は面白くないものなの [続きを読む]
  • 【中学受験】漫画を活用した慣用句・ことわざ・四字熟語の勉強法
  • 国語の知識(慣用句・ことわざ・四字熟語)の勉強をする時に漫画を使うとイメージが湧いて覚えやすくなることもあります。 塾で使っているテキストにも『慣用句・ことわざ・四字熟語』の単元があると思います。しかし、慣用句やことわざ、四字熟語とその意味が羅列されているだけではないでしょうか。そして次のページに問題が出てくるという感じだと思います。 もちろん覚えることに変わりはありませんが、どんな時に使うのか分か [続きを読む]
  • 【中学受験】大学付属校なら高校受験より狙い目なのでは?
  • ここ数年、中学受験において大学付属校の人気が高まっています。2020年の大学入試改革が原因かと思います。大学入試がどう変わるのか、難易度が変わってしまうのかといった不安を持たれたご家庭が大学付属校を選ぶようにしているのではないでしょうか。 中学受験で大学付属校に入学すると学校にもよりますが、エスカレーター式に大学まで進学出来ます。中学・高校時代に部活など勉強以外のことをお子様に頑張らせることが出来るの [続きを読む]
  • 【中学受験】偏差値55前後の併願パターン
  • 中学受験に向け9月から本格的に模試が始まります。⇒【偏差値比較(女子)】四谷大塚の合不合判定テストと日能研模試12月までの模試の結果を見ながら最終的に併願パターンを決めていくことになります。今回は以前に指導していた偏差値55前後の生徒の併願パターン を参考に、今年の受験に向けた学校選択を元塾講師が考えてみたいと思います。※ご家庭の教育方針があると思いますので、合わないと思われる方もいらっしゃるかと [続きを読む]
  • 【高校受験】数学の公式を沢山知っているか知らないかの差
  • 高校受験の数学は公式を沢山しっている人が有利です。公式と言っても学校で習う基本的なものではなく、塾で習う受験のための公式です。高校で習う公式だったりもしますが、知っていると問題が早く解けるようになります。受験で有利になる公式を塾では普通に教えています。したがって、塾に通っていない方は自分で公式を覚え、使えるように練習をする必要があります。特に難関私立高校を志望するのであれば、公式をしっていのと知ら [続きを読む]
  • 【塾選び】夏期講習から継続で塾に入る場合の注意点
  • 普段は塾に通っていない方で夏期講習だけ参加したという人も多いのではないでしょうか。夏期講習が終わると塾から継続の勧誘があると思います。お子様と相談をして決める方が多いと思いますが、いくつか注意点があります。楽しかったので継続する入塾金免除などの特典があるので継続する他の塾に行ったことはないが継続する上記のような場合は、少し注意が必要です。今回は夏期講習から継続して塾に入る場合の注意点を考えてみたい [続きを読む]
  • 【コラム】保健室受験で開成中に合格したNくん
  • 今までに教えた生徒で印象に残っている子に、保健室受験で開成中に合格したNくんがいます。保健室受験をしたことを知ったのは、2月1日の夕方でした。正直なところ、体調が悪い状態での受験となってしまったので、厳しい結果を覚悟していました。合格発表の日、お母様から電話があり見事合格したとのこと。担当していた生徒で開成中をはじめ、御三家中に合格した生徒は何人もいますが、保健室受験で合格した生徒はNくんだけでした [続きを読む]
  • 【中学受験】算数も解き方を覚えることで安定した得点を目指す
  • 中学受験の算数に限ったことではありませんが、算数・数学も解き方を覚えることが大切です。算数や数学はその場で解き方を考えると思っている人が多くいますが、社会や理科と同じで覚えないと解けるようにはなりません。問題を読んだり、図形を見た時に解き方が出てくるようにしておくことで安定した得点が取れるようになります。基本に戻り、単元毎の解き方をしっかりと覚えることから始めるようにしましょう。 特殊算と図中学受 [続きを読む]
  • 【中学受験】親子一丸の頑張りで合格を勝ち取る
  • 中学受験は子どもだけの頑張りでは難しいところがあるのも事実です。具体的には、塾への送り迎え・塾弁の準備・模試の申込み・願書の作成など数えだしたらきりがありません。もちろん勉強面では子どもの頑張りが必要です。しかし、勉強のスケジュールや分からない問題があった時の対処の仕方などは親の助けがあった方が良いと思います。(勉強のスケジュールは段々と自分で立てられるようにしていく必要があります)⇒【勉強の習慣 [続きを読む]
  • 【高校受験】公立高校へ向けた社会の勉強(歴史編)
  • 公立高校を志望している人は内申点と入試での得点の2つを取る必要があります。普段の勉強を定期テストと入試の2つに結びつけることが出来たら効率的ではないでしょうか。今回は社会の歴史の勉強を定期テストと入試に結びつける方法を考えてみたいと思います。特に歴史が苦手な人は苦手を意識をなくすことから始めましょう。 歴史の勉強に楽しさをプラス歴史というと「暗記ばかりでつまらい」と思う人が多いのではないでしょうか [続きを読む]
  • 【高校受験】市販の教材で古文を苦手分野から得意分野に変える
  • 『古文完全攻略63選―入試頻出問題厳選 (高校入試特訓シリーズ)』という市販の教材をご存知ですか?高校受験で出題されやすい古文を集めた市販の教材です。書店に置いてあることは少ないので、なかなか見る機会はないかもしれませんが、非常に良く出来ており、古文が苦手な人でも自分で勉強することが可能です。今回は更に効果的な古文の勉強についても考えていきたいと思います。 現代語訳を出来るようにする高校受験の古文を解く [続きを読む]
  • 塾の個別面談を有効に活用する方法
  • 塾に通っている方は学期に1回程度の割合で個別面談があるのではないでしょうか。個別面談といいますと、お子様の普段の勉強の様子や、志望校についての話になることが多いと思います。個別面談は大体30分から1時間程度の時間で行われると思いますが、事前に準備をしていないと、塾側からの話を聞くだけで終わってしまうことが多いのではないでしょうか。 今回は塾の個別面談を有効に活用する方法を元塾講師が実体験も交えなが [続きを読む]
  • 【塾選び】リクルートのスタディサプリで高校受験の対策
  • 前回「リクルートのスタディサプリのデメリット」という記事を書きました。塾講師をしていた時は映像授業に否定的でしたが、改めて「スタディサプリ」で高校受験の対策をする方法を真剣に考えてみようと思います。首都圏や大都市には多くの塾があり選ぶことが出来ますが、近くに塾がないという方もいると思います。また、部活などが忙しく塾に通うことが出来ないという方もいると思います。「スタディサプリ」はパソコンやタブレッ [続きを読む]
  • 塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小6編)
  • 塾なしで中学受験をすることを元塾講師が真剣に考えてみました。今回は受験学年である小学6年生の1年間を考えてみます。『前回までの流れ』塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小3までの期間)塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小4〜小5) 塾なしで中学受験をするために、小学6年生で使うテキスト、過去問の取り組み方、志望校選びの方法などについて順に考えていきたいと思います。 塾なし中学受験の [続きを読む]
  • 塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小4〜小5)
  • 中学受験をする場合、大抵の方は進学塾に通うのではないでしょうか。私も塾講師をしていた際、多くの受験生たちを指導してきました。『下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!』という本を見つけてからは、塾なしで中学受験をしている人のことを考えるようになりました。そこで、自分の子供を中学受験させるのであれば、どういった方法が良いのかを考えてみようと思い、前回から『塾なし中学受験』に [続きを読む]
  • 塾なし中学受験をする方法を元塾講師が考える(小3までの期間)
  • 塾講師をしていた頃は中学受験の指導では、四谷大塚の教材や日能研の教材、その他の教材を使っていました。では、塾に通わずに中学受験の勉強をする場合、どうしたら良いのでしょう。 今まで自分でも考えたことがありませんでした。そこで、自分の子供を塾なしで中学受験させる場合を考えてみようと思います。 中学受験の勉強を始める時期塾なしで本格的な中学受験の勉強を始める時期は小学3年生の2月からにしようと思います。大 [続きを読む]