宵 さん プロフィール

  •  
宵さん: 淀み橋
ハンドル名宵 さん
ブログタイトル淀み橋
ブログURLhttp://yodomibashi.blog134.fc2.com/
サイト紹介文憂鬱、闇、散文詩、創作小説メイン。傷、薔薇、乾涸びた血。無機質に憧れ薄暗く描いてゐます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/02/07 22:18

宵 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今宵が新月なら
  •   足崩しに夜の散歩へ出かける、口遊むはこどもの唄 「くもの巣くぐって下り道」の先に何がある それとも知らずに夢のごとく  きっと冥府への覆幕を潜っている  足崩しに出かけた夜の散歩、その先を誰も知らない道探して 「どんどん行こう」猫町目掛けて  「どんどん行こう」今宵が真冬の新月なら  昨晩つくった雪だるまがきっと 道標たずさえて現われる  だから大丈夫 「どんどん行こう」  滴る雪解けの雫辿っ [続きを読む]
  • ■■■■°・。・.
  • 其の醜悪な愛想微笑 其れが仮面でないのなら 表層の皮膚だけじゃ済まさない 肉なら神経ごと食らい尽くすまでだ 仮面ならば粉砕してやる 粉砕してやる 二度と再生など出来ないように きっと神経の一つ一つに きっと微粒子の一つ一つに びっしり張り詰まった呪いを 解いて遣る 解いて遣る 解いて遣る 二度と偽物の皮膚の内へ逃げ込めぬように 二度と安っぽい仮面の裏側へ隠れられぬように たった一つの真実でもって其れを永劫に破壊 [続きを読む]
  • 間隔麻痺
  • 現実 呪縛 狭間 廻間 巡間 呪いは融けるさ 溶かすのだ 熔かすのだ 火炙り 溶解 液体 外へ外へ外へ引っ張られ 僕の形はもう僕の形をしてゐはしなひ危惧に 外れた脳髄の螺が一本二本゜・.。..ころり゜・.ころん.。。転がって 落下 夢じゃない 落下 落下 落下 する よりも 残忍だ 形の変容には だけには 耐えられないから 五月に咲く筈だった薔薇が腐敗したので 少女が空腹に泣き顔に火照った頬赤いのは血の気の最期の時だからって [続きを読む]
  • 過去の記事 …