gorillatanaka さん プロフィール

  •  
gorillatanakaさん: 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ハンドル名gorillatanaka さん
ブログタイトル中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gorillatanaka
サイト紹介文中学受験で疲弊しないために、親子で楽しむ受験になるヒントを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/08 11:03

gorillatanaka さんのブログ記事

  • 男子校がイイ、はあてにならない
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ女の子は割と共学校を好むところがあります。ここのところ女子校が共学校に変わっていますが、女子校では集まらなくなった、というのはその通りで、つまり、現在の共学校ブームは基本的に女子が支えているところが大きいのです。で、男の子の中には「男子校がイイ」と言って憚らない子がいます。小学校の高学年から中学校の間はまず、女の子の方が精神 [続きを読む]
  • 成績はポンと上がる
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ成績というのはあるとき、ポンと上がります。しかし、その後、またダラダラと停滞期がくる。で、それを我慢していると、またポンと上がる。勉強というのは、あるところまでいろいろなことが蓄積して、それがつながり始めると、一気にわかるようになる。あんなに先生に教えてもらったのにわからなかったこと、あるいはできなかったことがつながり始める [続きを読む]
  • 家で勉強したい
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ6年生の2学期になると、授業が増える塾がほとんどだと思います。最後の追い込み時期だし、学校別特訓もある。しかし、そんな中、「家で勉強したい」と言い出す子どもたちが少なくないでしょう。こういう感覚を持っている子どもたちは合格する可能性が高い。つまり、自分の課題がしっかりわかっているからです。家で勉強したい理由は、もっと過去問を [続きを読む]
  • まずは合格可能性20%をめざせ
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ模擬試験を主催するところでは、模擬試験の結果と合格者の追跡調査をします。追跡調査が充分でない場合でも、自塾の生徒は合格実績を出しますから、どこを受けてどういう結果であったのかのデータは毎年蓄積します。それを元に、上から受験生を並べて、初めて合格者が全体の20%を超えるところをA、80%を超えるところBとしてこの偏差値を用いて判定を [続きを読む]
  • ここからどう上げるか
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ9月の摸擬試験の結果が出始めています。上手くいった子、そうでなかった子、いろいろだとは思うのですが、いずれにしてもまだまだこれから。大事なことはここからどう上げていくか、ということを具体的に考えていくことです。まだまだ算数の解法がうろ覚えというのが、明らかになったのであれば、やはりしっかり復習をしていく。地理がまったく入って [続きを読む]
  • スランプ
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせまだこの時期はスランプ、というのには早い気がするところもありますが…。それでも今までできていたことが、できなくなっている、みたいなところは出てくることがあるでしょう。夏休み以降、いろいろ勉強してはきているのだけれど、まだ定着していない。それどころか混乱が始まっているところもあるので、点数がまとまらない。え、こんなこともできな [続きを読む]
  • 代表に選ばれた子
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせここのところ、会員生の中で、都道府県選抜の選手に選ばれたり、ジュニア代表に選ばれたりした子がいます。各競技、小学生の強化に力を入れていることは間違いない。育成がなければオリンピックやワールドカップレベルの選手が育つはずもないので、小さい時から練習を積んでいる。で、こういう子どもたちは、その競技がやはりとても好きなのです。練習 [続きを読む]
  • 解説をしっかり読む
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ過去問は、やはり解説の詳しいものを選ぶべきです。そして、この解説はやはりしっかり利用してほしい。解説を読みこなせるようになると、実は勉強の幅が広がってくる。自分でどんどん問題を解決できるからです。まずはしっかり問題を考える。このステップはとても大事です。考えずに、問題をパッと見て、あ、できない、で解説を読んでも多分よくわから [続きを読む]
  • え、覚えてないの?
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ6年生がたまに、こちらが絶句するような質問をすることがあります。「あの、短針は1分間に0.5°動くんですよね。」「円すいの側面積は半径×えっと、何だっけ」まあ、決して驚かないことにしています。そんなことは知っているに決まっていると思っていることを忘れるのは、よくあることだから。しかし、算数だって覚えておかなければいけないことが多々 [続きを読む]
  • 5年の秋で崩れる理由
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ5年生の秋になって、これまで結構成績が良かった子がどんどんクラスを落とす場合があります。また逆にこの時期になって、成績が伸びる子がいる。これはカリキュラムによるところが大きい。この時期に算数で比と割合を習う。そして速さや相似形に進んで行きます。一方理科は、比と割合を習うまでずっと知識を覚えなければいけないテーマばかりが続いてい [続きを読む]
  • まだまだこれから
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ本来、秋に伸びる子が一番多いのです。締め切り効果もあるし、過去問をやりながら、問題を解く経験も増えてくる。しかし、以前に比べるとこの時期に爆発的に伸びる子が少なくなったと良く言われます。どうも、子どもたちが疲れてしまっているらしい。早くから塾に通い、5年生で大方のカリキュラムが終了して、もう、半年以上復習に費やしているから、飽 [続きを読む]
  • 摸擬試験で課題を決める
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ各塾でこの秋には摸擬試験が行われます。総合的な摸擬試験もあれば、学校別の摸擬試験もありますから、それぞれの目標に合わせてまずスケジュールを決めて下さい。注意すべき点としては複数の摸擬試験を複数回受験する点。例えばA塾のテストを2回、B塾のテストを3回というような受け方をしてほしいのです。ひとつの塾だけだと、その形式に最適化して [続きを読む]
  • 自分で答えを出すことにこだわる
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ算数を教えていて、できるようになってきた、という手応えを感じることがあります。なぜだろうか、と考えてみると、教え方がうまかった、ということではあまりない。本人が本当に考えて、なぜだろうか、どうしてだろうか、という風に突き詰めて考えられるようになってくると、自然にできるようになってくるところがあるのです。目先の点数の追われてし [続きを読む]
  • 考えるようになった子
  • New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせたくさんの宿題と課題で辟易していた子がいました。あまりにやる気にならない、というので、塾を変わってきた。教えていて、そんなにできない子ではないが、やはりあきらめるのが早い。当然のことながら、やることがたくさんあると、次に気が行って長く考えようとしない。そこで、まず終わりを示しました。「ここまでやれば今日はおしまい。」最初は怪 [続きを読む]
  • 算数ができるようになる2つのステップ
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ算数の力をつけるには、2つのステップがあります。1つは、いわゆる解き方を覚えるステップ。暦算の解き方はこう、流水算の解き方はこう、相似形の補助線はこう引く、などなど。いわゆる基礎項目はこれは覚えないといけないところがある。で、それを覚えていないと解けない。ただ、これを覚えていれば、合格するかといえばそんなことはない。というかそういう問題は [続きを読む]
  • 偏差値よりも答案
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせこれから摸擬試験の成績がどんどん出てくるでしょう。最近の摸擬試験はコンピューター処理されたきれいな帳票が出てくるので、どうしてもその方が気になる。順位、偏差値、合格可能性。いろいろ考えるところはあるでしょうが、しかし、一番大事なのは答案です。何をどう間違えているのか。この失点はなぜ起きたのか。全然覚えていなかった、というのであれば、これは [続きを読む]
  • 自分がコントロールできることに集中する
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ6年生はすでに大方のことは習っているので、あとはそれをどう答案に反映するか、確実に得点するか、にかかっています。だから四の五の言わず、練習しなさい。そして覚えていないことは覚えなさい。ということに尽きる。別に塾でなくても自宅でもいい。あるいは逆に塾の自習室でもいいかもしれない。サッカーだって、野球だって、ピアノだって、全部同じ。練習しなきゃ [続きを読む]
  • 下位クラスから上がれない時
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ組み分けテストのある塾で、ある校舎内での相対的な順位というのは、だんだん固まっていく傾向にあります。上位にいる顔ぶれも変らない代わり、下位にいる顔ぶれもあまり変らない。ある手法である一定のテストをやり続けているわけですから、それに最適化していく子とそうでない子が出てくるわけです。で、下位クラスから上がれない状況になったのなら、本来はそこか [続きを読む]
  • 合格点をどうとるか
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせこれからはやはり志望校の合格ラインというものを意識した勉強を進めていくべきでしょう。例えば算数、国語が100点満点、理科社会が50点満点の合計300点満点で、200点前後が例年合格ラインというのであれば、それをどうとっていくのか、ということを考えていく。算数は70点、国語60点ぐらいだとすれば、理科社会は合計70点取らないといけない、というイメージを立てま [続きを読む]
  • 9月の成績に落胆しない
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせカリキュラムが全部終わってもう半年もたつし、結構演習問題もやったはずなのに、過去問の点数がとれない、という場合があるかもしれません。同じことは模擬試験にもいえて、あんなに夏休みにやったはずなのに、結果が出なかった、ということもあるでしょう。もとより夏休みの勉強で一気に知識量が増えたりした場合は、かえって迷う選択肢が増えているので混乱に拍車 [続きを読む]
  • 過去問に向き合う子
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ算数に自信のなかった子が、学校別特訓で過去問に取り組んでいました。が、これまでの基礎練習と違って、その子の志望校はいろいろなことを考えることが必要になる。で、そうなれば、きっとこの子はできるだろうと思っていたら、やはり案の定そうでした。つまり、考える問題自体が面白い。いろいろな要求を出されるのだけれど、書き出したり、調べたりしなければなら [続きを読む]
  • 組み分けの手伝いをしてみた
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ組み分け試験のある大手塾に通う5年生が、スタディールームオンラインに参加。で、まあ、組み分けがあるというので、手伝ってみました。とはいっても、やるのは算数だけですが…。カリキュラムを見せてもらい、WEB学習システムの中から該当する回期を選び、練習してもらう。基礎から始めるか、応用問題から始めるか、出来を見ながら判断していき、その間に式を書いた [続きを読む]
  • 毎日のペースを作る
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ夏休みが終わって学校が始まると、途端に勉強のペースが狂う子どもたちが少なくありません。それはそうだろうと、思うのです。今まで学校がなかったが、これからは学校がある。その分進まない。あるいは学校に行って疲れるので、その後が眠い。勉強が進まない。進まないから焦ったり、心配になったりするものです。(まったく心配していない、と言う子ももちろんいる [続きを読む]
  • 本当に合格したい?
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせこの時期でも、まだまだエンジンのかかっていない6年生はいるでしょう。本当に合格したいと思っているのか、よくわからない。一方で寸暇を惜しんで勉強している子も当然いるわけで、差は当然、どんどんついている。だから、逆にもうあきらめてしまっている、という感じを受ける子もいるでしょう。しかし、受験をあきらめてしまってはいけない。昨日、大学合格率のお話 [続きを読む]
  • 塾のテストに最適化してはいけない
  • Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ家庭教師センターや個別指導の広告を見ていると、〜日間でクラスアップ、とか、〜クラスへ確実に昇格、などという言葉がならんでいます。確かに、そういうクラス分け試験に特化して対策することはできるだろうし、出題範囲が決まっているテストであれば、およそ出題されるであろう問題も予想できるだろう。出題を予想して、それに対応する練習をさせていけば、確かに [続きを読む]