gorillatanaka さん プロフィール

  •  
gorillatanakaさん: 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ハンドル名gorillatanaka さん
ブログタイトル中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gorillatanaka
サイト紹介文中学受験で疲弊しないために、親子で楽しむ受験になるヒントを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/08 11:03

gorillatanaka さんのブログ記事

  • あとちょっと・・・
  • 答え合わせをしてみると、あとちょっと、深く考えれば、あとちょっと粘ればできた、ということもあるでしょう。計算ミスをしたり、問題の読み違えて間違えたり、まあ、あとちょっとだったねえ、ということもあるものです。しかし、入試本番はそれでは困る。あとちょっと、を乗り越えて、しっかり問題を解き上げないといけない。これからはたくさん解く以上にとにかくていねいに、正確に解き上げる、練習をしてほしいのです。問題を [続きを読む]
  • 問題を解くスピードを上げるには
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内なかなか試験時間中に解き終わらない、という子がいるでしょう。特に算数は時間が不足する子が多いと思います。解いている途中、時計を見て「え!もうこんな時間」みたいなことが良く起こる。その原因は1問1問を解く時間が遅いから、と考えがちですが、そうなると問題はあまり解決しない。さらに慌てて解くので、ミスが増えて着手率は上がるかもしれないが、正解率が上がらなくなる。大事なの [続きを読む]
  • 追い込む子
  • この時期はいよいよ入試直前なので、いろいろと追い込みに忙しいでしょう。毎日塾に行って勉強している子もいれば、家庭教師の先生がフォローしている子もいる。朝からしっかり勉強している子もいれば、勉強時間がだいぶ増えてきた子もいる。どんな方法であれ、この時期はとにかくがんばった、という実績は作ってもらいたいと思います。何となく入試を迎えてはいけません。「絶対合格してやろう」という気持ちはしっかりもっていな [続きを読む]
  • 自分の力を出し切るには
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内勉強を続けている限り、培った力は消えません。しかし、精神的な理由から自分の力を出し切れないということはあります。過去問や問題をやっているときに、続けてうまくいかなかったりすると、「あれ?」と思うことがあります。それがだんだん疑心暗鬼につながってくる。「もしかして、このまま行くと落ちるかも。」そうすると、勉強することが怖くなってきたりする。過去問なんか、やりたくな [続きを読む]
  • 併願校の過去問の扱い方
  • 基本的に、受験する学校は以下のように分類することができるでしょう。(1)第一志望校(2)第二志望校、第三志望校(3)滑り止め(4)お試し受験まず(4)のお試し受験は模擬試験みたいなものだから、あまり対策をする必要はありません。またここで落ちてはいけない。いく可能性もないのに渋谷幕張なんて学校を受験してはいけないのです。落ちて気落ちするのは、まったく意味がない。ここは当然、気分良く行かないといけない [続きを読む]
  • 預かる塾
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内6年生の追い込みの時期。例年のことながら、塾に毎日来ている子もいます。家ではなかなか勉強が進まない。塾ならテレビも見られないし、ゲーム機もない。わからないことは先生に質問できるし・・・、というので勉強している。まあ、家でもやれるというのはその通りなのですが、最近は積極的に呼ぶようにしています。やはり手元に置いておいた方が、いろいろ指示がしやすい。例えば知識を覚えるに [続きを読む]
  • もう一度冷静に
  • 直前期になって、子どもの成績を見ていて、何とかしなきゃ、と思われることは多いと思うのです。実際に手を打った方が良い場合もあります。例えば、本人はやる気になっているが、いかんせん、勉強していることと実際の入試がかみ合っていない、と感じられるケース。お父さん、お母さんも過去問を見ていると、これはあまり関係ないなあ、と思うことはあるでしょうが、子どもが実際にそういう勉強をしているということになると、それ [続きを読む]
  • 点数のでこぼこが出る理由
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内仕上げの時期になってきて、テストや過去問で「良い成績が出た!!」と思った次の回、なぜ、こんなに悪いの!と思う成績が出る場合があるでしょう。良い成績が出た、というのは「本人ができる問題が出た」テストであり、悪い成績が出た、というのは「本人ができない問題が出た」というだけの話なのです。で、悪い成績が出たら、「ラッキー!!」と思わないといけない。克服すべきテーマが明ら [続きを読む]
  • 母がいぬ間に
  • 働くお母さんが増える中、お母さんが(あるいはお父さんが)帰ってくるまでの間に、ちゃんと勉強しているか、というのは中学受験で課題のひとつになります。早くから塾に通うと、塾に行くことが勉強、と思う子が少なくありません。塾に行っているときは勉強しているのだから、塾に行かないときは遊んでてもいいじゃないか。塾で宿題が出たり、復習をしないといけない、と言われても特段チェックがなければ素通りすることになるから [続きを読む]
  • 早起きできない子
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内12月になり、朝型に切り替えるタイミングというお話を先日したわけですが・・・。しかし、朝勉強しようと思っても、そうなっていない子がまだまだ多いでしょう。ひとつには平日塾があって、帰ってくるのがかなり遅い。その後食事をして、お風呂に入って、というだけでも寝るのが遅くなる。そこからちょっと勉強、などということになれば、まあ、早起きは難しいでしょう。ただ、そのままの生活のリ [続きを読む]
  • 失敗を恐れるな
  • 受験直前期になると、どうしても「落ちたらどうしよう」という思いに親も子もかられることがあるでしょう。ただ、これまで多くの子どもたちの中学受験後を見ていると、「失敗したから良かった」と思えることは多々あるのです。第一志望には入れず、結局滑り止めに通うことになったものの、そこで良い先生や環境に恵まれて、自分の新たな一面を発見して大学でその専門を勉強し、今や世界的な権威になっていたりする。だから、何が良 [続きを読む]
  • 朝型に切り替える
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内12月になり、そろそろ朝型に切り替えるタイミングになってきました。入試は午前中から行われます。概ね起きてから2時間で完全に目がさめる、とされているので8時台の試験開始だと6時に起きていないといけない。しかし、入試の日だけ、そのリズムというわけにはなかなかいかないわけで、本来はもう朝型に切り替えた方が良いわけです。しかしながら、まだ塾は夜やっているし、なかなか朝型に切 [続きを読む]
  • 科目バランスの悪さを克服する
  • 摸擬試験のデータを見ていると4教科の偏差値がバラバラという子も少なくありません。社会はできるが、算数はダメとか。算数は何とかなるが、社会は全然覚えていないとか。まあ、その子、その子でデータはいろいろですが、結局の所、できないところは何とかしないといけない。子どもたちは、つい得意なことをしたがるものですが、それでは問題は解決しない。この時期、算数が大事なのはもちろんなのですが、やはりバランスの悪い科 [続きを読む]
  • 集合授業から個別指導へ先生がシフトする理由
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内ここのところ、あちらこちらの塾で、先生が集まらない、という話を聞くようになりました。中学受験の塾でも、講師が集まらず、専任が休みを潰して授業をする、というようなことがおきてしまっているそうです。塾はやはり学生の講師に依存しているところは多いのですが、実際に集合授業では先生が集まりにくくなっている。昔は、大学に行かず塾の仕事を一生懸命やる人も少なくありませんでした [続きを読む]
  • 私立小学校の学童保育
  • 私立の小学校受験が一段落しました。今年もいろいろあったのですが、上位校はさておき、私立小学校も募集は大変なところもあります。そんな中、学童保育を併設する小学校が増えてきました。働くお母さんが増える中、公立の学童保育が空き待ちになったり、あるいは学年の制限があったりするので、私立小学校に学童が併設されていれば、少なくともその学校の生徒である限りフルに利用できる。なのでそのニーズを満たす私立小学校に入 [続きを読む]
  • できるまで繰り返す
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内自分でも、この問題がなかなかできない、とか、地理の暗記ができない、とか、この時期に課題が残っている子はまだまだ多いでしょう。こればかりはもうできるまで繰り返すしかない。例えば、水溶液ができない、ということであれば、水溶液の問題をとにかくやるしかないのです。フリーダムの場合は本科バインダーや学校別バインダーがあるので、そのテーマを自動的にピックアップして問題が出て [続きを読む]
  • あてはめをやる子
  • この時期になると、摸擬試験などで適当に答えを書く、というケースが出てきます。特に答えだけで良い、ということになると、空欄にするよりはまし、というので、適当な数を入れて答えてしまう場合もあるでしょう。まあ、最後の最後にそれをやる、というのはわからないでもないが、普段の勉強でこれをやっても何の意味もない。勘がするどくなる?などということはないのです。問題に出てくる数字を適当に式に合わせて解いてしまう、 [続きを読む]
  • デキタ!と思った時が危ない
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内算数の問題を解いていると、「あ、わかった!」と思う瞬間があります。出題者の意図が読めたというか、ここをヒントに解けばいいんだというところが見つかる。計算を進めていくと、実にきれいに割り切れたりする。ここで一瞬のスキが生まれます。問題の最後の条件が読み取れない。きれいに割り切れたので、そのまま答えに書いてしまったりするのです。せっかくできたはずなのが、得点にならな [続きを読む]
  • 子どもの負担を減らしたい
  • 中学受験は出題される内容が小学校の勉強と大きくかけ離れます。小学校で習うことだけを出していると、差がつかないので、だんだん問題が高度化して「小学生でも解ける」というレベルに変わってしまいました。したがって、問題を見ていると中学で勉強する内容が散見される。その分、子どもたちは小学校4年生から中学2年ぐらいまでの範囲を勉強しなければならなくなります。しかも、中学受験ならでは、という解き方があるので、ただ [続きを読む]
  • 5年生も佳境
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内5年生も結構大変な時期に入ってきました。入試でも良く使う比を、速さ、図形などに応用するテーマが続きます。また理科計算もずっと続いている。これは算数で比や割合を習わないと理科計算の勉強ができないからですが、さすがにずっと続いてくるとなかなかしんどい。これまでは暗記で何とかしのいできたが、算数と同じように対応しなければならないので、理解に時間がかかるところがあるでし [続きを読む]
  • 問題文を読み分ける
  • Newフリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ近年、国語や社会では採録されている文章が長くなっています。実際に多くの子どもたちは、そこそこ読み飛ばして、問題に取り組んでいるでしょう。やってみると確かに問題を読むだけで解ける問題というのはあるもので、それがわかってしまうと、問題文を読み飛ばすことは良くある。しかし、それがすべてではない。問題文を良く読まないとできない問題というのもあるものです。さらに [続きを読む]
  • ピークの考え方
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内3年生の3学期から受験準備を始めると、すでに3年間の勉強ということになり、しかも一応のカリキュラムが5年生で終わると、1年近く復習を続けることになるので、そろそろそれも飽きてくる、というところがある。今すでに合格圏に入っている場合は、ここから2ヶ月それをキープする、というのはなかなか大変です。ある程度できるようになっているから、それなりにやっているものの、なかなか [続きを読む]
  • 体力を維持する
  • Newフリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせそろそろ町を歩いていてマスクをしている人たちを見かけることが多くなりました。そう、この時期はしっかり風邪やインフルエンザの予防を考えてください。アルコールの消毒、手洗い、うがい。外出すれば当然、多くの人のいる環境にいるから、その分、風邪の菌をもらってくる可能性はあるわけです。だから帰ってからのうがい、手洗いは大事です。でも一番効果のある対策は「体力を維 [続きを読む]
  • 5年生の後半に塾を変えた子
  • Newフリーダム進学教室 2019 入会案内3年生の3学期から受験準備を始めると、5年生の後半というのはすでのおよそ2年間受験勉強を続けていることになります。で、4年生のときはそれほど感じなかったのだが、5年生になってから、勉強がうまくいかない、とか、成績が低迷している、というケースがあるでしょう。4年生は本来は、まだ受験勉強をしっかりやれる学齢ではないので、塾としてもそれほどハードなことをさせられない。 [続きを読む]
  • お試し受験は絶対に必要?
  • Newフリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ受験スケジュールが決まってくる中、お試し受験についての質問も多くなりました。第一志望を受験する前に、やさしい学校で入試本番の予行演習をする、というのがお試し受験です。難しい学校はお試しにはならない。これはむしろ本番モードでしょう。お試し受験というのは、「合格するイメージ」をしっかり作るという意味もあるので、これは合格する学校を選んだ方が良いのです。ただ [続きを読む]