g's gallery さん プロフィール

  •  
g's galleryさん: g's style day by day
ハンドル名g's gallery さん
ブログタイトルg's style day by day
ブログURLhttps://gggallery.exblog.jp/
サイト紹介文京都、嵐山で日々の暮らしがちょっと素敵になるアート作品やモダン盆栽を販売するセレクトギャラリーです。
自由文天龍寺から嵐山へ抜けるひっそりとした通りにある自然に囲まれた小さなお店です。才能豊かなアーティストさんを応援しています。四季折々暮らしの中で楽しめるmodern-bonsaiも販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/02/09 01:26

g's gallery さんのブログ記事

  • 京の大文字
  • 今夜の京都は、とても涼やかな夜で、きれいに五山の送り火が見えました。ご先祖様も天国へと迷わず帰れたことでしょう。送り火を迎えるお盆最後のこの日は、夏ももう終わりだなぁとちょっと淋しい気持になります。今夏は尋常ではない暑さが続き、大変な気候でしたが、夏の終わりは、不思議と同じ気持になります。送り火の中でもやはり「大」の字は、美しいですね。西賀茂の舟形。 「妙法」は松ヶ崎。平安時代に空海が、... [続きを読む]
  • 白い木槿ー終戦の日に
  • 夏の盛りの朝、庭に咲く真っ白い木槿に、目を奪われます。わずか一日のはかない命の木槿の花ですが、次々と新しい元気な花を咲かせる、しなやかでとても強いお花です。夏の風炉のお花の代表格でもある木槿の中でも、写真の種類の木槿は、特に宗旦さんが好んだとされ、別名「宗旦木槿」とも呼ばれていますね。平成最後の終戦記念日の今日、この真っ白な木槿に、あらためて平和への願いを込め・・・。 [続きを読む]
  • お盆
  • 今夏もお盆の季節となりました。天国から大切な人が帰ってくるお盆には、目には見えない先人や神の存在への感謝の気持や、故人を偲ぶ心をお盆のしつらいとして形にします。今夏も、形見の品や般若心経、天国の母と在りし日に訪れたお寺さんの散華を飾りました。可愛い蓮の絵は、唐招提寺。素敵な書は、高野山のものです。散華は大好き。お寺さんによって色々な趣向のものがあり、集めるのも楽しいものです。仏像は、昔、マ... [続きを読む]
  • 蓮を生ける
  • お盆の頃、天上の花、蓮を生けるのは、毎夏の楽しみでもあります。聖なるお花、蓮は生けると清浄な空気感が生まれるように感じます。この蕾の頃が一番清らかさがありますが、ふわっと開いたとき、立派に花開いたとき、そして咲ききって花びらが落ち、花托だけになると、これまたモダンアートな造形美になる蓮。。どの時も魅惑的なお花で、奥深いお花です。日本の蓮は、本当に神秘的な魅力でいっぱいです。葉の上に転がる水... [続きを読む]
  • 立秋
  • ー夏の朝のお楽しみ。連日、炎天下では息も苦しくなるような猛暑が続く京都ですが、今朝は、ほんの少し気温が低く感じることができました。と思えば今日は立秋。24節季では、暑さも和らぎ暦の上では、秋に近づいていく入口の日。秋の気配を感じるには、ほど遠い暑さですが、それでもちょっとでも気温が下がるのは、今夏は特に有り難く感じますね。このガラスの器には、絶対朝顔を生けたいと思い、購入したガラス鉢。や... [続きを読む]
  • 涼しげな器達
  • 毎日毎日、本当に暑い日が続いていますが、皆様お変わりありませんか?暑い中、出来るだけお出かけも控えている日々ですが、素敵な器が届くと、テンション上がります^ ^小川さんにお願いしていた銀彩を施されたリム皿。夏の冷たいお菓子、デザート、お料理まで、幅広く使い易い器です。リム皿は、少し立ち上がりがありますので、少し汁があるものでも大丈夫。総じてお料理も美しく映えます。白地に銀彩なので、尚更... [続きを読む]
  • 涼しくなぁれ〜
  • ほんとうに。。いつまで続くのでしょう、この暑さ。せめ涼やかなものを目にしたいと思います。薄い藤色の木槿とタカノハススキを磨りガラスに。岩崎さんのカップも、涼しげです。眺めていると、滝のような、南の島の透き通った海のような、山間の清流のような。。。そんなことを連想させてくれる夏にピッタリなうつわですね。 [続きを読む]
  • 大暑
  • 大暑に入りましたが、今年は災害級の暑さとは。。先が思いやられますね。皆様、体調は大丈夫でしょうか。暑さは、体力を消耗しますので、知らず知らずのうちに疲れが溜まり易くなり、免疫力も落ちています。せめてお家に居れる時は、出来るだけ気持をリフレッシュできるようリラックスしてお過ごし下さい。私の癒し3セットは、香りとお花と音楽。。。先ずはお店でもお家でも、お気に入りのお香と音楽、そしてお花をいけて... [続きを読む]
  • 谷さんの壷に白い木槿
  • 谷穹さんの新作、こぶりの壷に清々しい白の木槿と水引き草をいれてみました。谷さんは、室町時代に育まれた美意識や遊び心を、現代の谷さんの視点で捉え、表現しようとされています。世界中に、壷のない国はなく、その中でも古信楽の魅力は、他に類をみないそうです。無骨ながらも端正なつくりや自然釉の味わい深い景色など、遊び心がいっぱいなのだと感じておられるようです。私も、谷さんの作品に触れるにつけ、本当にその... [続きを読む]
  • 夏の白ー白い木槿
  • 連日、猛暑が続く京都。昨日も車で市内を走っていると、外気温度40.5℃を記録していました。暑さの中で作業をしなければならない人達には、本当に命の危険を感じる異常な暑さです。今日も暑さは続くようですが、とにかく早くおさまってくれるよう祈るばかりです。朝から日射しが痛いほどですが、一滴の清涼剤のように白い木槿が咲いていました。部屋に飾ると、そこだけ涼しい空気が漂うようです。かの利休さんも好き... [続きを読む]
  • 夏の紫
  • 帰りに立ち寄ったお花屋さんで見つけたトルコ桔梗。あまりにきれいで目が離せなくなり・・・。美しい深い青みがかった紫色。トルコ桔梗は、八重咲きなどたくさんの色や種類がありますが、一重がいいですね。花名の由来は、蕾がトルコ人のターバンのようで、花の姿と色が桔梗に似ているからだとか。なるほど〜。トルコ原産ではないのですね。花言葉は「すがすがしい美しさ」ドンピシャですね!有馬さんの白磁に。 [続きを読む]
  • 夏の青い朝顔
  • 連日の異常な猛暑、本当に地球はどうなってしまうのだろうと不安になる暑さですね。こんな暑さの中、今朝もきれいに咲いてくれた朝顔を見て、しばしホッと涼しい気持をもらえました。富田真弓さんの美しい手刺繍が届きました。人気で切れていた白地の麻に水色と銀色で刺繍された朝顔です。今回は、ほんの少し朝顔のお花を大きくして頂きました。今の季節にぴったりで可愛いですね。今日は、祇園祭もいよいよ宵山です... [続きを読む]
  • 夏の音色
  • 暑い暑い京都ですが、今日も素敵な方々と出会えた嬉しい日でした。暑くても、楽しい事も起こります。小さな小さなお店ですが、細々と続けていられる、それが原動力です^ ^木工芸作家さんにオーダーしていた桜の敷板が届きました。用途は自由自在にお盆やトレー、敷板等、楽しく使えるのではと思います。四隅を斜めにカットした形だけ。その斜めの凹みが持ち手のような役目をします。できるだけシンプルにミニマムなデザ... [続きを読む]
  • それぞれの花入れ
  • 祇園祭り中の京都に因み、祇園祭の本を一冊ご紹介させて頂きます。こちらは、祇園祭りの各鉾に使われています美しい屏風等の会所飾りや様々な懸装品の数々が一同に集められていて、見応えのある本です。なかなか1つ1つをその場でゆっくり見る事も難しいので、勉強になりました。姫扇水仙、今を盛りに元気に庭に咲いてくれていますので花入れを替えて再登場^ ^同じお花でも、うつわを替えると自ずと生け方も変わる... [続きを読む]
  • 祇園祭が始まります
  • 長い長い豪雨の後は、猛烈な暑さの続く京都ですが、この暑さの中、鉾建てが始まり、いよいよ京都の街中は、祇園祭モードに突入です。祇園祭に伝統的な生け花のスタイルで飾られる檜扇に似た姫扇水仙。オレンジがきれいなお花ですね。吉田佳道さんのシャープな竹花入れに。。出来上がるまで数ヶ月かかられる本当に精緻な作りの竹花入れ。吉田さんのようなここまで細密な竹工芸は、中々お目にかかる事はないのではと思います。... [続きを読む]
  • 小暑
  • 日曜日、京都はようやく雨が上がり、久しぶりに晴れ渡りホッとしました。太陽の有り難さを実感していますが、今週は、一気に35℃の真夏日がやってくるようです。7月7日は、梅雨が明け少しずつ夏の暑さが加わってくる小暑でしたが、これだけ急激な暑さには本当に身体がついていきませんね。体調を崩しやすい時です。どうぞ無理をせず、出来るだけゆったりとお過ごし下さい。お花屋さんで見つけた可愛い薄紫のベルテッセン... [続きを読む]
  • 七夕の大雨
  • これまでにない大雨に見舞われている日本列島ですが、皆様の地域は大丈夫でしょうか。嵐山もニュースで見かけられた方も多いでしょうが、お店からすぐの川辺が冠水し、その後も雨が降り続き、その上、上流の園部ダムが満杯で、夕方4時から放流されましたので、今回はお店の方までの浸水も覚悟致しました。その後も雨は降り続きましたが、少しずつ雨量が落ち着き、今は小康状態を保っていますので、安堵しています。ご心配頂... [続きを読む]
  • 路傍のやさしい夏草
  • 今の時季、ご近所散歩していると、簡単に見つけることができるねじ花。さすがラン科だけあり、小さな小さなピンクのお花は、わずか3mmほどですがちゃんとランの形をしていて愛らしいです。こうした小さな野に咲くお花を見つけるとそのやさしい風情に、ホッとしますね。この蛍袋も、お散歩中にみつけた子。石垣の隙間からすくっと咲いていました。静かにひっそり。。精一杯の命。梅雨の時期は、木々の緑もきれいですね。う... [続きを読む]
  • 青もみじ
  • 昨日今日と、京都はびっくりするほどの暑さです。これだけ急激な暑さでは、身体がついて行かず、本当に堪えますね。皆様体調は大丈夫でしょうか。手刺繍で一点もののブローチや帯留を制作されている、富田真弓さんの青もみじ柄が届きました。明るい黄緑の地色に銀とグリーン系で刺繍されたもみじが爽やかです。むし暑いこの季節には、目に涼やかなものは嬉しいですね。今回、青磁色の地色が加わりました。お着物には青磁... [続きを読む]
  • 雨の土曜日
  • 雨の土曜日、皆様いかがお過ごしですか?京都も、あいにくの一日しっかり降りそうな雨です。梅雨なので仕方ありませんよね。こんな日は、お家で好きな音楽でも聞きながら、ゆっくりと読みたかった本を読んだり、落ち着いてやりたかった事ができそうです。雨がシャッターを下ろすようで落ち着きもしますね。庭のびょうやなぎがもう終わりの頃で、雨に打たれた一枝を最後に頂きました。梅雨の雨の中に、明るく輝く黄色の... [続きを読む]
  • 夏至
  • 今日6月21日は、1年で最もお昼が長い日、夏至。北半球に位置する日本では、昼間が一番長い日ですが、北極では太陽が沈まず、南極では太陽が現れない日なのですね。夏に至る、と書きますが、日本では梅雨の真っただ中。夏至そのものの意味や季節感を感じるよりも、この頃は「あー今年も半年過ぎた〜」と思ってしまいます。もう半年、、早いですね。でもまだ半年、あります! これからの半年も日々、季節を感じながら、出... [続きを読む]
  • 夏至
  • 今日6月21日は、1年で最もお昼が長い日、夏至。北半球に位置する日本では、昼間が一番長い日ですが、北極では太陽が沈まず、南極では太陽が現れない日なのですね。夏に至る、と書きますが、日本では梅雨の真っただ中。夏至そのものの意味や季節感を感じるよりも、この頃は「あー今年も半年過ぎた〜」と思ってしまいます。もう半年、、早いですね。でもまだ半年、あります! これからの半年も日々、季節を感じながら、出... [続きを読む]
  • 地震のあと
  • 昨日の大阪中心とした地震で被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。g's galleryのお客様からもご心配頂き、本当にありがとうございました。お心とても嬉しく、有り難い気持で一杯でした。お陰様で今回は私共は無事でしたが、地震が相次ぐ日本列島、何時何処で大きな地震に遭遇するかは本当に人ごとではないことをあらためて又痛感した日でした。災害は忘れた頃にやってくる、、ですね。あの阪神淡路大震災... [続きを読む]
  • 父の日
  • 今日は父の日。ご家族のため、日夜頑張ってお仕事して頂いている世のすべてのお父様方へ、、「ありがとう」。先日、ニュースで知りましたが、父の日にプレゼントを渡す人達は、やはり圧倒的に母の日よりは少ないとか。本当の所はわかりませんが、確かに母の日よりは、各ショップの販促も静かな感じですね。父の日に関わらず、親への感謝の気持ちは自分が両親の年齢に近づくにつれ、よりその有り難みが心に染み入ってくる気... [続きを読む]
  • 日常使いに錫を
  • 今日は爽やかな風と真っ青な空に覆われた、とても清々しいお天気の京都です。ということで、初夏らしいコーディネートをしてみました。錫とガラスって、とても相性が良いと思います。特に、一本一本丹念に入れられた線が生きる手作りの錫作品は、柔らかい優しい表情が魅力的です。錫は、日本では昔から金銀に並んで人気だったようですが、特別感が増し過ぎて日常使いのうつわとして使いたくなるようなデザインが少なか... [続きを読む]