Pochi さん プロフィール

  •  
Pochiさん: 再発見ファン!
ハンドル名Pochi さん
ブログタイトル再発見ファン!
ブログURLhttps://saihakken.fun
サイト紹介文Appleとスポーツとおいしいものと北海道が好き 〜いろいろなモノ・コトを再発見!〜
自由文さまざまなモノ・コトを再発見!する「再発見ファン!」では、いろいろなモノ・コトにまつわるさまざま再発見について発信していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/02/09 19:14

Pochi さんのブログ記事

  • 土器や石器などから見る先史〜中世の札幌
  • 札幌が街づくりを始めてからおよそ150年です。しかし、札幌の地に人が住み始めたのは、遺跡発掘や数々の研究結果から旧石器時代までさかのぼります。ここでは、土器や石器などの遺物、住居や墓などの遺構などの埋蔵文化財に焦点をあて、先史から中世の札幌を見てみたいと思います。札幌市域からはこれまでに行われた調査などによって500ヶ所を超える遺跡が確認されています。とても身近なところに遺跡は存在していると言っても良い [続きを読む]
  • 地元で愛され続ける名店揃いのディープエリアを、小樽ウォーク
  • 観測史上もっとも遅い時期の初雪になった11月も終わり、早くも今年もあと1ヶ月あまりとなっています。今回は、札幌から電車で1時間もかからず行ける小樽を歩いてきました。あまり観光客のいない、地元民に愛されているような場所やお店が揃うディープなエリアを選び楽しみました。まずは札幌から小樽に向かう小樽まではJR函館本線を利用します。日中は快速電車があり、約35分程度で小樽に到着できます。普通電車でも50分程度です。 [続きを読む]
  • 北海道のウォーキングステーションとイヤーラウンドコース
  • 「ウォーキングステーションとイヤーラウンドコース」の記事でご紹介した、ウォーキングステーションとイヤーラウンドコースは北海道にもあります。現在(2018.11.13)のところ、北海道には12箇所のウォーキングステーションがあります。札幌市(9ヶ所)、旭川市(1ヶ所)、北見市(1ヶ所)、網走市(1ヶ所)です。 それぞれのウォーキングステーションにイヤーラウンドコースが設定されていて、「ウォーキングステーションとイヤーラウンド [続きを読む]
  • 北海道のウォーキングステーションとイヤーラウンドコース
  • 「ウォーキングステーションとイヤーラウンドコース」の記事でご紹介した、ウォーキングステーションとイヤーラウンドコースは北海道にもあります。現在(2018.11.13)のところ、北海道には12箇所のウォーキングステーションがあります。札幌市(9ヶ所)、旭川市(1ヶ所)、北見市(1ヶ所)、網走市(1ヶ所)です。 それぞれのウォーキングステーションにイヤーラウンドコースが設定されていて、「ウォーキングステーションとイヤーラウンド [続きを読む]
  • ウオーキングステーションとイヤーラウンドコース
  • ウォーキングは、目的とスタイルなど「ウォーキングの目的別分類と6つのウォーキングスタイル」にも書いた通り、人それぞれに楽しみ方があります。タウンシティウォークなどは、何人かで好きな街や気になる場所を数人程度で会話を楽しみながら行うことができます。もちろん1人でも良いでしょう。また、ウォーキングイベントなどでは100人以上の団体で歩いてみたり。1人でひらすら歩いてみたり…。最近はウォーキングの大会も盛んに [続きを読む]
  • Apple Watch 4:ようやく届いた「Apple Watch Series 4」
  • ようやくApple Watch 4が届きました。予約したのが9月20日と遅かったので、致し方がないのですが、1ヶ月半待ちました。長かったですねぇ〜。途中、いろいろな動画を見てはよだれを垂らして、妄想して、シミュレーション(ww)やっと触ることができました。まだ届いていなかったんか!?長かったな。私の初Apple Watchは、「Apple Watch Series 4スペースグレイアルミニウム/ブラックループ (GPS+Cellularモデル) 44mm」。常にiPho [続きを読む]
  • ウォーキングの目的別分類と6つのウォーキングスタイル
  • 昨今の健康ブームもあって、ウォーキングを日常生活のなかに取り入れる人が増えています。私もその中の一人です。スマートフォンやウェラブル機器などの発展、普及に伴って、手軽に歩数の記録やGPSを利用した歩いた軌跡の記録など、とても楽しくウォーキングを続けられる環境が整ってきました。適度な運動習慣を積極的に取り入れるのは体にとってもとても良いことで、ウォーキングは手軽に始められる健康増進の活動だと思います。 [続きを読む]
  • 「Apple Watch Series 4」の開封動画によだれをたらして。。
  • 2018年9月21日に発売になって、いろいろなサイトで開封の儀やレビューが盛んに行われています。Apple watchは欲しいと思ってはいたのですが、まだ買い時ではないと、最初にリリースされてからこれまで一度も購入したことはありませんでした。いまさら感はあるのですが、今回、シリーズ4がこれまでのモデルからフルモデルチェンジでCPUも64bit化され、画面もほぼケースに対してフルサイズとなったことから購入に踏み切りました。ま [続きを読む]
  • アイヌvs松前藩・和人商人”最後の戦い”の結末とは
  • アイヌ最後の武装蜂起「クナシリ・メナシアイヌの戦い」 日本の年号で寛政元年にあたる1789年5月初め、現在の「北方領土」と日本で呼ばれているクナシリ(国後)島のアイヌ41人が次々と蜂起します。松前藩士を始め、場所請負をする飛騨屋の支配人や通辞(通訳)、番人らを次々と殺害しました。 さらに対岸のメナシ地方(現在の根室管内)シヘツ(標津)付近に住む89人のアイヌもそれに呼応し、チウルイ(忠類)沖に停泊中の飛騨屋所有・大 [続きを読む]
  • 蝦夷地最大の壮絶な戦闘「シャクシャインの戦い」
  •  歴史上のアイヌ民族で最も有名な人物といえば、シャクシャインでしょう。その名は中学校の教科書にも登場し、高校日本史ではほとんどの教科書に掲載されているほどです。そのシャクシャインをリーダーにアイヌが蜂起したのが「シャクシャインの戦い」です。目次アイヌ対松前藩の雌雄を決する戦いシャクシャインの進撃戦いの終結アイヌ対松前藩の雌雄を決する戦い 商場知行制によって松前藩主とその家臣としか交易ができなくなっ [続きを読む]
  • コメに代わる収入源だった商場知行制と場所請負制
  •  1582(天正10)年から始まった豊臣秀吉の検地で、大名の生産高をコメの収穫量で表す石高制が導入されます。江戸時代になると領主の軍役負担から換算される藩もあったが、石高のない大名・松前藩主は特殊な存在でした。コメがとれない松前藩ゆえの制度 江戸時代の諸藩は、コメの生産量を示す石高を幕府によって割り振られ、数万石の大名として幕藩体制の一躍を担っていました。しかし、近世以前の北海道ではコメは栽培していなかっ [続きを読む]
  • ラッコ毛皮の献上が生んだ松前藩の成立
  •  松前藩は1604(慶長9)年に家康より松前慶広宛「徳川家康黒印状」が発給されたことにより成立したことはよく語られています。しかしながら、なぜ松前慶広が家康より「徳川家康黒印状」を受けることになるかの経緯についてはあまり記されている記事はありません。ここでは、その発給までに至るまでを含めて見てみたいと思います。軍役奉公と献上品で秀吉に取り入る蠣崎氏 上ノ国の勝山館館主であり、蠣崎氏当主でもある武田信広の [続きを読む]
  • 勝山館の中世都市を思わせるスケール
  •  道南の上ノ国町に「夷王山(いおうざん)」という標高159メートルほどの小さな山があります。その山頂に建てられた夷王山神社は、かつて「医王山」と称されたものともいわれ、それが転じて今の何なったという説が主流となっています。勝山館の築造スケール 15世紀頃に築造されたとみられる勝山館は、夷王山山頂に近い北西斜面尾根部分が海岸近くまで、約600メートル、面積35ヘクタールに渡る山城です。眼下には大澗(おおま)湾と呼 [続きを読む]
  • アイヌの「異文化びと」と「和人」の接触~交易(中世)
  • 鎌倉時代に入ると、いわゆる「和人」(以下では、アイヌとの関係において、当時日本人とされていた人を指す歴史用語として用います。歴史的経緯に則して近代にも用いる)が、北海道(当時、蝦夷カ千島あるいは夷島(えぞがしま)と呼ばれていた)との交易を盛んに行うようになっていきます。室町時代に入ると、「諏訪大明神絵詞(すわだいみょうじんえことば )」という書物の中に、蝦夷カ千島の住人の中には何度通訳を重ねても言葉の通じ [続きを読む]