九州合同法律事務所 さん プロフィール

  •  
九州合同法律事務所さん: 九州合同法律事務所
ハンドル名九州合同法律事務所 さん
ブログタイトル九州合同法律事務所
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyushugodolo/
サイト紹介文医療事故の患者側代理人を中心に、交通事故、離婚、相続、労働問題等幅広く相談をお受けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/11 16:56

九州合同法律事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 医療基本法制定に向けた院内集会のご案内
  •  5月16日17時から、参議院議員会館1階講堂で、医療基本法制定に向けた院内集会を開催いたします。 医療問題、患者の権利に関心のある方は、是非、ご参加下さい! 医療基本法については、このブログでも何度か取り上げてきました。患者の権利法制定運動から、医療基本法制定運動への流れについては、九州・山口医療問題研究会福岡県弁護団のブログ記事「医療基本法を知っていますか」及び「患者の権利と医療基本法」を参照 [続きを読む]
  • 医療事故紛争解決事例3〜エコー検査を施行したものの肝癌を見逃したケース
  •  2回にわたって肺癌の発見・治療が遅れたケースを扱ってきましたが、今回は肝細胞癌です。 患者は73歳の男性で、現役のタクシー運転手でした。 4年前に地域のA総合病院でC型肝炎と診断され、近所のBクリニックにそのフォローのために通院していました。診療内容は、強力ミノファーゲン投与による肝庇護療法と、1〜2ヶ月に一度の肝機能検査、年1〜2回の腫瘍マーカー(AFP)と腹部エコーです。 ある日、患者は右季 [続きを読む]
  • 腹部大動脈瘤破裂の見逃し〜広島高裁で逆転勝訴
  •  昨日、広島高裁で言い渡しを受けた判決のご報告です。担当は緒方、久保井、小林。医療過誤2審逆転 病院に支払い山口 NEWS WEB 02月16日 20時40分 7年前、腰の痛みなどを訴え、山口県立総合医療センターを受診した山口市の男性が帰宅後に腹部の大動脈瘤破裂が原因で死亡したのは、医師が必要な検査などを怠ったのが原因だとして遺族が賠償を求めた裁判で、広島高等裁判所は、1審の判決を変更して病院側の過失を認め、お [続きを読む]
  • 第17回福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会
  •  1月31日、福岡地裁で第17回医療関係訴訟運営改善協議会が開催されました。この協議会の趣旨に、沿革については、こちらのエントリー(福岡地裁医療関係訴訟運営協議会)をご参照下さい。 この協議会では、毎年、裁判所から、福岡地裁医療集中部での一審終局区分や記載事件平均審理期間といった統計的な数字が報告されます。 過去10年間の一審終局区分については、2014年段階のものをこのブログにアップしたことがあ [続きを読む]
  • 医療事故紛争解決事例1〜CTを撮影せず肺癌の診断が遅れたケース
  •  今年はブログを更新するぞ! との誓いを果たすべく、「医療事故紛争解決事例」として、わたしたちが実際に経験した医療事故紛争の中から、経験を共有する価値がある事件を、シリーズで報告していきたいと思います。 その中には、示談で早期に解決した事件もあれば、訴訟提起後に和解した事件もあり、判決確定まで争われた事件もありますが、いずれにせよ、第三者的な専門家による事故調査が行われた事件ではありませんし、残っ [続きを読む]
  • 新年のごあいさつ:ブログ更新に努めます決意!
  • あけましておめでとうございます。当事務所は、今年は1月5日より始動しております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。それはさておき…。たいへん長い間、ブログをほったらかしにしてしまいまして、猛反省で迎えております新年です。(これ、「なまけたろう」というキャラクターです。事務所Facebookで一時期活躍していましたが、担当してくれていた事務職が退職して以来、Facebookも放置状態でした(..;)。)続きを読む [続きを読む]
  • HPVワクチン問題を考えるワークショップ・交流会のご案内
  •  毎日うだるような猛暑の中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 さてさて、すっかりブログの更新を怠っておりまして、誠に情けないことです。 久々なる更新ですが、本日は、当事務所の弁護士が全員で参加している、HPVワクチン薬害訴訟に関連して、支援したいと思っていらっしゃるみなさんに、ワークショップ・交流会の開催について、ご案内させていただきます。続きを読む [続きを読む]
  • 医薬品添付文書と医療水準〜福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会
  •  1月24日、福岡地裁で第16回医療関係訴訟運営改善協議会が開催されました。この協議会の趣旨、沿革については第12回の協議会の際の記事(福岡地裁医療関係訴訟運営協議会)で書いたことがあります。また、第36回医療問題弁護団・研究交流集会inつくばで挙げている福岡地裁医療集中部の一審終局区分や鑑定率のデータは、この協議会で裁判所から提供してもらったものです。 今回も、協議会冒頭に、裁判所からそのデータの [続きを読む]
  • HPVワクチン薬害訴訟第2次提訴
  •  2016年12月14日午後2時、全国4地裁に、HPVワクチン薬害による被害者57名が一斉に提訴行動を行いました。 福岡地裁にも、九州各県の被害者20名が提訴し、新たな原告となりました。 HPVワクチン薬害の概要と、訴訟の意義については、当事務所サイトや、当ブログの第1次提訴に関する記事でご紹介していますので、そちらをご参照下さい。 また、今回の第2次提訴、全国の状況は、全国弁護団のサイトに記事が [続きを読む]
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  •  2016年11月19日午後、粕屋町の長者原駅に近い井上歯科医院でNPO法人患者の権利オンブズマン主催の「患者塾」が開催されました。これは、オンブズマンの協力医療機関・福祉施設として登録されている施設の見学と、日々の活動について講話をいただくもので、今回が3回目になります。 井上歯科は昭和56年に先代の院長先生が開院、以来36年間、診療を続けています。特筆すべきは25年以上も訪問歯科診療を続けてい [続きを読む]
  • 幸田雅弘弁護士を悼む
  •  当事務所に13年間にわたって在籍した幸田雅弘先生が、8月14日午前1時27分、肺炎のため逝去されました。 幸田先生は、司法修習36期、1984年4月に弁護士登録して福岡第一法律事務所に入所し、1996年1月に当事務所に移籍、2009年1月に独立して六本松法律事務所を開設しました。 弁護士業務の中心であった欠陥建築問題では、欠陥建築を造った建設会社や設計士の不法行為責任を認めた平成19年7月6日最 [続きを読む]
  • 69回目の憲法記念日に
  •  このブログでみなさんにお伝えしなければならないことはたくさんあるのに、めまぐるしく動く状況の中、なかなか更新する余裕を持てていません。 ハンセン病問題だけをとっても、家族提訴の関係では、3月29日に第2陣509名の大量提訴が行われましたし、特別法廷問題は4月25日に最高裁が調査報告書を公表、裁判所法に違反していたことを謝罪しました。HPVワクチン問題では、3月30日に提訴方針会見が行われ、東京・ [続きを読む]
  • 過去の記事 …