ぴよ子 さん プロフィール

  •  
ぴよ子さん: ぴよ子のカラーブログ
ハンドル名ぴよ子 さん
ブログタイトルぴよ子のカラーブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tinycolor/
サイト紹介文お騒がせカラーアナリスト、ぴよ子の迷言集。
自由文ぴよ! ぴよぴよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/02/11 19:09

ぴよ子 さんのブログ記事

  • 白髪を染めるなら、何色に染めたら似合うの?
  • もともと黒髪が好きで、一度も染めた事がない、という方もいらっしゃいます。やっぱり、染めていない黒髪は自然なツヤがあって美しいですよね。ヘアカラーをすると、髪はどうしてもダメージを受けます。しかし、いくら自然のままの黒髪が美しかろうと、年をとれば白髪が交じるようになります。白髪は、多くの人にとって、隠したいものでしょう。でも、一度も染めた経験が無い方は、何色に染めたらいいか迷ってしまいますよね。明る [続きを読む]
  • 南国へ行こう! サマーさんのトロピカルな配色例
  • さて、そろそろGWが近づいてきていますから、海外旅行へ行こうと計画中の方も少なくないと思いますが、たとえば南の国へ行くなら、やっぱりいつもと違う服装をしたいですよね。日本では着れないような、トロピカルな色の服で写真を撮るとか。しかし、パーソナルカラーの話をすれば、サマーさんは一番、トロピカルな色が苦手です。それでも、せっかく写真を撮るなら、南国らしいコーデをしたいでしょう。サマーさんのパーソナルカラ [続きを読む]
  • 赤は、なぜ目立つのか
  • さて、前回の続きですが、赤は文字にするとあまり読みやすい色ではありません。なのに、なぜそれが看板やチラシや標識に使われるのか。なんとなくは、みなさんご存じだと思いますが、これを詳しく語ろうと思います。赤は、目立つ色だから、広告に使われるわけですが、なぜ赤が目立つか、考えた事はありますか。赤は、「誘目性が高い」色と言われています。誘目性というのは、簡単に言えば人の目を引く力の事ですから、赤を道路標識 [続きを読む]
  • 赤い文字を読みにくいと思ったことはありませんか?
  • 自分のブログの、大切な部分を、赤い字にしておけば、みんながそこを注目して読んでくれるだろう。そう思って、その注目させたい大切な部分を赤字にした結果、あれ? なんだか、文字が読みづらい……背景のせいかな?こういう経験は、ありませんか。あいうえお あいうえお あいうえおあいうえお あいうえお あいうえおあいうえお あいうえお あいうえお↑背景色と文字色の組み合わせの例です。どれが一番、読みやすいと感じ [続きを読む]
  • 「話しかけにくい」と言われる原因は服の色かも?
  • やっぱり、ツイッターはやめましたよ。始めたはいいが、何言っていいかわからなかったので。さて、「最初は話しかけにくかったけど、話してみるとそうでもなかった」って言われた経験はありませんか。という事は、見た目か何かが「話しかけにくかった」んでしょうね。もうそろそろ4月ですので、友達いっぱいできたらいいな、上司に気に入られたらいいな、とは多くの人が思う事でしょう。「話しかけにくさ」は、服の色である程度は [続きを読む]
  • ぴよ子、「雨野小夜美」としてtwitterを始める
  • ぴよ子はダークサイドブログのペンネーム「雨野小夜美」として、twitterを始める事になりました。しかし、こちらのカラーブログではないので、色については今のところ、つぶやく予定はありません。あちらのブログでは現在小説の連載中で、そのうち詩やイラストも発表していくつもりですが、もしよければフォローしてください。アカウントは@amenokoyamiです。 [続きを読む]
  • ぴよ子流!パーソナルカラー「似合わない色」自己診断
  • 「パーソナルカラー診断って、高いお金を払わなきゃできないの?」こう思う方もいらっしゃることでしょう。安心してください。ある程度器用な方なら、似合わない色のチェックくらいはできます。ただ、以下の条件がそろっていないと無理でしょう。①視力が0.1以上眼鏡をかけていない自分を見ることができない場合は、残念ですがこの方法では無理です。②いろいろな色の服を持っているこれは比較的簡単でしょう。自分に似合う色が [続きを読む]
  • パーソナルカラーを8タイプより細かく分ける必要はまったくない2
  • さて、ぴよ子は以前、「パーソナルカラーを8タイプ以上分ける必要はまったくない」と申し上げました。これは、色彩業界の方にはあてはまらないものです。色彩の知識が豊富であれば、16分類でも24分類でもよいでしょう。なぜなら、その中から「ご自分に似合う色の規則性、法則」のようなものを見つけてしまえば、かえって似合う色を見つけるのが簡単になるからです。「私に似合う色は、濁色の中明度だな。ベースは関係なし」こ [続きを読む]
  • 「杢グレー」ってどんな色?「杢」って何?
  • 服に、「杢グレー」って表示がある時がありますよね。その、「杢」ってあまり聞き慣れない言葉だと思うんですが。実物を見るならわかるけど、通販で「杢」のついた服を買うとき、この言葉がわからないと、困ってしまいますよね。さて、「杢グレー」は、どんな色なのか。「杢」という言葉の本来の意味もあわせて解説します。「杢グレー」は、簡単に言えば、霜降りのように濃淡のある、味わいのあるグレーの事を指します。グレーでな [続きを読む]
  • 黄みも青みも無い色が似合うのは誰?イエベ?ブルベ?
  • これを、不思議に思った事がありませんか。中心の色(赤、青など)に黄色を混ぜた色が似合う人=イエローベース、中心の色に青を混ぜた色が似合う人=ブルーベース。(実際には、白やグレーや黒も混ぜるのですが)では、中心の色に黄色も青も混ぜない色が似合う人は、誰なのか。中心の色が似合う人は?実は、けっこう大多数の人が、黄色も青も混ぜない中心の色が似合いますので、イエローベース=黄色を混ぜた色、または中心の色が [続きを読む]
  • ベースカラーに頼らない、おしゃれな配色例3
  • ③パーソナルカラーのシーズンを意識した配色全部同じシーズンの色でまとめてみましょう。スプリングのピンクにスプリングのブルーにスプリングのグリーン・・・意外と、まとまるものです。これは、色を見て、だいたいどのシーズンの色かわかる人じゃないと難しいですが。なのでさらに説明を加えます。スプリングの色は、明るい黄みのパステルカラー、少し濁ったソフトな黄みのパステルカラー、黄みのある鮮やかな色で成り立ってい [続きを読む]
  • ベースカラーに頼らない、おしゃれな配色例2
  • ②同一トーンの配色全部薄い色(ペールトーンなど)や、全部ソフトな色でまとめてみましょう。個性的な配色になります。どんなトーン(明るい、暗い、グレイッシュな色……)でまとめるかで、見た目のイメージが変わります。トーナル配色という、中間色だけの配色もありますが、ここではこれもほぼ同じような配色として紹介します。「全部明るい色」「全部濃い色」など、トーンでまとめると、統一感が生まれ、全部がきれい色でも、 [続きを読む]
  • ベースカラーを使わない、おしゃれな配色例1
  • ベースカラー(黒、グレー、ブラウン、白、ベージュ、紺など)って、着回しに便利。ほとんどベースカラーしか着ない、という人もいるかもしれません。でも、ぴよ子が街の人を見ていると、たいていの人が、ベースカラーを着ていて……何か、みんな同じような感じなんですよね。たまには、きれいな色ばかりのファッションを楽しんでみませんか。でも、きれい色ばかりのファッションを成功させるって、意外と難しいんですよ。なんだか [続きを読む]
  • スーツは似合うネイビーを選んで好感度UP!
  • さて、今年大学を卒業して、社会人になる方も多いと思いますが、どんな職業でも、社会人になると、ネイビーを着る機会って絶対あると思うんですよ。そうすると、自分に似合うネイビーを知っておいた方が、当然好感度は上がります。さっそく、図つきで解説しますね。(参考資料は「はじめてのパーソナルカラー」 トミヤママチコ著、色名はビッグウェイ株式会社の120色ドレープと、上記の本を参考にしています)まずスプリングさ [続きを読む]
  • アイボリーと生成りとオイスターホワイトの違い
  • さて、ある人が「オータム」と診断されたとします。オータムの白「オイスターホワイト」を着てみようと思ったとします。しかし、世の中、ショッピングモールにはいろんな色があふれています。アイボリーホワイト、オフホワイト、生成り、ベージュホワイト、エクリュ・・・オイスターホワイトってどれ!? と思いませんか。色の診断をしてもらったところで、似合う色を見分ける事ができなければ、意味はありませんよね。しかも、ア [続きを読む]
  • ブルーベースに似合うオレンジ
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ブルーベースの人に似合うオレンジは無いと、書かれている本は、けっこうあります。でも、たまにはオレンジでも着てみては。実は、無いこともないんですよ。それに、もうすぐ春ですから、自分を活発なイメージに見せたい場合もある事でしょう。そんな時に、オレンジを着れば、活発で親しみやすいイメージを人に与える事ができます。上記のような薄いオレンジでも [続きを読む]
  • パーソナルカラーの診断を受けたけど納得いかない人へ
  • さて、Aさんは好きな色がサマーの優しい色だったとします。でも、何色が似合うのかな?と思って、診断を受けたところ、なんと、ウィンターの純色や、蛍光色に近いような派手色、黒が似合うと言われたとします。なんか、納得いかないAさんです。「こんなキツい色、好きじゃない・・・もっと優しい色がよかったなあ」「好きな色が、似合わないのかあ・・・」こういう場合。Aさんはサマーの色も似合っている可能性があります。または [続きを読む]
  • カーテンを買い替える時に読みたい記事 何色がいい?
  • さて、リビングのカーテンを買い替えるとします。もともとはおだやかな(中明度?低彩度)茶色でした。リビングなので、当然みんなが快適に暮らせる場所にしたいですよね。でも、みんなに聞いてみても、意見はバラバラ。性格も人によって違うとします。「何色を選べば、ここは快適な空間になるだろうか?」そこで役に立つ理論がありますよ。ヴントの中庸説。名前は覚えなくてもいいです。その説によれば、人は「刺激の強さが適度で [続きを読む]
  • ドット柄(水玉模様)は、なぜかわいいのか
  • ドット柄って、かわいいですよね。これは、ほとんどの女子がそう言うに違いありません。ほぼ、常識となっています。ですが、ドット柄はなぜかわいいのか?ただ、点や丸が並んでいるだけですよね、あれは・・・まだ研究途中のテーマですから、ぴよ子の主観的な意見としてとらえて下さい。https://www.rainbow.co.jp/designer/2590/調べてみると、このブログには「整った形をしているから」と書かれています。しかし、ぴよ子は不思議 [続きを読む]
  • いくつものシーズンにまたがるパーソナルカラー 何色を着たらいい?
  • たとえば、この前の記事のように、「夏セカンド秋」の人。高いお金を払って診断してもらったなら、もらった色見本を持ってショップへ行けばいいわけです。でも、意外と色見本にぴったりの色の服って無いこともありますし。流行によってはほとんど見つからない色もあるでしょう。なんだか縛られているようでもあるし・・・もっと簡単に、似合う色の服を選ぶ方法はないのでしょうか?それに、「夏セカンド秋」っていう診断になったの [続きを読む]
  • 中途半端なパーソナルカラーの場合 夏セカンド秋ってどういう事?
  • パーソナルカラーの診断では、全員が4つのシーズンに分けられるわけではありません。中間的な人もいます。たとえば、「夏セカンド秋」「春セカンド冬」など。診断されたはいいけど、つまり夏セカンド秋の人は何を着ればいいんでしょうか?プロでないと、わからないのでは?ブルーベースの服を着ればいいの?それに秋の色をまぜるの?メイクは何色なの?きっと、わからないのでは?こういう場合を解説します。まず、夏セカンド秋と [続きを読む]
  • 似合う色が嫌いな色だったら、どうする?
  • ぴよ子は自分に似合う色が嫌いです。特に、とてもよく似合うとされた色(ベストカラー)がとても嫌いです。そこを考えると、「何でパーソナルカラーなんていうシステムを作ったんだろう。自分はそれで不幸になって散財しただけじゃないか」とまで思いましたね。着ていても、少しも自分らしいと思えないんです。(ごめんなさい、先生)そんなぴよ子が、今たどり着いた結論は、こうです。「コーデの中に、まあまあ着てもいい色だけ取 [続きを読む]
  • ピンクを使わずに、自分をかわいく見せる方法
  • さて、左下図のような色の服を着ている女性がいたとします。仕事ができそうな、かっこいい感じの女性、というようなイメージが伝わってきますね。オレンジがスパイスになっています。ただ、いつもこのような配色の服を着ていたとすると、平均身長以上の女性であった場合、重い荷物を運んでいても、誰も手伝ってくれないのでは?たまには自分をかわいく見せたい、という場合もあるのではないでしょうか。かわいく見せたいなら、ピン [続きを読む]
  • 似合うブラウンアイシャドーを見つけよう!
  • アイシャドーといえば、ブラウンが無難だし定番。でも、そのブラウンのアイシャドーが似合ってるか、気になりませんか?また、初めてブラウンのアイシャドーを選ぶときには、どんな色を選んだらいいんでしょう?似合う4シーズン別アイシャドーの色を解説しますよ。あと、おまけに、自分がどのシーズンかわからない場合(似合う色自体がわからない場合)の、ブラウンアイシャドーの選び方も解説します。①まず、ご自分がどのシーズ [続きを読む]
  • シーズン別 モノトーンコーデを楽しむなら・・・
  • ぴよ子です。「モノトーンは、誰にでも似合う」と思っていませんか。それとは逆に、「モノトーンは自分には似合わない」と思っている方もいるかと。モノトーンは、工夫すればある程度の人には似合います。ただし、「工夫」が必要です。シーズン別に紹介しますね。スプリング・・・カラフルな色が得意なため、モノトーンは苦手な方です。でも、無理ではないです。モノトーンに使う白を、アイボリーやベージュホワイトなどをセレクト [続きを読む]