リコピン さん プロフィール

  •  
リコピンさん: 旬菜アスリート食堂
ハンドル名リコピン さん
ブログタイトル旬菜アスリート食堂
ブログURLhttps://ameblo.jp/moonsunmoon/
サイト紹介文食堂や料理教室などを通じて、楽しくからだに優しい「食」をお伝えしています。
自由文暮らしをより楽しむために、都心に通うのが便利なマンション生活から一転、山と川に囲まれた青梅でプチ田舎生活を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/02/12 15:27

リコピン さんのブログ記事

  • スプラウト工場見学へ
  • 冷え込んでくるにつれて、ノボタンのつぼみが次々に濃い紫に。これから、たくさん開花しそうです。先日、野菜ソムリエのお仲間たちと、「大人の遠足」と題して、埼玉ツアーにいってきました。スプラウトの生産販売をされている三和農林の花岡さんにご案内いただき、喜多院に始まり、川越散策、遠山記念館、そして三和農林さんのスプラウト工場見学と盛りだくさんの内容。みどころたくさんの観光は別記事にするとして、最後に訪問さ [続きを読む]
  • やっと耕しました。
  • 最近、広縁に置いた観葉植物の寄せ植え。このモンステラにはとても愛着があります。立派な葉っぱを残しておきたいので、挿し芽にするのでなくて、幹の途中でちょん切って花瓶に差しておきます。しばらくおくと、すごい勢いで根が伸びてきて、花瓶いっぱいになるので、そのまま土に植えつけ。それを繰り返しています。だから、最初からの葉っぱはもう何年も、購入当時のまま生き続けている。うまく扱ってあげたら、永遠の命を保つこ [続きを読む]
  • 秋の味覚もそろそろ。。
  • 夕方になると庭に雪虫が舞う今日この頃、本格的に冬到来でしょうか。夏秋の花花もそろそろ終わりで、ちょうど入れ換えているところです。ミニ花壇のバコパの花が今一番元気です。ヒメツルソバがその花壇の脇の砂地にもしっかり根をはっています。 ロックガーデンでは、11月になって、ハマナデシコが返り咲き。夏はウリハムシに一瞬で食い尽くされた花も今ごろになってのんびりと咲いています。さて、冬も近づき、秋の味覚もしっか [続きを読む]
  • 久しぶりの紫色のやまいも
  • 近くの直売所での買い物から帰る途中、いつものお気にいりの多摩川の景色。奥多摩方面、上流側の眺めです。雲間を太陽が移動するとき、山川の色の濃淡があっという間に変わっていきます。奥の方から日が差していき、手前に向かってダークグリーンから明るいグリーンに変わっていきます。しばらくボーッと眺めてしまいます。さて、お店(はっちゃん)からの帰宅途中で立ち寄った日の出町の直売所で珍しいものを見つけました。これです [続きを読む]
  • あのコンビニ食パンで玉子サンド
  • 多摩川沿いの木々も、少しづつ色づいてきました。昨日11月3日は文化の日で祝日の金曜日。祝日の金曜日も定休日食堂、やっております。昨日のメニューは、・ひじきご飯・しめじと葱の味噌汁・里芋の味噌マヨ和え・ハヤトウリと蕪の大豆のチキンスープ煮・チキンカツのパセリタルタル添え・ふろふき大根でした。11月3日は「サンドイッチの日」だそうですね。い・い・サン(ド)の日だからだそうです。だからというわけではないのですが [続きを読む]
  • 心なごむ聞修院の庭園
  • さて、今日から11月。今月から畑を借りました。ちょっと家からは遠いのだけれど、頑張って自転車で通おうと思います。畑近くの聞修院によってみました。曹洞宗の寺院ですが、多摩青梅七福神のひとつで「寿老人」が奉られています。本堂は茅葺屋根。庭園自体も立派なのですが、その周りの山、川、森が一緒に溶け込んでひとつの風景になっています。湧き水が流れ込む池の水はとても澄んでいます。近くを流れる黒沢川。もっと秋が深 [続きを読む]
  • 嵐を呼ぶビュッフェデー
  • 台風一過の秋晴れ。今日は気持ちのよい朝でした。シンボルツリーの沙羅の葉っぱはすっかり色づき、もうすぐ落ちてしまうのかと思うと、少し寂しさを感じます。昨日のはっちゃん定休日食堂はビュッフェデーでした。先月に続き、またもその日に台風がやってきました。それでも、雨風の中、横浜や都区内からお客様にお越しいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。・いわしと野菜のトマト甘酢煮・さつまいもの豚巻きコロッケ・ニンジン [続きを読む]
  • 明後日29日はビュッフェデー
  • はっちゃん定休日食堂、10月29日の日曜日は月に一度のビュッフェデーです。10品ほどのおかずの中から、お好きなものを選んで取っていただけます。いつものように一汁四菜でも、一汁十菜でも。お好きに選んでいただけます。先月9月のメニューは、・野菜の揚げ浸し・小あじの南蛮漬け・きゅうりのキューちゃん風・昆布と切り干し大根の炒め煮・きのこと大葉のゆず胡椒炒め・小松菜のゴマ和え・冬瓜の鶏肉と大豆のあんかけ・む [続きを読む]
  • ニシキギの赤い実と久々の献血
  • 今日はスカッと雲ひとつない青空です。これは昨日の景色。山の中にもくもく立ち込める水蒸気。雨上がりのこの景色も好きです。おそらく白いものが見えるあたりに沢や水の流れがあるということですかね。庭の南天の木の茂みの下から赤い実がちらっと見えはじめました。これは「錦木」。赤い実が帽子を被っているのがいとおかし。枝から羽のようなものがついていますね。これがニシキギの特徴。名前のとおりで、生育環境が良ければ葉 [続きを読む]
  • スパイシー甘酒シフォンケーキ
  • 昨日はため息の嵐。カープのあまりにもの弱さに呆然自失。ブログ記事も書く気になりませんでしたが、同郷の友人たちとのチャットのやりとりで、気持ちをすでに来年に向けて、すっかり切り替えました。(つもり。。ちょっと強がり??)気持ちを鎮めるために??昼間に仕込んでおいた甘酒でシフォンケーキを作りました。砂糖を使わず、甘酒のみで作ります。基本的な作り方はこちらをどうぞ(→コラムでご紹介しています)今回は、スパイ [続きを読む]
  • 台風一過と味噌蔵出し
  • 台風一過の雲ひとつない空。夕焼け空でも見ながら、ことあを散歩につれてでようと思いましたが、雲ひとつない空だから夕焼けにはならないか。。そりゃ、そうです。そのかわりに山影の上にきれいな月が。山際が白く光り、まるで夜明けのような清々しさでした。気持ちよく晴れた日に蔵出ししようと思っていた、去年の秋に仕込んだ味噌。よい色づき加減です。なんてったって、かきまぜた時にたちのぼる香りがなんとも。前の家にいた菌 [続きを読む]
  • 我が家には定番カレーがない?
  • 台所が広くなり、最近少しずつですが、妻が手伝ってくれることがあります。台所が狭かったマンションでは「女子厨房に入るべからず」でしたが、今は二人同時に動けるので、例えば一人が洗い物をしながら、もう片方が作ることができるのも嬉しい。今日はたまにあるそんな日。我が家には、「我が家の定番カレー」といったものがありません。とりわけお子さんがいる一般的な家庭では、お母さん、お父さんが作る、味付けや具材も決まっ [続きを読む]
  • 雑草の定義?
  • 庭に生えている「みずひき」や「いぬたで」などのいわゆる「雑草」。こんな感じで使ってみました。「雑草」に利用価値ができた瞬間に「山野草」に格上げ?されるのでしょうか。そんなこともないでしょうが、人によって「雑草」の種類は違うのでしょうね。ご近所さんの家ではカメを飼っているらしく、タンポポをとらせてくださいと、うちの敷地内に生えている「雑草」をとりに来られます。お隣さんにとってはタンポポは雑草ではなく [続きを読む]
  • 小さな畑に植えたもの。
  • 夏は午前中と夕方近くになると日が当たっていたた小さな菜園エリア。夏に比べると、太陽が出ているうちに日のあたる時間の割合が少なくなってきます。うまく育つかどうかわからないけれど、無農薬苗の「のらぼう菜」を植えました。ここのところの寒さからか?茎が紫がかってきました。アントシアニンの色のようです。のらぼう菜は西多摩発の江戸伝統野菜。我が家でもお店でも、春先にはよく使います。固定種なので自家採種して翌年 [続きを読む]
  • ハーブ畑はミニロックガーデン
  • うちの庭は建物の四方に土のあるスペースがありますが、回りに家があるので時間によって日当たりが変わってきます。また四季によっても太陽の高さがちがうので、日のあたる場所が変わってきます。半年近くたち、太陽の通る位置もだんだんわかってきましたが、一年間住んでみたら、やっとわかるのでしょうね。少し日当たりが悪くて粘土質の場所は、おもにハーブ用のロックガーデンにしてみました。この大小のごろ石は、ほとんどが耕 [続きを読む]
  • 奥多摩ぶらり散策
  • 長雨の間をぬって、妻とちょっと奥多摩まで。車で家から30分程度かかりますが、ふらっとお気軽にいける距離です。車の場合、奥多摩駅周辺は有料駐車場に停めるしかないのですが、電車で訪れても駅近で奥多摩の景色を楽しめます。まずは奥氷川神社に参拝。神社の横には同じ根元から幹の途中で三本に分かれている不思議な「三本杉」があります。天然記念物です。境内の中をよく見ると、面白い植生が。切り株の上に苔が生え、そこにい [続きを読む]
  • 最近の多摩川の景色
  • 川が近くにあるっていいですね。歩いてすぐそこに清流。整備された歩道を歩きながら見る下流の景色もいいけれど、ここらあたりの手つかずの自然のままの風景はやっぱりいい。川面が眩しいこの景色も好きです。トムソーヤが上から降りてきそうな木。。橋の上から川を挑むと、よくラフティングボートを見かけます。この辺は水上アクティビィティを楽しめる施設もたくさんあります。来年暖かくなってからチャレンジしよう。川原に下り [続きを読む]
  • 初めてのイチゴ収穫
  • 四季なりイチゴが一粒だけ真っ赤に色づきました。本当は先日来訪してくれたお友だちの娘ちゃんにあげようと思っていたのですが。。忘れちゃったので自分でパクリ。雨滴がこんな状態になっていて可愛らしいですね。10月に入ってから涼しくて太陽の光も気持ちよく、夏にへたっていた花たちも元気をとり戻してとても元気です。シナモンバジルの花は、赤紫。むこう側はレモンバジル。こちらは白い花です。無造作にほったらかしてた皇 [続きを読む]
  • もう冬支度?
  • 前回のblog更新からずいぶんたってしまいましたが季節はうつろい、もう秋真っ只中。夜の方が長くなってくると、もう冬も間近かなあと感じます。ついこの前まで赤トンボがたくさん飛んでいたのに。。冬を前に最後の力を振り絞ってなのか、庭のあちらこちらにツマグロヒョウモンの幼虫が。ケムシ嫌いの方、閲覧注意です!↓この雌はもう飛ぶ力もないようで、至近距離まで近づいてもしがみついたままです。こちらは皇帝ダリアの花の下 [続きを読む]
  • シュロの葉で籠づくり
  • 夏らしくない夏ももう終わってしまうのでしょうか。部屋の湿気対策にやっきになっているうちに夏がもう終わってしまったような。もっと太陽の光を浴びたいなあ。一週間くらいピーカンが続いてくれないでしょうか。庭の様子。皇帝ダリアの蜜を吸うアゲハ蝶。皇帝ダリアは短日植物で、晩秋にならないと咲かないのですが、これはその性質をなくして、夏でも咲くようにしたハイブリッド品種のようです。裏庭にミズヒキの花がたくさん咲 [続きを読む]
  • 土用の間日は茗荷の収穫
  • ここのところ、すっきりしないお天気が続いています。しのぎやすいかわりに土用の○干しもなかなかできません(^^;土用の間は神様が土の中におり、土を掘り起こすと怒られるので、土仕事はしてはいけないそう。でも間日といって、卯、辰、申の日は神様がでかけていて留守なので、こそーりやっていいそうです。今日8月1日は申の日で間日だったので、心置きなく(笑)作業できました。お日様がでていないこともあり、涼しくて作業がは [続きを読む]
  • 我が家の常連客
  • 庭仕事などで外で過ごす時間が増えて、 まさにお日様の光をからだで感じる生活です。 朝早くから作業をはじめて、暑い昼間は動かずに体を休める。 これが一番(笑) 早起きが気持ちよいです。 ことあの散歩も、最近は朝早くになっています。散歩の途中、こんなきれいな多摩川の景色を見られるのが嬉しい。 朝早く目覚めると、耳に入ってくることの多いのが, 「ガビチョウ(画眉鳥)」の鳴き声。 こちらに来て初めて見た鳥。 鳴 [続きを読む]
  • 庭のちっちゃな畑の様子
  • やっぱり夏は暑い! 久しぶりにクーラーがない部屋で 夏を過ごしています。 学生時代の下宿以来、何十年ぶりでしょうか。 でも、それでもなんとかなるのは一軒家の風通しの良さ、これにつきますね。 大暑まで大丈夫だから、今年の夏はこのままいけそうかな。 庭の小さな畑の様子です。 粘土質の土の作り替えと石の除去に手間取り、この夏はわずかなエリアにしか植えられませんでしたが、 ナス、ひらひら風になびくナスの葉が [続きを読む]
  • のんびり片付けてます。。
  • 引っ越してもう3週間にもなります。前の家の引き渡しも無事完了し、新居の整備に集中できると思いつつ遅々として荷ほどきも進みませんが、楽しみながら少しずつやっております。シンボルツリーの沙羅の花も開き、なぜか、玄関だけはお出迎え体制が整っておりますが、肝心のうちの中は笑っちゃうくらい片付いておりません。早くお招きできるよう今月中には何とか。。最近の周りの様子。庭先に、ビーピーなくこともなくヒヨドリのフ [続きを読む]
  • 気持ちも新たに引越しました
  • 皆様お久しぶりです。長年住み慣れた国分寺から、まわりに自然がいっぱいの青梅市に引っ越してきました。ここはまだ東京都なのですが、空気がまったく違い、時間もゆっくり流れているような気がします。少し歩くと、そこはもう多摩川。庭には野趣あふれる草花が自生してます。野鳥の「さえずり」、、でなく「合唱」でめざめ、蝶舞う庭はずっと眺めていても飽きません。街のマンションの上から地面に降りてきたので、しっかり地に足 [続きを読む]