吉井英二 さん プロフィール

  •  
吉井英二さん: 吉井英二の『公務員試験対策』
ハンドル名吉井英二 さん
ブログタイトル吉井英二の『公務員試験対策』
ブログURLhttps://ameblo.jp/karisuma-koumu-in/
サイト紹介文未来を担う公務員受験生に、公務員試験の択一、論文、面接対策、試験情報まで、各種情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/02/13 16:48

吉井英二 さんのブログ記事

  • 行政のムダ の解消策
  • 皆さん、こんにちは!集団討論や面接において、『行政のムダの解消策は?』というテーマが聞かれる事があります。現在、わが国では、『深刻な財政難』にある自治体も多く、『財政の再建』は重要かつ喫緊の課題です。財政再建には、『収入アップ』だけでなく、『支出の削減』が不可欠です。そのためには、その根本にある『行政のムダ』を徹底的に洗い出し、『ムダの削減』を目指さなければなりません。では、そもそも『行政のムダ [続きを読む]
  • 特別区 H22 教養論文
  • 皆さん、こんにちは! 先日、東京都港区において、『児童相談所』建設につき、地元住民が『資産価値が下落・・』と反対している事が問題・ニュースとなりました。 この問題につき、特別区の論文H22で、『似たようなテーマ』が出題されており、 2019試験でも、市役所等を中心に類似問題の出題もあり得ますので、しっかり検討しておくべきです。 【特別区H22過去問】都市生活を送るためには、道路、清掃工場、下水処理場などの公共 [続きを読む]
  • 己の国語力を疑うことの重要性
  • 皆さん、こんばんは!徐々に論文対策を始めてる方も多いと思いますので、 論文や面接カードを添削する中で、毎年毎年、痛感する事を一言書いておきます。 論文等を作成するにあたり、『知識』云々以前の問題として、根本的な『文章力』 すなわち、 自分の考えにつき、答案全体の設計図を描き(構成力) その上で、一つひとつの文章を論理的に考え(論理思考) それを行政人として相応しい言葉で表現する(語彙力)これらを『苦手 [続きを読む]
  • 国税専門官の志望動機
  • 皆さん、こんばんは! 本日は、3人の方の面接個別指導を行いましたが、その中に、国税専門官の経験者採用受験の方がいました。 経験的に、国税専門官の志望動機は、ほとんど皆『似たような感じ』になりますが、 少しでも『他受験生と差別化』を図るため、一言アドバイスしておきます。国税専門官の最大の使命は、やはり、『税の確実な徴収』です。 確実に徴収するためには、『脱税行為』を見逃すわけにはいきません。 ここで脱税 [続きを読む]
  • 都庁・教養論文のコツ伝授
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、都庁の教養論文について、一言アドバイスです。 都庁の教養論文では、与えられた資料をもとに『課題を200文字程度に要約』しますが、この書き方が相当厄介です。 答案の冒頭部分は、『挨拶』のようなもので、 ここで論理性を欠いた文章を書くと、『ワケが分からん』との第一印象を持たれます。 そして、一度抱かれた第一印象を覆すのは『骨の折れる作業』になります。 私自身、毎年何百通と添削をし [続きを読む]
  • 集団討論で高評価を得るコツ
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、集団討論について一言アドバイスです。 集団討論では、メンバーが6人程度になる事が多いですが、 この場合、①バンバン喋れる:3人②無口orちょい変な人:3人 くらいの割合で、メンバーが割れる場合があります。 ここで①に入るのは、合格の必須条件ですが、 ②を置き去りにしては、『全員で仲良く不合格』の危険があります。 そのため、自らは①に入りつつ、『②にどう配慮するか?』も、合格す [続きを読む]
  • 2020 東京オリンピックと公務員試験
  • 皆さん、こんにちは! いよいよ『2020東京オリンピック』が近づき、都庁や特別区をはじめ、今年の公務員試験では、これまで以上に、オリンピックに絡む問題が論文、討論、面接で出題されると思います。およそ50年前に開催された、『1964年 東京オリンピック』では、世界銀行の融資により、『東海道新幹線』が登場したことが有名です。なお、世界銀行とは、国連の専門機関であり、主に発展途上国等に対して融資を行う機関です。 教 [続きを読む]
  • 学系・知識系科目の攻略方法!!
  • 皆さん、こんにちは!先日、『政治学や行政学などのいわゆる学系科目に苦戦してる』との相談がありました。 この点に関し、簡単にアドバイスです。学系科目の対策は、私であれば、以下のようにやります。①過去問の選択肢&解説を『読み』、内容を『ある程度』理解する。  ↓②記憶すべき『キーワード』を抽出する。  ↓③接続詞を駆使し、『覚えやすいキーワードの流れ』を作る。  ↓④単語カード等にメモし、数時間置きに [続きを読む]
  • やりたい事と業務の多様性の矛盾
  • 皆さん、こんにちは! 面接試験において、『やりたい事』を明確にする事は極めて重要です。 特に、志望動機でそれを明確にする事で、自分の『熱意』をしっかり伝える事は、より効果的な手法です。 ●●の問題に取り組みたいと思い、××市を志望した。 しかしこれに対し、面接官は、 公務員の業務は多様なので、●●はできないかもよ?それでもいいの? と返してきます。 『●●への思い』を強く言えば言う程、この部分は『もろ刃 [続きを読む]
  • 面接を有利にするための活動
  • 皆さん、おはようございます!『面接の再現』を確認・整理していると、ふと気付く点があります。合格者のほとんどが、何らかの『ボランティア』や『福祉』的な活動をしているという点です。『学童保育』でのアルバイト『身体障害者の外出支援』のボランティア『障害者を雇用するパン屋』でのアルバイトそれか、体育会系的な、『長期間にわたる』『組織内での協調性』が必要な活動、あるいは、スタバのような、いかにも『ハイレベ [続きを読む]
  • 『宗教問題』と司法権の限界
  • 皆さん、こんにちは!今回は憲法の過去問についてコメント&解説します。まずは、以下の『国Ⅰ2007』の問題肢をご確認頂ければと思います。※何度も読んでみて下さい(汗)。宗教法人の機関である代表役員兼責任役員の地位を有するか否かについて争いがある場合で,寺院の住職のような本来宗教団体内部における宗教活動上の地位にある者が当該宗教法人の規則上当然に代表役員兼責任役員となるとされているときは,裁判所は,特定 [続きを読む]
  • 最後に質問はありますか?
  • 皆さん、こんにちは! 面接指導をしている受験生から、 『最後に何か質問はありますか?』と聞かれた際、どのように答えたら良いでしょうか? との質問を頂き、サクッと回答しようと思いましたが、 これは簡単なようで、意外と『悩ましい質問』だなと、今更ながら感じました。 これが、『最後に何かありますか?』など、抽象的な場合であれば、     決意表明(PR)を再度すれば良いでしょう。 はい!私は○○市(県)に対す [続きを読む]
  • 命・健康のありがたみ
  • 皆さん、こんにちは! 2018年試験もほぼ終盤となり、『今後の進路』について悩んでる方も多いと思います。 以前の相談者に、このような方がおりました。その方は、①現在、市役所C日程の選考中です。そして、将来的にも長く働き続けたいので、②やはり民間より公務員を希望しています。一方で、大学で学んだ分野を本格的に学ぶため、③『大学院』に進む事も検討中との事。その後、公務員を受け直したいと。自分の将来の事なので [続きを読む]
  • 『帰納』と『演繹』について。
  • 皆さん、こんにちは!今回は、公務員試験における『帰納』と『演繹』の重要性について、書いておきます。帰納とは、様々な『具体的な事象』から、『普遍的な法則』を導く思考であり、演繹とは、その逆で、『普遍的な法則』から、『具体的な回答』を導く思考です。演繹の例としては、公式【普遍】を使って、数学の問題【具体】を解いたり、法律の条文【普遍】を使用し、個々の事件【具体】を解決したり、そんなイメージです。公務 [続きを読む]
  • 論文:地域コミュニティの活性化
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、教養論文の超頻出テーマ『地域コミュニティの活性化』について簡単に答案の流れを確認します。 まず冒頭は、地域コミュニティは、地域住民が助け合って生活を営む基盤であり、暮らしやすい住環境を保つために重要な役割を果たす。 しかし近年、その地域コミュニティが希薄化してきている。 あたりから始めますが、この部分は、本試験の『問題文の流れ・言葉』を上手く使い、それを膨らませ(又は圧縮 [続きを読む]
  • 教養論文のコツ。
  • 皆さん、こんにちは! 2018年度の試験もいよいよ終盤を迎え、 一方、2019年度受験の皆さんは、法律3つ、ミクロマクロ、数的処理この主要科目が一巡し、 今後は、これら主要科目を維持&精度を上げつつ、『学系科目』に手を出し、 さらには、ちょっと『論文試験』が気になり出す。そんな時期かと思います。 私の情報発信も、2019年受験向けにシフトしていきます。ということで、今回は『論文試験』についてです。 テーマは、基本 [続きを読む]
  • コネ採用について。
  • 皆さん、こんにちは! 以前、ある受験生の方から、『町職員』の一次試験に合格したが、『若干名』の採用予定で、『自治体との縁もない』場合、最終合格は厳しいか?という趣旨の質問がありました。同様の状況にある方も多いと思いますので、この質問に関する、私の『本音』を述べておきます。結論から言うと、『不透明かつリスキーな戦い』になる可能性は高いと思います。立ちはだかる課題として、①そもそもの『面接倍率の厳しさ [続きを読む]
  • 志望動機と愛着心
  • 皆さん、こんにちは! 面接試験で、受験生を苦しめる項目の一つに、『志望理由』があります。これについては、基本的には、●●という地で、△△に取り組みたいから、志望しました!という、①『その地域への想い』と、②『尽力したい業務』『実現したい事』の2点を考える事になります。さて、今回は、①の場所的要素につき、 『その地域に愛着があるから』を理由にすることの是非について、私の考えを述べます。 この点は、指導 [続きを読む]
  • ニューディール政策の整理!
  • 皆さん、こんにちは!今回は、専門・教養問わず、『社会科学系科目』で頻出の、F.ルーズべルト大統領の『ニューディール政策』について、簡単に流れを整理しておきます。『2018年度の受験生』には常識レベルの内容と思いますが、『2019年度の受験生』あるいは、これから『2018市役所』の勉強をする受験生には、まだ、背景や具体的施策があやふやかもしれませんので、この機会に整理しておいて下さい。※以下はあくまでも『公務 [続きを読む]
  • 23区の合格発表を受けて
  • 皆さん、こんにちは! 特別区の人事委員会面接の合格発表があり、多くの合格報告を頂く一方、残念な結果に終わったという話も聞きます。 正直な印象として、何故この程度で合格でき、何故ここまでやっても落ちるの? と思う事もあり、つくづく面接は、運と相性にも左右される『不条理』な面があると感じます。 しかし、結果はもう出ており、現実は変わりません。 無事に合格した方は、より一層気を引き締め、『更なる難関の区面接 [続きを読む]
  • 23区の区面接で合否を分けるのは?
  • 皆さん、こんにちは!今回は、東京23区の区役所面接について書いておきます。区役所面接においても、基本的な対策はこれまでと同様です。 面接カードの項目と対人関係を中心に、想定される質問につき、回答を考えますが、 その際、より論理的に、より適切な語彙で、より冗長でもワンフレーズでもなく適切な量で、より適切なスピードで、より流暢に喋る。 そのイメージトレーニングを『徹底』して下さい。 ただこれまでの、『23 [続きを読む]
  • 究極の面接個別指導講座!
  • 皆さん、こんにちは!この2カ月あまりの間、朝から晩まで面接カウンセリング、帰宅後は面接カードの添削をする日々が続き、ここにきてやっと業務が落ち着きました。 先日は、都庁新方式に合格された方2名から、合格報告も頂き、一方で、他の試験などでは、残念ながら『ダメでした』報告もあります。 まだまだこれから面接試験に臨む方も多いと思いますので、ちょっと思う所を書いておきます。この夏だけでも、200人以上の方の面 [続きを読む]
  • やりたい事の整理のコツ
  • 皆さん、こんにちは!公務員試験の面接では、『やりたい事』を聞かれます。 その際、例えば、『特別区で』『貧困問題』に取り組みたい場合、まずは、『貧困問題の深刻さ』及び『自身がそれに尽力したい理由』を考えます。そして、それは、民間企業ではできないのか?NPO法人では? これらとの差別化を踏まえ、『公務員として取り組む意義』を考えます。 例えば、貧困問題は、就労支援や、そもそもの教育支援など、『多面的、総 [続きを読む]
  • 短所で他者と差をつける方法
  • 皆さん、こんにちは! 連日の面接カウンセリングとカード添削により、情報発信の時間が中々とれませんが、ちょっと時間が空いたので、一言アドバイスです。 面接で『自身の短所』を考える場合、その短所がもたらす『リアルな弊害』を整理してみるとよいです。 例えば、プラス思考で物事を考えるため、時に『楽天的すぎる』面がある。等の場合、 そのリアルな弊害として、①事前:計画性を欠く。②事後:失敗しても原因の分析→改 [続きを読む]