yohe さん プロフィール

  •  
yoheさん: 建築パース作成 アーキトレンドZ
ハンドル名yohe さん
ブログタイトル建築パース作成 アーキトレンドZ
ブログURLhttps://ameblo.jp/paasutukurimasu/
サイト紹介文アーキトレンドを使用しての建築パース作成。同時に一級建築士試験を完全独学で合格を目指します。
自由文アーキトレンドZを使用して建築CGパースを作成しています。また一級建築士試験学科試験を完全独学で合格しました。構造力学計算問題はいっさい勉強しなくても合格できます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/02/13 00:33

yohe さんのブログ記事

  • パースと完成写真
  • 先日お引渡しを終えた物件です当初はコテコテの西海岸テイストに仕上げようと思っていたのですが奥さまのご要望もありだいぶ落ち着いた感じになりました では完成より数ヶ月前に作成したパースがこちら色こそ違えどほぼパース通りに仕上がりました完成写真を撮ったあとにパースを作ったのではありませんよ(笑) ここまで詳細なパースを作るとお客さまとのイメージの共有もスムーズになり中身の濃い打ち合わせができるようになりま [続きを読む]
  • 【アーキトレンドお悩み解決コーナー】(3)
  • 前回の続きです 「GIMPやPixlrを使ったレタッチ方法を教えてほしい」 GIMPもPixlrもこのブログで何度となく紹介しているフリーソフトです。どちらも無料なのにとても優秀なソフトです GIMPはフォトショップという超有名ソフトの無料版みたいなもので使いこなすにはある程度の勉強が必要です! 今回は初歩的な操作方法は割愛します。 私が外観パースのレンダリング後にGIMPで行う作業は以下の通り パースのレイヤーを2枚複製して [続きを読む]
  • 手広くやると必ず失敗する
  • なぜ工務店は企画住宅に手を出したがるのか。なぜローコストメーカーが突如デザインも売りにするのか。 一目置かれる工務店は誰が見てもその会社の【売り】がハッキリと分かる。軸がブレていない。手広く営業展開していない。 アメリカの航空会社、サウスウエスト航空は競争が厳しい航空業界で成功した良い例だ。 1970年代前半、大手航空会社が路線を拡大する中、サウスウエスト航空はあえて2都市間のみを単純に繋ぐ路線に徹底し [続きを読む]
  • 【アーキトレンドお悩み解決コーナー】(2)
  • 続々とお悩みメッセージ頂いております順番に記事にしていきますので少々お時間いただきます では今回のお悩みは「具体的な光源の配置を知りたい。GIMPやPixlrを使ったレタッチ方法を教えてほしい。」です! 光源配置はパース作成においてとても重要なファクターです 特に内観パースは「アンビエント・オクルージョン+点光源配置」で1ランク上のパースが作れます。 照明器具の光源を使ってもいいのですが私の場合は夜間パース [続きを読む]
  • 「思い通りの家」がダメな理由
  • 「思っていたとおりの家が完成して大満足です!」 住宅完成後のお客さんがよく口にする言葉。 これは一見、誉め言葉のように聞こえますが本当にそうでしょうか?? 最近こんなことがありました。 私の友人(30代前半)が家を建てることとなり地元で有名なローコストメーカーで話を進めてました。先日その友人から図面を見せてもらったのですが・・・ ざっくりこんな間取りでした。 今のご時世にこんな完全に独立した和室を計画 [続きを読む]
  • 【裏技】アーキトレンドでパノラマ内観パース作成
  • アーキトレンドZEROではパノラマパースを作ることができます。 レンダリングの際に「パノラマ画像」チェックを入れるだけです。レンダリングが終わると「.pnr」という形式で保存することになります。 これは画像ファイルではなくアーキボックスでのみ再生できる特別な形式です。よって何かと使い勝手悪いわけです・・・ しかし あることをするだけで簡単に画像ファイルとして保存することができるんです それは レンダリング終了 [続きを読む]
  • 【アーキトレンドお悩み解決コーナー】(1)
  • 新しく始まりました 皆さんから頂いたアーキトレンドZEROに関する質問やお悩み(パース以外のことはお近くの福井コンピュータさんまで)について無償で回答していく超優良コンテンツです では記念すべき第一回目のお悩みは「壁のモザイクタイルがのっぺりして立体的に見えない。」です。 おそらく内観パースでしょうか。基本的にアーキの素材データ(テクスチャ)は平面データで立体データではありません。しかし「属性変更」→ [続きを読む]
  • 効果絶大♪外壁塗装シミュレーション
  • コンストナーではCGパース作成以外にも外壁塗装工事のシミュレーション画像も作成しております 犬小屋からマンションなどの大規模建物まで 木造住宅であれば6,000〜から作成しております ご依頼は超簡単 ①スマホで建物の写真を撮影する②写真をLINEやメールでコンストナーへ送信③あとは塗装範囲と色を指示して終了 最短翌日にはシミュレーション画像をお届けします 塗装業者さんからは「営業がやりやすくなった!」「成約率が [続きを読む]
  • 「押印」はもう廃止にしてくれ
  • 確認申請に添付する設計図書には設計者の記名・押印が必要。 たしか10年前くらいの建築基準法改正から この無駄な作業が増えました。 姉歯大先生が耐震偽装問題を引き起こして国は建築士の責任を明確したかったわけですね。 とはいえさすがお役所的な安易な考えでこの記名・押印で建築士による不正が減ることはなく、ただただ建築士の手間が増えただけでした。 私は大手ハウスメーカーの建築確認申請を代行したこともあります [続きを読む]
  • 外観パースの解説
  • 天空光外観:90天空状態:晴れ 品質:8 外観パースを作成するときは大体この設定値です。さらにダミー点光源をGL+7000くらいの位置に3ヶ所程度配置してます。そうすることで陰影がハッキリします。 車はスケッチアップからダウンロードしたBMWのX5スケッチアップでは3MB程度のデータを探しましょう。 P-styleも使いましたが窓ガラスと植栽程度ですね。 こちらも天空光基本設定値は同じです。最初のパースでも使ってますが「庭 [続きを読む]
  • 重要なのは契約数よりも契約率
  • 先日作成した内観パース。どうしても壁や床などの木目の節が規則的に並んでしまうのが気になって仕方ないです・・・かと言ってこれをランダムにするのはかなりの手間です。まあ妥協しましょう こちらのパースでご提案したお客様とは間もなく契約です。最近は見積り・プレゼンしたお客様が実際に契約に至る確率が90%くらいにまで上がってきています。無駄な見積もりやプラン作成がなくなると仕事や経営の効率が格段に良くなること [続きを読む]
  • アーキトレンドZERO ver.5を試してみた(3)
  • ver.5に不具合があったのか更新ファイルが公開されています。 パーススタジオの動作などかなり重くってなってましたからね・・・これで改善されれば良いのですが。 アーキトレンド・リフォームパレットなるものが新発売されました。(リフォームエディションはどうなった・・・) この動画を見た第一印象としては 「使いこなせる人はほとんどいないな…」です。 パーススタジオですら多くのユーザーさんが使いこなせずアーキを [続きを読む]
  • 恐るべし、インスタの広告力
  • フェイスブックやインスタなどSNSを使った広告戦略がとても有効であることは今までも何度か書いてきました。 私の住宅会社もインスタを始めて2年以上になるのですがつい先日フォロワー数は3000を超え、今でも毎日10人前後フォロワーが増えています。 こちらから先にフォローするようなことはほとんどしていないので自然増加しているとても良い状況です 地方工務店で3000overはかなり多いフォロワー数で他の同業者さんを見ても100 [続きを読む]
  • アーキトレンドZERO ver.5を試してみた(2)
  • 3Dカタログ.comがとにかく重くなりましたね・・・前々からアクセス集中が原因なのか昼間は多少動作が鈍かったりしたのですが今はほんと使い物にならないくらい重いです 以前のバーチャルハウス.comからサービスを有料化したのですからその辺はしっかりしてくれないとユーザーは納得いかないでしょう 他にも素材データのテクスチャ設定値がちょっとおかしいのが多いですね。例えばフローリング素材データなのに反射数値が強烈だっ [続きを読む]
  • アーキトレンドZERO ver.5を試してみた(1)
  • 先日発売されたアーキトレンドZEROの最新バージョン。以前は最新版が出るたびに宅急便でソフトが送られて来たのですが今はダウンロードして自分でインストールするのですね。 昨日まで宅急便で送られてくるのを待ってました 最新版への更新は簡単で15分くらいで終わりました。 今回のバージョンアップで一番気になっていた64bitの対応。インストールするとARCHITREND ZERO Ver5 (64)と分かりやすく表示されています32bitの今ま [続きを読む]
  • CGパースを外注する理由
  • 最近作成した内観パース。2つのテイストは大きく違いますがどちらも良い感じです アーキトレンドは自然素材系住宅の表現がちょっと難しいんですよね・・・ 3Dカタログにも無垢建材のデータがけっこうありますがそれらを使って単純にパース作成しただけではなかなか雰囲気のあるパースに仕上がりません 私はダウンロードしたデータをそのまま使うことは稀でその都度テクスチャを編集しております。これがけっこう大変で・・・ [続きを読む]
  • 「限定」に弱い私たち
  • バーバリー、売れ残り商品42億円相当を焼却処分 ブランド保護対策でこのニュースから分かること。希少な物には価値があるということ。 金(ゴールド)は世界に埋蔵量が決まっているからこそ価値がある。ドル(通貨)を大量に発行すれば1ドルの価値は低くなり、逆に発行量を減らせば1ドルの価値は高くなる。 数が少ないというだけでその物の価値が上がるなんてとても馬鹿げていると思うけどこの「希少性の価値」は強力です。 「 [続きを読む]
  • ○○の窓口で気を付けること
  • かなり久しぶりに連ドラを第一話から見ました。ハゲタカです! たぶん・・・JIN-仁- 以来です(笑) ハゲタカの原作は知りませんがタイトル通りにいわゆるハゲタカファンドを題材にした爽快人情派ドラマってとこでしょうか。これ系は是非ともTBSで作ってほしかったですね。 とはいえ経済用語を少なくとても見やすいドラマです。 以前映画館で観た「マネー・ショート」とは大違いです(笑) 話は変わりまして、ここからが本題です! [続きを読む]
  • アーキトレンドZERO Ver.5 7月18日発売
  • 1年に1度バージョンアップするアーキトレンド。 毎年毎年そんなにバージョンアップするネタがあるのかな・・・と余計な心配をしながらも内容を見てみました。 バージョンアップ概要 今回は見積もり業務とプランニングに重点を置いたようですね。ん〜、いまいちピンとこないですが・・・ ん? おお!? なんと!!! システムを64Bitに対応との一文が!!!! そうなんです・・・アーキトレンドって32Bitのソフトなんですよね・ [続きを読む]
  • 内観パースで外とのつながりを表現
  • リノベ提案用内観パース。 天井のテクスチャはプレイリーホームズのラフウッドパネル。なかなか良い感じです実物の見え方にかなり近いですね。有料の3Dカタログに登録することで使えます。以前は無料だったのですが、Francfrancなどが追加されたことでインテリアの幅が大きく広がりましたあとは照明器具のメーカーがもっと増えると嬉しいんですけどね3Dカタログがもっと充実することを願います 今回のパースような窓を開けてバル [続きを読む]
  • 家電屋から家を買わない心理
  • こんな記事がありました。ヤマダ電機「業績低迷」の理由と、新戦略の落とし穴当初は結構期待されいたんですよね住宅の省エネ化にとっては切っても切れない関係の「家電」を武器に大手量販店のヤマダ電機が住宅業界に参入してきた、と。 家具メーカーやインテリアショップが住宅業界で成功している事例はよく見かけます。「このソファーはリビングに合いますかねえ?」「どしてもこのテーブルを使いたいんです!」住宅会社がこの [続きを読む]
  • リノベこそ内観パース♪
  • マンションリノベーション提案用に作成したパースです。 普段の設計業務は専ら木造住宅ばかりなのですが久々のマンションリノベは新鮮で楽しかったです そして先日工事も無事に完了し自分で竣工写真を撮ってきましたほぼパースのイメージ通りに仕上がりました!TRUCKのFKソファも高いだけあってなかなかの座り心地 マンションなどの内装を主としたリフォーム工事は内観パース2、3枚あるだけで業務効率が圧倒的に改善されます。 [続きを読む]
  • 増税?大丈夫。そんなことすぐ忘れるから
  • さて、いよいよ消費増税にむけて住宅市場もそわそわしてまいりました。 数千万円の住宅に2%の増税は痛いですよね。 でもそれ以外、例えば日用品、食料品などの2%増税ってそこまで生活に影響があるのでしょうか??たしかに増税開始後しばらくはストレスに感じるかもしれません。自販機の缶ジュースが140円になったりと・・・ でも 1年も経過したらみんなそんなこと忘れてしまうでしょ? スーパーで買い物する度に店員「 [続きを読む]
  • 白い空間は難しい
  • 光源タイプ:アンビエント・オクルージョン品質:3環境:晴れ明るさ:0コントラスト:0ダミー点光源:8 普段あまり作らないテイストの内観パース。白が多い空間は案外難しいです・・・点光源の位置や設定が重要ですね [続きを読む]
  • 面倒くさいことが楽しくなる方法
  • ウッドデッキは腐れやすい。メンテをしなければ10年ももたないことはざらです。 なので今では耐久性を考慮した樹脂のウッド風デッキも人気です。 ウッドフェンスもそう。木目調の樹脂フェンスをよく見かけます。 しかし、塗り壁風、木目調と呼ばれるようななんちゃって建材が嫌いな人は私だけではないでしょう それでもお客さんは出来る限りメンテナンスが少なく耐久性の高い材料を使いたい。それは当然の考えだと思います。わざ [続きを読む]