さしし さん プロフィール

  •  
さししさん: とある浜松アングラーの一生
ハンドル名さしし さん
ブログタイトルとある浜松アングラーの一生
ブログURLhttps://hama-angler.com/
サイト紹介文ソルトルアーを主とした釣行記、雑文やニュースなどを更新中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/02/13 01:12

さしし さんのブログ記事

  • 「これなんて魚?」の疑問をなくすスマホアプリ達
  • 「この魚なんていうんですか?」「食べられるんすか?」と、釣り場で聞かれることは多い。それに答えるため、昔は釣った魚を図鑑なりで調べ、自ら学ぶ必要がありました。今は写真をSNSに投稿して、知識人を待つ方法もあるし、便利ですね(他力本願)。 スマホアプリには、カメラ機能を利用して、魚種を教えてくれる物もあります。8月13日にリリースされた「LINNÉ LENS」は、カメラ越しに見るだけで魚種を教えてくれる優れもの。 [続きを読む]
  • 「今何が釣れる?」を釣具ランキングから察する方法
  • 釣行前は「今何が釣れるの?」がどーしても気になる。地元民なり釣具店など、人に聞くのが一番手っ取り早いし、最新が手に入るメリットがある。人脈やコネは、情報を与えてもらうに便利ですね(ゲス顔)。 でもそれがなければ不利なのか? ……というわけでもない。ECサイトの販売ランキングは、旬のトレンドを知る格好のデータなんです。目次釣れる魚が変化することで売れる商品も変化する販売ランキングから察する「今釣れる [続きを読む]
  • 3000円と意識改革で猛暑のアウトドアに挑む方法
  • 気象庁が「これもう災害だよね(諦め)」と認める平成最後の夏。気温が体温より高いのは当たり前。熱中症で搬送された患者数は、特に多かった過去例の1年間より数倍に達した(7月の1ヶ月間で)。「なるべく外に出ないように」と無茶をいうが、アウトドアができない夏も嫌だ。 魚釣りやトレッキングなど、「この時期しか!」──てのもある。恐々しつつこれからはじめたい人、今年の夏は特にヤバイと感じている人向けに、安価かつ意 [続きを読む]
  • トップでタイを釣りたい願望を叶えたメンin奥浜名湖
  • ──7/26日のこと。 東から西へ移動する台風が近づいているので、常識は破るためにあると地球は教えてくれました。何も起きなかった前回を教訓に、新しいルアーをひっさげて俺参上。釣れそうなルアー1個あれば十分じゃろ?目次選んだのはペンシルベイトでしたひたすら犬の散歩をするマン「これでも出るんだ」と確信を得たところでもっとチョロい場所を探しにいく選んだのはペンシルベイトでした今回のポイントは、少々のトレッキン [続きを読む]
  • 近くでできるチョロい釣りを模索している
  • 夜ジョグすると車のライトが眩しいので、日中ジョグに切り替えた結果──海辺に無数のクロダイが見えることに気づく。 夏の浜名湖ではよくあることだけど、「見える魚はなんとやら」で、意識して狙ったことはなかった。エサ釣り師を悩ませる老獪たちを、「ルアーならチョロく釣ることはできないか?」と考え、試行していました。目次クロダイのトップ狙いはどのくらいの水深で成立するのだろうか日本がもっとも暑くなった前日のこ [続きを読む]
  • デキる男になる朝活と釣りは相性がいい?
  • 有名企業のトップは、たいてい早起きして、何かしています(雑な導入)。それに習い、ただ早起きするだけは意味がありません。脳がクリアな状態を、いかに有効利用するかが「デキる人」との分かれ目。特に「仕事をはじめるためのウォーミングアップ」に利用する方が多いですね。 魚釣りのため、出社前に早起きしている人もいるかと思います。その理由は「釣れやすいから」、が多いでしょう。どうせなら釣りをしている時間を、自己 [続きを読む]
  • 浜名湖でやるタコ釣りと3つのコツ
  • 浜名湖でメジャーのタコ釣りの盛期は、梅雨入り前から夏のはじまりくらいまで。最盛期が7月辺りで、「5〜8月」が狙いどころです。 浜名湖の中域くらいまでは満遍なく生息しているので、ボートのほうが有利ですけど、陸っぱりで手早く狙えてオイシイのが人気の秘密。最近はテンヤより「タコエギ」が主流になりましたが、どちらも一長一短。要点を絞って「3つのコツ」をまとめてみました。目次まずはタコさんの生態を知るべし「砂底 [続きを読む]
  • 生活に役立つ「ロープの結び方」を学ぶメリット
  • 釣りの仕掛けを作るうえで、糸を結ぶ(ノット)作業は多い。それは釣りでこそ役立つが、生活をするうえで活用することはあまりない。──受験勉強の意義くらいに。 逆に生活で使うであろうノットは、釣りにも役立つことがある。荷物を括る時や船の係留など、不意に役立つのは「興味本位で覚えたこと」だったりする。目次ロープの結び方は3Dで見ながら実践するほうが覚えやすい書籍やウェブでまったりと覚える「もやい」と「万力」 [続きを読む]
  • アンリパのエフリードだけで釣るサーフヒラメ
  • サーフヒラメ向けのルアーは数多い。けれど、「単シリーズ物だけで全て完結する」のは少ない。てかほぼ無い。そんな中でも、「Angler’s Republic(アンリパ)」の「F-LEAD(エフリード)シリーズ」は、現在6種類ほど。用途が豊富で、浅瀬から深場まで満遍なく使える物が揃っている。 そのおかげで、季節ごととレンジ攻略の説明がしやすいので、まとめてみた。目次エフリードシリーズの大雑把な使い道マヅメを効率よく攻める「エ [続きを読む]
  • 「手を汚さずサビキ釣りしたい!」を叶えるアイテム
  • 魚が嫌われる理由に、「臭い」があります。簡単でメチャ釣れるし人気なのは「サビキ」。釣れるってことはそれだけ触れるわけで、メチャ臭くなりやすい釣りなのです。 サビキの盛期は初夏頃。誰かを誘い、「魚を釣るのはチョロイ(建前:これで釣りを好きになってもらいたい)」と沼に呼ぶのは簡単ですが、嫌う理由を遮断することまで考えないのは、ダメな誘い方だと思います。なるべく手を汚さずにサビキ釣りをする方法だってある [続きを読む]
  • 病床の暇つぶしに役立ったシャニマスとAmazonプライム
  • GW後に軽い肺炎になり、数日間「寝るしかない」状況になった。タイミングと症状的に「麻疹でアサシン」される可能性もあったけど、浜松市で発症二例目にならなくてよかったと安心する。満身創痍だけど。 息苦しくてしんどい状況でも、その時間を「暇」に感じてしまったバカな私は、次の眠気までを繋ぐなにかを欲していた。……こうして書き起こすと、やっぱりバカだな(呆)。目次えぇっ!?Amazonプライムに入ってたのかい?そん [続きを読む]
  • 【観光客向け】えんばい朝市の攻略法を考えてみた
  • 「舞阪漁港えんばい朝市」の開催時間は午前7〜10時まで。メインである「生しらす販売」と「鮮魚販売」を確実に手にしたいなら、早めに並ぶ必要がある。ただ見て周るだけなら、20分もかからないです(辛辣)。 そういう実態は、体験者の話を探ればでてきます。チラシを見て「よし行ってみるか!」と行動した人ほど、リピートはしないんじゃないかと思う。そんなわけで割り切った攻略法を考えてみました。目次到着時間帯別で考える [続きを読む]
  • 御前崎でイセエビを密漁して逮捕されたバカが多いらしい
  • 少し前に新島であったイセエビの密漁は記憶に新しい。……が、今回は御前崎市の海が舞台。わざわざ「バカ」と強い言葉を使うのも理由がある。逮捕されたのは新島も今回も、愛知県が多いから。 静岡は許可無しでは全域ダメだけど、愛知の海域は禁止されてない所もあるんだよなぁ……。目次今年になって9人摘発!御前崎の海でイセエビ密漁が相次ぐ禁止されてない愛知から遠征してくるのには理由がある「自分で楽しむためだった」の [続きを読む]
  • 浜松まつりに思い出を探しにいってみた
  • 「浜松まつり」の思い出は、屋台でひよこが売っていたこと。買ったわけでもなく、特別な思い入れがあるわけでもないが……各地の祭りで屋台を見かけるたびに思い出す。トラウマかな? 現在だと「なんでひよこを売る必要があるんですか?」と、もっともな意見が連ねるでしょう。縁日=ひよこは昭和メンならではの感覚かもしれない。というわけで、ひよこはまだ売っているだろうかを確認しにいってみた。目次平成最後の浜松まつり浜 [続きを読む]
  • 蒲郡市までウェーディングできそうな所を探しにいってみた
  • ちょいと遠方で釣りをしたい時、駿河湾方面を選ぶことが多い。焼津だと家から約80km、夜間にバイパス使えば片道1時間半ほど。浜名湖でやるより遠いけど、浜松で釣れない魚もいる魅力がある。難点は変わりにくい車窓と、夜間で新ポイントを開拓しにくい海岸事情。 「じゃあ同じ距離と時間で西に行ってみると──?」それがちょうど「蒲郡市」なんです。目次懐かしや蒲郡の町並み潮干狩り場がある三谷海岸あたり港を渡るブリッジがか [続きを読む]
  • 【GW】浜松市の観光と渋滞回避テクなどのまとめ
  • 春の大型連休であるGW期間中の5月3〜5日、浜松市中心部では「浜松まつり」が開催されます。GWの観光客動員数(単イベント)で、全国TOP10の常連だったりします。海のレジャーも加わるため、年間で最も賑わうタイミングが、GW中かな。 この期間を選んで浜松に遊びに来る方々を、不便な交通機関とクソ渋滞から守るのも、リアルを知る地域住民の役目。そんなわけで「浜松まつり開催中の観光スポット移動」などについて、数記事書いた [続きを読む]
  • ノリでサーバー移転したらとんでもない手間になった話
  • 無計画の引っ越しは、依頼主も業者も不幸になるって、ハッキリわかったんだね。 もともと移転はするつもりだったので、それなりの準備はしていたけど、予想以上に「アレもダメ、コレもダメ」が続々産まれだし、収拾がつくまで1日を要しました。WordPressでサーバー移転をする人向けに、「こんな準備したほうがいいよ」──てな備忘録を。大型連休? 何それおいしいの? 目次WordPressでサーバー移転する際の手順移転するサーバ [続きを読む]
  • 中古で選ぶ堤防ヘチ釣り向けロッド【流用編】
  • 水深がある堤防のヘチ(縁際)は、意外と見落とされる良ポイント。そこを狙いやすいロッドは発売されているものの、「◯専用」と限定するより、”ヘチ釣りに向いているロッド”を選ぶほうが賢いし、種類も多くなる。 そういうロッドは中古で探すと、安くてお宝もあります。主観にはなりますが、見極めるポイントをまとめてみました。 目次ヘチ釣りに向いているロッドの条件向いている調子は? オモリ負荷は?長さを選ぶならせい [続きを読む]
  • 釣り人だけにヤバイほどわかりやすいマーケティングの本がある
  • 「営業不要のフィッシングマーケティング」……という書籍があります。マーケティングの専門書は数多くありますが、専門用語を並べられると、おいそれと理解できるものでもありません。 この本は手法を魚釣りのメソッドに例えているので、釣り人にはヤバイほど理解しやすいと思います。なによりも、(いい意味で)なぜか笑えてくる。 目次元日本代表釣り師の「営業不要のフィッシングマーケティング」魚釣りになぞる文体がおもし [続きを読む]
  • 魚介系ドメイン「fish」の存在を広めたい
  • 「魚釣りに関するドメインがあれば、釣りブログも有利になるのでは?」いやいや無いだろう、でも一応探し……あるやん(驚き)。 というわけで、「魚介関連のサイト」を立ち上げる予定があるなら、「fish」ドメインを使うといいことがあるよ? って話を少々。 目次ウェブサイトでドメインが重要な理由魚に関するドメインなら、サイキョーの釣りブログが作れるのでは?「fishドメイン」を利用している大田市場のHPドメインを頼む [続きを読む]
  • 喜怒哀楽が染み込んだポイントで学ぶin焼津
  • やる気と天気が一致した月曜日。せっかくだからと釣りにでかけ、なんだかんだでマンネリ化している場所へと赴く。港は広いようで、釣りができる所は狭いのだ。 潮が動き出すまで時間があったから、コンビニのPでデレステPをやってました。 目次暖かくなってきたから釣りのリハビリに焼津の倒し方? 俺は知らない日付が変わる頃にやる釣りの盲点暖かくなってきたから釣りのリハビリに 「釣りにでかけたのはいつ以来だろう」、ふ [続きを読む]
  • 在来種説が浮上したライギョをもっと知りたい
  • トップにガボッとくるライギョは、淡水ゲームの人気者。近年、「江戸時代の文献に載ってたから在来種!」という研究結果があったらしく、それはまことか? と思ったので、詳しく調べようとしたのであった。 生物学を通してのライギョを知る釣り人は、それほど多くないんじゃないかなって。 目次ライギョさんを知る釣りで人気のカムルチー入国記録では古めのタイワンドジョウ中国では七星魚と呼ばれるコウタイライギョブラザーズ [続きを読む]
  • ラインに投資したほうがいい理由
  • 釣具にカネをかけるなら「ロッド」と「ライン」がいいよ! ──のライン編。ナイロンorフロロを使うハリス(ショックリーダー)での話が主になります。 ラインにも高価に分類される製品はあるけど、ロッドほど差があるわけじゃない。各メーカーごとに”ウリ”も違い、強度やしなやかさ、キャストフィールに耐久力などなど、こちらのほうが選ぶのに困る要素が多いです。個人の意見がモロに分かれるのがラインでしょうね。 しいて [続きを読む]
  • カネをかけるならロッドにしたほうがいい理由
  • 魚1匹を釣りあげるために、アングラーが用意すべき釣具は多い。誰もが迷う組み合わせの中で、「最も重要」を考えると、2択に絞られます。それは「ロッド」と「ライン」です。 まずはロッドの話から──。 目次ロッドに投資したほうがいい理由折れにくいロッドはあるが折れないロッドはないメーカーを信頼するか意見を信頼するかロッドに投資する基準高価になるほど下手は軽いウェイトが投げにくくなる自分の主戦場に合わせたロッ [続きを読む]
  • 西の高級に肉薄する東の標準「18フリームスとカルディア」
  • ダイワの標準リールが、「誤植かな?」と疑うレベルで軽量化されている件。60周年で提唱されたLTコンセプト(LIGHT TOUGH)、その始まりである18イグジストは、元から高級リールのため、その凄さが今ひとつ伝わりにくかった。 前モデルとの軽さの違いがわかりやすいのが、「18フリームス」と「18カルディア」。数字だけなら西の高級リールに肉薄する、ちょっとよくわからない標準リールです。 目次前モデルより約60g以上軽くなっ [続きを読む]