ここん さん プロフィール

  •  
ここんさん: ここんのぶらり温泉紀行ブログ
ハンドル名ここん さん
ブログタイトルここんのぶらり温泉紀行ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokontouzai-onsenzanmai/
サイト紹介文筆者がこだわって訪問した温泉旅行記!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供716回 / 365日(平均13.7回/週) - 参加 2012/02/13 17:23

ここん さんのブログ記事

  • こってり成分がガチすぎる 有馬温泉 上大坊
  • ガチ湯とは、ここんの私的に印象が強い湯。温泉マニアの方に、ここは行ってみてほしいところでもあります。 関西の奥座敷と言われる有馬温泉。太閤秀吉が入浴したと記録もされています。秀吉さん、箱根でも入ってらっしゃいましたね。 大阪に住んでいたんですが、有馬温泉ってあまり来ませんでしたね。高いというイメージもあったし。あと、大学の同期旅行で宿泊したくらいかな?こちらは循環で加水でしたが…。伝統と格式ある有馬 [続きを読む]
  • 血より濃い朱!ガチな鉄分 湯の網鉱泉 茨城県北茨城市
  • ガチ湯とは、ここんの私的に印象が強い湯。個人的には、温泉好きの方に、ここは行ってみてほしいところでもあります。 昔は、沸かし湯なんて温泉じゃないよ。循環も多いし!とか自然のままが一番だよ!と考えていましたが、それを少し改めさせられた湯の網鉱泉!! 北茨城からいわき周辺は、かつて鉱山で栄えた土地だ。現在の日本では鉱物を採掘するコストより、海外から輸入した方が安上がりだ。国内の炭鉱閉山することで、地方の [続きを読む]
  • つげ義春の観たガチな空間 北温泉 栃木県那須町
  • ガチ湯とは、ここんの私的に印象が強い湯。今回は、温泉マニアの方に、ここは行ってみてほしいところでもあります。 昭和40年代、漫画家つげ義春氏が、日本の鄙びた温泉地を訪れ、作品の舞台になっている。残念ながら、まだ未読なんですけど…。時代は半世紀流れ、彼が訪れた地も変化している。それでも、当時の面影が多く残っている温泉の1つが北温泉でしょう。ここんが初めて、北温泉に訪れたのは平成なので、間違っていたら申 [続きを読む]
  • 怒涛の投入量はガチ! 妙見温泉 秀水湯
  • ガチ湯とは、ここんの私的に印象が強い湯。今回は、温泉マニアの方に、ここは行ってみてほしいところでもあります。 鹿児島空港から車から10分くらいで、来れる安楽・妙見温泉は、効能があり、湧出量の多く、各温泉施設はほぼ自家源泉でレベルの高いものが多い。その中で、ガチ湯として認識したのは、やはり、新鮮で贅沢な湯の使い方をしてるのが秀水湯だ。 昭和感のある雰囲気は、昭和生まれにはうれしさが込み上げる。 良心的な [続きを読む]
  • 今日はカスピ海ヨーグルトの日
  • カスピ海ヨーグルト、食べたことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう カスピ海ヨーグルトの定義は?カスピ海付近でつくられたの?旧ソ連に行ったことないわ。○○コンビナートとか、5か年計画とか、ソフホーズとかコルホーズとか、現代では無意味な知識になってしまったな。ゴルバチョフは歴史に名を遺したな。 [続きを読む]
  • 青根温泉 不忘閣 〜考察〜 宮城県川崎町
  • 温泉レポネタが付きましたので、書きそびれたレポを!今年9月に訪湯した不忘閣の考察を!いつも称賛している不忘閣ですが、今回は少し辛目に! 不忘閣に宿泊するときに注意点としては、部屋ですね。高台にある不忘庵と、ロビーに近い西別館高台にある不忘庵の部屋は間取りもあって、眺めもいい部屋も多いのですが、浴室のすべてが1階にあるため、長い階段の昇降が大変です。ロビーに近い西別館の4つの部屋はリニューアルも終わって [続きを読む]
  • 気になるゾンビランドサガの結末…。
  • これまで12話中、7話まで放送済。7話はアイドルアニメとしては最終話にしてもいい出来だったと思います。終盤のライブシーンは演出してもすばらしい。劇中のサガロックフェスティバルはフジロックフェスティバルから、なんだろうかな?ここんも、フジロックは2回ほど行ったことがあります。アニメの観客と同様に、フジロックで、ここんをノリノリさせてくれた曲「PARANOIA」。アーティスト:EGO-WRAPPIN’名曲ぞろいのアルバム「満 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜まとめ〜 福島県南会津町
  • いつもは、考察と銘を売って宿泊ブログを書いてますが、今回は考察というよりまとめになりますね。温泉旅行が本格的な趣味になったころ、足元湧出という言葉を知るようになった。木賊温泉の存在を知ったのも「足元湧出」キーワードから…。木賊温泉へ行くには、公共交通にはとても難しかった。この時、運転免許を持っていなかったので、免許を持っている友人の都合の配慮する必要があったり…。当時も、週末休日の井筒屋は予約で埋 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜夕食編②〜 福島県南会津町
  • 夕食の続き 煮しめ。煮しめは味の濃いものが多いが、井筒屋さんの丁度良い。 陶板焼きは、合鴨と自家生産野菜 秋ならではの味覚!きのこ汁。 大きな岩魚の塩焼き。添え物のさるなしもおいしい 冬だと鹿汁か、熊汁なのですが、この時期はキノコ汁 そばもち。これも定番メニューの1つだけど、かつて、違うものが出たこともあったな。 冷やしそば 井筒屋名物「きのこの炊き込みご飯」これで一人前。食べきれないw 岩魚骨のすまし汁 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜夕食編①〜 福島県南会津町
  • 木賊温泉の食事は基本、部屋食になります。夕食は18;00から 食前酒今回は花梨酒だったと思う…。 赤カブの浅漬け。この辺の名物で。井筒屋さんの自家製。秘湯守る会の招待で宿泊した時、サービスでお土産にもらったとこがある。酸っぱいのが好きなので好物。 蕗の薹の酢の物春に取れた蕗の薹。雪深い里の保存食 おろしきのこご主人が山で採ってきた茸。秋に頂ける一品だ アケビのワイン煮アケビのほろ苦さと甘さが絶妙。 山菜のお [続きを読む]
  • 手白澤温泉ヒュッテ 〜考察〜 栃木県日光市
  • 今年6月訪れた手白澤温泉の考察を今さらながら…。実は、一度書いたのだけど、PCがビジーのせいか?ネットのアクセスが異常に重かったせいでアップできなかったんですよ。時間をかけてつらつらと書いていたのに、それが徒労となったときの虚無感。長い文章の時はこまめに下書き保存が大切ですね。5カ月くらいたったので、その時、書いたことはイレイスされましたので、より記憶にのこっていることを書きたいと思います。タイトル「 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜浴槽編②〜 福島県南会津町
  • 井筒屋の浴室といえば、やはり、こちら!扉の木が真新しいのは、先日の台風で扉が流されたので、新調されました。 台風が来る前は、湧出力が落ちて入れなかったが、台風の影響で西根川の水位が上がったので入浴可に!足元自噴は自然環境に影響を受けやすい。震災後は、まったく入れない時期があったが少しづつ回復はしている模様。 貸切だったので、扉を開けさせてもらった。木枠を額に見立てた色彩画のようだ 湯に浸かりながら、 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜浴槽編①〜 福島県南会津町
  • 井筒屋さんの浴室は2つ。女湯と足元自噴の男湯。足元自噴の湯は、19:30〜21:00は女性専用時間になります。 通常の女湯はこちら。この日は貸切だったので、どの浴室に入っても良いということで、こちらにも入らせてもらった。上記の時間は、こちらが男湯になるのですが、日の明るい時間に入ることは難しい。ここんが泊まった「かえでの間」部屋の真下になるので、見頃だった紅葉みながらの入浴が出来ました。 足元自噴の男湯が入 [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 福島県南会津町
  • 木賊温泉、井筒屋平成11年のGWに初めて宿泊して、通算40泊目。間違いなく、一番お世話になっている宿。メモリアルに相応しく、今回は初めて、一人貸切宿泊となった。井筒屋さんは人気がある。平日宿泊でも、いつもならだれか宿泊している。それにミノムシさんと一緒に来る場合も多いしね。一人宿泊ができそうな冬場の平日はあまりこないけど…。ここんも冬場の雪道を一人でくるの怖いし…。特に人気の紅葉シーズンに一人って想像し [続きを読む]