こまめどんちゃん さん プロフィール

  •  
こまめどんちゃんさん: しかたない、がんばろう!
ハンドル名こまめどんちゃん さん
ブログタイトルしかたない、がんばろう!
ブログURLhttps://ameblo.jp/6906-0805all-isdsck
サイト紹介文急性リンパ性白血病で非血縁者間造血幹細胞移植後、'14年で5歳になる(元)看護師の歩みです。
自由文2008年春、急性リンパ性白血病になった。
38才独身、看護師18年目。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までの振り返りながら記していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/02/13 23:57

こまめどんちゃん さんのブログ記事

  • 看護師ムリなら薬剤師さんだ
  • 当院化学療法認定看護師のタンパクさに様々な想いが巡り、悲しかったりムカッと来たりパワー吸い取られたりしていますが、当院にはがん薬物療法認定薬剤師さんが2名いる様で、ちょっとずつコミュニケーションが進んでいる感じで気持ちが上向いて来ています認定薬剤師さんは毎回患者さんと面談をしており、私一人アクション起こしている今までの此処にはない生活(人生)支援を目指したちょっとした看護記録、見て頂いているのかなと [続きを読む]
  • さんかくしかくマルク
  • 私にとって息苦しいタンパク過ぎる当院ケモ認定看護師兼主任兼処置室リーダーに、この件(一つ前のブログ記事のこと)を伝えたら逆ギレされました残念なこととして、看護師として何が出来るか、医師に何を進言できるか、と言う目線で受けとめるのではなく、「マルクは痛いものですよね」と、私が文句を言っているように反応されました。痛いもんは痛いんだからしょうがねぇじゃん まる…みたいな血液内科病棟に長く居たらしいけれど、 [続きを読む]
  • まるくまるくマルク
  • 当院でのマルク(骨髄穿刺;腸骨より)を見学した。自分のマルクは見たことはないが、化学療法の病院で長年血液内科のトップを務められた世界的な先生が「マルクの心得」なるものをご執筆されていて、「痛くないマルク」の心がけがあった転院した移植病院でも配慮があった(私が痛がりだと言いまくったこともあると思うが)復職して、骨髄移植に力を入れていると言う某病院でのマルク介助は数回経験し、乱暴な手技だと感じた医師も [続きを読む]
  • こまめウイッグ
  • 現在の職場の環境にて、先日、私にとってこの施設では初めての、乳がん術後化学療法の患者さんにお会いしました。 レジメンは、スタンダードであるAC療法(ドキソルビシン+エンドキサン)。1/3週 ×4コースの後、この方は1/週×12週 パクリタキセル(+ハーセプチン)の予定の様です。 脱毛は既に始まっていて、それは短いとは言えない期間です。 ほんのちょっとでも明るい見通しが得られる様なサポートができたらいいなといつも思っています 昔と違っ [続きを読む]
  • 患者さんは医療者が食うためにいるのではない
  • 押川勝太郎先生のお勉強会に1年以上振りに参加しました。 https://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-12313998248.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----miyazakigkkb_12313998248患者さんやご家族の方々お話をお伺いして、外来で埋められない多くのものがある事実を具体的に再確認しました。日常の些細な問題こそ大切にし、些細な問題ほどスピーディーに解決したいと思って看護師をやって来ましたそれは対話を生めるし、 [続きを読む]
  • 2017年残り100日の運勢〜大吉有難うございます!〜
  • 大吉有難いです 今の私の願い事ってなんだろう。 身近な所ではやっぱりお仕事 当院の化学療法認定看護師のずさんさを更に知る機会が重なりもう少し若いと思っていたらどうやら40代いってたようで、もう変わりようがないよな〜と気分が… コノ人がキチンと…今より少しでも…患者さんとご家族の全体像,生活,QOLを意識して看護を展開するという、認定看護師としての責務を果たす意識を持ってくれたら、私も非常に救われる 師長さんは [続きを読む]
  • 私の血液データ
  • かなり久し振りに身体の状態を記します。 お陰様で’08年5月確定診断、化学療法6クール後、’09年1月に非血縁者間造血幹細胞移植(DR一座不一致)後、今を迎えておりますありがとうございます 移植後6年の’15年より、移植主治医の受診は年1回にしました。血液検査・胸部レントゲン・肺機能検査があります。(主治医的には半年毎がよかったご様子でしたが…) ’13年冬にいきなり高血圧症になり、近所の心臓外科あがりの内科医に定 [続きを読む]
  • 学びが自分のパワーとツールになっている実感
  • '08年発症の白血病 '09年骨髄移植後就業不可の5年間と主治医反対のもと始めた病院アルバイトの期間を中心に、思い返せば、とりつかれた様に、身体と心を引き摺って学びの場に参加して来た様に思います。「病院で緩和ケア病棟での経験もある白血病の看護師」「大昔の職場でもある病院で骨髄移植して痛みなど放置されたことが果てしない苦しみだった看護師」「障害年金の申請を主治医に拒否された元看護師患者」という過去の助けもあって、 [続きを読む]
  • 続・化学療法看護の勉強会
  • 今回の化学療法看護勉強会では、独居 高齢者 認知症 家族のサポートから遠い(色々な理由で)ということがキーワードとなる症例でのお勉強でした。 それに関連して、数年前から、大きくトピックとなっているACP : アドバンス・ケア・プランニング についても改めて学びました。 参考Advance Care Planningー意識低下後も患者の意思を尊重するケア  (ギア・チェンジ緩和医療を学ぶ二十一会、医学書院、2004への分担執筆より [続きを読む]
  • 化学療法看護の勉強会
  • 隣県の化学療法化学療法看護研究会に参加しましたがんサバイバーの知人の情報提供よりご縁を頂き、視野の広がる有意義なひとときを得られましたありがとうございます主催は某大学&某団体でご活躍の看護学の先生で、当日に気づきましたが初めましてではなく、数年前のその某団体のご講義を受けていました。今、私にとってはタンパク過ぎる化学療法室で、私は息苦しい思いをしています当院の化学療法認定看護師がこの先生の教え子と [続きを読む]
  • 患者さんの病名知らなくたって化学療法室の仕事は出来る
  • 「患者さんの病名知らなくたって化学療法室の仕事は出来る。患者さんの話で あ、そっかぁ ってなる方が楽しいよ○○さん(化学療法認定看護師)いるんだから聞けばいいし、患者さんの情報収集なんかしなくていい」と朝一番に 先輩パート看護師 昆虫顔なので以後バッタサンと呼ぶに言われて中噴火化学療法認定看護師やココのやり方のタンパクさと言うか軽さがたまらないから、師長さんに担当断ってみて、看護観を分かちあって、引き留め [続きを読む]
  • 自分の気道確保
  • 若い頃から再発・進行がん 〜終末期の患者さん,ご家族を看て来ました。緩和ケア病棟での勤務経験もあります。余命週単位〜日の患者さん,ご家族を看てきて、看取りまで濃厚に関わらせて頂きました。年単位〜月の時期過ごし方、QOLの維持,向上が、後悔やグリーフを最小限に出来る有効な大きな手立ての一つだと思っています。その為には、患者さん,ご家族の生活や環境や人となりが分かる関わりが必要ですし、対話によって医療者の人と [続きを読む]
  • 内省から今後の計画
  • 昨日の味覚障害の記事は、どうやら沢山の方々の目に触れて頂いた様でありがとうございます 今日は自分の排毒です 後期高齢者男性患者さんに、亜鉛の食材だけ言ってサポートになるんですかね。 牡蠣なんか衛生的な調理法難しいし、好みも分かれる。お惣菜やさんで買うのかな、カキフライってどうなの。牛肉はまあ大丈夫かな。豚レバーってどうなの。しみ豆腐も好みが分かれるけど、高齢者の方だとお好きな方が多いのかな。 いつまで [続きを読む]
  • 味覚障害のお話から内省まで
  • 他院で早期がん外科的治療後、当院にてMDS(骨髄異形成症候群)でAZA(アザシチジン/ビダーザ)定期投与中の「後期高齢男性」患者さん主に味覚障害で食欲低下、体重減少とのこと。化学療法認定看護師から味覚障害の原因とされる抗がん剤治療による亜鉛不足を見越して、亜鉛を多く含む「食品(食材)」の薦めがありました。 参考亜鉛を多く含む食品と、食品の亜鉛の含有量の一覧表HP 簡単!栄養andカロリー計算 よりhttp://www.eiy [続きを読む]
  • ”ケモブレインとはなにか?”
  • ALL (急性リンパ性白血病 )Ph(−) 私の話JALSG-202O 寛解導入療法+地固め5コース〜骨髄移植後の中で、髄注 ×2×2とおそらく+1回、×2 計7回受けています。(量は不明)ざっくり言えば、脳みそにダイレクトに抗がん剤とステロイドが行っているので、個人差はあっても100%ではなかったとしても、おかしくなるのは当然だろうと、同志(闘病仲間)で話したことがあります。血液がん患者会で、少なくない方々より「頭がおかしい」と言 [続きを読む]
  • あかしあつめ 自分をまもる
  • 昨年だったか「ケアストレスカウンセラー」合格後、先月にこの試験を受け、今回はダメだと思っていたら95/100点で合格しましたホントかな誰かと間違っているんじゃないの看護師人生=苛められ人生自分にも問題があると思って、カウンセリングを受けています。これまでにも「アサーション」はhttps://matome.naver.jp/odai/2139539116410938401あっさりとでも数回勉強して来ましたが、今回は一番勉強した気がします。先日はこれを生 [続きを読む]
  • 腰痛とラン
  • 昨冬の職場における3時間以上棒立ち状態の日々は、思った以上に私には影響が大きかったんだと振り返っています。今春からの7時間ウォーキング状態勤務の影響も重なり、強い仙骨部痛よりなかなか回復出来ずにいました何とか参加出来た5月中旬の雨の仙台ハーフからは、ずっと走れずにいましたが、ぼちぼち復活出来る様になって来ました今は暑さもあって5kmが精一杯ですが、戻していきたいです10月末のハーフと、12月の10km&ハーフの [続きを読む]
  • あなたにはわからない
  • 抗がん剤アブラキサンを含む治療を重ねている患者さん 両足底の痺れが持続していて、サインバルタ(20mg)2カプセル×1回で著効無く、3カプセルに増量してみるというタイミングで あなたにはわからない と言う言葉が出て来ました。 そういう言葉が出るくらい辛いものなのだろうと後から思い返しましたが… いまだ抗がん剤オンコビン(ビンクリスチン)による末梢神経障害が残っている身としては、自分に戻る瞬間を感じました。 話 [続きを読む]
  • まだ始まったばっかり
  • 週一ペースでの化学療法室勤務2回目終了日々の受け持ち制ではなく、アラームやタイマーが鳴れば誰かが対応という方法で、掴みにくいしやりにくい。カルテ記録も同様で、看ていない人でもメモを見て記せばいい患者さんの問題点の具体性も全体像も分からないし、化学療法認定看護師も把握していない様でその紹介やシェアなど全くされない外来化学療法、再発・進行がんにおいては尚のこと、治療自体は目的では無く、人生を全うするた [続きを読む]
  • 再々度 外来化学療法室
  • 新たに外来化学療法室も担当になりました。前職パワハラ主任との日々が思い出されます短期間の勤務でしたが、たたきこまれたこと(叩き込む事でもないんですが)怯えながらでも充実感ありながら勉強したことが生きている様に思います前々職のサイ看護師,トド看護師に「がん患者さんって大変なんだから」と威圧的に言われ、何も知らない能天気オババ扱いされながら指導されたことも生きている様に思います感謝しながら過去の自分のち [続きを読む]
  • 転職者の苦悩〜あなたのフツウは私のフツウではない〜結局また愚痴ですみません
  • 「フツウに考えていいんです」「自分の頭で考えて」と言われることが続く様になりました 確かに、移植者特有の頭の回らないカンジ(データにはなっていないのですが、患者会で話していると同じような訴えが多々聞かれます。)と、私はうつ病もあり、まだ分からない、出来ない,不安な物事が続いたりすると感覚として頭が絞られるような時があります。 ここにはここのやり方があるので、それを知るまでは、それに慣れるまでは、たとえ [続きを読む]
  • 高校1年生
  • 高校時代のプチ同窓会でした正しくは高校1年生の時の微小クラス会今までずっと定期的に会っていた友人高校卒業後随分経ち、白血病自宅療養中にはまった携帯ゲームで復縁し繋がっていた友人卒業後全く会っていない繋がっていなかった友人と、何とも表現できない幸せな長時間のひとときを過ごしました高校時代は、プチ登校拒否になったりして、思い返すとメンタルよわよわの基礎を作ってしまった時期でもあった様に思っていました楽 [続きを読む]