Cafpino さん プロフィール

  •  
Cafpinoさん: Cafpinoの今日の一曲
ハンドル名Cafpino さん
ブログタイトルCafpinoの今日の一曲
ブログURLhttps://ameblo.jp/cafpino15/
サイト紹介文音楽(特にプログレ)好きな私の本日の一曲を徒然に語ってみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/02/14 00:17

Cafpino さんのブログ記事

  • 宇宙に想いを馳せる − 宇宙ジャケ10枚
  •                 中性子星同士が合体して重元素が出来上がることが分かった、というニュースが報道されましたね。宇宙のナゾがひとつずつ解明されていくのを知るのはワクワクします。 こちらはレコード♪Exodus(ポーランド)、Finch(オランダ)、Osanna(イタリア)Asfalto(スペイン)、Pulsar(フランス) こちらはCD♪National Health(イギリス)、アクリタス(ギリシャ)、Alpha Ralpha(フランス)、Ignati [続きを読む]
  • 太陽SunSun − お日様ジャケ10枚
  •                 世の中すべて陰と陽のバランスの上に成り立っています。月を取り上げただけでは片手落ちかな?・・・ってことで、本日はお日様を拾ってみました。 こちらはレコード♪Klaatu(カナダ)、Art Bears(イギリス)、Utopia(アメリカ)Eden(ドイツ)、Kayak(オランダ) こちらはCD♪Finisterre(イタリア)、Autumn Whispers(多国籍)、Izz(アメリカ)RPWL(ドイツ)、Wigwam(フィンランド) こう [続きを読む]
  • 月を愛でる − お月様ジャケ10枚
  •                 おとといが中秋の名月、本日が満月、なのですが、当地方、あいにくおとといも本日も雲厚く・・・。しかしながら昨日は、いつもよりも光が強いお月様を見ることができましたよ。 ウチのレコ棚やCD棚にも、わりあいと沢山のお月様がありました(笑) こちらはレコード♪Daevid Allen(オーストラリア)、Trillion(アメリカ)、Anyone's Daughter(ドイツ)Mike Oldfield(イギリス)、Anthony Phill [続きを読む]
  • 今日の一曲 9/30 Azimuth (Azymuthじゃないヨ♪)
  •                 今日で9月も終わり。年の瀬に向かってみんな慌ただしく走り回り始める頃。そんな時期に、北朝鮮は潜水艦からミサイルを発射する準備をしているとか???太平洋上での水爆実験を有言実行しようとしているのかしら(;´Д`)そしてそんな時期に日本では選挙(;''∀'')モリ・カケの説明を安倍氏はきちんと行わなかったから、お仕置きとして自民党には投票しない、とワタクシは決めております。 今日は [続きを読む]
  • 今日の一曲 9/20 Hypnos 69 (眠りの神)
  •                 トランプさんの国連でのスピーチに対して、北朝鮮はどういう反応をしてくるんでしょうか???またまたロケットが一発飛んできそうですけどね・・・(-_-;) さて。ちょっと重くてまったり聴けるこの一枚は秋の夜長にピッタリ♪ ベルギーのバンド、Hypnos 69 (ヒュプノス69)の2007年リリースの4作目、"The Eclectic Measure" 69は、シックスティ・ナインなのかシックス・ナインなのかよくわ [続きを読む]
  • 今日の一曲 9/13 Dancer (川岸の物語♪)
  •                 曇天なブリティッシュっぽさが堪らない一枚♪ 英国のバンド、Dancer(ダンサー)の1972年録音、2001年リリースの唯一作"Tales of The Riverbank"  メンツの皆さん♪ もともとポップやロックンロールのフィールドで活動していたメンツが、自分たちの興味に忠実な曲を作ってみた・・・ってことで、方向性はフォークやジャズテイストなどが織り込まれたアートロック的なものだったワケです [続きを読む]
  • 今日の一曲 9/9 White Wing (白い翼♪)
  •                  コレは私的欲しいモノリストに入っていた一枚♪ アメリカのバンド、White Wing(ホワイトウイング)の1976年リリースのセルフタイトルの唯一作。最近、CDで再発されたので入手できました(嬉) いかにもB級っぽいジャケ、なんですけど(笑) このグループは以前記事にした"スーパーバンドAsiaにバンド名を乗っ取られた不遇なアメリカのAsia"のメンツ二人(Michael English氏とMike Coates氏 [続きを読む]
  • 極私的ジャケ買いレコード10枚 − その4
  •                 これらなどは、やはりジャケが欲しくて買ったようなもの、ですな。 Gong(フランスを中心とした多国籍)、Annette Peacock(アメリカ生まれイギリスに渡る)Sir Lord Baltimore(アメリカ)Bullfrog(ドイツ)、Gotic(スペイン) Ange(フランス)、Krazy Kat(イギリス)、Novalis(ドイツ)Morgan(イギリス)、Machiavel(ベルギー) これらの中から本日のバックグラウンドミュージックは、Kra [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/30 Ragnarök (夜のサイクリング♪)
  •                 結局のところ、今、急に、ミサイルが飛んで来ても、逃げも隠れもできないんだよなぁ・・・。Jアラートが役に立つのは、地下に核シェルターを持っているお金持ちだけなんじゃないの(^_^;) さて。本日聴いているのはコチラ♪ スウェーデンのバンド、Ragnarök(ラグナロク)の1976年リリースのセルフタイトルのファースト・アルバム。ジャケのイラストを描いたのは、Annika Liepa氏。 ギターやフ [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/19 Camel (SFファンの為のプログレ)
  •                 プログレ者にとって今日は何を聴くかをチョイスする重要なファクターのうちの一つに、"季節感"があると私は思います(笑)・・・ってことで、今日は「夏」を感じるこの一枚を♪ 英国のバンドCamel(キャメル)の1978年リリースの6作目、"Breathless" 日本盤の邦題は、「ブレスレスー百億の夜と千億の夢ー」この邦題、完全に光瀬龍氏のSF小説「百億の昼と千億の夜」のパクリでしょ〜(笑)邦 [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/8 Grobschnitt (粗く刻む)
  •                 このアルバム、もしかしたらここ20年くらい?聴いていなかったかも。 ドイツのバンド、Grobschnitt(グロープシュニット)の1972年リリースのファースト・アルバム"Symphony"(邦題:冥府宮からの脱出) ジャケデザインはGünter Blum氏。かなりシュールな画ですが、私には画の意味がよくわかりません。真ん中に配置されたナイフはGrobschnitt(粗く切る、という意味)つながりなのでしょう [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/6 Brother Ape (人間は銃とカネを持った猿である)
  •                 昨日、記事を書いている途中で、いきなりWindows10 ヴァージョン1703のダウンロードが始まってしまい、後回しにするのもナンだったので、記事投稿を見送り、えいやっ!とCreators Updateへの更新をしました。いつものWindows Updateより時間がかかる・・・と覚悟はしていたものの、私のパソでは結局5時間かかったかな。今までと何が変わったか、はまだよくわからないのですが、ウィンドゥズ・ [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/1 Magic Bus(過去へ連れて行ってくれる魔法のバス)
  •                 本日は新譜を聴いております。 英国のバンド、Magic Bus(マジック・バス)の2017年リリースの3作目、"Phillip The Egg"ジャケデザインを手がけたのは、バンドメンバーでギター&ヴォーカルのPaul Evans氏。 内ジャケ♪ このバンドの1作目と2作目は大好きだったので、3作目も大いに期待しながら入手しました。 1作目にも2作目にもCaravanを彷彿とさせるような曲があってヴィンテージな [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/29 Syd Barrett (ハチとアリ♪)
  •                  最近、日本各地でヒアリが発見されていますね。地球温暖化は、日本をヒアリの棲息しやすい環境に変えてきているのかもしれません。 アリはハチの仲間なのだそうです。 英国のバンド、ピンク・フロイドのメンバーだったSyd Barrett(シド・バレット)の1970年リリースの2作目、"Barrett"(邦題:その名はバレット)ジャケのイラストを描いたのは、シド・バレットさんご本人。シドさんは画を [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/27 New Trolls (腐った卵を割れ!)
  •                  稲田大臣、説明責任から逃れるために、いいタイミングで辞めましたね。結局のところ、専任大臣不在の為、日報問題は説明できません・・・という風に持って行きたいのが見え見えの辞任ですな。記録がナイ、記憶がナイ、耳を貸さナイのナイナイ尽くしの内閣の基本路線なのでしょう。 もう今の内閣を卵に見立てて、こういう風にしてやりたいですね。 イタリアのバンド、New Trolls(ニュー・トロル [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/23 Johnny Griffin (夏ジャケ♪)
  •                 今日のお昼は、おくらとじゅんさいのぶっかけそうめん♪素麺はやっぱりIBOの糸!とりささみの茹でたのやプチトマも飾り、薬味に長ねぎのみじん切りと新しょうがのすりおろしを添えて、よく冷やした市販のストレートそうめんつゆをぶっかけるだけなのですが、うまいんだなこれが。じゅんさいのにょろりとした口当たりが涼を呼ぶ、乙なそうめんであります。 バックグラウンドミュージックには夏ジャ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/15 This Winter Machine (涼しさお届け♪)
  •                 最近、過去最大級の氷山が南極大陸から分離したそうで、やっぱり地球は温暖化してきているんでしょうかね。当地方も梅雨明けしていないのに、ここの所真夏のような暑さが続いており(;´Д`)、やっぱり温暖化だよなぁ・・・と私は思っているんですけど、どうしてトランプさんにはそれが伝わらないんでしょうね? 窓から見える陽光はいかにも暑そうで、極力外には出たくない・・・となればお家でミ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/12 Nirgal Vallis (ニルガル峡谷)
  •                 巷では、「This is 敗因」 なんて云われてますケド、肝腎なヒトが抜けてんじゃん。私は敗因は、"ASS & 4田"だと思います。(ASS = Abe, Suga, Shimomura / 4田 = 金田、稲田、豊田、萩生田)敗因を一掃しないと支持率回復は難しいんじゃないでしょうかネ。 そういえば。北朝鮮の弾道ミサイルは、"火星〇型"という風に"火星"がついているんですよね。火星(マース)といえば"戦いの神"ですから [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/9 Grand Tour (渚にて)
  •                 北朝鮮からミサイルがバカスカ飛んで来る今日この頃、近いうちに第三次世界大戦が始まってもおかしくない、とも思えます。 そんな戦争が起きて化学兵器や核爆弾が使用された為に、人類がこの地球から居なくなってしまう・・・といったイメージのジャケ♪ 英国のバンド、Grand Tour(グランド・トゥアー)の2015年リリースのファースト・アルバム、"Heavy on the Beach"ジャケのイラストを描い [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/6 In Transit (輸送中♪)
  •                 後追いではなくオンタイムで聴いていた80年代のものは、やっぱり"なつかC〜"という気分になりますネ。 アメリカのバンド、In Transit(イン・トランジット)の1980年リリースのセルフタイトルの唯一作。 ジャケ的に惹かれるところはないのですが(笑)、ロック喫茶でかかっていたのを聴いた+輸入レコ屋で出会ってしまった、という理由で私の手元にやってきたものです。 裏ジャケにはメンツ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/4 Paul Desmond (2匹目の泥鰌は倍返し♪)
  •                 都議選で歴史的大敗をしたのに、安倍首相は何ら責任も取らず、のらりくらりと地位にしがみついているし、それを認める自民党員もどうかしてる(-_-;)森友・加計問題で安倍自らが自民党の支持率を下げた、ということに気づいていないんでしょうかね。 さて、本日聴いているのはコチラ♪アメリカのジャズ・サックス奏者Paul Desmond(ポール・デスモンド)の1974年リリースの"Skylark"(邦題:禁じ [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/28 Argent (サーカス2番♪)
  •                 サーカスと名のつくプログレは数あれど、個人的に2番目に好きなサーカスは・・・ 英国のバンド、Argent(アージェント)の1975年リリースのスタジオ6作目"Circus"かな♪後追いの為、アナログレコードは持っていなくって、CD(しかも1970年リリースの1作目とのカップリング)でしか聴いていないのですが、粒ぞろいの曲が入っていてなかなか好きなアルバムです。 なにやら怪しげなイラス [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/24 Cirkus (サーカス一番♪)
  •                 サーカスと名のつくプログレは数あれど、個人的には一番(One)なのは、やっぱコレかな。たまに無性に聴きたくなります。 英国のバンド、Cirkus(サーカス)の1974年リリースの1作目"One" 巷ではK〜のサーカス、と呼ばれていますが、私が持っているアルバムのジャケにはK〜がありません(下ネタ失礼)レコード盤は英国製なんですが、ジャケはエジソンがディストリビュートってことで修正したので [続きを読む]