なんでブッチョ さん プロフィール

  •  
なんでブッチョさん: なんでブッチョの腹膜透析とともに〜そしてパリへ
ハンドル名なんでブッチョ さん
ブログタイトルなんでブッチョの腹膜透析とともに〜そしてパリへ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/namatame2378
サイト紹介文このブログは、腎炎発症から20数年、腹膜透析までの日々とそしてパリへ・・・これまでとここからを・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/14 17:06

なんでブッチョ さんのブログ記事

  • 腹膜透析とともに〜血液透析へ 胆振東震災
  • 血液透析を始めての大きな地震、震度は5強。最大震度は厚真町で 7、ビックリです。これまで4度地震に遭遇してきましたが、これほど不安になった事はなかった。真夜中に電気が落ち、明るくなるまでの時間を、ベッドで布団を被りじっと動かずにいた。とても長く感じた。幸い、コップ一つ落ちてなく、水道にプロパンガスは生きていた。今日は透析日、ガスで湯を沸かし紅茶を入れてフライパンでパンを焼いて朝食を済ませる。朝一番に [続きを読む]
  • 血液透析へ移行しました〜つれずれに
  • 血液透析に完全移行して3ヶ月が過ぎました。今は一回3時間で、火木土の午前中。どうも、思っていたより、辛いし慣れない😢毎回の刺針の痕が腫れている、透析中からの酷い頭痛は治って来たが、薄い頭痛は続いている。気怠さは治る気配もない。腹膜透析と比べると、食事管理が難しい。水分を毎食気にしながら食べると美味しくない😅この暑いのにアイスも🍨かき氷も🍧 水分過多になるから、麺類もなる [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜終わり方〜手術
  • 腹膜のカテーテル抜去手術を終えて、一ト月が過ぎ、半年ほどは、腹膜炎、腹膜硬化症発症の危険があるそうですが、最初の山を無事に越えました。 腹腔内の癒着は少なかったとは言え、無かった訳ではなく、腹水が溜まるようになれば、危ない兆候だそうで、まだまだ安心はできませんが、腹膜透析7年は、統計上の安全圏なので、幾分、安心はしています。 手術痕は1cmが二箇所、8cmが一箇所。開腹して腹腔内にメスを入れて、少しづ [続きを読む]
  • 腹膜透析とともに〜血液透析へ
  • 時の経つのは速いけれど、心はなかなか付いて行かない。7年前、長周期振動の中で入院していた。船酔いに似た感覚と恐れ。落ち着いてきて、次か次へと報道される震災被害に気が気でなく、今も一人、連絡の取れない友人がいる。腹膜透析を始めたので、出かけて行く事も出来なくなった、震災時、血液透析の患者さんは代理透析ができる病院を探すのが大変だったと聞いた。自分も何かあれば、今度は同じ立場に立つ、腎不全は病でも、透 [続きを読む]
  • なんでぶっちょの腹膜透析CAPD〜血液透析へ
  • 最終回と言いつつ、なんですが、次女に終わり方も載せなくて良いのかと……7年前の3月8日にカテーテル挿入手術を受けて、3月22日から、腹膜透析を始めました。手術の3日あとに東北大震災、病室は高層のため船酔いするほど大きく揺れたのを覚えています。さて、部屋半分くらい埋まっていた腹膜透析液は、もう届くことはありません。今晩のエクストラニールが最後の腹膜透析 CAPD となります。バクスターさんと、手術日に合わせて、 [続きを読む]
  • なんでぶっちょの腹膜透析CAPDとともに〜最終回です
  • 20日に腹部カテーテル抜去手術を受ける事に決まりました。丸8年お世話になった腹膜透析を終えます。結構気持ちが重い。腹膜透析を始めた時は、頑張るんだと、思ってきたのに、随分と受ける気持ちが違うもんです。この先は、献腎移植がない限り、生涯にわたって血液透析ということになります。いつまででしょうね。先のことは考えないようにと友に教わったけれど………さらに病に倒れた時、認知症を発症しても、まだ続けるのか? [続きを読む]
  • なんでぶっちょの腹膜透析CAPDとともに〜これからのこと
  • 今年はいきなりインフルエンザで、始まり、治りきるまで2週間もかかってしまった。思わぬことで予定が伸びてますが、2月中には、腹のカテーテルを抜く手術のために入院します。退院からは、即、血液透析に完全移行します。週一回の併用療法も、思うほど良い結果ではなく、血液透析のたびに具合が悪くなるを、繰り返してきましたが、むしろ完全移行した方が良くなるのではと言う、義理の息子殿のアドバイスに従い、春からのつもり [続きを読む]
  • なんでブッチョの腹膜透析CAPDとともに〜年の瀬
  • 一年が過ぎて行きます。この夏に母を亡くし、本年は喪中になりますので、年始のご挨拶は、ご遠慮させて頂きま🙇発病から30年ほどの年数が経ち、慢性腎不全3年、腹膜透析を初めて7年、血液透析との併用を行なって1年が過ぎました。来年は、春までに、腹膜透析をを止めて、腹部のカテーテルを抜去して、血液透析週三回に移行します。あまり血液透析との相性は良くないですが、腎臓移植を頼める父母兄もすでにいませんので、 [続きを読む]
  • なんでブッチョの腹膜透析CAPDとともに〜腎性貧血
  • 病は気から……かなり大丈夫かという貧血状態と聞いてしまうと……あれもこれも腎性貧血のせいか……まぁそうなんだろうけど、これまでズッーウとそうだった原因が判明しただけのこと🙀 慢性腎炎〜巣状糸球体硬化症〜腹膜透析〜鼠径ヘルニア手術〜甲状腺機能障害〜血液透析の併用療法〜腎性貧血〜春には血液透析〜次はなんだろう😵それにしても怠い😱 RBC223万/μL、Hd6.6g/dL、Ht20.4%、通常下限値の半分⁉ [続きを読む]
  • なんでブッチョの腹膜透CAPDとともに〜検診
  • 一晩で雪国に戻った中、献腎移植の検診に、北の大学病院へ、とは言っても、移植ができるわけではなく、いつ順番が回ってきても良いように、年一回の血液検査と、移植希望病院での医師の診察が必要とのこと。60を過ぎてから、もういいかなと思う気持ちもありながら……まだ先が長いから……と、医師の勧めに従ってしまう自分が情けない🙀それでもあと3年、それ以上になれば、移植そのものを受ける意味が……申し込んだのは [続きを読む]
  • なんでぶっちょの腹膜透析CAPD とともに〜寒い
  • 早いですね、12月になりました。なかなか血液透析に馴れず、併用療法も一年過ぎました。腹膜透析の除水量が70%になり、1,000CC出ていた尿も300〜500CCとなった。腹膜検査の結果、まだ大丈夫との結果ではあったけれど、どこまで引張ても、血液透析に移行しなければならない、と言うと、この7年が無駄のように聞こえるが、そうは思わない。腹膜透析CAPDには、自分で管理しなければならない不自由はあっても、移動の自由がある。自分 [続きを読む]
  • なんでブッちょの腹膜透析とともに〜故郷
  • しばらくブログから離れていました。遊びに来てくださるのは、頑張っている方が多いので、あんまり泣き言ばかり言っていては迷惑だと…さて、現状は、腹膜透析5日、血液透析1日、お休み1日のペースです。どうも血液透析との相性が悪く、なかなか頭痛と怠さが収まらず、足踏みしてましたが、母を見送り、来春には息子くんも就職。これで移動の自由を制限されても・・・来春に血液透析に完全移行、お腹のカテーテルを抜いてもらい [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜血液透析へ
  • 今朝、NHK北海道TVから、思えば遠くへ来たもんだ、が、聞こえて来て。むかしむかし、初めて北の岬の街へ向かった日、飛行機が雪で、三沢に降りて、汽車と連絡船、汽車からバスに乗り換えて、初めて北の岬の街へやって来た。本当に何もない街だった。今は街の中心のバス停にセブンイレブンがある🏪家族で移住した日は晴海埠頭から二泊三日のフェーリ、あれから40年が過ぎ、今は北の都で一人暮らして、なが〜い病と付き合う事 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜母の死
  • 93歳の誕生日迄で、あと二ヶ月にして、母が逝きました。小さな小さな葬儀でしたが、孫にひ孫に見送られて…まだ、心も体も………今は腹膜透析と腹膜透析の合間に、区役所、郵便局、etc、人が命を閉じると結構忙しい……この忙しさに紛れている寂しさは、色々なことが済んだら、突然と猛威を振るうのかな……まあ、何にしても、御宿の父と兄の眠る墓所へ、母を届けるまでは、頑張らなきゃ。みなさん、ありがとうございますԅ [続きを読む]
  • 腹膜透析PACDとともに〜半年が過ぎて
  • 朝起きると、何をさておいても、腹膜透析液の交換、それから片付けして朝ごはん。それから、3時間の間に、絵を見に行ったり、映画見に行ったり、美味しいパンが売ってると聞けば、買いに行くけど、長い行列で、タイムオーバーで、泣く泣く帰ることも。昼に2回目の交換をして、昼飯食べて、午前中できなければ、洗濯や掃除、シャワー。シャワーは、腹部のカテーテル挿入口の衛生のために必須です。菌が腹膜に入る可能性と出口部自事 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜父の20回忌
  • 父は、息子君の誕生する一か月前に肝臓癌で亡くなりました。孫が大好きだった父は、息子くんの誕生を心待ちにしながら逝ってしまった。少し大きくなって、父が駐車場まで乗っていたバイクのヘルメットが息子くんのお気に入りになって、帰省すると被って遊んでいたのが懐かしい😔命日は、本来明日なのですが、明日は血液透析日で、何もできないかもしれないので、前倒しで、今朝、花と父が好きだったバナナに大福を買って供 [続きを読む]
  • 腹膜透析とともにCAPDーこれからの事
  • 腹膜透析を始めて7年目。札幌に出て来て一年、併用療法を初めて半年が過ぎました。なかなか身体に血液透析が合わず、血液透析日の度に酷い頭痛と倦怠感が続き、いざとなると尻込みしていました。なんか人生終わったか?なんて余計な事を考えてしまう😣ブログつながりで、パリの紅い風車にロートレックのポスターがあると教えて頂いた、パリでサンサンさんから、また背中を押してもらった🙇♀いつまでも腹膜透析のま [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜パリで
  • 昨日・・・シャンゼリゼで銃撃戦が!観光客の方にも怪我をおった方がいらっしゃるらしい。ブログ繋がりの友人がパリで骨董品の売買をされている。どうか、巻き込まれるようなことがありませんように。自分の思い出の地で、テロが起きるたびに、何故・・・残念でならない。目には目を歯には歯をなら、憎しみの連鎖は止まらないと思うのだが。 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜私の命について考えて見た
  • 医師の指示で仕事を辞めて9年、透析にならないように2年自宅療養、6年腹膜透析、併用療法1年。家内には本当に迷惑をかけました。透析を始めて、障害年金がもらえるまで、食べさせて頂きました。その間、集中して頑張ったけど……腎臓の経過観察と言われて36年、巣状腎糸球体硬化症と確定診断後、10-15年と言われてから20年、青年医師のいつか新薬ができるかもに期待して、よくもったと思うが、この40年、新薬はできなかった。勝手 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜尊厳死のあり方⁇
  • 週一の血液透析を始めて半年、HDFに切り替えて3回目、ようやくひどい頭痛が治まってきたけど、鈍重感に怠さは収まらない。それでも、生きるためには、血液透析にすがるより他に術はない。生きるための血液透析なのか血液透析をしてるから生かされてるのか、分からなくなる。自分は家族からの生体腎臓移植は考えられず、献腎移植を、迷いに迷い、主治医と北の大学病院の診察を受けて、今年度の申し込みをしてきました。そんなに生 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜尊厳死のあり方⁇
  • 週一の血液透析を始めて半年、HDFに切り替えて3回目、ようやくひどい頭痛が治まってきたけど、鈍重感に怠さは収まらない。それでも、生きるためには、血液透析にすがるより他に術はない。生きるための血液透析なのか血液透析をしてるから生かされてるのか、分からなくなる。自分は家族からの生体腎臓移植は考えられず、献腎移植を、迷いに迷い、主治医と北の大学病院の診察を受けて、今年度の申し込みをしてきました。そんなに生 [続きを読む]
  • 腹膜透析CPADtとともに〜1月
  • この頃、時間が早くなったような気がします。正月は一月末まで、と初めて知りました。なので、今年最初の投稿なので、明けましておめでとうございます🌅穏やかな年明けですが、昨年の大雪のあとがそのままですお陰様で、腹膜透析は順調で、なんのトラブルもなく6年目を過ぎて、3月で7年目に入ります。特段に書くほどのトラブルがないので、この頃ブログの更新が少なってますが、今年もよろしくお願いします🙇腹膜透 [続きを読む]
  • 腹膜透析CPADtとともに〜1月
  • この頃、時間が早くなったような気がします。正月は一月末まで、と初めて知りました。なので、今年最初の投稿なので、明けましておめでとうございます🌅穏やかな年明けですが、昨年の大雪のあとがそのままですお陰様で、腹膜透析は順調で、なんのトラブルもなく6年目を過ぎて、3月で7年目に入ります。特段に書くほどのトラブルがないので、この頃ブログの更新が少なってますが、今年もよろしくお願いします🙇腹膜透 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜今年の総括
  • 今年も残すところ1週間になりました。ありがとうございました😊実に43年ぶりの1人暮らし。61歳を過ぎて、クリスマスイブ🎅年末年始🎍歩いてきた、人生で、1人で過ごすのは、初めてではないか……? 寂しくて寂しくて、体調も悪くなる一方で、生活も困窮して、これでやって行けるのかと落ち込む日も多く、道を間違えたかと思うことも多かったけれど、FBやブログ繋がりの皆さん、私の数少ない友人の皆 [続きを読む]
  • 腹膜透析CAPDとともに〜今年の総括
  • 今年も残すところ1週間になりました。ありがとうございました😊実に43年ぶりの1人暮らし。61歳を過ぎて、クリスマスイブ🎅年末年始🎍歩いてきた、人生で、1人で過ごすのは、初めてではないか……? 寂しくて寂しくて、体調も悪くなる一方で、生活も困窮して、これでやって行けるのかと落ち込む日も多く、道を間違えたかと思うことも多かったけれど、FBやブログ繋がりの皆さん、私の数少ない友人の皆 [続きを読む]